日本人が間違えがちな、英語を学ぶ「目的」と「手段」。

日本人が英語を勉強する目的は何か?


日本人が英語を勉強する目的には大きく分けて2つあると思う。

1つは「試験で良い点をとること」。そしてもう1つは「英語を使って他人とコミュニケーションできるようになること」。
 (日本人が英語を勉強する、2つの目的と、たった1一つの勉強方法。

以前の私、日本からワーホリでカナダに行ってESL(語学学校)に通っていた頃の私は、「英語が話せるようになりたい」と思いながら(つまり目的は「英語を使って他人とコミュニケーションできるようになること」としながら)、その実、「試験で良い点をとること」を目標にした学習ばかりをしていた。

自分の身体感覚を直に使って生きた英語に触れる機会にあふれるバンクーバーにいながら、別にわざわざバンクーバーまで行かなくても、すべてわざわざ海外に行かなくても日本でできること、毎日学校に通ってテキストやノートを使って英語を「勉強」、つまり単語を覚えたり文法の問題を解いたりすることばかりをしていた。

続きを読む

ワーホリの「成功」と「失敗」って、何?:2

改めて考えてみる。自分はどうしてワーホリをしたかったのか。


カナダのバンクーバーでワーホリ中の日本人の友達と、「自分達がカナダに渡った理由は何か。なぜワーホリをしたかったのか?」という話をした時のこと。

私たち二人ともが最終的に落ち着いた答えは、「まず英語が話せるようになりたかったから」。

そして「ワーホリをすることによって"何か"を変えたい、という思いがあったから」じゃないかということ。

・・・カナダでワーホリをする目的が、日本の喧騒は忘れてカナダでのんびりしたい。観光旅行の延長のような感じでただ海外生活というものを経験してみたい、別に英語は話せたって話せなくたってどっちでもいい。
という人も中にはいるだろうと思うけれど、
私はバンクーバーでワーホリをして「そろそろ一年が経つのだけど、このままじゃ帰れないからもう少し滞在を伸ばす。」という人に何度も出会ったことがあり、それで「帰れないって何で?」と尋ねると、きまって「まだ英語が話せるようになってないから」という答えを聞くことからも、やっぱりその一番の目的は「英語」である人が大多数であると思う。(ワーホリの「成功」と「失敗」って、何?を参照。)

そして「ワーホリをすることによって"何か"を変えたい」、その"何か"とは一体何だったのか、突き詰めて考えると結局「英語が話せない現状の自分」だったのではないか?と思うのである。

家族や友達がいて、仕事もあって、日本は本当に便利だし、住みやすい国だとも思うけれど、でも自分はこのまま「日本しか知らない状態」で歳をとっていきたいのだろうか。

海外で生活することにより自分の視野を広げて、「英語が話せる自分」になって、仕事・キャリアにもつなげたいし、人間関係も広げたい。
better future(よりよい未来)を得たい。

どうやら私も、私の友達も、ほぼ同じようなことを考えていたらしい。

続きを読む

ワーホリの「成功」と「失敗」って、何?

「ワーホリで失敗した」と言う人がいるが・・その失敗とは具体的に何なのだろうか。

カナダのバンクーバーでワーホリをして「そろそろ一年が経つのだけど、このままじゃ帰れないからもう少し滞在を伸ばす」という人に出会ったことが何度かある。

「帰れないって何で?」と聞くと、きまって「まだ英語が話せるようになってないから」。

「・・・日本に帰ったら絶対みんなから『英語しゃべってみて!』って言われるのに、カナダまで行って英語が話せるようになりませんでしたなんて、恥ずかしすぎて帰れない。
やっぱり一年住んだくらいじゃ英語が話せるようにはならない、3年ぐらいは住まないと。いや、自然に話せるようになるには5年くらいはかかるんじゃないかな。」
「・・・失敗した。」
「・・・もうちょっと長く学校に行って、しっかり勉強すれば良かった。」

何でも、海外まで来たのに英語が話せるようになっていないことが「失敗」なのだそうだ。

でも私が思うに、英語が話せないということは、英語の文化/カルチャーを学んでいないということで、それでは海外にいても日本にいた時と同じように考えたり行動することしかできないということ。
イコールカナダまで来たのに、日本にいた時と何も変わっていないということこそが失敗なのではないだろうか。

続きを読む

海外に行って「変わる」人と「変わらない」人の違いって?

オーストラリアでワーホリをしていた友達が言っていた言葉


ワーホリでオーストラリアに行ってもうすぐ帰国するという日本人の友達とネットを使って久しぶりに話したとき。

「海外に行ったら何かが変わるんじゃないかと思って来たけれど、とくに何も変わらなかった。英語も話せるようにならなかったし。」と言っていた。

「“何か”って、何?」と尋ねると、「う~ん、具体的には・・・自分の性格とか、考え方とか、あと、仕事とか? 気づいたら日本でしてたことと似たようなことこっちでもしてた。」

続きを読む

英語は、勉強するな。

英語を習得する一番の近道は、自分が母国語を習得した過程を思い出してみることである。


カナダでワーホリを始めた理由について聞かれることがある。

「当初の目標はとにかく英語が話せるようになることだった。」と答えると、「えっ、Cocoはカナダに来る前には英語が話せなかったの?じゃあどうやって勉強したの?」と重ねて聞かれる。

私の答えは、「英語は『勉強しない』ということを勉強した」、である。

そもそも自分の母国語である日本語を、私たちはどのように勉強しただろうか?

始めは「ママ」や「ワンワン」などの簡単な言葉から始まって、次第に2語文、3語文・・・と長くなっていき、家族や親戚、近所の友達、幼稚園の先生や友達とコミュニケーションを取る中で、いつの間にか”周囲が話すように”自分も話すようになっていく。

続きを読む

「ワーホリの1年」は英語を習得するには長いのか、短いのか。

ワーホリの1年を丸々使って英語を習得するのは非効率ではないか。


カナダでワーホリをしている人、またはしたことがある人に「ワーホリの期限1年を丸々使って英語を勉強するなんて長すぎると思う」と私が言うと、往々にして「いやいや、1年なんて全然足りない・・短すぎる!」と言われる。

でも話が進むにつれ、私はいつもある事に気がつく。
相手と私、それぞれが別の「英語の習得の仕方」を前提に話をしているということに。

「1年なんて短すぎる」と言う人は、「過去ずっとやってきた英語の勉強」をこれからも続けていくことを前提にしている。
一方「1年なんて長すぎる」と言う私は、そんな「過去ずっとやってきた英語の勉強」なんて頭にない。
だからそれは話が噛み合わなくて当然、なのだった。

英語の文化/カルチャー言語音楽(発音含む)話し方のテクニックも全部すっ飛ばして単語と文法だけを暗記すること。
それが私が定義する「過去ずっとやってきた英語の勉強」である。

続きを読む

海外で家を借りたときの保証金が戻ってこない・・さあどうする?

カナダで保証金が返ってこないと嘆いていた日本人の友達にしたアドバイス。


ワーホリでカナダに行って1年が経つ頃、日本人の友達とカナダ人の友達とで、ダウンタウンのカフェでおしゃべりをしていた時のこと。

日本人の友達が “今住んでるところ家賃が高いから今度引越しをしようとしようと思ってるんだけど、まだよさそうなところが見つからなくて。デポジット【カナダでは入居時に大家にdeposit、つまり保証金を支払うことで入居を確定し、とくに問題がなければ退去時に全額返金される。だいたい家賃一ヶ月分の半額が相場で日本の敷金・礼金のように入居前に何ヶ月分もの家賃を払うシステムはない】が戻ってこないっていうのが計算外だった・・! 今の家賃の半額だから結構な額なんだよね、あ~あ・・。”
と言うので、私とカナダ人の友達が驚いて“デポジットが戻ってこないってどういうこと? 何で? 大家さんがそう言ったの?”と聞くと、“う~ん、まだちゃんと確認はしてないんだけどそんなようなことを言ってた・・。私の友達もデポジット返ってこなかったって言ってたし、私も返ってこないんだろうなあ、と思って。”とあきらめ顔で言う。

“その友達って日本人? ・・やっぱり。その大家さんは日本人なら文句言わないと思ってそんなことしてるのかもよ。

続きを読む

海外に英語を勉強しに行って、英語が話せるようになる人とならない人の違い。:続き

英語圏の国に住んでいるだけで自動的に英語が話せるようになるわけではないが、勉強しさえすれば英語が話せるようになるわけでも、ない。


カナダのバンクーバーにワーホリで来て始めの3ヶ月、ESL(英語学校)に通ったが、卒業する頃になっても自分の英語にまるで変化が感じられなかった。

日本語を使わない生活をしさえすれば英語が話せるようになるはずだ!?と思って、学校の日本人クラスメイトとも極力英語だけで会話するようにして、日本語を封印する生活をしていたが、留学生同士、もしくは留学生の英語に慣れている学校の先生となら会話ができても、ネイティブスピーカーとは話が続かない。

英語圏の国で、英語の文化/カルチャーの中で生活をしてはいても、それは完全に自分の外側、はるか遠くに存在するものであって、自分も英語の文化/カルチャーの「一部」なのだとは露ほども考えていなかった頃の話である。つまり、英語の文化/カルチャーの中でのCocoとして考えたり、行動するといった発想は全然なかった。

続きを読む

海外に英語を勉強しに行って、英語が話せるようになる人とならない人の違い。

海外で生活をすれば英語が自動的に話せるようになるわけではない。


海外に英語を勉強しに行って、英語が話せるようになる人とならない人がいるのはなぜなんだろうか。
私が思うに、それはその人がどれだけその国の文化/カルチャーに浸ることができたかということではなかろうか。

その国の文化/カルチャーに浸るということは、日本とは異なる文化/カルチャーがあることに気づき、受け入れて、自分がその中でどのように振る舞えばよいのかを学ぶこと、である。

私はカナダにワーホリで行く前から、英語圏の国に住んでいても、自分と同じ国から来た人とだけ、自分の国の文化/カルチャーにだけ接していると、英語が話せるようになるのは難しいだろうなというのは、なんとなく感じていた。

それで、カナダに着いたばかりの頃、日本人の友達はほとんどいなかったし、日本の文化/カルチャーに触れるということもESL(英語学校)の中でぐらいでしかなかった(私が通っていたESLは日本人が多くいたので)のだが、でもそれでも、3ヶ月学校に通っても英語が話せるようにはなっていなかった。

英語圏の国にいて、できるだけ英語環境の中にいるようにしていたのに、英語が話せるようにはならなかった。のである。

続きを読む

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダでワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、バンクーバーで学んだある方法であっという間に英語が話せるようになりました。(現在はワーホリを終えて数年経っており、仕事で英語を使うもののTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした。)英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた「英語を暗記ではない方法で学ぶ」ユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンでも3泊4日の集中レッスンや1ヶ月の集中レッスンが行われています。
    ◆オンラインレッスンも始まりました!

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ