「英語がペラペラ」 の定義。

「英語がペラペラになりたい。」という人がよくいるけれど、
“ペラペラ”って
一体どういうことだろうかと、
ふと思った。


「英語がペラペラ」に対する私の定義は、

「英語が日本語と同じ感覚で使える状態」、

である。



私は言語に“完璧”ということはないと思っている。

なぜなら

自分の母国語で第一言語である日本語でさえ、

言い間違えたり、

書き間違えたり、

聞き間違えたり、

読み間違えたりすることなんて

日常茶飯事だからだ。



「英語が日本語と同じ感覚で使える状態」というのは、

「英語で話しているときでも歳相応の自分を感じられる状態(英語で話す時でも実年齢の自分を感じる方法を参照)」
とも言い換えられる。


私はバンクーバーの語学学校で英語を習っていた頃は、
ミスをしないように考えながら、
いつもゆっくり喋るようにしていた。

当時は話し言葉のテクニック(英語を効果的に勉強する:3)なんていうものも知らなかったし分からなかったから1センテンスと1センテンスの間に不自然な沈黙ができるし、
英語の“サウンド”を無視してゆっくり喋るから相手にもかえって伝わらない、
という悪循環に陥っていた。


カナダで、

自分が幼稚園児に戻ったように感じていた。



今は
英語でミスをしないよう考えながら話すこともない(英語でミスすることを、怖れない。)し、
ミスをしても気にせず話し続ける(ちょうど、日本語で話しながらミスをしても気にせず話し続けるように)か、間違えてもそれを“カバー”すればよい、
ということが分かっている。

ミスをカバーする技術が、英語を効果的に勉強する:3にも書いている“話し言葉のテクニック”には含まれている。


“話し言葉のテクニック”があると、英語で詰まったり、言い間違えたり、沈黙に対する恐怖がなくなる。

「間違えるのなんて当たり前だし、間違えてもカバーすればいいし~」
と、
気持ちに余裕ができる。


いくらミスをしても、

文法のことなんて考えなくても(英語を効果的に勉強する:4)、

難しい言葉なんて使っていなくても(英語に、漢字を使う???)、

自分の言いたいことが自由に言える。


そう感じられる状態が、

“ペラペラ”ということなのではないだろうか。



*「なるほど」と思われた方は↓ワンクリック♪お願いします*  
            にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ


バンクーバー生活情報

cuteとbeautiful 2つの文化の違い

<関連エントリ>
friendlyとpolite 2つの文化の違い

私がバンクーバーで受けていた英語のレッスンにて。

ある日、“Cocoは日本ではcuteとbeautiful、どっちの方がより重要だと思う?”と聞かれた。

最初は質問の意味がよくわからなかったが、
そういえば日本にいた頃よく読んでいた女性ファッション誌の「男子の本音大特集!」(?)か何かで、
『「かわいい」と「きれい」彼女。どっちが好み?』 とかいう男性に対するアンケートがあった。
同じ特集の中に
『「かわいい」と「きれい」。どっちの方が言われて嬉しい?』という女性に対するアンケートもあり、
そのどちらも答えの大半が「かわいい」を支持していて、
私は「へぇ~、そうなんだ。私は「きれい」って言われる方が嬉しいけどなぁ」と思ったことを思い出した。

それで
“私個人的にはbeautifulだけど...maybe...cute?”と答えた。

先生は“正解!”と言って、
例として日本人女性の歩き方を挙げた。

日本人は内股で歩く女性の割合が高く、
ハイヒールでカッコよく歩くということが難しい、人が多い。

女性の歩き方からして、欧米の人にとってはcuteに映るのかと、私は少し驚いた。

(余談であるが私はこの日以来、服装やメイクからは日本人女性かそれ以外の国の女性か分からないとき、
その人の歩き方を見て日本人かそうでないかを見分けることができるようになった。)

思い返すと、日本のファッション誌では、頬にオレンジやピンクのチークをつけて、幼く見せるメイクの仕方がよく載っていたが、それもcuteさを演出するということであると思う。


cuteは言うまでもなく、日本語で言うところの「カワイイ」だが、“Kawaii”という言葉は徐々に“Sumo”や“Takoyaki”のように、日本のカルチャーを現す英語の一つとして認知されてきているような気がする。

日本のKawaiiカルチャーに焦点をあてたテレビ番組を観たこともある。


今思い出したけれど、ずっと前に、日本が大好きなフランス人と、日本のカルチャーについて話したことがある。
その人は“日本人の女の子はcuteだよね!フランスではsexyが大事だよ。パリで10歳くらいの女の子がハイヒール履いているのを見たことがあってそれはさすがに驚いたけど。”と言っていた。
私はフランスに行ったことがないし、10歳の女の子がハイヒール・・という画を想像するのも難しいのだが、本当なのだろうか。


*応援のワンクリック♪お願いします*
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

英語は、身につけるもの。

英語は「勉強する」のではなく、「身につける」もの。

自転車の乗り方を一度覚えたら時間が経っても乗れるように、
英語も一旦身につけたら忘れないようにすることができる。

そのためにはまずは“英語のカルチャー”(カルチャーとは何ぞや?と思われた方は英語を効果的に勉強する:1を参照)を知ることが必要となってくる。


その英語の「身につけ方」を私は主にバンクーバーで英語を習っていた先生から学んだわけだけど、
日々生活する中でカナディアンの友達から学んだこともある。

例えば
“いつでもいいから都合いい時に連絡ちょうだいね”ということが言いたくて、
カナディアンの友達に
"write me back at your earliest convenience!"と文末に書いたメールをカナディアンの友達に送ったことがあった。

at your earliest convenienceという言い回しは、何かの記事か誰かからのメールに書いてあって、
「あっこういう言い方があるのか」、と思って密かに自分の中にストックしていたのだけれど、使ったのはその時が初めてであった。

そして久しぶりにその友達に会ったとき、
“そういえばCoco、この間 at your earliest convenienceってメールに書いてたけど、硬すぎるよ。
whenever you have time とか、whenever you are freeとか、もっとカジュアルでいいよ。”
と言われて
ハッとした。

こんなところにもpoliteとfriendlyの違い(friendlyとpolite 2つの文化の違い)があったとは。。。

もしat your earliest convenienceとその友達宛のメールの最後に書かなかったら、私はどういう場面で、どいう関係の人に送るべきか今も知らずにいたかもしれない。
これが“リアルな経験”の中で生きた英語を習得ということで、
私はat your earliest convenienceの使い方を忘れることは一生ないだろう。
http://overseas.blogmura.com/vancouver/"><img src="http://overseas.blogmura.com/vancouver/img/vancouver150_49.gif" width="150" height="49" border="0" alt="にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ" /></a><br />                <a href="http://overseas.blogmura.com/vancouver/">にほんブログ村</a>" target="_blank" title="<img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/c/o/c/cocolifeinvancouver/198302_4027361013291_1404089480_ns.jpg" alt="198302_4027361013291_1404089480_n.jpg" border="0" width="200" height="133" />">198302_4027361013291_1404089480_n.jpg
(上は関連写真)


*「役に立った」と思われた方は下の“バンクーバー情報”アイコンをワンクリック♪お願いします*
              にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
                にほんブログ村

引越しを、お手伝い。

バンクーバーに住んでいる日本人の友達と昨日久しぶりにおしゃべりする機会があった。
話は私たち共通の日本人の友人の話(といっても私は何度か話をしたことがある程度で、私の友達の方がその友人とはずっと仲がよい)になり、友達が言うには、今度その友人が引越しをするのだが、
エージェントにお金を払って引越し先を探してもらうことにしたらしい、
と言っていて私はびっくりしてしまった。

その友人は私たちよりずっとバンクーバーに住んでいる期間が長い。
友達が言うには、彼女は今も学校に通って英語を勉強しているらしい。ただ英語に自信がもてず、自分で探すのも面倒くさい、という理由でエージェントに頼ることにしたらしい。


「よかったら私が引っ越し先探すのお手伝いするよ。お金は要らないよ。って言ってみようか?」と提案したら、
「う~んそうだねえ、でももうお金エージェントに払ったって言っていたよ」とのことであった。


前に私の友達がバンクーバーに来たばかりの頃、ホームスティやら携帯やら銀行口座やら、バンクーバーでのさしあたっての生活に必要なものを
揃えるお手伝いをしたことがある。(ふと感じた自分の成長。を参照。)
ちなみに私がこの時ホームスティの手続きを手伝った友達は、ホストマザーがとても好きらしく、まだそこにスティしている。


友達は「Cocoはボランティアでエージェントできるね!」と笑っていた。
「たしかに。ボランティア好きだし。」と言って私も笑った。


エージェントに頼らず自分でやればお金はかからない。それに見学のアポを取ったり交渉したりすることは、とても良い経験になる。海外で生活していく上での自信にも繋がる。
だから自分でやらない方がもったいないんじゃないかなあと、私は思う。

応援のワンクリック♪お願いします✩
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

恋愛もカルチャーを使って問題解決。

469749_4027059765760_963869182_o_20121014202709.jpg
(この写真がどこのものであるか、知りたい方はこちら。→(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得)


バンクーバーに住んでいる日本人の女友達から、日本以外の国出身の人との恋愛について聞くことがよくある。

中には結婚・婚約まで辿り着いた友達も何人かおり、
彼女達に共通していると思うのが、
相手のカルチャーを受け入れるということに関して、寛容であること。
そして相手のカルチャーを上手く利用して、自分がしてほしいように相手を動かす。

カルチャーを知っているということは時に強力な武器になる(カルチャーを使って問題解決を参照。)のだなぁと、話を聞く度につくづく思う。

オープンマインドであるということ。
は、実は恋愛においても
超重要!なのだ。


日本にいて、日本で生まれ育った人同士であれば、相手との関係においてある程度、相手がこう言うだろう、こう動くだろうというのは予測がつく。

しかし違う国で生まれ育った人相手に、そのような予測はしない方がよい。

自分が思っているように相手が動かないので、困惑して、相手を責めたりしてしまいがち。

相手にも、
自分が思っていることを言わなくても分かってもらえる、察してもらえる
なんていうことは期待しない方がよい。

相手のカルチャーに100%従う、ということではなくて、
相手の言動に不満を感じることがあれば、
冷静に、相手の感情に十分注意しつつ、自分がどう思っているのか、相手にどうしてほしいのかを伝える。
そして二人にとって現実的な妥協点を探していく。


私がカナダで生活する中で感じたことは、
カルチャーというものに優劣はない。
なぜならどのカルチャーにも良い面、悪い面があるから。
日本のカルチャーの特徴の一つに、“polite”を重視する点がある(friendlyとpolite 2つの文化の違い)と以前書いたが、
polite、礼儀正しくあることは、
場面によって人によって、心地よく感じられることもあれば、よそよそしいと感じられることもある。
だから一概に、こうあるのが良い、とは言えないと思う。

ただそこにあるのは、
「違い」
だけ。


だから相手のカルチャーで好きな部分は積極的に取り入れて、
違いは違いとして受け入れても、
キライだなと思う部分は真似しなくてよい。

自分のカルチャーに幅を持たせること。

それが海外で色々な国の人と知り合う中で得られることの、一番の醍醐味ではないかと思う。

*「役に立った」と思われた方は下の“バンクーバー情報”アイコンをワンクリック♪お願いします*
              にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
                にほんブログ村

英語でミスすることを、怖れない。2

182536_4027302051817_1673057710_n.jpg
(この写真がどこのものであるか、知りたい方はこちら。→(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得)

以前英語でミスすることを、怖れない。でも少し触れたけれど、
日本の英語教育は、
「ただ先生の言うことを黙って聞くこと。そしてそれに対して質問をすることをタブーとする」傾向があると思う。

バンクーバーで私が英語を習っていた先生のレッスンの中で、「世界の教育の違い」を感じたことがあった。

私が受けていたのはマンツーマンのレッスンだったのだが、
授業の一環で時にグループレッスンもあり、そこで色々な国の学生と知り合うことができた。

その日は、私を含め日本2人、韓国1人、サウジアラビア1人、そしてイタリアからの学生1人がいた。
(私以外の生徒はその日が先生のレッスンを受ける最初の日、または2回目くらい。)

まず思ったのが、サウジとイタリアの生徒は、先生に聞かれなくても自分から
喋る、喋る、喋る。

なので負けじと私もいつもより喋った。

しかし日本や韓国以外の国の生徒達が授業中でもよく喋るのは先生のレッスンを受ける前から知っていたこと。

印象的だったのは、
その日最後に先生が、
“何か質問ある?”と言ったのだが、
サウジとイタリアの生徒の二人だけ、そこから先生を質問攻めにしていたこと。

先生はそこで、“これもカルチャーなんだよ。彼らの国では、学校で生徒がただ黙って先生の言うことを聞いているのではなくて、発言も積極的にするように教えられているから。ほら、君達ももっと質問して!”と発言を促していたのだが、
もう一人の日本人と韓国人の学生は黙っており、レッスンが終わった後、皆が帰ろうとしているところで先生に質問を始めた。


ミスを恐れない、分からないことがあればその場ではっきりと聞く、というメンタリティを育てる
教育の力はとても大きい。

*「役に立った」と思われた方は下のアイコンをワンクリック♪お願いします*
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

学校で教えられなかった、“I love you.”の意味。

この間、知り合いの日本人男性が、
“日本人女性は外国人の男性から簡単だと思われている(街で声をかけられた・・・さてどうするにも書いたことがある)が、
それは日本人女性が“I love you.”と言えば簡単にぽ~っとなってしまうからで、
じゃあ何で日本人女性がその言葉に弱いかというと、日本人男性がそういう言葉を滅多に言わないからだ”、

と言っていて、
私は「へぇ~、それは一理あるかもしれない」と思った。


日本では感情を素直に言わないのを良しとするカルチャーがあるから、
たしかにそういう言葉をカップルの間でも言う人は稀だと思う。

でもカナダでは
“I love you.”というのは男性でも女性でも関係なく、また友達同士でもよく使う。


というのは、状況と前後の文脈によっては、
この"love"には日本語で言うところの、「愛している」といった意味はなくて、
もっとカジュアルで気楽な、「大好き」といった感じ、もしくは恋愛感情とは関係なく、あなたのことを考えてますよ、/大切にしてますよ、という意味に近いのだ。

だから”I love ice cream.”とも、”I love car."とも言うし、
家族の間で、例えば20代の息子から母親に向かって”I love you, mom.”と言っているのを聞いたこともある。(日本で同じことを息子が母親に言ったら「マザコン!?」と言われてしまうことだろう。)


”I love you.”と言われて、直訳して「愛してる」と言われたのだ!と思ったら、
実はとんだ勘違いだった、ということもある。

*「役に立った」と思われた方は下のアイコンをワンクリック♪お願いします*
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

カルチャーを使って仕事もゲット

以前にカルチャーを使って問題解決で、カルチャーを理解していれば
日常生活で生じる問題を解決できるという一例を書いた。
セクハラから身を守れる、というのもその例だし、
とにかく海外生活をする上で、いくら文法を理解しているかより、何千個知っている単語があるかよりも大切なのは、
「現地の文化を理解していること」、である。


私がバンクーバーで英語を習っていた先生は、単語やイディオムの暗記に一生懸命になっていた私が
まずはカナダのカルチャーから学んでいけるように導いてくれた。

Culture is everything.
(カルチャーがすべて。)


私は今までにバンクーバーに100校以上あるという語学学校のほとんどでトライアルレッスンを受けたけれど(英語を伸ばすチャンスはレッスンの外にもある)、
カルチャーを教えてくれる学校はどこにもなかった。


ここにカルチャーを理解することで仕事もゲットできるという例がある。

バンクーバーで私と同じ先生から英語を習っていた日本人の女の子が、最近フライトアテンダントとして職を得た。バンクーバーにいたのは半年にも満たないくらいで、そもそもバンクーバーに来た理由が「転職したいからどうしても英語が話せるようになりたい」。
転職したいのはもちろん日本の航空会社ではなく、外資の会社である。


英語が云々言う前に、
日本と英語圏の国では、求められる履歴書の書き方から(例えばカナダではそもそも履歴書に顔写真を貼ったり生年月日、家族構成なんて書かない)、面接の受け方、振舞い方が全然違う。
例え英語がネイティブ並みに話せても、日本の形式を海外でも押し通そうとすれば、まず仕事は得られないだろう。

そこらへんについては長くなるのでまたの機会に譲るが、
とにかく先生はその子が受けたい航空会社がどこの国の会社か聞いて、
履歴書にどのようなことを書けばよいか、そして面接会場での立ち方(!)から話し方まで、
どのように自分をアピールすればよいかを
アドバイスしたらしい。

そしてその子は見事、「外資系の航空会社でフライトアテンダントとして働く」という夢を実現させた。


カルチャーを知っていれば夢も叶う。

私はその子に心から「おめでとう」と言いたい。

*「役に立った」と思われた方は下のアイコンをワンクリック♪お願いします*
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

カナダでセクハラを受けたら、どうする?

20.jpg
(この写真がどこのものであるか、知りたい方はこちら。→Don't study English but improve English)

これまで日本とカナダのカルチャーの大きな違いは、
politeとfriendlyだと何度も書いてきた。(friendlyとpolite 2つの文化の違い)

異性同士でも、初対面であってもハグすることもあるし
身体的なスキンシップは日本に比べずっと多い。

なので、異性に手や足や腰を触られて「あれ?」と思っても「これも友情を表すスキンシップの一部なのかな?」と誤解してしまう人もいたり、“遠慮”して言えない人もいる。

けれど少しでも不快だと思ったら、きっちり相手に伝えるべきだし、伝える権利は保障されている。


“日本人女性は大人しい”ということを知っていて、セクハラをしてくる男性も、中にはいるので、

カナダでセクハラ"No!"


黙って耐えるなんてことは、カナダでは、ありえない。


最後に応援のワンクリック♪お願いします✩
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

英語に自信がつくスピードが加速度的に速くなる方法

71_20121110013141.jpg
(この写真がどこのものであるか、知りたい方はこちら。→Don't study English but improve English)

バンクーバーで英語を習っていた先生から、
相手がネイティブスピーカーかどうかに限らず、
その人が、自分がまだ持っていない英語のskill(参照:英語を効果的に勉強する)
のどれかでもを持っていたら
「その人が使った通りに自分も使ってみること」を学んだ。

例えば、カナダの友達が初対面でもフレンドリーであれば自分も意識してフレンドリーにしてみる、
友達の英語がきれいだな、と思ったら自分もその人の英語の音を意識して口にしてみる、
友達が自分が知らない言い回しや単語を使っていたら、
自分も使ってみる。

もちろん相手が友達や直接の知り合いではなくても、テレビやラジオ、雑誌に新聞にインターネット。。。
「真似する対象」はいくらでも見つかった。


そうすることで、
英語を伸ばすチャンスはレッスンの外にもある
英語を伸ばすチャンスはレッスンの外にもある:つづき
にも書いたように、レッスンが終わっても、
“リアルな経験”の中で生きた英語を身につけていくことは十分可能であった。(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得)

とにかく“自分がまだ持っていない英語”を自分から見つけ出して、とにかく使ってみることだ。


私の友達は、カナディアンから知り合いのカナディアンを紹介されて、
何度かメール交換をしていたのだが、
「“英語を教えてください。”って言ったら、それっきり返事が来なくなった。」
と言っていた。

バンクーバーには、日本のカルチャーや日本語に興味がある人も多いので、
お互いの言語を喜んで教えあおうとする人もいるだろうけれど、
“教えてください”と言われると、
面倒に感じる人もいるだろうし、
その相手の人は私の友達とこれから関係を発展させていこうというところで、
「対等」ではない感じがしてしまったのではないだろうか?
と私は思った。

英語のネイティブスピーカーを相手に英語を話すとき、
自分は英語が下手だから。。。とか
自分を卑下する必要は全くない。

周りをよく観察して、
私はこの英語の
カルチャーorミュージックor話し言葉or文法or単語は知らなかったな、これは使えるな
と思ったら、
pick up(身につける)
していくこと。

それだけで、英語に自信がつくスピードが加速度的に速くなる。



応援のワンクリック♪お願いします✩
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ