「リアルな経験」の中で生きた英語を習得

「英語を勉強せずに、でも上達させよう!」というモットーの下行われる言語旅行


カナダのバンクーバーでワーホリ中、私は始め語学学校(ESL)に通ったのだが、そこでは英語が話せるようにならず、卒業後、英語を個人で教えている先生がいると知り合いから聞き、その先生から英語を習うようになった。

その英語のレッスンでは、Don't study English but improve English!(英語を勉強せずに、でも上達させよう!)ということをモットーにしていて、先生と生徒のグループで、レッスンの一環として旅行にも行っている。

私は実際にアメリカのグランドキャニオンとラスベガスの旅1週間に参加した。
その時の参加者は私と他の生徒2人と先生の4人だったが、参加者が多い時には10人ぐらいで行くこともあるらしい。

実はラスベガスとグランドキャニオンへは、その旅行の1年くらい前にも日本から
日本人の友達と一緒にパックツアーで行ったことがあったので、
「もう一回行っているしなあ・・・」と最初はためらっていたのだが、
行ってみると、旅行会社のパックツアーとは、もうまったく完全に、違っていた。

続きを読む

海外で、「受身で生活すること」の意味。

まだ英語が話せなかった頃に参加した海外パック旅行のこと。


ワーホリでカナダに行く前、日本から友達と「アメリカ・カナダ行き団体パックツアー」に参加したことがあった。
英語を身につけたいなら、Get out of the box!を参照。)

当然ながらそれは日本の企業が企画した、日本人のためのツアー旅行。
私も友達も当時は英語が話せなかったものだから、頭の中には「海外旅行=パック旅行」という図式しかなかったのである。

日本にいた頃は、私は英語を「勉強(=暗記)」することはあったけれど、
それで英語が「話せる」ようになるわけもなく、
だからいつまで経っても「英語は話せません・・・」で、
でも日本を離れてせっかく英語圏の国に行くからには、「下手な英語でもとにかく現地の人たちと会話がしてみたい」と思っていた。

しかし旅行が始まり、アメリカ大陸に着いて1日目で私は思った。
「これは何だか、私が思っていたようなのとは違う・・」と。

続きを読む

「使える英語」と「使えない英語」を分けるものとは?

カナダのバンクーバーでワーホリ中、語学学校(ESL)で英語を学んでも英語が話せるようにならなかったため、個人で英語レッスンを受けるようになった。
そのレッスンは主にカフェで行われていたので、その日時間より少し早めに着いた私はカナディアンの友達から送られてくるtext(カナダの携帯でやり取りするメールのこと。携帯の番号にそのまま送れる。日本で言うショートメール)に返事をしながら先生を待っていた。

何度かやり取りをする中、意味がよくわからないフレーズがあったので、
”カナダ独特の言い回し? これは先生に聞いてみよう。”と思い、
時間通りにやって来た先生を見つけるやいなや
私はこう言った。

”Hey! ちょっと質問があるんですけど” 。

すると、なぜか先生が
”すばらしい。”
と言う。

私は完全に、 ”?????”。


”ちょっと考えてみて。もしここが日本だったら、レッスンに来た先生に開口一番 'Hey!' なんて言う?”と先生。

続きを読む

英語で考えて、英語で話す、ということ。

日本語ネイティブの私達は、日本語で話すとき文法のことなんて考えないのに、英語になると急に考え込む。


突然ですが質問です。

あなたの母国語は日本語ですか?
では、日本語で喋る時、いつも文法のことを考えていますか?

★★★★★★

私達日本語のネイティブ(スピーカー)は、日本語で話すときは文法のことなんて考えない。
なのに英語で話そうとなったら、急に文法が正しいのか気になりだす。

以前の私は英語で話すとき、ずっと文法のことを考えていたし、自分が言った文法が合っているのか分からなくて、言い直すこともよくあった。
例えば、こんな風に。

続きを読む

英語を身につけたいなら、Get out of the box!

まだ英語が話せなかった時に参加した、海外パック旅行


ワーホリのためカナダに行く前のこと。まだ日本で漠然と「英語が話せるようになりたい」、「海外で生活してみたい」と思っていた頃。
学生時代の友達から「一緒に海外旅行に行かない?」と誘われた。

二つ返事で「行きたい!」と返事をし、どうせ行くなら英語圏かつ行ったことのない国にしようと決め、2人で旅行会社のサイトでパック旅行を色々見、数多あるパック旅行プランの中から、「一週間でアメリカとカナダの二カ国を巡る」というプランを見つけ、それに決めた。行先はグランドキャニオン・ラスベガスとトロント。
友達も私も英語が全然話せなかったから、迷うことなくそのプラン、「添乗員同行パック旅行」に申し込みをした。

ワーホリを経て英語が話せるようになった現在、海外旅行はいつも自分で一切の手配をしているが、当時は旅行会社のパック旅行の中から選ぶという考えしか浮かばなかったのである。

続きを読む

カナダで何年暮らしても「カナダ人の友達がいない・・・」ワケ。

「カナダ人の友達がほしいができない」という人は、カナダ人に対してこう思うことはないだろうか?


カナダでワーホリ中、日本人の友達とカナダ人の友達の数人で、バンクーバーでのスポーツ施設に遊びに行った帰り道のこと。

私と日本人の友達(Yuta;仮名)は、スカイトレイン(バンクーバーの電車/地下鉄)の駅の方向が一緒だったので、一緒に帰っていた。
Yutaはバンクーバーに1年以上いるにも関わらず「カナダ人の友達が一人もいない。一人ぐらいはカナダ人の友達が欲しい。」と常々言っていたので、私が「じゃあ今度こういうイベントがあって、カナダ人もたくさん来るから、Yutaも来たら? 皆良い人たちだよ。」とそこへ誘っていたのだった。 
なので私が「どうだった?今日。楽しかった?」と聞くと、「まあ・・。久しぶりに走ったから良い気分転換になった。」と言う。

そこで、「誰か仲よくなれそうな人いなかった? Jimmy(仮名)とかAaron(仮名)とかとお喋りしてたよね?」と聞くと、
「う~ん・・まあ喋ったっちゃあ喋ったけど。」
「・・けど? ・・・なんかまたみんなで遊びに行こうって行ってたじゃん。えっと何だったっけ名前・・」
「ああ、言ってたけど、どうしようかなあ。あいつらめっちゃ喋るからちょっと引いたんだよね。
「・・・・・・」
まじこっちは聞いてもないのにベラベラ自分のこと喋りすぎだろ、っていう。まあネイティブの英語だから勉強にはなるけど。」
「・・・・・・」

Yutaが普段一緒に遊んでいるのは、「圧倒的に日本人。ときどき韓国人。」だと言う。

私には彼が、カナダに住んで1年以上が経つのにカナダ人の友達が一人もいないと言う理由がよくわかる気がした。

続きを読む

日本人同士で英語を話すのは、恥ずかしい?

日本で日本人が「英語が話せる」と言うと、驚かれたり褒められたりするが、
世界でも有数の多国籍都市であるカナダのバンクーバーでは、二ヶ国語(バイリンガル)、三ヶ国語話せる人(トリリンガル)というのは、とくに珍しくない。

続きを読む

サンフランシスコ・ロスアンゼルス・サンディエゴの旅

ずっと英語を勉強しているのに・・・上達している気がしない。
一生懸命教科書や参考書を暗記しようとしているが・・・難しい。
海外に行きたいと思っているが自分の英語力で大丈夫なのか・・・不安。

そう思っている方はぜひお越し下さい。

続きを読む

カナディアンロッキーとサンフランシスコをキャンピングカーで縦断の旅

「単語や文法の暗記から入る不自然な勉強」ではなく、
暗記も宿題も教科書すらない「誰もが子どもの時には行っていた自然な方法」で英語を学べる、
私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生(ネイティブスピーカーですが日本語も話せます)のレッスンが現在、
バンクーバーだけでなくフィリピン・日本・中国・オーストラリア(オーストラリアは準備中)、
さらにオンラインでも行われています。

オンラインではなく対面のレッスンでは、マン ツー マンではなく、【スリーマン ツー マン】でも行われています。つまり、生徒さんが1人に対し、3人の先生が担当されます。先生は女性も男性もおられ、3人の先生が1人の生徒さんを担当することで生徒さんの個性を色々な側面から引き出します。

(レッスンの内容について詳しくは
英語を効果的に勉強する
[動画で説明]なぜ伝統的な方法(暗記)で勉強すると英語がムズカシくなってしまうのか?
をご覧ください。)

先生のレッスンでは、"Don't study English but improve English!"(英語は勉強するな、でも上達させよう!)というモットーの元、英語の単語や文法を暗記するのではなく、英語のカルチャー/文化から学ぶため、授業の一環として北米や南米を旅行もします。(旅行は強制ではありません)(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得を参照。)

今月はバンクーバー⇔カナディアンロッキーをキャンピングカーで移動する6日間の旅行の直後から、別の生徒さん達とのサンフランシスコ→サンディエゴ→ロスアンゼルス→バンクーバーをキャンピングカーで縦断する旅行に行っておられました。道中生徒さんが交代で運転をしたり、カヤックをしたり、BBQをしたり、温泉に入ったり(カナダにも温泉があります!)と満喫されたようです。
カナディアンロッキー19

カナディアンロッキー20

カナディアンロッキー22

カナディアンロッキー18

カナディアンロッキー21

カナディアンロッキー20

サンフランシスコ22



カナディアンロッキー23


過去のロッキー旅行の動画や写真が載っている記事はこちら→ロッキー山脈旅行

*****

今なら、先生の【ワーホリ・留学無料相談会】をオンラインで受けることができます。

7月に続き、9月にも先生が来日をしますので、日本で直接会ってお話することもできます。

相談会では外国人と友達になる方法を始め、英語が話せるようになるための近道についての話を聞けたりします。
また先生と現在バンクーバー滞在2年目の日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで時間をかけて無料カウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"

海外に行く前から、英語圏の国に住み、英語が話せる友達ができます。


ご興味のある方はコメント欄、もしくは画面右下に表示されるメッセージ欄からご連絡ください。

ご連絡いただいた後の流れは以下となります。


1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生とJunさんに頂いたご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからメールとSkypeでコンタクトがあります。オンライン無料カウンセリングの日時をご相談の上決定いたします。



*レッスンに参加することが決定された方(メンバーとなられた方)は、既にフィリピンでのイングリッシュ・ブートキャンプやバンクーバーでのレッスンを終え、バンクーバーでワーホリをスタートされている/終えられた生徒さん達(NAKAMA)ともお話ができます。
*もしこれまでにご連絡を頂いた方でまだ先生からの連絡がない方がいらっしゃいましたら、至急ご一報ください。


*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

語学学校に通う人が持つ悩み1:学校から一歩出ると英語が通じない

ESL(語学学校)に通って英語を勉強していて、「学校では先生やクラスメイトと英語で会話ができるのに、学校を一歩出ると途端に英語が通じない」と言う人がいる。

私もバンクーバーで学校に通っていた時、そう思っていた。
学校の先生が言っていることなら、完ぺきではないにしてもまあ大体わかるし、質問にも答えられる。
(バンクーバーの学校は日本人や韓国人が多いこともあり)クラスメイトとも話すことはできる。

けど学校を一歩出ると、カフェで”コーヒーください”すら通じないためメニューを指さして注文していたり、スーパーの店員に商品について聞いても首を傾げられたり、バスの運転手に行先を尋ねるもその返事が聞き取れず不安なまま乗り続けていたり。。

学校の先生達は英語が母国語のネイティブスピーカーであったはずだが、毎日留学生と過ごしているわけだから慣れていて、留学生が聞き取れるようにゆっくりクリアーに話してくれるし、(ある程度)こちらの言うことを理解しようともしてくれる。

だから、何とかなっていた。

でも私が習得したかったのは、「学校の中」というごく限られた空間でだけ通じて肝心の「学校の外」では通用しない英語、などではなかった。


語学学校を卒業した私は、英語を個人で習うようになった。
その先生のレッスンでは、レッスンの一環として、先生と他の生徒と一緒にアメリカを旅行もした。

私が「ああこれは学校の英語の勉強とは全然違う」と思ったのは、そこでは英語を使って「実際に行動すること」を求められるということであった。

例えば、一人が参加者全員分の食事を毎回交代でオーダーしたり、コロラド・ニューメキシコ・ユタ・アリゾナの4つの州、合計3000kmを後部座席のメンバーと英語で話しながら交代で運転したり、立ち寄った写真スポットの先々で他の観光客たちと自由におしゃべりしたり。

たしかに英語を学んでいるが、そこには学校の「中」か?「外」か?なんていう境界は、まったくない。

「英語を勉強している感覚」すらなく、ただ「英語を使っている」感覚だけがあるのであった。


***お知らせ***
◎英語を、単語や文法を暗記するのではなく、英語のカルチャー/文化から学ぶ、私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなく、フィリピン、日本、中国、オーストラリアでも行われており(オーストラリアは準備中とのこと)、さらにオンラインでも受けられるようになっています。

英語を勉強されている方・海外へワーホリや留学をされる方へ向けた無料相談会が7月17日(日)~20日(水)に東京・大阪・京都で行われます。フィリピンから来日する先生に合わせ、東京でのワークショップには私も参加する予定です。
相談会は英語と日本語で行われます。

・海外に渡る前から英語が話せるようになり、
・カナダに来た直後から銀行口座や携帯やステイ先のアレンジが自分ででき、
カナダ生活2週間目にしてローカルジョブをゲットしたり、
4ヶ月間で3つのジョブオファーを得るなどなど、
王道のワーホリとは少し違うスタートが切りたい方はぜひお越しください。

▼英語を早く伸ばす方法
▼ワーホリや留学について
▼海外に行くための準備
についても、個別にお話ができます。

参加ご希望の方はコメント欄よりご連絡ください。追って詳細をお知らせします。
相談会にはオンラインでの参加も可能です。


◎先生のレッスンでは、「②読み書き→①話す」の不自然で難しい順番ではなく、子どもの頃には誰もが自然に行っていた「①話す→②読み書き」の順で英語を学ぶため、誰でも短期間で英語が話せるという実感がもてるようになります。(日本人が間違えがちな英語を勉強する「順番」。

◎レッスンでは、英語を暗記することは一切しません。
暗記どころか、教科書もノートも使いませんし、宿題もありません。

◎先生のレッスンでは、"Don't study English but improve English!"(英語は勉強するな、でも上達させよう!)というモットーの元、英語の単語や文法を暗記するのではなく、英語のカルチャー/文化から学ぶため、授業の一環として北米や南米を旅行することもあります。(旅行は強制ではありません)(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得を参照。)

下は、13回目のグランドキャニオン旅行での写真です。今回は8人の生徒さんが参加されました。
グランドキャニオン旅行21

グランドキャニオン旅行24

グランドキャニオン旅行23

グランドキャニオン旅行25

グランドキャニオン旅行5

グランドキャニオン旅行27

◎レッスンに参加される前には、先生と下記でご紹介しているJunさんから、Skypeで無料カウンセリングを受けることが可能です。

◎レッスンに参加することが決定された方(メンバーとなられた方)は、既にフィリピンでのイングリッシュ・ブートキャンプやバンクーバーでのレッスンを終え、バンクーバーでワーホリをスタートされている生徒さん達(NAKAMA)ともお話ができます。

★レッスンについて詳細を知りたい方は、レッスンの窓口として、現在バンクーバー在住の元生徒さんとSkypeで直接お話ができます。
下の写真のJunさんは、私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生の同じレッスンを受けられ、現在バンクーバーに住んで2年目の日本人女性です。Junさんはレッスンの一環で行く旅行(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得を参照)にも参加されたことがあります。
Junさん
Junさんが更新しておられるfacebookのページはこちら→YCDI(You Can Do It)
また、下の写真のお二人は、バンクーバー在住5年目の日本人のご夫婦、陽子さんと哲平さんです。
YokoさんとTeppeiさん2
バンクーバーに長く住んでおられる、その視点から、バンクーバーでの生活や文化、もちろん英語についてもお話してくださいます。
最後に、バンクーバー在住の日本人男性で、カウンセラーかつ現在は英語も教えておられるEthan(イングリッシュネーム)さんも、カナダでのワーホリや英語のお悩みに関するカウンセリングをしてくださいます。Ethanさんの動画はこちら→世界中どこに行っても「ワーホリで仕事を見つけるのが難しい」、ワケ。

Junさん、陽子さん、哲平さん、Ethanさんとお話をされたい方もコメント欄からご連絡下さい。

*これまでに先生にご連絡をされているにも関わらず先生からのメールがまだ届いていない方がおられましたらご一報ください。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生へ直接お願いします。)

*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ