「ワーホリの1年」を最大限に利用するために必要なことって?

日本人がカナダでワーホリをすることができるのは、「1年」。
 
実際にワーホリを経験をした私が思うのは、この「1年」というのは 英語のためだけに費やすには長すぎる時間(「ワーホリの1年」は英語を習得するには長いのか、短いのか。を参照。)だということ。

そう言う私もカナダに渡る前は、「英語のためだけに1年は短い」どころか、「1年あっても英語が話せるようにはならないかもしれない・・」と思っていた。
だから当時の私にとってはカナダでのワーホリにおいて、「何はともあれまず英語が話せるようになりたい」ということが一番の目標で、他に「英語を使って何をしたいか」ということまでは、(カナダ人の友達を作ること以外)あまり意識が向かなかった。


私はカナダでワーホリを経験したことを少しも後悔していないし、むしろワーホリすると決めたことは自分の中の”人生最良の決断トップ3”に入るくらいなのだけれど、
ただワーホリを始めたばかりの頃の自分の時間の過ごし方については、「あれはああすればもっとよかった」と思う点がある。

まず私は1年という限られた時間を使って「英語が話せるようになること」それ自体を目標にしていた、つまり当時の私にとっては、本来「手段」であるはずの英語が「目的」になっていた。

でも英語に限らず、言語というのは自分がしたいことを実現するためのツール(道具)なのだと捉えることがもっと前からできていたら、
1年のタイムリミットの中でその”ツール”を使って何を達成したいか(仕事でも勉強でも趣味でも人それぞれ何でもいと思う)を、カナダに行く前から考えることができていたなら、
私はワーホリが始まったその最初の日からもっと違う時間の使い方ができたのではないか・・と思うのである。

★★★★★

日本人がカナダ政府から得ることができるワーホリビザのタイムリミットは、1年。

でも私はその「1年」の中の数ヶ月もの貴重な時間を、ESL(語学学校)で過ごすことに決めてしまった。
「まずは英語が話せるようになりたい」という思いと、「そのためには学校に行かなくてはいけない」という思い込みから。。。


まだ私が日本にいた頃、ワーホリや留学経験者の体験談を読んでいて、
「語学学校に通って英語が満足に話せるようになった」と言う人が一人もおらず、
「友達は日本人ばかり」、「毎週のように留学生同士で飲み会で楽しかった。でも、何を学んだのかは???」、「英語のことは・・聞かないで」、「TOEICでは自己最高点が出た。あとはスピーキングが課題。」、「海外生活は良い経験になった。今後も英語の勉強頑張っていきたい。」といった感想ばかりだった(日本人が経験する、ワーホリの“王道”プランとは。)ので、
自分も同じようになってしまうのでは・・・という不安が頭をもたげることは、あった。

当時の私は数多くのエージェントのサイトや留学情報誌や、留学・ワーホリ経験者のブログに目を通していたのだけれど、それでも私には語学学校に通うということ以外の選択肢は見つけられず、
だからやっぱり「ワーホリ=始めの数ヶ月は語学学校」という考えしか思いつかなかった。

”みんな”がそうしているから私も学校に行く、
でもその中で”みんな”とは少しだけ違うこと、例えば学校の学校の外でも英語だけを話すようにしたり、学校でも毎日きっちり授業を受けて、宿題はもちろん予習や復習もちゃんとして、
学校に通っている間は頑張って「勉強」をすれば、私は語学学校に行くことで英語が話せるようになるかもしれないという”希望的観測”もあった。

でもその結果は、
エージェントの人は誰もが口を揃えて「英語が話せるようになるにはまずは三ヶ月」と言っていたけれど、
その三ヶ月間私は日本でもしたことがないくらいの勢いで英語だけをひたすら「勉強」したけれど、
三ヶ月が経っても、
私には自分が英語を話せているという感覚がなかった・・・。


既に何度も書いている通り、ESLというのは「英語のカルチャーを学ぶ場所」ではなく、「英語の文法や単語を学ぶ場所」なのである。

今になって思えば、どれだけマジメに頑張って英語を「勉強」したって、私はヒトが母国語を習得する際に誰もが自然に身につける言語習得の5つのskill(①カルチャー→②言語音楽→③話し方のテクニック→④文法→⑤語彙)を、順番を間違え(①語彙→②文法)、学ぶ方法を間違え(当時私が使っていた方法とは、暗記。それだけを語彙にも文法にも使っていた。)、かつ文法と語彙以外のskillはスキップするということによってマスターしようとしていたのだから、
それは英語を話せているという感覚がもてなくて当然。であった。

でも当時はそんなこと全然分からなかったから、私は英語が話せるようになっていかない自分に焦りを感じるばかりだった。

だからそんな私がその頃よく頭の中にイメージしていたのは、砂時計だった。
自分がカナダで与えられた1年という時間が、私は日本を発った時から何も進歩していない、変わっていないのに、残り時間だけが少なくなっていく。1年という時間が、何もできないままにサラサラ零れ落ちて行く。。。
http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-198.html" target="_blank" title="英語を身につけるまでの悩み">英語を身につけるまでの悩みを参照。)

★★★★★

私はせっかく自分が持っていた「ワーホリの1年」という貴重な時間を使って、
学校に通って英語を「勉強」(=暗記)するという、わざわざ海外に行かなくても日本で全く同じことができることをしていたし、
それに学校に通っている間は一日の大半を学校で過ごす為に、自分がカナダにいるからこそできること/したいことをあまり考えることもなかった(つまりは「受身」で過ごしていた。→http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-366.html" target="_blank" title="海外で、「受身で生活すること」の意味。">海外で、「受身で生活すること」の意味。)。

でも学校に行くのは止めて、英語を個人で習うようになったら、「毎日朝から夜まで机について勉強」からは解放されて、大体1日に1回、2時間くらいレッスンを受けたら、
あとの時間は自分の好きなように使える生活になった。

それでやっと私はカナダで自分がもつ"自由な時間"をどのように使いたいのか、英語を身につけることだけではなく、英語を使って自分がしたいことは何なのかを、真剣に考えるようになった。


日本人が得られるカナダのワーホリビザというのは、カナダで過ごす1年の間に学校(語学学校に限らず)に行ってもいいし働いてもいいし旅行に行ってもいいしという、
他のビザに比べて比較的もらうのも簡単だし自由度も高いビザだと思う。

私はESLに通った分、カナダで「自分が英語を使ってしたいことができるようになるまでの期間」が余分にかかってしまった。

そんな自分の経験からも、私はワーホリビザの”自由さ”を最大限に利用するための一番のポイントは、
「ビザの残り期限のカウントダウンが始まる日(カナダに入国する日)から、自分がカナダでしたいことができるようになるまでの期間」を
いかに短縮させることができるか
だと思うのである。


★★★★★

私がバンクーバーで個人で受けていた英語のレッスンの一環((“リアルな経験”の中で生きた英語を習得“リアルな経験”の中で生きた英語を習得:2))で、Garibladi lakeでハイキングとカヤックに挑戦された生徒さんたち。(*顔写真掲載の許可を頂いています。)
どんなに英語を勉強しても、「忘れてしまう」ワケ。にはカヤックを漕いでいる様子の写真があります。

Garibladi lake13

Garibladi lake11

Garibladi lake14

Garibladi lake15

Garibladi lake16

Garibladi lake17

Garibladi lake8



*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために今日本でレッスンをしています。

もし先生のレッスンを受けてみたいという方、“王道”ではない留学/ワーホリをしたい方がいらっしゃればご連絡下さい。無料体験レッスンがあります。

9月29日〜10月1日は北海道にてレッスンが行われます。
他には東京・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・岡山・広島・福岡でレッスンを行う予定となっているそうですが、その他の地域/都市でもレッスン可能な場合がありますので、興味がある方はご相談ください。

また今回希望される方は、先生がバンクーバーで英語を教えておられた生徒さんのうちのお一人と、会ってお話をしていただくことができます。大学3回生の日本人男性、カナダでの滞在期間は1年間、レッスンを受けておられたのは約2ヶ月間で、今年のアメリカとカナダにおける旅行にも二つ参加され、今月帰国された方だそうです。

携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、できるだけパソコンから閲覧可能なアドレスで連絡下さるようお願いします。

既にご連絡先をお知らせ頂いている方で、先生からのメールがまだ届いていないという方がいらっしゃれば大至急ご一報下さい。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます★)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ


       

英語でミスすることを、怖れない。3

ワーホリで日本からカナダに渡った私の一番の願いは「英語が話せるようになりたい」ということであったが、カナダに着いてからの私が数ヶ月に及びしていたことと言えば、
単語を覚えたり文法の問題を解いたり・・・。
日本でしていたことと、まるで同じ
であった。

カナダに渡りはしたものの、
日本で中学高校と6年間(私の場合は大学でも英語の授業があったので厳密に言えばそれ以上であるが)も続けたのに、英語が話せるようにはならなかった勉強の仕方(=”過去の勉強方法”:「ワーホリの1年」は英語を習得するには長いのか、短いのか。
を参照。)を、バンクーバーで英語を個人で教わるようになるまで、私は何も変えることができなかった。

バンクーバーで私はまずESL(語学学校)に通うようになり、授業中はもちろんのこと、放課後や休日にも、
単語帳を眺めたり、ESLの授業で配られた文法の問題を解いたりイディオムの羅列を書き取ったりしながら、
「本当にこれで英語が話せるようになるのか・・何かが違うような気がする」と思うことは時折あったものの、
自分が何年もしてきて慣れていて、周囲の人(学校の先生、カウンセラー、エージェントの人に、ホストファミリーにクラスメイト)も”そうするのが当然”だと思っているそんな”過去の方法”を、私はし続けた。


普通に考えて、単語帳を眺めたり、ノートにスペルを書き取ったり、文法の参考書を読んで問題を解いたりするのは、単調な作業であり、退屈なこと。
机に座っていくら時間をかけて単語や文法を「暗記」しても、実際の会話になると全然使えなかったり、数日後見直したら大半を忘れている。

でも矛盾するようだけれど、私が当時、「何かが違う気がする」と思いながらも「英語を暗記すること」を続けていた理由は、
それが自分にとってラクだったところがあるからではないのかと最近思う。

言葉を換えると、単語や文法を「暗記」するのは、そこに相手が存在せず、自分一人でできることだから気がラクだった、のではないかと思うのである。


自分だけではなく、そこに相手がいる「会話」だったら、言い間違えたり、変な文法で話してしまったら恥ずかしいし、聞き取れなかったら気まずい。

でも自分一人でする「勉強」なら、いくら間違えたって、憶えることができていなくたって、他人に知られることはないのだから、恥をかかなくてすむ。

相手の英語が聞き取れなくて、”迷惑”をかけることもない。。。


「英語が話せるようになりたい」と思いながらも、
ひたすら文法や英語を暗記しながら「何かが違う」と思いながらも、
当時の私が”過去の方法”をし続けていたのは、
誰に聞いても自分がしていることの何がどう違うのかが具体的に分からないし、もし違うとしても他にどうしたらよいのか分からなかった、ということはもちろんあるけれど、
その根底には
ミスをするのはいけないこと/恥ずかしいこと、
という思いがやっぱりどこかにあったのではないかと、今となっては思うのである。


だからたとえ、文法や発音がめちゃくちゃでも、そんなこと気にせず、話しまくる中南米やヨーロッパからのクラスメイトに出会うたび、
そんな彼らがうらやましい、と思う一方、
彼らに自分とは絶対に相容れないものを感じる、
というか、
大げさに言えば、”恐怖”を感じていたような気がする。(カナダで生活しているのに、「日本人と韓国人の友達しかいなかった」理由。

★★★★★

ある日、私が個人で受けていた英語のレッスンで、言い間違えをしたときに、"Sorry." と言ってしまったことがあった。

そうしたら先生に”今何で謝ったの? 日本語で話してるときに言い間違えたら謝る? じゃあ何で英語だと謝るの?” と言われた。

私はその時に自分の中にあったそういう卑屈な部分に初めて気がついて、
それから私は英語でミスをすることに対する抵抗が減っていった。

私は、
そりゃ相手を不快にさせたり自分や相手を危険にさらすミスは避けた方がよいことは言うまでもないが、そうでなければ、
ミスしたって別にいいじゃないか。むしろどんどんミスをして、それをカバーすればよいと思うようになっていった。(日本語で言い間違えても謝らないのに、英語で言い間違えたら謝る日本人。
私は日本で生まれ育ったネイティヴジャパニーズスピーカーだけど、日本語でもしょっ中ミスをする。
でも「ミスして恥ずかしいから日本語を話すのはやめとこう・・」なんて思ったことはないのである。

気がつくと、単語や文法の「勉強」は、私にとって別に気がラクなことでも何でもなく、ただの「退屈なこと」になり、
誰かと会話をしてミスをする方が、よっぽど楽しくて、ラクなことになっていた。


<関連エントリ:
英語でミスすることを、怖れない。
英語でミスすることを、怖れない。:2

★★★★★

私がバンクーバーで個人で受けていた英語のレッスンの一環((“リアルな経験”の中で生きた英語を習得))で今年RV(キャンピングカー)でアメリカ縦断旅行へ行った生徒さんたち。(*顔写真掲載の許可を頂いています。)

アメリカRV旅行15

アメリカRV旅行7

アメリカRV旅行13

081A3726.jpg

081A3792.jpg

081A3571.jpg

アメリカRV旅行27


*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために今日本でレッスンをしています。

もし先生のレッスンを受けてみたいという方、“王道”ではない留学/ワーホリをしたい方がいらっしゃればご連絡下さい。体験レッスンがあります。

9月29日〜10月1日は北海道にてレッスンが行われます。
他には東京・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・岡山・広島・福岡でレッスンを行う予定となっているそうですが、その他の地域/都市でもレッスン可能な場合がありますので、興味がある方はご相談ください。

また今回希望される方は、先生がバンクーバーで英語を教えておられた生徒さんのうちのお一人と、会ってお話をしていただくことができます。大学3回生の日本人男性、カナダでの滞在期間は1年間、レッスンを受けておられたのは約2ヶ月間で、今年のアメリカとカナダにおける旅行にも二つ参加され、今月帰国された方だそうです。

携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、できるだけパソコンから閲覧可能なアドレスで連絡下さるようお願いします。

既にご連絡先をお知らせ頂いている方で、先生からのメールがまだ届いていないという方がいらっしゃれば大至急ご一報下さい。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ



       

カナダで生活しているのに、「日本人と韓国人の友達しかいなかった」理由。

日本では自分より年上で、かつ何かを教えてもらっている人に向かって"Hey"と呼びかけるなど考えられなかったけれど、ある日私がバンクーバーで個人で受けていた英語のレッスンで、開口一番先生に向かってそういったら、褒められた(「使える英語」と「使えない英語」を分けるものとは?)。それとはたしか別の日のことだった。

その日レッスンの終わりに、先生から時計を見ながら、”じゃあ今日はここまで。何か質問ある?”と聞かれた。

私は直前まで聞いていた話(カナダのhttp://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-99.html" target="_blank" title="カルチャー">カルチャー</a>" target="_blank" title="カルチャー">カルチャーについての話だったように思う)の中にもうちょっと詳しく聞きたいことがあったのだが、もう時間がきているので、「聞きたいことはあるけど、今はすべきじゃないだろうな。また後からtext(カナダでは携帯専用のアドレスというものはなく、携帯の番号のみでメッセージがやり取りできる。日本で言う、ショートメッセージのようなもの。それをtext messageと呼ぶ。)で聞けばいいか。」と思って
”とくにない。”
と言った。

すると先生が
”本当に? ・・・本当に本当に?”
と言うので、
”じゃあ・・・”
と私はやっぱりその場で聞いてみることにした。


そうしたら、
”Coco、ここは日本じゃなくてカナダなんだから、質問がある時にはその都度その都度言ってもらっていいんだよ。
(先生は日本語を話せる。日本語のカルチャーを知っている。→バンクーバーで英語以外の言語も習得。バンクーバーで英語以外の言語も習得。を参照。)

CocoはESL(語学学校)に行っていたって言ったよね? そこで南米やヨーロッパから来たクラスメイト達は授業中にもバンバン発言してなかった?
(私が通っていたバンクーバーのESLは日本人と韓国人が大半を占める学校だったのだが、たしかに日本人や韓国人と、それ以外の国からの人たちでは、授業中の発言量に大きな差があった。私が聞いた限りでは、韓国の教育は日本とよく似ている。いわゆる「詰め込み」である。)

まあそれはアジアと他の地域の、教育スタイルの違い、カルチャーの違いから来ているのだけれど、
ここカナダでは、授業の最中でも後でもいいから、質問があると、ああこの生徒は授業に興味があるんだ、もっと知りたいんだ、って分かるけど、
いつもいつも'質問はない'と言われると、教える側からすると、授業が退屈だったか、興味もないか、授業が分からなかったのか、と思われてしまうよ。”
と先生が言う。


私が
”たしかに。。。日本のカルチャーの中では、’授業が終わった、質問はあるけどこれ以上先生を煩わせるのはよくない’、と思って聞きたいことがあっても遠慮してしまう。
でもここでは、そんな遠慮をしても、誰も私のことをpolite(礼儀正しい)だなんて思わない。。。(friendlyとpolite 2つの文化の違いを参照。)”と言うと、
先生は、
”その通り! 日本の KEIGO(敬語)とカナダの KEIGO は違うんだよ”。

それからまたしばらく私の質問に対する返答や、日本とカナダのカルチャーの違いについての話になった。

結局その日のレッスンは、当初終わるはずだった時間をだいぶ過ぎて、次の生徒さんがやって来るまで続いた。


・・・日本ではpolite(礼儀正しくあること)がものすごく重要だけれど、カナダではfriendly(フレンドリーであること)が大切。

でもこれはカナダ人は礼儀正しいかそうでないかを気にしないというわけではもちろんなく、
”英語の・カナダのカルチャーの中での礼儀正しさ”があるということである。

カナダの人が求める”礼儀正しさ”と、私が日本のカルチャーの中で「こうあるべき」と考えてとっていた”礼儀正しさ”には、違いがあるのである。
日本とカナダの”カルチャーの違い”と、それを自分の中に取り入れるということ。。)

★★★★★

日本で学校に通っていたときのことを考えてみると、
私が日本で小学校から大学まで通して、授業中に先生に質問をしたことなんて、一体何回ぐらいあっただろうか、と思う。
(小学校低学年の頃とかはもうさすがによく憶えていないけれど、)質問したことがあったとしても、数えるほどしかない気がする。
小中高大の16年間を通して、、である。

だって日本では、授業は黙って聞くのが「当たり前」だったし、クラスメイトの前で変な質問をして笑われたらどうしようって思っていたし、そもそも日本では小学校から大学を通して、授業中に質問することは(先生にもよるけれど)大体あまり歓迎されていなかったような気もする。時々「何か質問がありますか?」と聞いてくれる先生もいたけれど、やっぱりみんなの前で質問するのはハズカシイから、授業が終わった後、先生のところまで言って聞いたことはあるけれど。


カナダに渡って、私はESL(語学学校)に通ったが、そこでも、南米やヨーロッパや、またはメキシコからの留学生が授業中でも喋りまくっているのを見ると、私はますます話せなくなった。彼らと仲良くなりたいなとも思う反面、文法がめちゃくちゃだろうが発音が明らかにおかしかろうがそんなこと気にもしていない彼らに、私は完全に気後れしてしまっていた。
あんなに話せていいな~、と思う反面、何で授業中なのにもっと静かに先生の話を聞けないの?、なんてこともよく思っていた。

その点、日本人と、韓国人のクラスメイトには(彼らも日本人と同様に黙って授業を聞いている方だから)、ずっと親近感をもてた。


学校に通っているとき、そんな留学生同士の授業を受ける姿勢の違いを指摘する先生は、いなかったし、私もそれが教育の違いやカルチャーの違いだとは思っていなかった(南米やヨーロッパやメキシコなんかは、言語が英語と似ているし、日本や韓国に比べれば英語を話す機会も日常生活の中に多くあって、それで英語が話せるのだろうと思っていた)。

自分は日本でも韓国でもなくて、カナダにいるのに、「何で授業中なのにもっと静かに先生の話を聞けないの?=授業中はずっと黙って聞いているのが正しい」なんて思っていた自分、
自分が慣れている日本でのカルチャー(授業は黙って受ける!)こそが正しくて、日本とは違うカルチャーは頑として受け入れられなかった当時の自分を思いだすと、
今でもちょっとハズカシイ気持ちになる。


<関連エントリ:
カナダで生活しているのに、カナダ人の友達が一人もいなかった理由。


★★★★★

私が個人で受けていた英語レッスンの一環((“リアルな経験”の中で生きた英語を習得))で今年RV(キャンピングカー)でアメリカ縦断旅行へ行った生徒さんたち(と動物たち)。(*顔写真掲載の許可を頂いています。)

アメリカRV旅行23

アメリカRV旅行21

アメリカRV旅行22
(↑RV車内でとる夕食)

アメリカRV旅行25

アメリカRV旅行19

アメリカRV旅行17

アメリカRV旅行18



*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために今月下旬に日本に行きます。

もし先生のレッスンを受けてみたいという方、“王道”ではない留学/ワーホリをしたい方がいらっしゃればご連絡下さい。体験レッスンがあります。

今回、北海道・東京・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・広島・福岡でレッスンを行う予定となっているそうですが、その他の地域/都市でもレッスン可能な場合がありますので、興味がある方はご相談ください。

レッスンは、日本にいながらにして、英語のカルチャーを学び「経験」することができ、英語を効率的に早く伸ばす方法、余計なお金や時間をかけずに不安なく留学・ワーホリする方法なども含んだ内容となっています。(日本でのレッスンを受けることで今後海外に行ったり、バンクーバーでもレッスンを受けなければならないといった制限はありません。)

また先生がバンクーバーで英語を教えておられた生徒さんのうちのお一人と、直接会ってお話をしていただけますのでご希望の方はお知らせください。大学3回生の日本人男性、カナダでの滞在期間は1年間、レッスンを受けておられたのは約2ヶ月間で、今月帰国された方だそうです。

携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、できるだけパソコンから閲覧可能なアドレスで連絡下さるようお願いします。

既にご連絡先をお知らせ頂いている方で、先生からのメールがまだ届いていないという方がいらっしゃれば大至急ご一報下さい。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ



       

どんなに英語を勉強しても、「忘れてしまう」ワケ。

自転車の乗り方を一度覚えたら、時間が経っても忘れない。(過去と未来と、英語との関係。を参照。)
英語に限らず言語にも、これと同じことが言えると思う。

私は小学校低学年のときに自転車に乗れるようになって、それから7~8年間乗る機会がなかったのだけれど、高校に入ったら通学のためにまた乗るようになった。
乗り方を忘れているだろうから、入学式の前に練習しておかなけばと思い、春休みのある日自転車を倉庫から出してみた。「これから何日か練習しないといけないんだろうな・・」と思ったが、実際乗ってみると、はじめの方こそ少しフラフラしたけれどすぐに感覚を取り戻した。


自転車が乗れるようになるために、自転車の取り扱い説明書を読んだという人はいないだろう。
言語も同様に、教科書を読んで(「暗記」をして)話せるようになる、というものではなく、身体感覚で身につけるものなのだ。

★★★★★

日本で生まれ育ち、日本語が流暢に話せるようになった私だが、「自分が日本語を話せるのは、暗記をしてきたからだ」と思ったことなど一度もない。

逆に言うと、いくら「勉強(=暗記)」をしたって、そこに「経験」がない限りは、時間が経てば忘れてしまうのである。


私は日本で中学高校とまるまる6年(厳密に言うとそれ以上)は英語を「勉強」したけれど、
でもカナダに行こうと思ったとき、その「勉強」したことを全然憶えていない(使えない)から、不安で不安で、
カナダでも学校(ESL/語学学校)に通って英語を「勉強」しようと思った。


私が日本の中学・高校で受けていた英語の授業の内容は、
教科書の文章の音読と英文和訳に、新しく出てきた単語の意味の確認に、文法の練習問題を解くこと。

そして私が通ったバンクーバーのESLの授業の内容はというと、
基本的には日本と変わらなかった。
(実際は私が通った学校に限らず、どのESLも授業内容に大差はないと思う。少なくとも私が無料体験レッスンを受けたESLはどこも同じだった。。。)

教科書の文章の音読に、英文和訳に(もちろんESLでは生徒は日本人だけでなく韓国人などもいたから先生に和訳するよう指示されることはないが、習慣として教科書の文章を逐一和訳しては日本語で意味を書き込んでいた。クラスメイトも皆そうしていた。)、新しく出てきた単語の意味の確認・説明に、文法の練習問題・・・。


日本とカナダの学校で違っていたのは、日本での英語の授業は日本語で進められたが(なぜなら先生達が英語を話せないので)、カナダの英語の授業は英語で進められたということ。

でも、そもそもの英語の「勉強の仕方」が同じなのだから、カナダの語学学校で習ったことも、日本の学校の授業で習ったことなど今憶えていないように、時間が経てばキレイに忘れた。


さらに言えば、もし「勉強さえしていれば英語が話せるようになる」のなら、
私などよりずっと時間をかけて英語を「勉強」してきているはずの日本の「英語の先生」たちが英語が話せなかった、という事実の説明がつかない・・・。

★★★★★

思えば日本の中学・高校を通して私が受けた英語の授業で、私が唯一「経験」をすることができたのは
"How are you?" "I'm fine, thank you. And you?"
という会話だけだったような気がする。

でもこれ、日本にいる時は分からなかったけど、
実はネイティブイングリッシュスピーカーは誰一人として使わない、不自然丸出しの英語なのであった。(海外に行く前に知っておきたい、「How are you?」への答え方を参照。)

"How are you?" に "I'm fine, thank you, and you?" なんて応えるネイティブイングリッシュスピーカーは、
いない。

日本人同士ならともかく、"I'm fine, thank you, and you?" が英語を第一言語とする国では「全然使えない英語」なのだとは露とも知らず、中学校の英語の授業の冒頭で毎回毎回、繰り返し言わされていたために、
カナダに渡った当時の私は、中学を卒業して何年も経っていたにも関わらず、
"How are you?"と聞かれると、"I'm fine, thank you. And you?"と反射的に言ってしまうようになっていた・・・。

★★★★★

カナダのESL(語学学校)では、さすがに"How are you?" "I'm fine, thank you. And you?" と授業の中で言わされるようなことはなかったけれど、かと言って何か他の「経験」をすることもできなかった。

むしろ周りは先生を除き留学生ばかりのESLに毎日通うことによって、リアルな英語を「経験」する機会から自分を遠ざけてしまっていたのが、カナダに渡ったばかりの頃の私だった。(「使える英語」と「使えない英語」を分けるものとは?


今私が"How are you?"と言われたら、時と場合と、それから相手にもよって、いろいろな答えが思い浮かぶけれど、
その中に「勉強(=教科書を暗記)」することによって自分の口から自然に出てくるようになったものなど、ただの一つもなく、
全部自分の「経験」から身につけたものである。(英語は、暗記するな。を参照。)


★★★★★

私がバンクーバーで個人で受けていた英語のレッスンの一環((“リアルな経験”の中で生きた英語を習得“リアルな経験”の中で生きた英語を習得:2))で、Garibladi lakeでハイキングとカヤックに挑戦された生徒さんたち。(*顔写真掲載の許可を頂いています。)

Garibladi

Garibladi

Garibladi

Garibladi

Garibladi



*お知らせ*
私が個人で英語を習っていた先生が9月に再来日する件に関しまして、既にご連絡先をお知らせ頂いている方で、先生からのメールがまだ届いていないという方がいらっしゃれば大至急ご一報下さい。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)

前回までのレッスンを受けられている方は、9月以降のレッスンのご予約をお願いします。


    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます★)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ


       

「カナダの男性は優しい」・・のか?

カナダで生活を初めて1ヶ月くらいの日本人の女の子が私にこう言ってきたことがある。
「カナダの男の人って優しいね。」と。

「どうしてそう思うの?」と聞いてみると、
「だってカフェとかレストランとかに入る時ドアとか絶対開けててくれるじゃん。あとレストランで料理を取り分けてくれるのも必ず男の人だし。すごい優しいな、って思った。」と言う。

私はそれを聞いて、
「あっそうか、そういえばそれ日本ではフツウじゃなかったんだっけ・・・」
と思った。

いつの間にか、バンクーバーでは店のドアを開けるとき後ろに人がいたら、後ろの人が入るまではドアから手を離さない、というのが私にとっては当たり前になっていた。

私は後ろの人が女性だろうが男性だろうが知らない人だろうがそうするけれど、
でも私だけじゃなく他の人だってそうだと思う。
(そしてその度飛び交う言葉は、すみません=" sorry "ではなくて、" thanks " または " thank you "だ。→英語を話しているつもり・・なのに“不自然”になってしまう、理由。)

もちろん日本でもそういう人(次の人のためにドアを抑えて待っていてくれる人)もたくさんいると思うけれど、"自分でドアを開けなくてもいい確率"がバンクーバーではずっと高いと思う。

だからそれはとくに性別には関係ないと思うのだが、
でもその友達が言うように、たしかに友達同士やカップルで男性と女性が店や家に一緒に入ろうとするときドアを開けてくれるのは、十中八九男性の方だと思う。

あとレストランで料理を取り分けるのも、男性がすることの方が多いと思う。

日本だと女性が取り分けるのが当然、のような風潮があったので、(少なくとも私はそう感じていたので、)
私がカナダに渡ってまだ間もない頃に、カナダ人と一緒に食事をしたとき、私が取り分けようとしたら"(しなくて)いいよ、僕がするから" と優しく制止され、
さらに皆の分の取り分けが終わるまで食べるのを待っていようとしたら、"ほら、Ladies first(レディーファースト)だから先に食べて。"と言われたこともあって、
「へぇ〜日本とは違うんだなあ」と思った覚えがある。

男友達が運転する車の助手席に乗り込むとき、友達がドアを開けてくれたりするのも、「・・・こんなこと日本であったっけ?」。


・・・だから私は、カナダは(ヨーロッパに比べればまだまだなのだとしても)日本に比べればずっとレディーファーストだと感じることが、よくある。


バンクーバーで個人で習っていた英語のレッスンのときに
"もしCocoがバンクーバーはレディーファーストだと感じるなら、ヨーロッパに行ったら自分はお姫様みたいに感じると思うよ。”
と先生から言われたことがある。

そういえば私の知り合いのヨーロピアンの男性がずっと前に日本に住んでいたことがあるらしいのだが、その人は " (日本では)自分がまるで王様になったかのように感じた、だって日本の女性たちが皆にこにこして、親切だったから。"
と言っていた。



・・・私が思うに、カルチャーに優劣というものはない。そこにあるのは違いだけ。
と以前書いたことがある。(恋愛もカルチャーを使って問題解決。)

日本のカルチャーで、素晴らしいと思うところもたくさんある。

でも残念ながら、日本のカルチャーでは女性の立場の方が弱く扱われることも多々あるため(例えば電車内での"痴漢"((カナダではまずアリエナイ))や、日本人以外の男性からの日本人女性へのセクハラ((日本人がカナダで一番セクハラを受ける理由。))なんかのこと)、
そういう部分に関しては、私は英語の、カナダのカルチャーの方が好きだし、自分に合っているとも思う。

カナダのカルチャーでも、これはイヤだな、受け入れられない、と思う部分はスルーして(例えばそれは私にとってはマリファナカルチャー)、
自分に必要、自分がそれを取り入れることによってより快適な状態になると思うカルチャーは積極的に身につけていく。

私にとって、外国語を身につける過程というのは、
自分の母国語のカルチャー(日本のカルチャー)をベースに、さらに「良いな」と思う外国語のカルチャーを取り入れ、自分に合わせて"カスタマイズ"していく過程でもある。

★★★★★

私が個人で受けていた英語のレッスンの一環((“リアルな経験”の中で生きた英語を習得))で今年RV(キャンピングカー)でロッキー山脈へ行った日本人の生徒さんたち。(*顔写真掲載の許可を頂いています。)
「使える英語」と「使えない英語」を分けるものとは?と同様、ここでも青空の下で1対1のレッスンが行われました。
*メキシコ人の生徒さんたちの写真はこちら→英語で考えて、英語で話す、ということ。
*中国人の生徒さんたちの写真はこちら→英語を話しているつもり・・なのに“不自然”になってしまう、理由。

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行29

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行25

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行27

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行19

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行20

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行17

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行18

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行11

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行12


*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を習っていた先生が、9月に再来日する件に関しまして、既にご連絡先をお知らせ頂いてから先生からのメールがまだ届いていないという方がいらっしゃれば大至急ご一報下さい。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます★)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ


       

英語は本当に「頑張れば話せるようになる」、のか?

私がバンクーバーでまだ英語を「勉強」していた頃、
"頑張れ"、とよく言われた。

”英語が話せるようになるためには、単語と文法をとにかく毎日コツコツ憶えること。そうすれば、いつかは英語が話せるようになるはずだから”と。
(「ワーホリの1年」は英語を習得するには長いのか、短いのか。を参照。)

でも私はその度思った。

「頑張れ、って、一体何をどう頑張ればよいのだ?」と・・・。


ESL(語学学校)に通っていたとき、発音のクラスの先生に、“3ヶ月あなたを見ていてわかったのだけれど、あなたは吃音障害があるから、他の人のようには発音できない。自分で音がわからないから聞き取りも難しいのよね。でもあともう少し練習を頑張ればよくなるわよ。”と言われた。
(英語を効果的に勉強する:2

でも私は自分の"ジャパニーズイングリッシュ"な発音に真剣に悩んでいたから、学校の授業だけでなく家でも、英語の発音を図解する表を見ながら、唇や舌の形が教科書の図通りになるよう練習していたし、"正しい発音"の英語のCDを聞きながら自分も声に出して言ってみたりしていた。

それで"吃音障害だから・・・"と言われた時、
「私のこれまでの"頑張り"は一体何だったのだろう。。。」と思った。

それでも、じゃあ他にどうしたら良いのか分からなかったから、学校の先生に言われた通り、発音の「練習」をし続けた。

だからやっぱりいつまで経っても私には似たような音の違い(例えば LとR)が分からなければ、自分では英語を話しているつもりでも、"何て言っているの?"とクラスメイトからは言われるし、学校から一歩出るとますます通じないし、何か言われても分からなかった。


時々相手が私の話を黙って聞いているようなので、「もしかして私の英語、通じてる!?」と思ったら、
話し終えた直後に同じことを聞かれるということもよくあった。

「ふんふん頷いてるように見えたのに、通じてなかったのか・・」と私は脱力しながらも、何でもないような顔をして再度同じことを言うしかなかった。
でも何回繰り返したところで、結局相手が理解しているとは思えないから、それ以上話が進まない。
その頃は「英語になると表面的なことしか話せないなあ・・・」と思っていた。

★★★★★


残念ながら、言語は"頑張る"から話せるようになるのではない。

頑張れば、とかいう「精神」的なものはあまり重要ではなくて、
どういう方法で英語を学ぶのかという、「方法」の方がずっと大事だと思う。

だって「方法」を間違えると、何年、何十年経ったって話せるようにはならないから。
(そして「英語学習歴××年です」になってしまう。。。)


ESL(語学学校)に通って毎日「勉強」と「練習」をしている間は英語が話せるようにならなかったのに、
それらを一切止めたら、
あんなに悩みだった私の英語は、褒められるようになっていった。
(カナダで「日本人です」と言うと、驚かれる理由。)


私たちは母国語である日本語を、"頑張った"から今日本語を不自由なく話せるのでも、
日本語の発音を、"頑張って"練習してきたから、今臆することなく日本語を発することができるわけでもなくて、
日本語をカルチャーから順番に5つのステップを経ることができたからこそ、「私の第一言語/母国語)は日本語です。」と言えるのである。


<関連エントリ:
英語は練習すれば上手くなるという、幻想。
英語のためにする、楽しい「努力」と、楽しくない「努力」。>

★★★★★

私が個人で受けていた英語のレッスンの一環((“リアルな経験”の中で生きた英語を習得))で今年RV(キャンピングカー)でロッキー山脈へ行った日本人の生徒さんたち。(*顔写真掲載の許可を頂いています。)
「使える英語」と「使えない英語」を分けるものとは?と同様、ここでも青空の下で1対1のレッスンが行われました。
*メキシコ人の生徒さんたちの写真はこちら→英語で考えて、英語で話す、ということ。
*中国人の生徒さんたちの写真はこちら→英語を話しているつもり・・なのに“不自然”になってしまう、理由。

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行24

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行13

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行16

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行14

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行2

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行1

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行6

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行5

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行4

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行3


*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために今月下旬に日本に行きます。

もし先生のレッスンを受けてみたいという方、“王道”ではない留学/ワーホリをしたい方がいらっしゃればご連絡下さい。

日本にいながらにして、英語のカルチャーを学び「経験」することができ、英語を効率的に早く伸ばす方法、余計なお金や時間をかけずに不安なく留学・ワーホリする方法なども含んだレッスン内容となっています。(日本でのレッスンを受けることで今後海外に行ったり、バンクーバーでもレッスンを受けなければならないといった制限はありません。)

携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、できるだけパソコンから閲覧可能なアドレスで連絡下さるようお願いします。

*前回までのレッスンを受けられている方は、9月のレッスンのご予約をお願いします。

既にご連絡先をお知らせ頂いている方で、私または先生からのメールがまだ届いていないという方がいらっしゃれば大至急ご一報下さい。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)

◆前回までの日本でのレッスンの様子はこちらの過去エントリをご覧ください。




    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます★)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ


       

海外に行くことで、得られるもの。

ワーホリでカナダに渡る前、「何で海外に行くの?」と聞かれたとき、
「英語が話せるようになりたいから」
「広い世界を見たいから」
「成長したいから」
とか、
私は色々な理由を答えていたが、
あの時私が言っていた「成長」とは、具体的に何だったのだろう・・と考えることがある。


私が思うに、
例えば自分の中にそれまでにはなかった考え方・視点が得られたとき、
あるいはそれまで出来なかったことが出来るようになったとき、
人は『成長した』と言うのではないだろうか。

だから私にとっては英語が話せるようになるということも大きな一つの「成長」であり、
「海外に行きたいのは成長したいから」だと言ったあのとき、私はカナダに行くことによって”ポジティブな変化”をすることを自分に期待していたのだと気づく。
(まあ自分からネガティブな変化を望む人など滅多にいないだろうが。)


だからカナダで生活を始めて、ESL(語学学校)に通って3ヶ月が経った時、自分が英語が話せるようにもなっていなければ、何一つ変わっていないことに気がついて愕然とした。
日本人が経験する、ワーホリの“王道”プランとは。を参照。)


カナダに渡る前、私はカナダに行ったらたくさんカナダ人の友達を作って、カナダの文化、人々の生活、価値観なんかを自分の目で見て感じてできるだけ吸収したいと思っていた(カナダに行く前感じていた期待と不安の、正体。)。
そしてそのためにはまず英語が話せるようになるということが大前提だと思っていた。

カナダに渡ると私はESLに通い始め、日本にいた時にしていた事と同じ事、「英語を”勉強”(=暗記)すること」をそのまま続け、英語圏の国で生活を始めたという“環境の変化”のメリットを少しも活かせていなかったから、
やっぱりまず英語が話せるようになって、それからカナダ人の友達を作って、そうしてやっと彼らの文化や生活、価値観(=それはつまりカルチャーだった)を知ることができるのだと、
まるで一つ一つを孤立したものかのように思っていた。

でも学校を卒業した後個人で英語を学ぶようになると、実際それらは全部並行して進めていくべきものなのだと気がついた。

個人で受けたレッスンで習うカルチャー言語音楽(発音含む)話し方のテクニック文法単語の5つのskillを身につければつけるほど、カナダ人(に限らずイングリッシュスピーカー)と話したくなるし、話せば話すほど彼らが使っているskill(カルチャー)が見えてきた。

新しいskillを発見すればするほど、自分の英語のバリエーションが増える。

バリエーションが増えるほどもっと話したくなって・・・・・・


・・・そうして「以前の自分」だったら考えることもできなかったことが出来るようになっていたとき(街で声をかけられた・・・さてどうする「使える英語」と「使えない英語」を分けるものとは?)、
私は自分の中の”ポジティブな変化”を実感した。


<関連エントリ:ふと感じた自分の成長。>


★★★★★

私が個人で受けていた英語のレッスンの一環((“リアルな経験”の中で生きた英語を習得))で今年RV(キャンピングカー)でロッキー山脈へ行った日本人の生徒さんたち。(*顔写真掲載の許可を頂いています。)
「使える英語」と「使えない英語」を分けるものとは?と同様、ここでも青空の下で1対1のレッスンが行われました。
*メキシコ人の生徒さんたちの写真はこちら→英語で考えて、英語で話す、ということ。
*中国人の生徒さんたちの写真はこちら→英語を話しているつもり・・なのに“不自然”になってしまう、理由。

ロッキーマウンテン3
(↑左から2番目は先生。)

ロッキーマウンテン2

ロッキーマウンテン1

ロッキーマウンテン5

ロッキーマウンテン4
(↑RVの内部。)

ロッキーマウンテン旅行10

ロッキーマウンテン旅行9

ロッキーマウンテン旅行6

ロッキーマウンテン旅行7

ロッキーマウンテン旅行8


*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を習っていた先生が、9月に再来日する件に関しまして、既にご連絡先をお知らせ頂いてから3日以上経つが先生からのメールがまだ届いていないという方がいらっしゃればご一報下さい。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます★)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ


       

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ