英語が話せない状態で海外に渡って・・実際困ること。

私がカナダに渡って以降知り合った、日本人ではない友達から、”Cocoはカナダに来る前から英語が話せたの?”と聞かれて、

"NO. I could't speak English at all. I didn't know anything about Canada either." (英語は全然話せなかった。カナダについてもなんにも知らなかった。)
と言うと、

”Really?...You are so brave!” (そうなの?・・なんて勇敢なんだ!)
とよく言われる。

何もわからない海外の土地で生活を始めるなんて自分にはできない、Cocoは勇気があるんだね、と。 

そして私が”ははは・・・本当、自分でもかなり勇敢だったと思うよ・・" と言うと、相手も笑う。


けれどもたまに、"Really?"の後、”...but it's a waste of time, isn't it? " (・・でもそれって時間の無駄じゃないの?)”とあきれたような顔で言われてしまうことがある。

(以下、私と何人かの友達との会話を、まとめたもの。)


新しい土地で、一人で、言語もわからず、もちろんカルチャーもわからず、生活を始める。

”それってめちゃくちゃ大変じゃないの?
だって新しい土地で言葉ができない間は何をするの? 何もできないでしょう? 友達を作るにも難しいだろうし、働こうにも言葉ができなければどうしようもないじゃない。時間がもったいなくないの??”
と友達が言うので、

私が、”あなたには信じられないことかもしれないけれど・・多くの日本人にとっては、まず英語が話せるようになってから英語圏の国に渡る、というのは一般的ではないの。なぜかわからないけど、そうなの。 とにかく海外で生活をしさえすれば英語が話せるようになるんだと思ってしまうものなの。
私は英語が話せないどころかカナダについても何も知らずカナダに来たけど、それは別に私だけが特別だったわけじゃなくて、ほとんどの日本人はそうなんだよ・・。”
と言うと、

”えぇ?ちょっと待ってよ。 カナダに渡る前に、英語が話せない状態でカナダで生活を始めたらどうなるのか、あなたは想像しなかったの?
と目を丸くして言われ、

”う~ん・・あんまり・・。 だってまだカナダから遠く離れた日本にいるときに、カナダで英語なしに自分はどんな風に生活するのか、なんて、そんな時間的にも距離的にも遠いものを想像するのって難しいんだよ。”
と私が答えると、大体、相手からは憐れむような目を向けられる。

さらに私が”それでまあ、あなたもよく知っている通り、カナダで生活すれば自動的に英語が話せるようになるわけじゃない。
だからカナダで半年、1年、それ以上住んでも、結局英語が話せるようにならないまま帰国する人だって、めちゃくちゃたくさんいるのは、つまりそういうことなんだよ。
あなたが言う通り、カナダに来たはいいけど言葉ができないし他にできることもないから、私は語学学校に行ったよ。それで気が付いたら、何か月も時間が経っていた。時間は経ってたけど、私は英語が話せるようにはなってなかった。”
と言うと、

”・・私には日本人がよくわからない。何のためにカナダに来るの? 何が目的なの? ” 
と、ショックを受けたような顔で言われたことすら、ある。



新しい土地で、言語もわからず、もちろんカルチャーもわからず、生活を始める。

そんな日本人にとっての”常識”は、私の 日本人ではない友達 にとっては、まったくの”非常識”である。

とくに、カナダにワーホリで渡るどころか、そもそもワーホリという制度すらない国出身の人にとっては。

★★★★★


私がまだカナダに渡る前に、「私英語全然話せないんですが・・どうしたらいいですか? どんな勉強をしたらいいですか?」とエージェントの人に聞いたら、
「とにかく単語と文法の総復習です。あとはTOEICの勉強なんかもいいです。」と、そう言われた。

だから私は高校の単語帳と文法書を引っ張り出して、中学1年の時から散々やってきたような「英語の勉強(=暗記)」をまた繰り返した。

・・そしてカナダに着いて、自分が想像していた以上に英語が聞き取れないこと、通じないことに、愕然とした。


カナダに渡る前には、自分なりにカナダについて調べてもいた。

ネットやガイドブックやエージェントの人がくれたパンフレットには、カナダの美しい風景だったり、カナダの統計データだったり、(観光客向けの)バンクーバーの有名なレストランやショップなんかについてはたくさん載っていた。

・・でも、そこからはカナダのカルチャーなんて、少しもわからなかった。


★★★★★


言葉がわからないだけでなく、カルチャーもわからないまま新しい土地で生活を始めるということの問題点は、
それはすなわち、その土地の”ルール”がわからないということにある。

カルチャーとは、そこに住んでいる人たちの考え方や価値観、行動、人と人との関係性のこと。

例えばある土地に住んでいる人にとっては、「こんにちは」と言いながら頭を下げるのが普通でも、
別の土地に住んでいる人にとっては、"Hello"と言いながら頭を下げたら、変な目で見られる。

そういう、「この場所では、こういう時にこうする・・・こう言う、こう振る舞う、こう考える」という”目に見えないルール・暗黙のルール”が、つまりはカルチャーなのである。


その土地で生まれて育った人は、成長する過程で自然に、周囲の人間の言動からその土地の”ルール”を身に着けていくことができる。

でもそうでない人にとっては、とくにその土地に来たばかりの人にとっては、何が”ルール”なのやら、さっぱりわからない。

たとえいくらその土地で使われている言語の「単語」や「文法」を暗記したって、”ルール”はわからないのである。


★★★★★

ゲームでもスポーツでも、ふつう自分にとってまったく新しいことを始めるときには、まず最初に”ルール”を学ぶはず。
だってそれを知らないと、戦いようがないし、面白くもない。
ルールがわからないゲームやスポーツに参加したって、自分が不利な状態に置かれるだけなのだと、ゲームやスポーツではみんな知っている。

でもそれが言語においては、「最初にルールを理解する」ことが、ほぼ完全に、まるっきり無視されてしまっている。


海外で生活をしていても、その土地のルール(カルチャー)ではなく、自分が知っている(日本語の)ルールの範囲の中だけで思考していると・・・

混乱する。


だって(日本語の)ルールで考えて当然「こうあるべき」と思っている言動が、海外では通用しないから。

自分の「こうあるべき」に従わない相手が、自分には理解できないし、
その土地のカルチャーを無視して自分の「こうあるべき」を押し付けるだけの人は、相手にも理解してもらえない。

となると、自分の理解の範疇を超えている、”何を考えているのかわからない”相手と、コミュニケーションをとるのが段々面倒にもなってくる。

自分とは考え方も価値観も発想も生活習慣も違う、自分には予測できない言動をする"ガイジン"よりも、
同じカルチャーを共有する者同士、同じ考え方や価値観の中で話せる日本人と一緒にいる方がずっと、ラクだから。

そうなると行き着く先は、"FOLLOW THE DUCK"しか、ない。



ゲームでもスポーツでも、ふつう自分にとって新しいことを始めるときには、まず”ルール”を学ぶはず。

だったら言語でも、まずはその言語を使うときの”ルール”を知る必要があるのではないだろうか。


<関連エントリ:英語の海で、泳ぐ方法。



*お知らせ*

私がバンクーバーで個人で英語を習っていた先生は、現在バンクーバーを拠点に中国や日本でもレッスンをされていますが、現地の先生方と提携をされ、今夏からフィリピンのセブでも先生のレッスンが開始されるそうです。

フィリピンのレッスンは費用もスケジュールもサポートの内容も、カナダのレッスンとは全く違うものになっているそうですが、カナダのレッスンと同様、英語の暗記は一切しない方法で英語を学ぶことができるようになっていて、もちろん英語のカルチャーを学べる内容になっているそうです。

******

私がバンクーバーで個人で英語を習っていた先生は、Skypeで英語のレッスンと、ワーホリ/留学に関するカウンセリングもされています。レッスンでは一日~数日~数週間の旅行に行ったりもします。(旅行の目的地や期間はその時々によって違います。“リアルな経験”の中で生きた英語を習得を参照。)
6月アラスカ・クルーズ旅行で撮影された写真をご紹介します。

Alaska cruise trip4

Alaska cruise trip3

Alaska cruise trip10

Alaska cruise trip6

Alaska cruise trip9

Alaska cruise trip20

Alaska cruise trip19

Alaska cruise trip14

Alaska cruise trip13

Alaska cruise trip2

Alaska cruise trip17

*****

旅行ではインターネットが通じない場所に行くこともあるため、既にご連絡先をお知らせ頂いているにも関わらず、先生からのメールがまだ届いていないという方がいらっしゃる可能性があります。もしおられましたら至急ご一報下さい。

ご連絡は携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生またはカウンセラーの方へ直接お願いします。)


    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

「私はこんなに英語を勉強しているのになぜ話せないのか?」への答え。

以前、私が英語が早く上手くなりたくて焦っていた頃、“英語を早く伸ばすには、comfort zone(快適空間)を抜け出すこと”だと当時英語を個人で習っていた先生からアドバイスを受けたという話を書いたことがある(“comfort zone”を抜け出せ。

カナダで生活をしながら、日本語のカルチャーの中だけで物事を考えること。日本語のカルチャーのの中に留まっていること。

それが当時の私にとっての”快適空間”であった。

★★★★★★

普通日本で生まれて育ったら、日本語が話せるようになっているのは当たり前だと思っている。

だって小さい頃に、日本語が話せるようになるようにとくに何かをした記憶もなければ、苦労した記憶もない。

成長する過程で日本語のカルチャーを身に着けていくことができたからこそ、私は日本語が話せるようになったのだが、私はそれを意識したことすらなかった。


私はカナダに渡る前、日本にいた頃、”カルチャー”という日本語も、”culture”という英語も知っていたけれど、
でもその意味は理解していなかった。(英語圏の国で生活しても英語が話せるようにならない、理由?を参照。)

「自分が持っているカルチャーは何か?」とか、「自分にとっての1つめのカルチャー(first culture)が何なのか?」なんて、考えたこともなかった。(英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気。

★★★★★★

人は生まれてくる時には、何の言葉もカルチャーも持っていない。

生まれたばかりの赤ちゃんは、何一つ言葉を話せず(そもそも歯もない)、ただただ、自分の周囲にいる人間(親とか親戚とか)が、自分にはわからない言葉を喋ったり行動をすることに対して、本能のままに”反応”することしかできない。

でも赤ちゃんは、成長するにつれ、自然に周りの人間が話す言葉を理解し自然に言葉を発するようになる。

両親がどこの国で生まれてどんな言語を話す人であろうが、どんな肌や髪や目の色をしていようが、
カナダで生まれた子供は英語を、日本で生まれた子供は日本語を、フランスで生まれた子供はフランス語を、中国で生まれた子供は中国語を、気づいた時には話せるようになっている。


だからもし、自分が何らかの外国語、たとえば英語を話せるようになりたいと思った時には、1つ目の言語(日本語)を身につけた時と同じことをすれば良い。

つまり「英語をカルチャーから学んでいくこと」。

言葉を変えれば、「日本のカルチャーから出て、英語のカルチャーの中に身を浸すこと」。


英語を話す人々が住んでいる土地で、英語を話す人々に囲まれて育つと、誰でも苦労することなく英語が話せるようになるのに、一度他の言語(たとえば日本語)が話せるようになった後に英語を勉強しても話せるようになるのが難しいのは、それは勉強する「方法」を間違えているのが大きな原因である。

自分が赤ちゃんのときにやっていたような、カルチャーに身を浸すという「自然な方法」ではなく、言語をただ暗記するだけという「不自然な方法」をとっていたら、何年かけたって話せるようにはならない。


でももしも、そんな「ただ暗記するだけの英語」を、学校教育で何年も何年も受け続けたら・・・

・・・それに慣れてしまう。


★★★★★★

私がまだ日本にいた時、ワーホリしている/していた人のブログを結構な数読んでいたのだが、
ほとんどの人が語学学校に行っていて、でもそれで英語が話せるようになったと書いてあるブログは、見たことがなかった。

だから私はバンクーバーで語学学校に行くべきなのかどうかわからず、でも他にどうしたらいいのかわからなかったので、とりあえずエージェントの人が言うように3ヶ月、行ってみることにした。

その時、「学校に行っても話せるようにならなかった、ということには絶対ならないようにしよう。」と思った。

私が読んでいたブログでは、放課後日本人の友達と一緒に日本語で過ごしている人が多いように感じたので、自分はあまりそういうことはせず、”マジメ”に放課後も休日もずっと英語を勉強しよう、極力日本語も使わず、英語だけを使うようにしよう、そうすれば英語が話せるようになるはず・・!と思った。

そして実際にそうした。

でもそれで3ヶ月経ち学校を卒業するときになっても、自分が英語が話せているとは到底思えなかった。

その時は、

なぜ私はこんなに勉強しているのに、英語が話せないのか? 

全然わからなかった。

英語が話せるようにならないのは英語をただ暗記しているからなのだとは、その時はまったく気が付かなかった。

★★★★★★

バンクーバーで語学学校に3ヶ月も通っても自分が英語を話せているとはさっぱり思えなかった のに、
ほぼ同じ期間英語を個人で習ったら英語が話せるようになっていたのは、
個人のレッスンで5つのskillを学んだこと、そしてそれによってカナダの/英語のリアルなカルチャーの中に自分を浸していくことができたからだと、私は思う。



語学学校では、誰も(学校の先生たちにスクールカウンセラーの人にクラスメイト)が”英語が話せるようになるには時間がかかるものであり、それは仕方がないことなのだ。”と言っていたが、

個人のレッスンでは、(体験レッスンの時に)”時間は関係ないよ。もし時間をかけさえすればいいのなら、なぜあなたは日本で何年も英語を勉強してきたはずなのに、今英語が話せるようになっていないの? 大事なのは英語を勉強するのにかける時間なのではなくて、英語を勉強する方法なんだよ。”と言われた。

私は「・・そうは言われても、時間をかけずに話せるなんて今まで聞いたことないし、そんなこと本当にできるんだろうか・・・。」と思ったが、「たしかに自分ではかなり頑張って英語を勉強してきたつもりなのにこんなに話せないというのは、やっぱり何かがおかしいのでないか・・・」とも感じていたから、もし他に方法があるなら知りたいと思った。



語学学校では、誰もが”英語は難しい。とくにアジア人にとって英語は難しい。だから一生懸命『勉強(=暗記)』しないといけないのだ。"と言っていたが、

個人のレッスンでは、”英語を暗記なんてしてたらますます話せなくなるよ。日本語を話す時には実年齢の自分を感じられるのに、英語を話す時には急に小さな子どもになったように感じるのは、なぜ? それはあなたの母国語の日本語では、まず単語や文法を暗記するのではなくて、まずカルチャー、次に言語音楽(発音含む)、それから話し言葉のテクニックを、自然に無意識に、あなたの年齢分の経験を積むことができたからだよ。だったら英語でも、それと同じことをすればいいんだよ。赤ちゃんのころには無意識にやっていたことを、今度は意識的にやればいいんだよ。"と言われた。

私は実のところ先生のレッスンを受けるようになってからも、暗記は止めるようにと再々言われていたにも関わらず、実はこっそり続けていたのだが、でもある日を境にやっとすっぱり止めた。(覚えた英単語の数=スピーキング力?



語学学校では、何か英語でミスをする度、減点をされたり注意をされたりして、私は落ち込んだり先生に謝ってばかりいた(ミスをすることにやたら厳しい先生とかいた)が、

個人のレッスンでは、言い間違いをしたときクセで”Sorry.”と言ったら、”今、何で謝ったの?”と言われた。
”日本語で話してるときに言い間違えたら、謝る?じゃあ何で英語だと謝るの? ミスをしないように心がけるのではなく、どんどんミスして、(話話し言葉のテクニックで)カバーしたらいいんだよ。”、と言われた。

たしかに私は自分にとっての外国語である英語が完璧だと思ったことはないが、母国語である日本語も完璧だと思ったことはない。だったら、別に英語だからって構える必要なんてないし、ミスしたってカバーができれば恐れる必要もないと、思うようになっていった。



語学学校では、毎日宿題が出ていたし週に1回は筆記試験もあって、それはつまり「単語と文法を暗記してください」ということだった。だから私は授業中だけでなく、放課後も週末も使って単語と文法の暗記に時間を費やし続けた。

個人のレッスンでは、そんな”宿題”は一切なかった。ただ、”レッスンで教わることを、レッスン以外の場所でもどんどん使う”ようにと繰り返し言われた。

だから私は、カフェでコーヒーを注文するとき、
図書館で私が本を読んでいるのを邪魔する人に遭遇したとき、

言いたいことがあるのだが何と言ったらいいのかわからないとき・・・

カナダの現実の、リアルなカルチャーの中で、レッスンで習ったことをどんどんどんどん使っていくようにした。

そうしたら・・・英語が話せるようになっていた。


どれだけの単語を知っているかでもなく、どれだけの文法の知識があるかでもなく、

自分が住む土地のカルチャーに自分を浸していくことで、その土地の人々が使う言葉が話せるようになっていく
ということを、私は自分で経験して、思った。



*お知らせ*

私がバンクーバーで個人で英語を習っていた先生は、現在バンクーバーを拠点に中国や日本でもレッスンをされていますが、現地の先生方と提携をされ、今夏からフィリピンのセブでも先生のレッスンが開始されるそうです。

フィリピンのレッスンは費用もスケジュールもサポートの内容も、カナダのレッスンとは全く違うものになっているそうですが、カナダのレッスンと同様、英語の暗記は一切しない方法で英語を学ぶことができるようになっていて、もちろん英語のカルチャーを学べる内容になっているそうです。

また新たに、今月15日(バンクーバー時間)から、カウンセラーの方(バンクーバー在住)が先生のレッスンに関するお問い合わせに対応をして下さるそうです。

******

私がバンクーバーで個人で英語を習っていた先生は、Skypeで英語のレッスンと、ワーホリ/留学に関するカウンセリングもされています。

カナダでのワーホリに向けてSkypeレッスン&カウンセリングを受けられたYさんから、メールを頂いたのでご紹介します。(掲載の許可を頂いています。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先生とのカウンセリングではカナダでしたいことや将来のことなど聞かれ、本当にいろいろと考えさせられています。

私は漠然と英語が話せるようになりたいとしか考えていませんでしたから。

でも、今は出発前にイメージしたり知ってから行くことは大切なんだと感じています。


こうして出発前から相談したり知る機会があるのは大変心強いです。

またブログをチェックさせていただきますね。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Yさんメールありがとうございました。


*****

先生のレッスンでは、暗記をしない方法で英語を学ぶだけでなく、レッスンの一環で旅行に行ったりもします。(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得を参照。)
今月アラスカ・クルーズ旅行に参加された生徒さんたちの様子。(掲載の許可を頂いています。)

クルーズ9

クルーズ8

クルーズ旅行1

クルーズ10

クルーズ3

クルーズ5

クルーズ6

クルーズ11

クルーズ2

クルーズ4

*****

既にご連絡先をお知らせ頂いている方で、もしも私または先生からのメールがまだ届いていないという方がいらっしゃれば至急ご一報下さい。

ご連絡は携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生またはカウンセラーの方へ直接お願いします。)


    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ