バンクーバーで日本のカルチャーを使ったcoolな男性

burogu.jpg
(↑バンクーバーの公共図書館、外観の様子。)


以前京都で英語のカルチャーを使ったcoolな男性のことを書いたが、
その逆バージョン、
バンクーバーで日本のカルチャーを使ったcoolな男性がいた。


バンクーバーのダウンタウンには Japanese Izakaya なるものが何店もある。

ある日カナディアンの友達数人と一緒に、そのうちの一軒に行ってみた。

入った瞬間「いらっしゃいませ~!」とスタッフの全員から声をかけられるわ、
見たところスタッフは皆日本人だし、
店の内装も凝っていて、
まるで本当に日本にいるような気がした。


メニューこそ英語表記だったので、皆で覗き込みながら“Coco、これはどういう料理?”と聞かれまくりつつ、
(余談だが、私の友人には寿司や刺身は食べるけれど、煮たり焼いたりした魚は苦手・・という人が結構多い。寿司や刺身はJapansese foodとして、カナダでも子どもの頃から慣れているけれど、煮魚や焼き魚はそれほど一般的ではなく、食べ慣れないからだろう、と思う。)

ひとまず注文したいものが決まったので、

“じゃあserver(ウエイター/ウエイトレスのこと)を呼ぼうか。”と私が言ったその時。


友達の一人が

serverの方を見ながら右手を高く挙げ、「すみませぇ~ん」と言ったのだ。


カナダのレストランでは、普通serverを手を挙げて呼ぶことはしない。
アイコンタクトで呼ぶのが一般的で、手を挙げるのはむしろ失礼なのだ。
けれどここは Japanse Izakaya だから、日本流にサーバーを呼んだとしてもおかしくはない。
さらに、彼の「すみませぇ~ん」のイントネーションも完璧だった。


すぐにserverが私たちのテーブルにやって来た。


私が「すみませぇ~ん」と言った友達に、
“日本に行ったことあるの?”
と尋ねると、
“うんあるよ。交換留学で1ヶ月だけいた。2年ぐらい前かな。”
と言う。


私が
“へ~たったの1ヶ月? 日本でどんなことした?”
と言うと、
彼は携帯を取り出して、“I love Japan!”と言いながら、日本にいた時の写真を見せてくれた。どれも日本人の友達と一緒に写っている写真ばかりだった。

私が期待していた「居酒屋で撮った写真」は残念ながらその中にはなかったが、

“楽しそう。他にも話せる日本語ある?”と私がさらに聞くと、

“basicなものしか知らないよ。アリガトウ、コンニチハ、コンバンハ・・・くらいかな。”

と言うので、

“ははは、十分だよ。あなたのさっきの日本語完璧だったよ。”と私が言うと、

彼はとても嬉しそうにしていた。


カルチャーにぴったりハマった彼の言動に、私はすっかり親近感が湧き、その夜は皆で日本の話で盛り上がった。



*お知らせ*
私の先生が日本でも英語を教えてほしいとの依頼があり、2月の下旬に来日するそうです。
もし先生から、カナダ留学やカナダでの生活について聞きたい、英語の勉強の仕方について知りたい、日本でレッスン受けてみたい、という人がいらっしゃればご連絡下さい


       *お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると、大変嬉しいデス♪*
                    にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
 

人気ブログランキングへ        

大人になってから英語を学ぶのは遅い?

昨日のエントリバンクーバーで英語以外の言語も習得。の続き。


よく子どものうちは頭が柔らかいから外国語がすぐ話せるようになるけれど、
大人になってからだと頭が固くなるから難しい、記憶力も悪くなるから、大人になってから外国語を学ぶのでは遅いのだ、
という人がいるが
私はそれは違うと思う。

大人になると頭が固くなるというけれど、私が知っている限り、大人でも頭が柔らかい人なんてたくさんいる。
外国語が話せるようになる過程において、記憶力(=暗記をすることができる能力)は重要ではない
英語は、暗記するな。英語は、暗記するな。:2を参照。)

だから、「大人になること」自体が問題なのではなくて、

話せるようにならない人というのは

単に勉強の仕方を間違えているだけなのだと思う。


大人が外国語を習得する過程においては、まず英語を効果的に勉強するの5つのskillの中の「単語」と「文法」だけを勉強してしまいがち。

さらに5つの中で大人がとくに難しいのは、
カルチャーを受け入れること、もとい、外国語に対する“精神的なバリア”の存在に気づいて、外国語の文化の中で自分がどのように喋ったり振舞えばよいのかを理解することなのだと思う。


一般的に子どもの方が外国語を早く習得できると言われている理由は、
彼らは母国語のカルチャーでの経験が少ない分、
外国語に対する“バリア”を感じずに済むからではないだろうか。

それはつまり子どもというのはとくに意識しなくても、自然に「オープンマインド」でいられるということ。
オープンマインドであるということ。を参照)


私がバンクーバーで生活を始めた最初のころ、
何にでも“please”や“sorry”をつけたり、
数ヶ月経つまで人とハグができなかったり、
相手の言うことに出来る限り自分の意見も合わせるようにしていたのは全部、
カナダにいてもなお、
私が日本のカルチャーに固執していた=クローズドマインドであったからである。


私はその事実に、
英語のレッスンを個人的に受けるようになって初めて気づくことができたが、
もしレッスンで指摘されていなかったら、
今でもまだ日本のカルチャーに従っていたかもしれない。


子どもであればあるほど、
母国語のカルチャーに対する“固執”は少ないだろう。

だから、外国語を吸収するのも早いのではないだろうか。


もちろん子どもであれば皆がみな、異文化をまったく抵抗なしに受け入れることができるかと言うと、10歳のとき日本からカナダに来たけれど、始めは馴染めなくてすごく苦労したし、約10年経った今でも時々疎外感を感じていると言う人も知っているから、そこにもやっぱり個性というものはあるけれど。


私は日本にいた時は2ヶ国語以上話せるという人にほとんど出会ったことがなかったけれど、
バンクーバーでは2カ国3ヶ国語話せる人は当たり前のように沢山いて、
それ以上の言語をもつ人にも結構出会う。

そして彼らが皆子どもの時にすべての言語を身につけたのかというと、全然そうではない。

私がバンクーバーで英語を教わった先生は6ヶ国語を操るけれど、前回書いたとおり、母国語以外の5つはすべて大学に入った後から、19歳以降から身につけたものだし、先生の奥さんも、英語の他に先生と同じくらいの数の言語を話すが、それも全て大人になってから身につけたものだと聞いた。


私も私にとって初めての外国語である英語を身につけることができたのは、カナダにワーホリで来てからだから、とっくに20歳を過ぎた「大人」になってからである。


だから自分の経験からも、私は
大人になってから外国語を学んでもまったく遅くないし、難しくもないと思っている。



*お知らせ*
私の先生が日本でも英語を教えてほしいとの依頼があり、2月の下旬に来日するそうです。
もし先生から、カナダ留学やカナダでの生活について聞きたい、英語の勉強の仕方について知りたい、という人がいらっしゃればご連絡下さい

       *お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると、大変嬉しいデス♪*
                    にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
 

人気ブログランキングへ        

バンクーバーで英語以外の言語も習得。

546968_4715783143414_517427698_n.jpg
(↑ダウンタウンの観光名所のひとつVancouver Lookout)


英語圏の国に長く住んでいる=英語が流暢に話せるではない。2にも書いたけれど、
英語が話せるようになるためには、
ただ時間をかければよいのではなく、
すべては
やり方次第なのだと思う。


私が英語を習った先生は、母国語の英語のほかに、
日本語、ロシア語、中国語、スペイン語、ポーランド語を話す。

話すだけでなく、すべての言語において、書く、読む、聞くも全部できる。


その言語全部、私が英語を身につけたのと同じ方法=人間が言語を習得する過程で経る段階=英語を効果的に勉強するを使って習得したのだそうだ。


先生はもともと勉強ができる方ではなく、高校時代はパーティのことしか頭になかったらしい。
けれども何とか、どうにかこうにか合格できた大学で、
たまたま専攻したのが言語学で、
そこでどうすれば外国語を効率的に習得できるのかを学んだらしい。

在学中から、まずは自分自身に試してみることを始め、
それから6年も経たないうちに計6ヶ国語が話せるようになっていた、のだそう。
(一番時間がかかったもので2年間、最短のもので半年間と言っていた。中には同時期に習得した言語もあり。)
だから語学を教える教師になったのだと言う。


6年といえば、私が中学から高校まで、まるまる英語「だけ」を勉強し、さらにまったく話せるようには「ならなかった」期間である・・・



先生のレッスンも卒業間近という頃、

私が先生に
“そろそろ英語以外の言語も身につけたいなと思ってるんだけど、次は何がいいだろうか。私はバンクーバーに中国系の友達が結構いるから、中国語にしようかなと思ってるんだけど、先生はどう思う?”

と聞くと、

“いいんじゃない? 中国語ともうひとつ何か選んで、2つ一緒に勉強したほうがいいよ。”

と言われた。


“2つ? 2つ一緒に勉強するの?”

と確認すると、

“うん。その方が、効率的だよ。”

と。



誰しも、母国語以外の言語、第二の言語を初めて習得するときが一番大変に感じるのだという。

でも一度ひとつ外国語を身につけてしまえば、

あとはそれを習得したときの方法を応用すればよいだけなので、

第三言語以降は比較的ラクに身につくらしい。


また同時期に学ぶ言語は、似ている言語系統から選んだ方がよいのかと思いきや、

できるだけ違う系統の言語のほうがよいとのこと。


なので私は中国語ともう一つはヨーロッパの言語、
スペイン語にしようと思った。

が、

それからやっぱりイタリア語にしようかと思い始め、

急ぐこともないので
今年できたらスペインとイタリアに旅行してみて、それから決めようと思っている。



カナダは移民の国。

バンクーバーではいろんな国の人たちと知り合う機会に恵まれている(友達が雪だるま式に増えるバンクーバー:2)。

だから自分が望みさえすれば、カナダ以外の国のカルチャーを学ぶこともできる。



バンクーバーにいて英語だけ身につけるのはもったいない。


多国籍cityのバンクーバーは、

英語だけでなく、それ以外の言語も生活の中で学ぶことができる。


       *お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると、大変嬉しいデス♪*
                    にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
 

人気ブログランキングへ        

英語が「話せるようになるために」、英語の勉強をやめる。

カナダに渡る前はまったく英語が話せなかった私は、
英語を個人で習うようになってから、
「話せるようになるために」
英語を勉強することをやめた。
英語は、勉強するな。を参照。)

私が6年以上も受けた、“伝統的な日本の英語教育”では、
カルチャーも言語音楽も話し方のテクニックも全部すっ飛ばして、
文法と語彙しか教わらなかった。

だから「英語の勉強≒ひたすら文法と語彙を暗記」なのだと思い込んで、カナダに来ても同じ間違いを続けていた。


けれど、英語が“話せる”ようになるためには
むしろ今までやってきたことは
忘れようと思った。


ひたすら文法と語彙を暗記するのではなくて、
英語を効果的に勉強するの1番から5番までを
順番通りに学んでいくことを心がけた。




日本で一般入試を経て大学に受かるためには、膨大な量の英単語を「覚える」ことが要求される。
けれども、大学受験を経て国立大学を卒業し、ワーホリでバンクーバーに来た私の友達は、
来たばかりの頃、「英語で話しかけられても全然わからない。きっと私の語彙力が全然足りないんだと思う。自分も簡単な言葉しか使ってないし。。」と嘆いていた。

どれだけ単語を覚えても、使わなければ忘れる。



私は高校で文法はみっちり勉強したから、文法は結構得意な方なのではないかと思っていたが、
バンクーバーで英語を習うようになった先生から初めて文法を習ったとき、
I study English.
I'm studying English.
I'm going to study English tomorrow.
I'm studying English tomorrow.
I will study English tomorrow.
の5つの文章の違いを聞かれて、
冗談ではなく、
わからなかった。
英語を効果的に勉強する:4を参照。)

分かったつもりになっていて、実は理解していなかった。



私から見れば全員英語の「専門家」だった、中学と高校で英語を習った先生たちはみんな、
おそらく大学でも4年間かけて英語を学び、教員の資格をとるための試験または学校に配属されるための試験勉強もし、おそらく英検とかTOEICとかの資格も持っているだろうし、先生になった後は毎日英文を添削したり、英訳したり、英作したり、単語の意味を教えたり、文法を説明したり、
毎日英語にどっぷり浸かっていたはずだけれど、
そのうちの誰一人として、英語が「話せる」人はいなかった。


私の周りに学校で英語を習いさえすれば英語が話せるようになると思っている人は一人もいなかったし、
私だってそんなことこれっぽっちも思っていなかった。



英語が話せるようになるということと、
英語の知識があるということは、
完全に別物なのだと思う。


       *お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると、大変嬉しいデス♪*
                    にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
 

人気ブログランキングへ        

英語を身につけるまでの悩み

バンクーバーに来た一日目から、私は英語で日記をつけるようにしていた。
まず最初に書くのは、今日はカナダに来て何日目かということ。
ワーホリビザは期限が1年だから、あと何日残っているかを確認するためでもあった。

始めの頃の日記には、すべて3~4語から成り立つ短文しか並んでいない。

それが4ヶ月を過ぎた辺りから、少しずつ長文が含まれてくる。

6ヶ月頃から、だんだん日記を書く間隔が伸びていき、
その後はたまにすごく印象的な出来事があった時のみ書いている。


自分の日記を読み返してみると、昔は自分がどれほど英語に悩んでいたかということがよくわかる。



バンクーバー生活3ヶ月が過ぎた頃のある日の日記には

「学校に通ったけど、私は未だにカタカナ英語しか喋れなくて、
それを先生にもクラスメイトにも指摘される。
けれどどうすればよいのか全然わからない。
英語が話せるようになりたくてバンクーバーに来たけど、
これはもうだめかも。
すでに三ヶ月が過ぎていて、私にはあと残り9ヶ月しかない。」

と書いてあった。


次の日の日記には、

「一体どうすれば英語が話せるようになるのだろうか。
単語を覚えればよいのだろうか。
高校でみっちり勉強したはずの文法を、もう一度勉強し直せばよいのだろうか。

今日(バンクーバーに当時あった)日系の古本屋で英語勉強本を買い込んだ。」

と書いてあった。


もうとっくに捨ててしまったが、その時買った本に書いてあったアドバイスを、今でも思い出せる限り挙げてみる。

・日本人が英語が話せないのは日本人がシャイだから。カタカナ英語でもいいからとにかく大声で英語で話しなさい。

・英語が話せるようになるにはまずはリスニングができるようにならなければならない。だからこの本についているCDを一日4時間、集中して聞きなさい。

・早く話そうと思わないで、ゆっくり話しなさい。間違った英語を身につけると直すのが大変。発音と文法を意識しながら、考えながら話しなさい。

・大人になってから外国語を身につけるのは至難の業。日本人なのだから、一度日本語で考えて、文章を一つ一つ頭の中で英語に翻訳しながら話すしかない。



単純な私は、本に書いてあったことをすべて愚直に試してみた。

学校に着いたら、できるだけ大きな声で挨拶をするようにしてみたし、

学校から帰ると、本についていた英語のCDを4時間かけて聞いてみた。内容は、何ていうことはない、英語の会話集。
(でもこれは、想像通り、1週間も続かなかった。)

発音と文法を考えながら、一言一言英語を話すようにしてみた。けれど、そもそも「正しい発音」というものが私には分からなかった(自分では正しい発音をしていると思っても、必ず聞き返される)し、文法も考えれば考えるほど分からなくなった。

それに不自然にゆっくり話すことで会話の相手をイライラさせてしまうこともあった。

一度日本語で考えて、文章を一つ一つ頭の中で英語に翻訳することは、既にやっていた。



全ての方法を試して、
数日後、
日記に記されていたこと。

「本に書いてあること

すべて、

日本でやっていたことor日本でもできることではないか・・・

それなら私は何のためにカナダに来たのだろう?

時間とお金をかけて、カナダに来たのは無駄だったのか?」





・・・全然無駄ではなかった。

バンクーバーに来ることで、

英語のカルチャーを学ぶことができたから。



       *お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると、大変嬉しいデス♪*
                    にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
 

人気ブログランキングへ        

友達が雪だるま式に増えるバンクーバー:3

188832_1850501833172_5349415_n_20130126120538.jpg
(↑天気が良い日にはスタンレーパークで日光浴。)


友達が雪だるま式に増えるバンクーバーでも書いたように、バンクーバーでは色々な人と知り合う機会がある。
パーティやイベントがたくさんあるから、職業も、世代も、国籍も・・・
日本にいる時にはなかなか出会うのが難しかったような人たちと、
出会うことができる。

彼らとの会話から、日本は恵まれているのだな、と思うことが多々ある。


インドネシアから数年前にカナダに来たという男性とダウンタウンのカンバセーションクラブで初めて会った日、
彼が、“君は日本人なのか。いいね。インドネシアは住みにくいよ。もし君がお金持ちなら、たくさんの人を使って豊かに暮らせる。でももし貧乏だったら、一生そこから這い出せない。インドネシアに帰りたいとは思わないね。僕はカナダに来ることができて、しかも移民することができて、とてもラッキーだと思う。”
と言っていた。


別の日。
マレーシア系の友達と日本人の友達と一緒にご飯を食べているとき。
二人はその日が初対面で、
日本人の友達がそのもう一人の友達に
“どうしてそんなに英語が上手いの?まだカナダに来て一年も経っていないんでしょ?私はESL(語学学校)に半年通ったけれど、英語全然話せないよ。”
と聞いていた。

するとマレーシア系の友達が、
“そうなの?はは。僕達はすごく小さい頃から英語を勉強するから。・・・ところでESLっていくらぐらいかかるの?”
と尋ね、
“ひと月大体1,000ドルはかかるよ。”と日本人の友達が答えると、

“Whaaaaaaaat!? Are you serious?! (え~!?ほんとに?!)
 高すぎる。。。ありえないよ。。。”

と彼が言ったので、
日本人の友達も私も、何だか申し訳ないような、恥ずかしいような気持ちになってしまった。

続いて
“Cocoは学校行ってないよね?個人の先生に習ってる、って言ってたもんね?”
と聞かれたので、

“いや~実は個人で習う前にちょっとESL行ったんだよね。それで英語伸びなかったから個人で習うようになったんだけど。。”
と答えると、

“Cocoも行ったのかぁ~・・・”
とがっかりしたような顔をされてしまった。

バンクーバーのESLでマレーシア人に出会うことはまずない。
ESLはすっ飛ばして、英語を学ぶのではなく英語で何か他のことを学ぶためにバンクーバーに来た、という人ならたくさんいるが。


また別の日の話。
イランからバンクーバーに来て英語を勉強しており、アメリカの大学に合格したので近々引っ越す、という友達と一緒にご飯を食べに行ったときには、
“日本の女性が海外に行くのは簡単なの?君は働いてお金を貯めてカナダに来たんでしょ?僕の国では、女性が働いて得るお金ってひと月に300ドル(日本円にしておよそ3万円)くらいだよ。日本で君はどのくらいの期間働いたの?”
と聞かれた。



恵まれている、というのはあくまで経済的な面の話。

私が話をした友達のそれぞれの国の中でも、地域によって差があるかもしれない。

けれどまず事実として
ワーキングホリデーという制度がある国自体、世界でもそう多くはない。
そこには国としてある程度の豊かさが求められていると思う。


他の多くの国々と比べれば、
日本人はずっと簡単にカナダに来ることができる。


そう考えると、自分はこのチャンスを活かしてできるだけ多くのことを吸収したいと、改めて思うのである。

       *お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると、大変嬉しいデス♪*
                    にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
 

人気ブログランキングへ        

仕事探しにも英語のカルチャーは必須。

animal.jpg
(↑スタンレーパークを散歩中に遭遇したたぬきの親子。)


前にカルチャーを使って問題解決で、
ワーホリで来ていた私の友達が、代理店(留学エージェント)にお金を払って仕事を探してもらったが思っていたような職場とはまったく違う環境だったこと、
私が英語を習っていた先生の教え子の一人も仕事のためにエージェントにお金を払っていたが、エージェントが仕事を見つけられなかったため返金してもらった
という話を書いたけれど、

私が知らないだけで、
こういうトラブルは案外多いのかもしれない。


昨日バンクーバーでワーホリをしている別の友達と話していて、その友達の友達も、
エージェントに仕事を探してもらうため日本円にして10万円くらい払い、
仕事が見つかる予定だったので引っ越しなどもしていたのだが、

何ヶ月経っても仕事が見つからず、

結局返金もしてもらえず、

失望して日本に帰ってしまった。


らしい。


エージェントに頼まず自分で探した方がとっくに見つかっていた可能性もあるし、

そもそもエージェントでなければ探し出せない仕事なんてあるのだろうか?

エージェントを通すことで得られるメリットって何なのだろう?



友達も“わからない”と言っていた。



私が思うに、
エージェントにお金を払って仕事を探してもらうとき、そのお金は
履歴書をエージェント側が作成するための手数料だとか、会社紹介にかかる費用であるとか説明を受けるかもしれないが、
そういったものはほんのごく一部であって、その大半は
自力で仕事を見つけられるかどうかわからないという「不安」に対してお金を払っているのではないだろうか。
つまりまずはその「不安」を失くすことの方が先なのではないだろうか。


       *お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると、大変嬉しいデス♪*
                    にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
 

人気ブログランキングへ        

アメリカで“リアルな経験”

私がバンクーバーで英語を習っていた先生が今生徒達とアメリカ旅行をしており、その写真を送ってきてくれた。(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得を参照。)

私も先生も写真が好きなので、時々撮った写真を見せては評価し合っている。

今回はグランドキャニオン・ラスベガスに、カリフォルニアの方にも足を延ばし、
Los Angelesにも滞在したらしい。
その一部をご紹介。↓

hollywood.jpg

hollywood3.jpg

hollywood2.jpg

hollywood4.jpg


私も参加したかったのだが、諸事情により今回は辞退した。
(カリフォルニアにはまだ行ったことがないので、“次回は必ず!”と言っておいた。)


もらった写真を見ていて、私はラスベガスに行ったときの体験を思い出した。


ラスベガスには、これまで3回行ったことがあるのだが、
一度目は完全に日本人の“箱の中”にいた。(箱の中とは?→英語を身につけたいなら、Get out of the box!を参照)
ラスベガスで着るための服なんて言う発想はなかったから、日本で普段着ていた服と靴を持っていってそれで済ませた。


2度目はカナダに渡った後のことで、
先生と他の生徒達と一緒に行ったのだが、
先生から事前に“ラスベガスに行くから、ちょっとしたdressを持って行った方がいいよ”と言われていた。

その方がよりラスベガスのカルチャーを味わえるから、ということだった。


それで私と他の生徒達で相談して、それぞれ日本語で言うところのワンピースと、サンダルを持っていった。


ラスベガスでは先生とは別行動だったので、

皆で髪を巻いて、写真も撮り合って、Belllagio Hotelの噴水ショーを観て、

それはそれで楽しかったのだが、

ラスベガスのカルチャーって何だろう?

という思いは残った。



3度目のときには、私はたまたま、黒い、わりと身体に沿うようなピッタリしたドレスを持参しており、
他の生徒も黒いセクシーなドレスを持ってきていた。


部屋で一緒に髪を巻いて、メイクもして、着替えて、
外に出ると、
待っていたのは
1度目とも2度目とも全然違う経験であった。



私たちはラスベガスの豪奢なホテル見物が第一の目的だったので

ホテル間を歩き廻っていたのだが、

大きな通りで信号待ちをしているときに呼子らしい男性が
“今夜パーティがあるから来てくれない?タダだよ。”
と言ってチケットをくれたり、


ホテル内で“豪華だね~”と天井を見上げている時に
スーツを着た女性に
“あなたたち、今夜ここでパーティがあるからぜひいらっしゃいよ。”
と誘われたり、


ある大きなホテルのそばを歩いているとき、
ホテルから出てきたリムジンに乗った男性達から
“Hey girls!! 乗りなよ!”
と言われたり。。。



私たちはどのパーティにも参加しなかったし、(もちろん?)リムジンにも乗らなかったけれど、

ラスベガスのカルチャーってこういうこと!

と思った。


ラスベガスを舞台にした映画か何かで、パーティをしている場面なんかは観たことがあったけれど、

実際にそのパーティに参加しようと思えばできた、

である。


それまであまり考えたことがなかったのだけれど、

旅行に行くときには服装の選択も大事なのだな、と思った。



       *お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると、大変嬉しいデス♪*
                    にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
 

人気ブログランキングへ        

毎日が英語を身につけるチャンス

426290_4645410504142_362821018_n_20121208115919.jpg
(↑ハイキング中に出会ったリス↑)


カナディアンの友達数人と一緒にハイキングに行ったときのこと。

(余談だが、私は日本では、ハイキングなんて学校行事ぐらいでしかしたことがなく、自分から進んでハイキングに行きたいなんて思ったこともなかったが、
バンクーバーではすっかりハイキング好きになってしまった。街からバスで30分~1時間くらいで行ける所に景色のきれいなハイキングコースがいくつもあることが関係していると思う。)


その帰り道、
カナディアンの男性の友達(Kevin:仮名)が運転をしており
私は助手席に座っていた。


Kevinは親切にも同乗している友達を一人ずつ家に送り届けると言ってくれ、
私は家が一番遠いので、最後まで車に乗っていた。


私を残して皆が車を降りていったあと、私は彼に“最近日本語の勉強の方はどう?”と聞いてみた。

Kevinは結構な親日家で日本語も少し話せる。
日本人の友達もたくさんいてよく一緒に遊びに行く、と前に会ったときに聞いていた。


“まあまあかな。ハハハ。”
と笑っていたKevinが、

ふと真面目な顔になり、

“そういえば前からCocoに聞こうと思ってたんだけど、日本人と出かけるときまって帰り際に I engoyed today! って言うんだよね。何で?”

と聞かれた。


彼が言うには、日本人、とくに女の子がそう言うのだそうだ。


“何となく言いたいことはわかるんだけど、なんていうか、皆が皆そう言うから違和感を感じたんだよね。”
と。


私は“う~んたぶんそれは、日本のカルチャーの一つだと思う。”
と答えた。


私も日本にいた時には「今日は楽しかった!」ってよく帰り際に、
または帰ってからその日一緒に遊んだ人にメールを送るときに言っていた。


でも英語では「今日は楽しかった」と言いたいとき、 I enjoyed today とは言わない。

私が経験してきた限り、

I had a lot of fun today!

とか

I had a good/great time today!


という言い方が一般的ではないだろうか。


この場合、
I enjoyed todayの文法がどうこうという話ではなくて(I enjoyed myself today という言い方は実際に時々聞くけれど)、
英語のカルチャーと日本語のカルチャーでは

言い表し方が違う、

としか言い様がない。



私は「楽しかった」の言い方を日本でもバンクーバーでも
学校で習った記憶はなく、
単に周りの人、友達が言っているのを何度も聞くうち、またtext(日本で言う携帯メールのようなもの)に書いてあるのを目にするうち、
気がつけば
自分も使うようになっていた。

「楽しかった」の言い方を自然に“身につけ”ていた。


カナダでは
日々の生活すべてが英語を身につける機会にあふれている。


       *お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると、大変嬉しいデス♪*
                    にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
 

人気ブログランキングへ        

英語は、暗記するな。

541098_4715799343819_1388240817_n.jpg
(↑Vancouver CanucksのロゴにもなっているOrca((シャチ))のオブジェ。カナダプレイスにある。)

近々日本に帰国する友達が“せっかくバンクーバーで英語を勉強したのに、日本に帰ったら英語忘れるかもしれない・・・それが怖い”と言っていた。

私は
“忘れないよ。それが経験したことである限りは。”
と答えた。


暗記したものは忘れる。

でも経験は、

忘れない。


私がESL(語学学校)で勉強しても英語は身につかないという理由はこれである。


私が通っていた学校の授業では、よくシチュエーション毎の会話を丸暗記するように言われた。

シチュエーションは、例えば、レストランでのオーダー、英語での電話の受け答え、スポーツの試合観戦・・・
などなど。


授業ではテキストに載っている会話を2人1組になって丸暗記して、皆の前で発表。

時にはそれがスピーキングのテストとされることもあった。(余談だが、このテストの前私はものすごく気が重かった。自分のカタカナ英語をクラスメイト全員の前で露わにするなんて、拷問に等しいと思っていた。まあ実際は、他人の発表なんて皆ほとんど聞いていないので、それほど気にする必要はなかったのだが。)


さて今思い返してみて、
自分がどんなシチュエーションを与えられたかは思い出せるのだが、

テキストには何と書いてあったのか、

自分が何を暗記して、

皆の前で何を言ったのか、


まるで思い出せない。



でも私には「経験」があるから、
レストランでオーダーする時には、
レストランの雰囲気によってもオーダーの仕方を変えることができるし、


英語で電話をかけるとき、
これも私はまだ英語に自信がないときから、ちょっと用があればすぐに英語で電話をかけていたから(びっくりした保険のやり取りを参照)、
その経験から、
企業に質問をしたいとき、友達を遊びに誘いたいとき、ただおしゃべりがしたいとき・・
状況によって色々な言い方が思いつく。


スポーツの試合の観戦なんて、
テキストには応援のフレーズが何個も載っていたような気がするが、

バンクーバーに住んでいて知っていた方がいいフレーズは、

“Go! Canucks Go!!”


これひとつで十分である。

でももちろん学校のテキストにそんなフレーズは載っていなかった。

Canucksというのは、バンクーバーのアイスホッケーチーム。)


わざわざ暗記なんてしなくても、
パブやレストラン、もちろんスタジアムでも、とにかくネイティブがいる場所に試合を観に行けば、
応援のフレーズなんて彼らが口々に叫んでいるので、
それを聞いて自分も同じ事を叫べばよいだけ。


特別「憶えよう」と意気込まなくたって、次からは自分の口から自然に応援のフレーズが出てくることだろう。


暗記と違って、

一度経験をすると忘れないから。


<関連エントリ:英語は、身につけるもの。


       *お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると、大変嬉しいデス♪*
                    にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
 

人気ブログランキングへ        

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

カナダから帰国して、現在は都内企業で英語を使って働いています。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「こんなのウソに決まってる、アリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになってますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ