「約束」に対する考え方の違い。

カナディアンの友達の一人から”日本人は意思決定が苦手だと感じることがある”、と言われた。
日本人と日本人以外の人と一緒に遊びに行く時、ご飯を食べに行く時、大概リーダーシップを取っているのは“日本人以外の人"。
日本人に何がしたいか何が食べたいか、聞いてもはっきりした返事がすぐには返ってこない。これは日本のカルチャーなのか?と聞かれた。

“私が思うに、日本人がなかなか決断ができないのは、時間をかけずに何かを決めてミスをしたくないからじゃないかな。
日本のカルチャーとして、ミスをするのは恥ずかしいこと、もしくはいけないことだと思われているし、社会に出た後は一度失敗をすると再起が難しい、とされる風潮があることに関係があるのではないかと思う"、と答えた。

そして反対にその友達に、”カナディアンの友達と遊びに行くと感じるのは、彼らは意思決定は早いけれど、気分が変わるのもものすごく早い。ドタキャンもすごく多い。これはカナダのカルチャーなのか?”と聞いてみた。

私は日本にいた時は、一度した約束は滅多なことがない限り破らないようにしていたし、ドタキャンをしたこともされたこともあんまりない気がする。先約があれば、他に楽しそうな誘いがあっても断っていた。

けれどカナディアンの友達の中には
“今日は疲れた”、
“他の友達に誘われた”、
“家族とのディナーが入った”
などといって、まるで悪びれる様子もなくドタキャンをする人がいる。

これはどうやら、カルチャーの違いなのではないかと、薄々感じるようになっていたからだ。

私の質問に対する友達の答えは、
“たしかにカナディアンは、ええとカナダは広いから一概にカナディアンというよりもバンクーバーの人と言った方がいいかもしれないけれど、とにかくカナディアンは、どちらの約束を先にしたかなどではなくて、その瞬間に自分は何が一番したいかが重要で、自分にとってその時その時でベストなチャンスを常に選ぶようにしている"、
とのことであった。

私はその答えにすごく納得したのだが、それを話すと“でも約束は約束なんだから守ってもらわないと困るよ!”と憤慨する日本人の友達もいた。

私としては、カナディアンが一度した約束をそれほど守らないのであれば、私がカナディアンにする約束も、必ず実行されるとはそれほど期待されてはいないはずで、ということは日本にいた頃の、一度した約束は何としてでも守らなければならない、といった強迫観念から開放されたというか、「じゃあ私も大した理由がなくても、気分が乗らない時はキャンセルしてもいいんだ」と気が楽になった。

もちろんカナダではいくらドタキャンが日本よりは許されるとは言っても、もちろん時と場合と重要度に依るし、
いつもいつも約束を破ったりドタキャンしていると、そういう人だと思われて、信用もされなくなるとは思う。

いつもきっちり約束を守るカナディアンもいる。

約束なんて守ったことがない、という日本人だって中にはいるはず。

けれどカルチャーの一部分として、“約束"というものに対する日本とカナダの考え方の違いを知っておくことは、
カナディアンが自分との約束をドタキャンしたからと言って自分を卑下したり、必要以上に責めたりしないための
tip(コツ)になるのではないかと思う。

*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

英語の“キャラクター”を身につけるということ。

バンクーバーで個人で英語を教わった先生から“英語を喋っている時には、日本語のときとは違うもう一つのキャラクターを持つことを意識する”ということを学んだ。

始めは言語によって違うキャラクターをもつ、ということがよくわからなかったのだが、今では完全に、自分は英語を話しているときと日本語を話しているときでは違うキャラクターを持っている、と感じている。

複数のキャラクターをもつとはどういうことかというと、
日本語を話している時には大人しくて礼儀正しい(少なくともそのつもり)性格でも、(英語のカルチャーではフレンドリーであることの方が重要なので)英語で話すときには日本語で話すときよりももっとオープンでフレンドリーな自分を感じる、ということである。

実際に私はカナディアンの友達から、“Cocoはフレンドリーだよね。小さい頃からずっとそうだったの?”と何度か聞かれたことがあり、“私は小さい頃から内気で小学校の通知表の連絡欄に「大人しすぎて心配です」って書かれていた(実話)くらいなんだよ。”と言うと、びっくりされた。

英語を話すときにはフレンドリーに、というのがしっくりきていなかった頃は
英語で喋る度に“よりフレンドリーな自分”というものを意識していたが、
今は、英語で話すときには自然に、日本語で話すときよりもフレンドリーな自分が出てくる。

実際日本から友達がバンクーバーに遊びに来た時には、
「Cocoは何だか英語で話しているときの方がいきいきしていて、口数が多いし、オープンだね」と言われた。

*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

オープンマインドであるということ。

日本人が英語が話せるようになるためには、オープンマインドであることが実は一番重要なのではないか、と思うようになった。

何度も書いていることだけれど、
日本ではpolite(礼儀正しいこと)がとても重要だけれど、カナダではfriendly(フレンドリー)であることの方がもっとずっと重要。

初対面で自分のことを話してばかりだと、引かれてしまうのが日本だけど、
カナダでは自分のことを話さないとむしろ失礼になってしまう。

私もバンクーバーで生活を始めた最初のころは、日本にいた頃やっていたように、何にでもpleaseかsorryをつけていたし、
相手の言うことに出来る限り自分の意見も合わせるようにしていた。

日本でのやり方にこだわって、海外でのやり方=新しい考え方や行動様式 を受け入れられなかった。

クローズドマインドだった。

けれど、海外に行っても「日本ではこうだから」と日本流の行動や思考を引きずり続けてしまうと、現地の人たちからすると
フレンドリーじゃない人、
自分の意見を言わない=考えのない人=つまらない人
と思われて距離ができてしまいがち、ということが
日々生活する中で、また当時個人で英語を習っていた先生に教わる中で段々わかってきて、
徐々に自分のことも話せるようになったし、相手の意見に反対するときでも(言い方は少々考えなくてはならないが)言うようになった。

海外で生活することの一番のメリットは、現地の人々のリアルな暮らしを感じることができること、ではないかと思う。
だから、郷に入っては郷に従え、で、とにかく現地の人々がどう行動するかを見て、溶け込んでいくことが大切。
それが“オープンマインドである”ということ、だと思う。

*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

カルチャーを使って問題解決

バンクーバーにいる日本人のワーホリの友達と久しぶりに話したとき、
「留学エージェントにお金を払って仕事先を探してもらうというプログラムがありお金を払ったのだけれど、やっと最初の面接にこぎ着けるまでに1ヶ月以上かかり、その間に自分で仕事先を探すこともできなくて、さらにやっと紹介してもらえた職場が中国系の会社で、職場の人は英語を使っていないし、そもそも彼らとコミュニケーションを取るということがほとんどない。自分がしていることは簡単な事務作業。エージェントに仕事を変えることができないか、今度聞いてみるつもり・・」と言っていて、私はびっくり仰天してしまった。

その友達は履歴書作成と会社紹介にかかる費用という名目で、大体一ヶ月分の生活費にあたるくらいの額を払ったそうだが、エージェントに頼るよりも自分でさっさと仕事先を探した方がよかった、でももう払ってしまったからどうにもできない。と友達は後悔していたという話を、当時バンクーバーで個人で英語を習っていた先生にしたところ、
“自分なら1ヶ月で5社は面接が受けられるくらいの指導をするけどなあ。日本とカナダではカルチャーが違うのだから、履歴書の書き方も全然違うしアピールの仕方も違うよ。履歴書の時点で自分がその会社に必要なんだと思ってもらわないと。そのためには書き方のポイントがある”と言っていて、
へぇ〜なるほどね、とその時は思ったのだが、
後日その友人と同じようなことが先生の生徒の一人にも起きたので、(その生徒は先生のレッスンを受け始める前に既に代理店にお金を払ってしまっていたそう) 先生がアドバイスをし生徒が代理店に話をしたところ、何と全額返金されたらしい。

その代理店というのはもちろん日系なので、日本語で、日本のカルチャーを使って、具体的にどう言えば良いのかをアドバイスした、という。

英語のカルチャーだけでなく、日本語のカルチャーもそこまで理解しているとは・・。

さすが先生は言語のプロだなあと思い、そして改めてカルチャーの“威力”を思い知った出来事であった。


*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

英語を効果的に勉強する:5

暗記というのは、言語学習の最後のパートである語彙において初めて必要になってくるんじゃないかと思う。

Input中心の日本の教育スタイルでは、とにかく
文法と語彙を 暗記して、暗記して、暗記して、
・・・結局使えない。
1〜3番目の、カルチャー、言語音楽、話し言葉のテクニックは全てスキップしているから。

言語というのは、正しい順番(カルチャー→言語音楽→話し言葉のテクニック→文法→語彙)で、それぞれに正しい方法で学ばないとなかなか伸ばすのが難しいんではあるまいか、というのが私の見解である。

そして言語を学ぶ上で「暗記」を使うのはほんの一部分でよい。

日本には「石の上にも三年」という時間をかけることを美徳とすることわざがあるが、英語学習においては三年どころか、五年、十年、二十年。。。になっているのが、今の日本の英語教育ではないかと思うのだ。

言葉はツール(道具)である以上、使えなくては意味がナイ。

*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

英語を効果的に勉強する:3

5つのskillの3番目について。
話し方の技術/スピーチスキルは、世界中のどの言語にも共通して存在しているが、教科書にも書いていないし、学校や親から教えられることもない。成長する中で自然に学び、いつの間にか私たちが口を開く時には意識することなくいつも使っている話し方のこと。

例を挙げると、私たちが日本語で喋っているとき、次に何を言おうか考えながら「ええと・・・」と言うが、まさしくこういった類の話し方である。

・・・今までに、「言葉につまった時は『ええと』って言いなさい。」と教えられたこと、ありますか?

特別教わったこともないし考えたこともないけれど、いつの間にか日本語を話す時には自由自在に使えるようになっている、
それが話し方の技術/スピーチスキルである。

「ええと」といった意味合いのものでは、英語では"well..."などがこれにあたる。(他にも色々ある。)
こういう話し方を、たくさん習った。

言われてみれば、"well..."なんて、バンクーバーで生活していれば、一日に何回何十回と耳にするということに気づく。
ただ聞こえてはいても、自分も言ってみようとは思っていなかった。
しかし気づいたならば、自分も同じように使ってみればよいのだ。

最初はwellを言うのが何だか恥ずかしいような気もしたが、先生からとにかく使うように言われたので、始めは意識して使ってみるようにした。
実際に使ってみると、それまでネイティブの人から何か聞かれて、とっさに言いたいことが言えず言葉につまることが多かったのだが、話し言葉を使うことで考える時間ができ、よりリラックスして会話ができるようになった。
不自然な会話の「間」がなくなった。
ネイティブと仲良くなるのも早くなった。

以前は意識しないと使えなかったものの、今では考えなくても自然に口から出てくる。

話し方の技術/スピーチスキルを使わない方がスマートに聞こえるのではないかとも思っていたのだが、
実際にやってみると分かるが、使った方がずっと自然で流暢に聞こえる。

逆に使わないからこそ、単語と単語をつなげただけの、ロボットのような話し方になるのだ。

*****

レッスンで全部で13種類ある話し方の技術/スピーチスキルを習ってから、日本語で話す時には「本来の年齢の自分」を感じられるのに、英語を話す時には自分が小さな子どもになったかのように感じていたのは、
自分が英語の話し方の技術/スピーチスキルを一切使っていなかったことが原因だったのだとわかった。

英語のネイティブと話す時、こちらも英語の話し方の技術/スピーチスキルを使っていないと、
相手は子どもと会話をしているように感じる。

たとえ身体は大人でも、話し方が子どもっぽいので、自分は「何だか小さな子どもになったような気がする」し、相手は相手で、「子に人と話してもつまらない」と感じる。

つまり、話し方の技術/スピーチスキルなしで英語を話すと、
自分も相手もお互い、「仲良くなるのは難しい・・」と感じるのである。


レッスンが進むにつれ驚いたのは、この話し方の技術/スピーチスキルは世界のどの言語にも共通して存在しているということ。
そして、どんな言語であっても13種類なのは変わらないということ。

その13種類とは、
1:COMMUNICATION SPEECH SKILLS
2:DOUBLE STATEMENT
3:DIGRESSION
4:METAPHOR
5:PREVIEW
6:ANALOGY
7:LINKING WORDS
8:RETROSPECTIVE QUESTION
9:CONNECTING COMMUNICATION SPEECH SKILL
10:DOUBLE QUESTION
11:NARRATION
12:PARAPHRASE
+1
である。

*****

次に何を言おうか考えているとき、日本語では「ええと・・・」と言うように、英語でもスペイン語でも中国語でもスワヒリ語でも、それぞれの言語で、必ず「ええと・・」にあたる言い方がある。

普段日本語で使っている話し方なのだから、それを英語でもどう言えばよいのかがわかりさえすれば、英語でも日本語と話している時と同じような話し方ができるようになる。
それはつまり、英語でも自分のキャラクターが出せるようになるということであり、
この13種類ある話し方の技術/スピーチスキルをすべてマスターすると、英語を話す時の精神年齢が一気に上がっている自分に気が付く。


*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

英語を効果的に勉強する:2

5つのskillの2番目について。

言語音楽とは、アクセントや発音・イントネーションなどのこと。

私は英語の発音というのが本当に本当に苦手で、ESL(英語学校)に通っていた頃には、
”あなたは英語を話しているのか日本語を話しているのかわからない。”
”何て言ってるの?”とクラスメイトからしょっちゅう言われていた。

外国から英語を勉強しに来ている彼らからしても聞き取り不可能な私の英語は、
学校の外(つまりネイティブスピーカーと接する場面)で、買い物や外食時にも、ちょっとした会話のときにも
聞き返されないことはなかった。

私は(自分では英語を話しているつもりであったが)完全なるカタカナ英語(ジャパングリッシュ)を話していたのである。

ESLに通って3ヶ月も経つ頃、スピーキングのクラスで、二人一組になってあるシチュエーションでの会話を考えて覚えて、皆の前でその会話を発表する、というテストがあった。

私は事前に自主的に勉強していた、"会話でよく使われるイディオム"を自分の担当部分にいくつか入れて、ちょっと得意な気持ちになっていた。

さて発表の後、もらった先生からのコメントは
“Coco, イディオムを使っていたのはよかった。でもあなたはもっと発音に力を入れなきゃね。もっとクリアに聞こえるように。”

・・・あの~、私3ヶ月間この学校で発音のクラス取ってたんですけど・・・と思った。

私は発音のクラスの先生に、“私は発音のクラスに毎日出て、家でも発音の練習をして努力しているけれども、未だに正しい発音というものがわからない。どうしたらよいのか”と聞いてみた。

返ってきた返事は“3ヶ月あなたを見ていてわかったのだけれど、あなたは吃音障害があるから、他の人のようには発音できない。自分で音がわからないから聞き取りも難しいのよね。でもあともう少し練習を頑張ればよくなるわよ。”とのことであった。

家に帰って、吃音障害についてネットで調べた。
私の発音が、先天的な口の構造の問題であったとは。

すごくショックだった。

私はネイティブみたいに英語が話せるようになりたくてお金も時間もかけてカナダまで来たのに。

その日の夜、先生から言われたことを思い返しながら、「もうあきらめて日本に帰ろうかなぁ・・・」と少し思ったくらいであった。

しかし私は何か方法があるはずと思い、英語の発音に関する本を読んだり、吃音障害を改善させる方法はないのか、ネットで調べた。

色々書いてあることを試してみたりしたけれど、どうすれば発音が良くなるのか、やっぱり全然わからない。。。

最終的に私の発音の悩みを解消してくれたのは、5つのskillを使って私に英語を教えてくれた先生だ。

最初に会ったときに、“なぜカナダにきたのか?”と聞かれたので、
“ネイティブみたいに英語が使えるようになりたいから。まず私は発音をよくしたいが、自分は吃音障害があるらしいので難しいようだ。でもやっぱりネイティブみたいに話せるようになりたい! それはあなたのレッスンを取ることで可能ですか?”と聞いてみた。

すると信じられないことに、“そんなの簡単だよ。”と言われた。

私は“・・・簡単? でも英語のネイティブスピーカーでも吃音障害の人はいて、そういう人達は病院に行って矯正をしたりするらしい(と本に書いてあった)。 本当に私の発音は簡単に、特別な治療をしたり訓練をしなくても治るのか?"とさらに聞いた。

すると“病院になんて行ったらいけない。そんなことしたら余計自分には難しいと思って、意識して正しい発音ができなくなる。治療も訓練も、何もいらないよ。” とのことであった。

半信半疑ではあったが、私はとりあえずこの人の言うことを信じてやってみようと思った。

それからはとにかくネイティブの人が喋った通りに、文字面ではなくリズムやイントネーションを意識して聴いてみるようにした。
例えば“How's it going?”であれば、一つひとつ発音すれば ハウ イズ イット ゴーイング であるが、
実際そんな風に発音するネイティブはいなくて、 “はうずごーいん”と言っている。(ように聞こえる。)

そして次の週。
久しぶりに会った元クラスメイトから“何だか前より発音がきれいになったけど、どうしたの?何かあったの?前より自然というか、クリアーよ。”と言われ、先生が言っていたのはこういうことだったのか!と思った。

少しずつ、私が英語で話しても、相手に一回で聞き取ってもらえる(!)ようになっていった。

そしてそれから数ヶ月もした頃には、“あなたは日本人の発音じゃないから、日本人だとは思わなかった”と初めて会う人たちから言われるようにすらなっていたのであった。

*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

英語を効果的に勉強する:1

前回のつづき。5つのskillの1番目について。

カルチャー(文化)というのは、そこに住んでいる人たちの考え方や価値観、行動、人と人との関係性のこと。
カナダに来て最初の頃は、英語を喋ろうという努力はしていたが、行動は完璧に「日本人」だった。
どういうことかというと、例えば、"Hello!"と言いながらお辞儀をしたり、"Thank you"と言うべき場面で"Sorry"と言ったり。
挨拶時のハグも照れがあってなかなかできなかった。

日本の文化では礼儀正しいことが大切だけれど、カナダではフレンドリーであることの方がずっと重要(friendlyとpolite 2つの文化の違いを参照)。

だから上記のようなことをした場合、私を見ていた現地の人達は、口では言わないが、内心「??」と思っていたのではないかと思う。

言語は文化の一部なのだから、英語を話すのであれば西洋の文化を理解することは実はめちゃくちゃ重要なんだとわかってからは、とにかくカナディアンがどう振舞うか、こういう場面ではこういう言い方をしてこういう動作をする、ということをよく見るようにした。

そして感じたことは、英語に自信がついていくのはもちろん、以前よりもカナディアンの人たちと話がはずんだり、仲良くなるのが断然早い!ということだった。

<”カルチャー”の辞書上の定義についてはこちら→英語圏の国で生活しても英語が話せるようにならない、理由?

*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

カナダから帰国して、現在は都内企業で英語を使って働いています。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「こんなのウソに決まってる、アリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになってますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ