英語が話せるようになって初めて「見えた」こと。

英語が話せるようになると何が変わるのか?


ワーホリで日本からカナダに渡る前、「英語が話せるようになりたい」と思っていた。
でも実際、英語が話せるようになると何が変わるんだろうか?
私が「変わる、というか、現に変わった。」と思うこと。
それは、「それまでとは違う世界が見えるようになる」ということである。

たとえば。

「自分が英語が話せている」という感覚がまだなかった頃、
たまにカナダ人(か、またはカナダ人ではなくても英語を流暢に話す)男性と話す機会があったのだが、
当時の「英語が話せない私」と「ペラペラ一方的に喋る男性」との間によく展開された会話のパターンは、大体以下のようなものだった。

(1)"Hi!" から始まり、
    ↓
(2)"Where are you from? (どこから来たの?)"  または "Are you Japanese? (君、日本人?)"
    ↓
(3)"Do you have a boyfriend? (彼氏いるの?)"
    ↓
(4)"I can help you with your English. Do you want to teach me Japanese?(君に英語を教えてあげるよ。その代わり僕に日本語を教えてくれる?)"
    ↓    
(5)"And, what is your phone number??"  (で、電話番号何?教えてよ)


・・・これってなんか、見下されているというか、いくらこちらが英語が話せないからって、私のことナメてんの? という感じであった。

けど、そうはいっても当時の私には、語学学校の「外」にいる人(つまりクラスメイトや学校の先生「以外」の人)と話すとなると、ほとんど相手の質問にyes/noで答えるくらいしかできず、悔しいけれど何と言ったらいいのかわからないから、そういう時は笑ってごまかして、徐々にその相手から離れていくしかなかった。

当時の私には自分と同様に語学学校で英語を勉強している留学生の友達しかいなかったから
そうなるとやはり自分の行動範囲も「留学生が多くいるところ」に限られがちではあった。

「留学生が多くいる場所」で出会う現地の人というのは、
留学生がそこにいるとわかっていてあえて来ているわけだから、
「私」だから、ではなく、
私が「日本人だから(もしくは/かつ)語学留学生だから」
近づいてくる人が多かったのは、まあ当然と言えば当然ではあるのだけれど。

しかも留学生がいる場所にやたらめったら顔を出す現地の人というのも時々いて(例えば痴漢男もカルチャーで撃退。で私が遭遇したような人)、
そういったこちらが「日本人だから(もしくは/かつ)語学留学生だから」近づいてくる人と関わると、結局自分が嫌な思いをするのだけれど、
そういうことも当時は気づいていなかった。

続きを読む

外国人と友達になるのは本当に「ムズカシイ」 のか。

日本人がカナダ人に感じる違和感の正体


「カナダ人と友達になりたい」と言う日本人の友達と話をしていたら、「カナダ人と友達になりたい。でも難しい。あのノリというか、ガイジンのなれなれしさについていけない」のだと言う。私は、カナダ人と仲良くなりたいけど、その一方仲良くなるのに気が引けると言う彼の気持ちがよくわかった。なぜなら私も以前はそう感じていたから。

カナダのバンクーバーでワーホリ中、語学学校(ESL)に通っても英語が話せるようにならず、マンツーマンの英語のレッスンを受けるようになり、そこでカナダの・英語の文化について習うまで、カナダ人てなれなれしい・・と感じていたことが、あった。

自分はカナダにいても「日本人でいなければならない」と思って、"Sorry"も "Thank you" も "See you" もすべて「お辞儀つき」で言っていた頃である。(英語を効果的に勉強する:1を参照。)

レッスンを受けるようになってから、そう感じた状況を一つひとつ振り返ってみると「カナダ人がなれなれしい」と感じていたその多くは、英語の、カナダのフレンドリーな文化/カルチャーの中ではごくごく自然なことだったのだけれど。(friendlyとpolite 2つの文化の違いを参照。)


「カナダ人はなれなれしい」と言った人がもし、バンクーバーに住んでいる日本人女性の言葉だったら、私は心配するかもしれない。残念なことに、カナダ人の中には、日本人がカナダにいても日本の文化から抜け出ていないために″NO″と言えないことを知っていて、わざと失礼/不快なことをする輩もいるから。(英語圏の国で英語のカルチャーを知らずに暮らす、弊害。

でも、ここで 「カナダ人はなれなれしい」と言ったのは日本人男性だった。

自分をカナダに住むカナダ人だと仮定してみよう


もし自分がカナダに住むカナダ人だとしたら。

カナダにいるのに、カナダ人を「ガイジン」と言って自ら壁を作っている日本人(というか、カナダに住んでいるのならガイジンなのはむしろ自分の方である!)と、
京都という、日本人にとっては「ホーム」にいるにも関わらず、英語の文化/カルチャーを使える日本人(京都で英語のカルチャーを使ったcoolな男性)とでは、どちらとより友達になりたいと思うだろうか?
(ただ私は、どこでもかしこでも英語の文化に従うべきとも思わなくて、基本的には自分がいる場所や状況に合わせて、自分が最も心地が良いと思える文化を使うのが良いと思っている。つまり、母国とは違う文化を学ぶと言うことは、自分の引き出しが増えるということである。)

カルチャー/文化は違っても、カナダ人も日本人も、結局は同じ"ニンゲン"だ。


下は「もう英語を勉強する必要がない状態」に達する方法。 で紹介させていただいた、現在カナダでワーホリをしておられこのブログを通してご連絡を頂いた方(Cさん)と私とのLINEチャットです。
Cさんは、私がカナダでESLを卒業しても英語が話せるようにならず、英語を個人で習った先生の同じレッスンをバンクーバーで11月から受け始められました。
LINE-comment
白色の吹き出しがCさん、緑色が筆者(Coco)です。
Cさん、掲載を快諾下さりありがとうございました。


***お知らせ***
私はカナダのバンクーバ-でワーホリ中、始め語学学校(ESL)に3ヶ月通いましたが、卒業する頃になっても英語に自信がもてませんでした。そのため知人から聞いてマンツーマンの英語レッスンを受けるようになり、そこで日本とカナダの文化の違いを始め、ネイティブが話すような自然な英語の話し方を学び実践することで、今度は3ヶ月経つ頃には英語に自信が持てるようになっていました。また現地の人に「カナダに来る前は英語が話せなかった」と言うと驚かれたり、「日本人の英語に聞こえないから日本人だと思わなかった」と言われるようにもなっていました。(レッスンの内容については英語を効果的に勉強するを参照下さい。)


私がカナダのバンクーバ-でワーホリ中に英語をマンツーマンのレッスンで習った先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなくフィリピンのセブ島でも、さらにSkypeを使って日本を始め世界のどこからでも受けられるようになっています。オーストラリアでのレッスンもスタートしました。

私が習っていた頃は先生がお一人で、バンクーバーだけで教えておられたのですが、今は複数の先生方がおられレッスンを受けられる場所も大きく広がりました。→日本で受けられるSkypeレッスンやフィリピンでの1ヶ月の集中レッスンにより、カナダやオーストラリアでワーキングホリデーや留学を始めた後ではなく、始める前から英語を学び、自信をつけていくことができます。

レッスンには、先生が同行し、カナダやアメリカや南米を縦横断する言語旅行(冒険旅行)に行くコースもあります。(参加は希望者のみ。目的地や期間は毎回変動します。)
私はバンクーバーでワーホリ中にアメリカのグランドキャニオン旅行に参加しました。(「リアルな経験」の中で生きた英語を習得を参照。)

旅行中は参加者同士はもちろん、現地の人にも積極的に話しかけ、24時間英語を喋りっぱなし。教室で単語や文法やフレーズを暗記し、テストに書いたら忘れる・・のではなく、旅行しながら英語を学び、実践で使っていきます。友達同士だけや旅行会社のパック旅行で海外を旅行しても英語は伸びないですが、この旅行は先生が同行するため旅行しながら英語に自信をつけていくことができます。
次の目的地はレッスンのサイトの「LIについて」をご覧ください。(Language=言語に Immersion=浸る)

***お正月割引のお知らせ***
年末恒例、レッスンの費用が割引になるキャンペーン終了まで残りわずかとなりました。
12/31(日)までにお申し込みを完了される方限定で、今年はレッスンの一環で行く冒険言語旅行を含むプランが割引になっています。


カナダオーロラ_5
↑カナダ・オーロラ鑑賞旅行で。キャンピングカーの中で寝袋にくるまり、オーロラを見上げながら就寝したそうです。

南アメリカ旅行マチュピチュ_6
↑ペルーのマチュピチュで。右の男性が先生です。

ウユニ3
↑ボリビアのウユニ塩湖で。

アメリカRV旅行4
↑アメリカのグランドキャニオンで。

フィリピンレッスン2
↑こちらは旅行ではありませんが、フィリピンのセブ島でも1ヶ月の集中レッスンが行われています。週末にはマリンアクティビティも楽しめます。


********
①海外に着いたら何はともあれまずは語学学校で英語を「勉強(=暗記)」。(どの留学エージェントも申し合わせたように「まずは3ヶ月」と言う。)

②学校に使ったお金を取り戻すべく、また旅行代を貯めるべく、レストランやカフェでバイト。

③カナダやアメリカを旅行。

④とは言えたった1年で英語が話せるようになるのは相当「難しい」ので、英語が話せないかわりに「せめて」TOEICは・・・ということで、帰国前の1~2ヶ月はまた「勉強」してTOEICを受験。

⑤帰国。
という王道のワーホリではないワーホリ&留学がしたい方、
レッスンにご興味がある方はご連絡下さい。


普通は「ワーホリや留学をして海外で英語の勉強をスタートする」ですが、このレッスンでは、「ワーホリや留学を始める前、日本にいる間から英語の勉強をスタート」し、英語が話せる状態でワーホリや留学を始めることができます。それにより、カナダやオーストラリアに着いて2~3週間以内に複数の英語を使う仕事を得ている方が多数いらっしゃいます。

ご興味のある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。
LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。



*東京都内のカフェで筆者が直接お会いして、私のカナダでのワーホリ経験やレッスンについてお話させていただく「ワーホリ&留学無料説明会」も行っています。

*また先生と、私と同じレッスンをカナダで受けられた元生徒さんであり現在はカウンセラーをされているJunさんから、オンラインで無料体験レッスンと無料カウンセリングも受けられます。


私がバンクーバーで受けていたマンツーマンの英語のレッスンや、冒険言語旅行や、「ワーホリ&留学無料説明会」にご興味がある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

*このブログから私にご連絡を頂いた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.返信をいただきましたら、先生と日本人カウンセラーのJunさんに転送します。またご希望される方へは都内で行う説明会の詳細をご案内します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン(Skype)で無料カウンセリングと無料体験レッスンの日時をご相談の上決定します。
4.カナダでレッスンを受けて3ヶ月で英語に自信をつけられ現在もカナダでワーホリ中の、英語を使って仕事&現地のコミュニティで友達をたくさん作っておられる元生徒さん達ともSkypeでお話することができます。



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

   

2013年4月30日に公開した記事に加筆しました。

英語は時間をかけないと話せるようにならない・・わけじゃない、理由?

カナダでワーホリする前は「英語は時間をかけないと話せるようにならない」と思っていた。


私がまだワーホリでカナダのバンクーバーに行く前。
ワーホリをすると決めた私は、とりあえず海外に行く前に「少しでも英語を勉強しておこう」と思っていた。
だから(1)単語帳を眺めたり、(2)TOEICの問題集を解いたり、(3)英語のCDを聞いたり(聞き流したり)してはいたけれど、「うお~!私、英語が話せるようになっていってるやん!!」とは、まったく思えない。

思えないから、つまらなくて、かと言って他にどうしたらいいのかもわからないから、「こんなんじゃいけない!バンクーバーでは気合い入れてもっとしっかり勉強しなければ!」と思っていた。

当時私は既に大学を卒業していたのだが、大学までの日本の学校教育で教わってきていたことを、卒業しても延々続けていた。
だって日本の学校教育で問われるのは、(1)単語と、(2)文法と、(3)(申し訳程度のリスニング力)だから。

長年の学校教育により、(1)英語を暗記し、(2)文法の問題を解き、(3)多少リスニング、という英語の勉強の仕方がすっかり習慣づいてしまっているため、その「既に散々やってきてダメだった(=話せるようにならなかった)勉強」を止めるどころか、「日本にいた時よりも真面目に朝から晩まで英語を勉強すればきっと話せるようになるはず・・!」だとすら思ったりして、バンクーバーに着いてからも本当に同じことをし続けた。

つまり、(1)語学学校の授業で出てくる単語を覚え、(2)教科書やワークの文法問題を解き、(3)授業時間の大半を先生や他の生徒の話に耳を傾けること に使った。 しかも、学校にいる時間だけでなく、放課後や休日も使って同じことをし続けた。

続きを読む

誰も教えてくれない、「ESL」の本当の意味。

衝撃の事実。ESLは単に語学学校や第二言語を指すわけではなかった


カナダのバンクーバーでワーホリを始めたばかりのころ、語学学校(ESL)に通っていた私。しかし卒業する頃になっても英語が話せているという感覚がまるでなく、知り合いに教えてもらい、個人で英語のレッスンを受けるようになった。

ある日のレッスンで、私はその日習った話し言葉のテクニックを使って、自分が卒業したばかりのESLの話をしていた。
すると先生が、”CocoはさっきからESLを連発しているけれど、ESLの意味をわかっている?”と言う。

私が”ESLの意味? English as a Second Languageの略だから・・・その名が示す通り、英語を第二言語として学ぶ人のための学校とか、組織とかコースを指すのではないんですか?"と言うと、先生は ”うん、それも確かにESLの意味の一つだよ。でもそれって、言語習得の過程において具体的にどういう状態のことを言うのか、知っている?”と、言う。

なので私が ”えっと、Second LanguageというからにはFirst Language(母国語。私にとっては日本語。)と同じくらい自由自在に英語を使える状態? ではないんですか?"と答えると、 先生は"オッケー。ちょうどいい機会だから、説明するね。"と言って、机の上に紙とペンを取り出した。

続きを読む

海外で2つ以上のESLに通っても「英語を話すのが怖い」人がいるワケ。

ワーホリや留学をしても英語が話せないのはなぜなのか


海外の語学学校(ESL)に通って英語を勉強している/したことがある人はわかると思うけれど、語学学校(ESL)で受ける英語の授業と、日本の学校で受ける英語の授業とにさほど大きな違いはない。ESLの授業でも先生が1人前に立っていて、授業時間の大半は10人以上のクラスメイトと一緒に先生が話すのをただ聞いている。そして教科書とノートを使って単語や文法の問題を解き、テストでどれだけ英語を暗記できたかをチェックされるー。

違うのは、ESLでは授業がすべて英語で進むことくらい、である。

日本で(小)中学、高校、人によっては大学でも、英語を勉強し続け、それでも英語が話せるようになっていないのに、今度は場所だけ海外に変えて、また同じやり方で英語を勉強する。

それがワーキングホリデー(ワーホリ)や海外留学をしても「英語を話せない・・」人が生まれる原因である。

私はカナダのバンクーバーでワーホリを始めた当初、語学学校(ESL)に3ヶ月通っていた。どこの留学エージェントに相談しても「まずはESLに3ヶ月通いましょう。(足りなければ延長すればいいんですよ。)」と言われたし、バンクーバーで出会う留学生やワーホリメーカー(バンクーバーには沢山の日本人留学生やワーホリメーカーがいるので、ダウンタウンを歩いているだけで彼らに出会える)に聞いても、それ以外に英語を勉強する方法を知っている人はおらず、他にどうすればよいのかもわからなかったから。

けれど3ヶ月経ってESLを卒業する頃になっても、自分が英語を話せているとは到底思えなかった。ESLの、「留学生の英語に慣れていてゆっくり話してくれるネイティブの先生」となら会話をすることができても、学校を一歩出るとネイティブが何を話しているのか全然わからないし、カフェでコーヒーを一杯注文するのすら、英語が下手だから相手を怒らせたらどうしよう・・と緊張していた。(カフェでコーヒーを買う度、店員から冷たくあしらわれていた理由。

続きを読む

【日本で説明会開催】海外で留学生の友達ではなく、現地の友達を作る方法

これからカナダでワーホリ/留学を予定している方へ。

1)日本で勉強している英語と、カナダでネイティブ達が使う英語の違いを知っていますか?
2)カナダで友達を作る方法を知っていますか?
3)カナダでESLに通う留学生の友達ではなく、現地の友達を作る方法を知っていますか?
4)カナダで英語を使う仕事を得る方法を知っていますか?
5)カナダで快適な宿泊先を見つける方法を知っていますか?
6)カナダで生活をスタートさせるのに最適なシーズンを知っていますか?


***これからカナダワーホリや留学を考えておられる方に向けた説明会を開催します***

〇場所:東京都内のカフェ(詳細はご連絡頂いた方へお知らせします)
〇参加費:無料。(ご自身のドリンク代のみ)

*カフェにて、バンクーバーで1年のワーホリを経験したこのブログの筆者(Coco)と、
筆者と同じくバンクーバーで1年弱の留学経験がある現役の英語教師(日本人)が
直接お会いして、
カナダで受けていたマンツーマンの英語レッスンについてはもちろんのこと、

1)日本で勉強している英語と、カナダでネイティブ達が使う英語の違い
2)カナダで友達を作る方法
3)カナダでESLに通う留学生の友達ではなく、現地の友達を作る方法
4)カナダで英語を使う仕事を得る方法
5)カナダで快適な宿泊先を見つける方法
6)カナダで生活をスタートさせるのに最適なシーズン

などなど、
留学エージェントやESLではまず教えてもらえない、カナダで実際に英語を学び、生活をしたからこそわかるワーホリや留学に必須の知識をシェアします。


〇説明会で、または説明会の後、カナダでレッスンを受けられた他の日本人ワーホリメーカーや留学生とも、Skypeを使ってお話することができます。
ESLに通わず、現地での最長3ヶ月のレッスンだけでどのような英語が話せるようになっているのか、実際に聞くことができます。

*生徒さん達が英語を話しておられる動画は下の記事からご覧ください。
【動画あり】バンクーバーでワーホリ開始3ヶ月目の生徒さんの英語
【動画あり】「1ヶ月の勉強で英語に自信が出てきた」カナダ留学生の勉強法とは?
(お二人とも、現在はさらに英語が上達しておられます。)

〇説明会で、または説明会の後、カナダにおられる先生ともSkypeでお話し、無料カウンセリングと無料体験レッスンを受けることができます。
(先生はネイティブの方ですが、日本語も話せます。)

無料カウンセリングでは
1.先生から直接、現在の英語レベルの診断を受けられます。
これにより、今英語に悩んでいる原因が明確になります。(先生はネイティブの方ですが、日本語も話せます。)

2.その診断結果と、カウンセリングで伺う、英語を学ぶ期間や予算のご希望を基に、最も適したレッスンプランをお伝えします。
プランについては先生だけでなく、日本人カウンセラーのJunさんからも説明をしてくださいます。
(Junさんが更新しておられるfacebookページがこちら→YCDI(You Can Do It)

3.レッスンを始める前に、レッスンをスタートしてどれくらい短い期間で、どれだけの英語の自信を得られるのか、予めイメージできるようになります。
(Skypeを使うレッスンではなく、対面で受けるカナダでのマンツーマンレッスンは、最長でも3ヶ月です。
カナダ渡航前にフィリピン・セブ島でレッスンを受けることも可能ですが、こちらは最長1ヶ月です。
そのためこの2つを受講する方でも最長4ヶ月の学習期間です。)

〇筆者はカナダのバンクーバーでワーホリをし、始め語学学校(ESL)に3ヶ月通ったものの、
卒業する頃になっても自分が英語を話せたいるとは思えず、
周りにも同じように悩んでいる留学生やワーホリメーカーがが沢山いました。
そんな時、知り合いにマンツーマンレッスンを受けてみてはどうか、と言われ、
日本の学校教育とも英会話スクールともESLとも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」で英語を学ぶマンツーマンの英語レッスンを受けるようになりました。
(レッスンについては英語を効果的に勉強するを参照。)
そして3ヶ月後には、英語で現地の人とも会話が楽しめるようになっていただけでなく、現地の人からうえ英語が「自然」だと褒められたり、「カナダに来る前には英語が話せなかった」と言うと驚かれるようにもなっていました。
帰国後の現在は、都内企業で英語を使う仕事をしています。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」でどうやって英語を勉強するのか?
たった3ヶ月で英語が話せるようになるなんて本当なのか?
ギモンに思う方もぜひお越しください。

〇私達もかつては、初めての海外生活に挑もうとしていたワーホリメーカー・留学生でした。
だからこそ、これからワーホリや留学をしたいと考える方々の不安解消のお手伝いをしたいと思います。

続きを読む

誰も教えてくれない、英語を学び始める「前」にすべきこと。

バンクーバーに1か月の旅行で訪れていたスペイン人女性と知り合い、友達になったことがある。

彼女がスペインに帰国するまで、私たちは一緒に何度か出掛けたりして、今でも時々連絡を取り合う間柄である。

その彼女がバンクーバーに来てから2週間が経つか経たないかというとき、
”なんであなたはカナダに住んでみようと思ったの?”と聞かれたので、”何となく、旅行で訪れて長期で住んでみたいなって思ったから。それでワーホリだったら1年住めるって聞いたから。”と話した私に、
彼女はこう言った。

”1年かあ~・・・。私ももしここに1年住んだら、確実に英語ペラッペラになってる自信があるわ!
と。


それまで私は、
日本人や韓国人留学生の友達から、”ここに1年いても、英語が話せるようになるか不安・・・。”という言葉を聞くことはあっても、
”ここで1年も暮らしたら、確実に英語ペラッペラになる自信がある。”なんて言う人は初めてだったので、

彼女の言葉にショックを受けた、と同時に、”さすがスパニッシュ・・!”と思った。


だって自分がバンクーバーに着いて2週間かそこらの頃のことを考えてみても、
1年後どころか、英語が話せている自分を想像することすら、難しかったような気がするのだ。


★★★★★


『単語を一つでも多く覚えて、文法の問題を解く。それが英語を勉強する唯一の方法である。』


それが私が、カナダで語学学校を卒業し、個人で英語を教わるようになるまでの「常識」であった。

けど、どんなに単語を覚えても文法を覚えても英語のCDやラジオやネットの英語放送を聞いても英語の勉強本を読んでもブログを読んでも、
その上カナダでは語学学校に通ってさらに単語と文法を覚え、日本語はほとんど使わず英語だけを使う生活にしても、
英語が話せるようには、 なっていかなかった。


だから「・・・英語が話せるようになるには、一体あと何年かかるのか・・・。英語って、ほんと難しい!」と、思っていた。



バンクーバーの語学学校を卒業し、
英語を個人で習うようになった私は、
そこで先生から、

”英語が話せるようになるには、まず英語は難しいという思い込みは捨ててもらう必要があります。”

と言われた。


先生は言語教育を大学で専門に学んできているので、色々な専門用語を使って(たとえばPsycho-LinguisitcsとNeuro-Linguisitcsとか、emotional intelligenceとmental intelligenceなど、”興味があったら調べてみたらいいよ”と言って紙に書いてくれたのを、今も持っている。)、なぜ英語を学ぶにそうする必要があるのか、
そしてそれがどれだけ重要なことなのかを説明してくれた。


・・・よく、英語を学ぶにはまず基礎(基本)を固めることだと、そしてその基礎(基本)となるものは文法と単語であると言われる。
でもここにもう何度も書いているけれど、文法や単語なんてものは基礎でも基本でも、全然ない


英語は難しいという「思い込み」、英語は単語と文法を覚えることから始まるという「既成概念」、本当に自分が英語を話せるようになるのかという「疑念」なんかをまずなくさない限り、
いくら時間とお金を費やして、どんなにたくさんの文法や単語を勉強したところで、
英語は一生、「ムズカシイもの」であり続ける。

だって本当は、英語自体が難しい言語であるわけではない(だとしたら、こんなに多くの国や地域に広まっていないはず)し、
英語は単語と文法を覚えることから始まるというのは、そういう教育を受けてきたから、そう思うようになるだけだし、
英語が話せるようになるのに、特別な能力が必要なわけでもないし、よく「自分なんか・・」の後に続く年齢も学歴なんかも、関係ない。
(実際私は、英語が話せるようになったが、でも私には何か特別な能力があると思ったことはないし、カナダへ着いた時点でとっくに20歳を超えていたし、取り立てて自慢できるような学歴があるわけでもない。)



・・・つまり実のところ問題は、”英語”にあるのではなく、”自分の中”にある。



さらに先生は、
英語は難しいという「思い込み」・英語は単語と文法を覚えることから始まるという「既成概念」・本当に自分が英語を話せるようになるのかという「疑念」なんかを持ったまま英語圏の国であるカナダに来る人(日本人)がぶち当たる悩みには、共通のパターンがあるとも言っていた。

たとえば、
・単語帳に文法書にTOEICの本に英語のCDに、色んな英語教材を買っては勉強してきたはずなのに、カナダに着いてみたら全然話せないし聞き取れもしない。
・学校にも通って毎日英語に触れてはいるはずなのに、うまくなっていってる感じがしない。
・留学生の友達はできても、カナダ人の友達はできない。
・”自分日本人だしワーホリだし”カナダでは日本食レストランかカフェで働くのが妥当と思っていて、他の可能性は考えられない。
・ホームシックで、日本が恋しくてたまらない。
といったこと。


・・・私はホームシックにはならなかったけれど、でもそれ以外は、完全に当たっていた・・・。


★★★★★

何年も何年も、時間もお金もかけて英語を「勉強」し、日本からカナダに渡って、その時初めて
「私のこれまでの勉強って・・何だったのだろう??」と気づく。

英語なんて、ただの道具(ツール)であり、道具は使って初めて威力を発揮する。

使えない英語を「勉強」することに、
一体何の意味があるのだろうか??



英語は難しいという「思い込み」・英語は単語と文法を覚えることから始まるという「既成概念」・本当に自分が英語を話せるようになるのかという「疑念」・・・。

それらを英語を学び始めるリセットしない限り、
自分が心の底では”学びたい”と思っているものから、自分で自分を遠ざけ続けることになる。



<関連エントリ:なぜか誰も指摘しない、英語が「難しいもの」になってしまう原因。
英語は単なるツール。それ以上でも以下でもない。



**********
前回
のつづき:レッスンの一環の旅行(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得を参照)で、Dog sleding(犬ぞり)とAurora/Northern lights(オーロラ)を経験&体験するVancouver~The Rocky Mountains~Yellowknife~Vancouverの11日間の旅行に参加された生徒さんたちの様子。(掲載の許可を頂いています。)

旅行には言語OTAKU(→「海外に行きさえすれば英語が話せるようになる」、わけではない。を参照)の先生(たち)が同行し、目的地までの移動もすべてレッスンの時間になります。

旅行中も、普段のバンクーバーでのレッスンでも、机についてただ単語と文法を暗記するだけの「勉強」をすることは一切ありません。
(*旅行の期間や行程や内容などは、シーズンや、また参加される生徒さんによって、毎回異なります。)

Dog sledding and Aurora33

Dog sledding and Aurora34

Dog sledding and Aurora29

Dog sledding and Aurora32

Dog sledding and Aurora23

Dog sledding and Aurora 17

Dog sledding and Aurora15

Dog sledding and Aurora14

Dog sledding and Aurora13


***

日本にいた頃から先生のレッスンを受けられていて、先月バンクーバーに到着され今レッスンを受けておられる生徒さんは、
バンクーバーに到着したその日に、英語で電話をすることができたそうなのですが、
仕事もすでに見つけられたそうです。

つまりバンクーバー生活を開始して2か月も経たずにお仕事が決まりました。

しかも、職場は日本食レストランではなく、カフェでもないそうです。

よってその生徒さんのお仕事は、バンクーバーの最低時給も超えています。



***お知らせ***

私が語学学校に通った後、個人の英語レッスンを受けた先生が2月に来日をし、レッスンをされていました。

今日本におられる方へ向けたレッスンでは、Skypeを使い、ヒアリング(HEARING)に焦点をあてたレッスンをされているそうです。

リスニング(LISTENING)と ヒアリング(HEARING)は、違います。

バンクーバーに着いて2ヶ月も経たずに日本食レストランでもカフェでもない職場でお仕事をされるようになった生徒さんがバンクーバーに着いたその日には英語で電話をすることができたのは、日本にいる間にヒアリング(HEARING)ができるようになっていたから、だそうです。



日本でのレッスンではカナダ留学やワーホリのための無料カウンセリングも受けることができます。

先月からはSkypeレッスンも開始されました。


日本での継続的な無料レッスン&無料カウンセリングにより、カナダに渡る前に英語初心者を卒業、"RAW"の状態を卒業します。

もちろん日本でのレッスンでは、英語は難しいという「思い込み」・英語は単語と文法を覚えることから始まるという「既成概念」・本当に自分が英語を話せるようになるのかという「疑念」を取り除くところから始められるそうです。


日本でのレッスン(Skype含む)も、私がバンクーバーで受けていたレッスンとまったく同じ方法を使って行われます。よって、カナダに渡る前にどのようなレッスンなのかを試すことができます。
カナダでもレッスンを続けたいかどうかは、無料体験レッスンを受けた後に決めることができます。

先生のレッスンでは「暗記」はしません。 英語を「暗記」ではなく「経験」して学ぶので、一旦身につけたら一生忘れません。
私のように語学学校に通う必要は、ありません。


先生はネイティブイングリッシュスピーカーですが、日本語も話せます(し、読めますし、書けます)ので
まったくの英語初心者の方でも無料体験レッスンを受けることができます


カナダに渡る前に、対面またはSkypeでのレッスンで、日本で時間をかけて準備をすることができるので、
日本にいる間に英語初心者を卒業し、そうしてカナダでは短期間で英語を仕事でも通用するレベルに到達させ、カナダでの生活費はカナダで稼ぐ(そのための最低時給を上回る仕事もご紹介されるそうです)というのが目標の一つです。
(カナダで受けることができるレッスンには、カナダバンクーバーでの1対1でのレッスンに、日本からの安い航空券を買うためのサポート、空港ピックアップ、ホームスティのサポート、バンクーバーのあるB.C州の最低賃金を上回る仕事のご紹介(カナダのカフェやレストランで働けば、英語は伸びる、のか? )や、レッスンの一環の旅行(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得)の割引などが含まれたコースがあるそうです。)

もし先生のレッスンを受けてみたいという方、“王道”ではない留学/ワーホリをしたい方、海外で”FOLLOW THE DUCK" になりたくないという方は、ご一報下さい。


携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生へ直接お願いします。)

既にご連絡を頂いている方で、もしも先生からのメールが未だ届いていない、メールのやり取りがスムーズにいっていないという方がいらっしゃったら、大至急ご一報ください。





    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

キーワード別記事

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。
日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピン・セブやオーストラリア・シドニー、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。

    ランキング