動画2:英語初心者をあっというまに卒業するための、「カンタンな方法」。

以前のエントリ、英語初心者をあっというまに卒業するための、「カンタンな方法」とは?に関連して、
現在中国・上海でレッスンをされている、私がバンクーバーで個人で英語を習っていた先生の、
上海の生徒さんのビデオをご紹介します。
(先生はバンクーバーを拠点に、中国や日本でもレッスンをされています。他の生徒さんのビデオはこちら。→動画つき:英語初心者をあっというまに卒業するための、「カンタンな方法」。


こちらのビデオに写っておられるのはJIN MEIさんとおっしゃる方で、来年家族でバンクーバーに渡られるご予定なのだそうです。

1つめのビデオが、この日上海で先生の体験レッスンを初めて受けられたJIN MEIさんの、レッスンがスタートした直後の英語です。

先生の、
”What is difficult when you study English? (英語を勉強するとき何が難しいですか)” という質問に対し、
2~3の文章だけで、短く答えておられます。

ビデオの長さ(≒JIN MEIさんの話している時間)は、たった18秒です。



2つめのビデオに写っているのが、体験レッスンが終わる直前のJIN MEIさん。

先生の、レッスン開始直後と全く同じ質問に対して、今度は話し言葉のテクニックを使って、レッスン開始の頃にはまったく聞くことができなかった、JIN MEIさんの英語に対する思いを語っておられます。

「話し言葉のテクニック」を使うことで、自分が考えていること・話したいことをどんどん表現できるようになるので、レッスンの最初に受けたのと全く同じ質問に対してJIN MEIさんが話した時間は、58秒になりました。

(動画が再生できないときは、こちらのサイトをご参照ください。→FC2動画ヘルプ)

★★★★★


JIN MEIさんはこの日、体験レッスンで話し言葉のテクニックを学ばれただけです。



先生のレッスンでは、単語を暗記することも文法することもありません

教科書もノートも使いません英語が話せるようになるために、必要な教材とは?を参照)し、

もちろん宿題もありません



単語と文法だけを暗記する、”日本の伝統的な英語教育”とも、”ESL(語学学校)”とも、
     
     全く違う方法で英語を学びます




*お知らせ*

私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために来週来日します。
(もし既にご連絡を頂いているにも関わらず、先生からのメールが届いていないという方がいらっしゃれば至急ご一報ください。)

12月に日本各地で、1~3日間に渡る無料体験レッスン、及び、カナダワーホリ・留学に関する無料カウンセリングが行われます。(その後にカナダで受けられるコースによって期間が異なります。)

英語にはずっと苦手意識があるし日本で英語を話す機会もない、カナダでの時間を有効に使いたい、王道じゃないワーホリがしたい、最短で英語を伸ばしたい、カナダでの生活費はカナダで稼ぎたい(「カナダワーホリに必要なお金」の、現実。を参照)という方がいらっしゃればご連絡下さい。

日本での無料体験レッスン&カウンセリングも、カナダでのレッスンも、すべて1対1で受けることができます。


日本での無料体験レッスン&カウンセリングで得て頂けるものは、

1.「英語は難しい」という固定観念を捨てて、日本にいる間に初心者レベルを卒業すること。
2.レッスン以外の時間にも効率的に英語を伸ばしていくための、具体的なアドバイス。(単語を憶えたり、文法書を読んだりすることではありません。)
3.ビザや航空券や、ベストな渡航時期、治安が不安な地域の情報など、カナダに渡るために役立つ情報。
4.王道のワーホリしないためのアドバイス。


となっているそうです。

カナダでより効果的に早く目標を達成し、かつ、余計なお金を使わずに留学/ワーホリをするためのプランを先生と一緒に作っていただけます。

日本での体験レッスンも、バンクーバーでのレッスンとまったく同じ方法を使って行われます
もちろん話し言葉のテクニックも習うことができます

先生はネイティブイングリッシュスピーカーですが、日本語も話せます(し、読めますし、書けます)ので
まったくの英語初心者の方でも体験レッスンを受けて頂けます


そして今年の12月3日から21日までの間に日本で無料体験レッスンを受けられる方のみ、

1.今年の12月だけでなく、先生が来日する度に、無料で英語のレッスンと、カウンセリングを受けて頂くことができます。(今年の12月の次は、来年の2月、その次は4月、9月、12月となる予定だそうで、各3日間×5回なので、カナダに渡る前に最大で15日間に渡る無料レッスン&カウンセリングを受けることができます。)
2.Skypeでカウンセリングを受けて頂く事もできます。
3.もちろんメールや電話でもお話して頂けます。



すべて無料で、日本で時間をかけて1対1でカウンセリングを受けて頂けるので、カナダに渡る前にカナダに友達ができますし、バンクーバーのレッスンと全く同じ方法で1対1で行われる英語のレッスンにより、日本にいる間に英語初心者を卒業できます。


*来年に入ってから初めて無料体験レッスンを受けられる方は、日本で受けて頂ける無料体験レッスン&カウンセリングの期間が短くなります。

**ワーホリ資金50~70万円でカナダに渡り、バンクーバーでレッスンを受け、最近日本に帰国されたKeikoさんが、日本やバンクーバーでのレッスンの詳細について電話でのお問い合わせに答えてくださるそうです。(12月も引き続き答えて下さるそうです。)
コースの詳細や予約の方法などに関するご質問も受け付けておられます。

携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生か、Keikoさんへ直接お願いします。)

*****

・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は国際線エアラインのフライトアテンダントをされている元生徒さん→日本人のワーホリに対する、あるカナダ人の視点。

・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は外資系企業でプロダクトマネージャーを勤めておられる元生徒さん→英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気。

・バンクーバーで ”語学学校に5カ月通っても何も変わらなかった”のに、先生のレッスンを2ヶ月間受け、初めて会う人達から「何年カナダにいるの?」「日本人?? 日本人の話す英語じゃない」と言われるようになった、元生徒さんのブログ→ワーホリホリ えいゴリラ in Canada

◆前回までの日本でのレッスンの様子はこちらの過去エントリをご覧ください。

動画つき:英語初心者をあっというまに卒業するための、「カンタンな方法」。

前回のエントリ、英語初心者をあっというまに卒業するための、「カンタンな方法」とは?に関連して、
現在中国・上海でレッスンをされている、私がバンクーバーで個人で英語を習っていた先生の、
上海の生徒さんのビデオをご紹介します。
(先生はバンクーバーを拠点に、中国や日本でもレッスンをされています。)

ビデオに写っておられるのはXiさんとおっしゃる方で、この日初めて先生の無料体験レッスンを受けられたそうです。

1つめのビデオが午前中、体験レッスンがスタートしたばかりのときのXiさんで、
先生が、
・”What is difficult for you in English?”
(あなたにとって英語の何が難しいですか。)
・”Why do you want to study English? Why do you study English?” 
(あなたはなぜ英語を勉強したいのですか。なぜ英語を勉強しているのですか。)
と2つの質問をされ、
Xiさんがそれぞれ短く答えておられます。

ビデオの長さは先生の質問も含め、32秒です。




続いて2つめのビデオに写っているのは、午後に撮影された、レッスン初日が終わる直前のXiさんです。

(動画が再生できないときは、こちらのサイトをご参照ください。→FC2動画ヘルプ)

ここでは先生の質問は1つ、”What is difficult for you when you study English?”だけで、英語を勉強するとき何が難しいですかと、上の質問と同じことを聞かれています。

それに対して、Xiさんは今度はなんと1分近く喋っておられます。

よってこちらのビデオの長さはトータルで1分11秒になりました。


★★★★★


1つめのビデオでは、Xiさんが話しながら言葉を探されている様子がわかります。

これが、今まで英語と言えば単語と文法を暗記したことしかない「初心者」の英語、
「カナダに行けば何とかなるはず・・」と思って何の準備をすることもなくバンクーバーに渡った私が先生の体験レッスンを現地で受けたときにまさに話していた英語、

いわばESL(語学学校)に通った一般的な生徒の英語、です。


2つめのビデオでは、Xiさんがもう話しながら言葉を探しているのでも文法のことを考えているのでもなく、話し言葉のテクニックを使って、自分の考えを英語で表すことにより集中している様子がわかります。



体験レッスンが始まった直後には、2つの質問それぞれに対して、単語を並べた短い返答だったのが、
同日のレッスンが終わる頃には、1つの同じ質問に対してずっと深くて複雑な返答になっています。

この体験レッスンの中で、単語にも文法にも一切触れられていないそうですし、
もちろんXiさんが先生のレッスン以外で「話し言葉のテクニック」を習ったことなどありません。


何年も、何ヶ月も、何週間も、何日間かさえかけることなく、

たった1日、初日のレッスンだけで、Xiさんの英語が、変わりました。


来週からは、日本で無料体験レッスンが行われます。

単語の羅列から、自分の考えをフルに表現する英語に、

1日で変わります。


「初心者レベルの英語」が、

1日で変わります。




*お知らせ*

私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために再度12月に来日します。
(もし既にご連絡を頂いているにも関わらず、先生からのメールが届いていないという方がいらっしゃれば至急ご一報ください。)

12月には日本各地で、1~3日間に渡る無料体験レッスン、及び、カナダワーホリ・留学に関する無料カウンセリングが行われます。(その後にカナダで受けられるコースによって期間が異なります。)

英語にはずっと苦手意識があるし日本で英語を話す機会もない、カナダでの時間を有効に使いたい、王道じゃないワーホリがしたい、最短で英語を伸ばしたい、カナダでの生活費はカナダで稼ぎたい(「カナダワーホリに必要なお金」の、現実。を参照)という方がいらっしゃればご連絡下さい。

日本での無料体験レッスン&カウンセリングも、カナダでのレッスンも、すべて1対1で受けることができます。


日本での無料体験レッスン&カウンセリングで得て頂けるものは、

1.「英語は難しい」という固定観念を捨てて、日本にいる間に初心者レベルを卒業すること。
2.レッスン以外の時間にも効率的に英語を伸ばしていくための、具体的なアドバイス。(単語を憶えたり、文法書を読んだりすることではありません。)
3.ビザや航空券や、ベストな渡航時期、治安が不安な地域の情報など、カナダに渡るために役立つ情報。
4.王道のワーホリしないためのアドバイス。


となっているそうです。

カナダでより効果的に早く目標を達成し、かつ、余計なお金を使わずに留学/ワーホリをするためのプランを先生と一緒に作っていただけます。

日本での体験レッスンも、バンクーバーでのレッスンとまったく同じ方法を使って行われます
もちろん話し言葉のテクニックも習うことができます

先生はネイティブイングリッシュスピーカーですが、日本語も話せます(し、読めますし、書けます)ので
まったくの英語初心者の方でも体験レッスンを受けて頂けます


そして今年の12月3日から21日までの間に日本で無料体験レッスンを受けられる方のみ、

1.今年の12月だけでなく、先生が来日する度に、無料で英語のレッスンと、カウンセリングを受けて頂くことができます。(今年の12月の次は、来年の2月、その次は4月、9月、12月となる予定だそうで、各3日間×5回なので、カナダに渡る前に最大で15日間に渡る無料レッスン&カウンセリングを受けることができます。)
2.Skypeでカウンセリングを受けて頂く事もできます。
3.もちろんメールや電話でもお話して頂けます。



すべて無料で、日本で時間をかけて1対1でカウンセリングを受けて頂けるので、カナダに渡る前にカナダに友達ができますし、バンクーバーのレッスンと全く同じ方法で1対1で行われる英語のレッスンにより、日本にいる間に英語初心者を卒業できます。


*来年に入ってから初めて無料体験レッスンを受けられる方は、日本で受けて頂ける無料体験レッスン&カウンセリングの期間が短くなります。

**ワーホリ資金50~70万円でカナダに渡り、バンクーバーでレッスンを受け、最近日本に帰国されたKeikoさんが、日本やバンクーバーでのレッスンの詳細について電話でのお問い合わせに答えてくださるそうです。(12月も引き続き答えて下さるそうです。)
コースの詳細や予約の方法などに関するご質問も受け付けておられます。


携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生か、Keikoさんへ直接お願いします。)

*****

・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は国際線エアラインのフライトアテンダントをされている元生徒さん→日本人のワーホリに対する、あるカナダ人の視点。

・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は外資系企業でプロダクトマネージャーを勤めておられる元生徒さん→英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気。

・バンクーバーで ”語学学校に5カ月通っても何も変わらなかった”のに、先生のレッスンを2ヶ月間受け、初めて会う人達から「何年カナダにいるの?」「日本人?? 日本人の話す英語じゃない」と言われるようになった、元生徒さんのブログ→ワーホリホリ えいゴリラ in Canada

◆前回までの日本でのレッスンの様子はこちらの過去エントリをご覧ください。

英語初心者をあっというまに卒業するための、「カンタンな方法」とは?

ワーホリでカナダに渡ってまだ間もない頃、つまりESL(語学学校)に通っていた頃、
私は英単語を覚えれば、いつか英語が話せるようになると信じていた。

だって英単語を知っていれば知っているほど、それを並べて、文章を作ることができるはず。

そして長い文章を話せることが”英語がペラペラ”ということなのだと、思っていた。


だから、日本で中学校から6年間かけて単語をずっと憶えてきたにも関わらず、(しかもカナダに来てもなおESLに通って単語を暗記していたにも関わらず、)
カナダに来た頃、私は自分が「英語初心者」だと感じていて、「一刻も早く、もっと多くの英単語を憶えなくては・・!」と思って、バンクーバーの日系の本屋で英単語帳を買ってさらに単語の暗記に励んだりしていた。


・・・でもそうやってESLを卒業するまでの3ヶ月間、毎日毎日英単語を憶え続けたのに、

ESLを卒業する日になっても自分が英語を”話せている”という感覚が、ない。


自分が知っている英単語の数は、3ヶ月毎日「勉強」をしたのだからカナダに来る前に比べれば増えているはずなのに、

カナダに来たばかりの頃と比べてスピーキングが変わったかと言われると、
「ほとんど変わってない」としか言えなかった。

「自分はもう英語初心者ではない」なんて、言えなかった。

だって英語を話そうとするといつも、自分が小さな子どもにかえったような気がしていたのだから。


でも、私はまだその時点でも
「たぶん、もっともっと多くの単語を憶えないと、自分が満足できるレベルで英語が話せるようにはならないのだ。
きっと自分の”勉強量”がまだまだ足りないのだ。
単語帳を買い足した方がいいのかもしれない。もしくは電子辞書を隙間時間にも眺めるようにして、とにかく多くの単語を憶えなくては・・・!」
と思っていた。


・・・そんなことをしていても、たとえ一生をかけても”英語が話せている”という感覚がもてるようにはならないと、「英語初心者」を抜け出すことはできないと、

今なら断言できる


★★★★★


なぜ何年もかけて以前の私のように単語を勉強(=暗記)しても、
もしくは文法を勉強してもビジネス英語を勉強してもリスニングの練習をしても、
英語が話せるようにならないのか。


なぜ日本語で話すときには自分の年齢なんて考えることもないのに、
英語で話そうとすると途端に自分が小さな子どもになったような感覚がするのか。


なぜ日本語でならとくに意識することもなくスラスラといくらでも長く話せるし、かつ気の利いた事(歳相応の意見や言葉遣い)だって言えるのに、
英語だとそれができないのか。


・・・答えは、
そこに英語の話し言葉のテクニックないから、である。

★★★★★


人間が言葉を使ったコミュニケーションをする時に用いられる要素には、大きく分けて3つある。

まず①つ目が「単語」で、②つ目が「文章」、そして最後③番目にくるのがこの「話し言葉のテクニック」である。


例えば、①「単語」だけで話している状態というのは、こんな感じである。

Get up, go to school, study English, go for lunch, meet Tom, talk about class. 
(起きる。学校に行く。英語を勉強する。ランチに行く。トムに会う。授業について話す。 ;単語数15。)
・・・カナダに渡ったばかりの頃、私は当時既に20歳を過ぎた大人であったが、こんな風にしか話せなかったから、いつも自分がまるで幼稚園児になったかのような気がしていた。


カナダで生活を始めて、多少英語で話すことに慣れて、②「文章」を作って話すことができるようになると、こうなる。
I get up and go to school. After study English I go for lunch. I met Tom, we talked about class.
(朝起きて学校に行く。英語を勉強した後ランチに行く。トムに会って、授業について話した。 ;単語数21、文章数3。)
・・・たぶん私がESL(語学学校)を卒業するくらいに話していたのはこのくらいのレベルだったと思う。
単語で話していたときよりはまあマシ、小学校低学年くらいにはなったような気がする。
でもまだ、20歳を過ぎた大人だという感じは全然しない。


これが、③の話し言葉のテクニックを使って話すと、こうなる。
This morning, I got up and went to school. Listen,I was studying English, having gone for lunch I met Tom and we ended up talking about the class. Oh well...
(今朝起きて学校に行った。それでね、英語を勉強して、ランチに行ってトムと会って、授業について話した。ま、そんな感じかな・・・ ;単語数31、文章数3、話し言葉のテクニック1。)
・・・ESL(語学学校)を卒業して、英語を個人で習うようになると、私はこんな風に話せるようになった。
もう英語を話すときでも自分が子どもになったみたいだなんて思わないし、日本語を話すときと同じように、考えなくてもスラスラ言葉が出てくる。


③で使っているのは、たった1つの話し言葉のテクニックであって、話の内容は①と②とまったく同じ、他愛もないことだし、別に難しい言葉など一切使っていない

それなのに、ただ「話し言葉のテクニック」があるだけで、最早英語でも自分が子どもになったような感覚なんてなくなるし、他人が私が英語で話すのを聞いても、”子どもが喋っているよう”だなんて思われなくなる。

もちろん話し終えるのにかかる時間だって①~③の中で一番長くなる。


英語の単語や文章をどんなに暗記していたって、英語が話せているという感覚がもてるようにはならないが、
「話し言葉のテクニック」さえあれば、
あっという間にスラスラと、長くも話せるし、気の利いた事だって言えるようになるのである。


★★★★★

バンクーバーでESL(語学学校)を卒業し、英語を個人で学ぶようになった先生から初めて「話し言葉のテクニック」を習った時、私はそれが「単語」とどう違うのかわからなかった。でも話し言葉のテクニックを複数学んだらよくわかるようになった。

「単語」と「話し言葉のテクニック」は全然まったく違うものなのだ、と。


私が先生から習ったことを、自分なりの言葉で解釈すると、つまり、

「単語」というのは、一つ以上の文字からなる言語の最小単位に過ぎない。

でも「話し言葉のテクニック」というのは、それら単語を使って、自分が言いたいことをフルに表現するための装置、である。


また「話し言葉のテクニック」が「単語」とは全然違うものだと言える理由のもう一つは、

世界中に数多ある言語、全ての言語にはそれぞれ独自の「単語」が何百、何千、何万とあるが、

「話し言葉のテクニック」は、世界のどの言語においても 共通していてしかも13種類しかない ということ。


つまり、日本語であろうが英語であろうがトルコ語であろうがスワヒリ語であろうが中国語であろうが、
使われている「話し言葉のテクニック」は同じで、かつどの言語においても13種類なのである。


もちろん日本語が母国語の人であれば誰でも、日本語を話すときにはいつも「日本語の話し言葉のテクニック」を使っている。

でもそれが話し言葉のテクニックなのだとは、気がついていないだけ


でも前述したように、日本語でも英語でも、「話し言葉のテクニック」は実際のところ同じなのだから、一度それを英語で何と言えばよいのかさえ学べば、別に暗記などする間でもなく、習った瞬間から使っていける。

「これが話し言葉のテクニックなのだ」と気がつくことさえできれば、
何週間も何ヶ月も何年も何十年もかけなくたって、

あっという間に、英語でもスラスラと、いくらでも長く話せるし、気の利いた事だって言えるようになる。

★★★★★


私は「話し言葉のテクニック」を習ってそれを使うようになってから、ネイティブイングリッシュスピーカーの友達ができ始めたと以前書いた。
カナダで生活しているのに、カナダ人の友達が一人もいなかった理由。


「話し言葉のテクニック」があるとなぜネイティブの友達が、しかも同年代の友達ができるようになるのか。


それはなぜかと言うと、子どものネイティブイングリッシュスピーカーや、大人ではあってもESL(語学学校)で英語を学んだ非ネイティブイングリッシュスピーカー(以前の私)は普通、単語または文章で話をすることしかできないからである。

つまり、上の①か②のようにしか話せない。

大人のネイティブイングリッシュピーカーからすると、 ”この子/人と話しても面白くない。”と思われても当然ではないだろうか・・・。


ネイティブイングリッシュスピーカー同士であっても、3歳の子どもと20歳の大人が友達になるのが難しいのと同様、

ネイティブイングリッシュスピーカーの3歳の子どもレベルの言語能力しかなかった頃の私が、ネイティブの20歳の大人と友達になるのは、
至難の業なのであった。


ネイティブイングリッシュスピーカーの3歳の子どもも10代の中高生ぐらいになると「英語の話し言葉のテクニック」を(無意識に)自由自在にいくつも使って話をするようになるから、
大人のネイティブとも友達になるのが、もしくは英語を使って社会生活を送ることが、一気に難しくなくなる。

非ネイティブではあっても、「英語の話し言葉のテクニック」を学びさえすれば、同じことができるようになる。


なぜなら、「話し言葉のテクニック」があることで、ただの単語の羅列、文章の羅列が、
大人のネイティブが聞くに値する、知的で面白い話に変わるから。

自分の話に興味をもってもらうことができるようになれば、それは友達を作るのも難しくなくなる


★★★★★


「英語の話し言葉のテクニック」があれば、
日本語でいつもしているように、
スラスラと、長く話せるし、気の利いた事だって言えるようになる。


そんな自分を、「英語初心者」だなんて、もうまったく思えなくなるし、
もちろん英語で話していても自分が子どもだなんて、少しも感じなくなる。


<関連エントリ:
覚えた英単語の数=スピーキング力?
「赤ちゃんのようになら英語が喋れる」
「英語がペラペラ」 の定義。



*お知らせ*

私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために再度12月に来日します。
(もし既にご連絡を頂いているにも関わらず、先生または私からのメールが届いていないという方がいらっしゃれば至急ご一報ください。)

*********
先生中国
↑現在中国(上海)でレッスンをされている先生と生徒さん達がランチに一緒に行ったときの様子。(今週の出来事。)

左が先生で、右手の手前の方は今年中国で既に4回レッスンを受けておられ、来年アメリカで大学に通う予定となっておられるそうなのですが、入学の前にバンクーバーに寄って1対1のレッスンを続け、レッスンの一環のhttp://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-105.html" target="_blank" title="“リアルな経験”の中で生きた英語を習得">“リアルな経験”の中で生きた英語を習得</a>" target="_blank" title="旅行">旅行にもご参加されることになっているそうです。

そしてその生徒さんがランチの後に言われた言葉が、
"I was afraid to make a step about English even if I am in Shanghai - so my fear stopped my progress - BUT WE ARE ALREADY FRIEND, how stupid am I...!"
(上海にいながらにして私は英語に対して何かをするのを恐れていた。その恐れが自分の英語上達を妨げてもいた。 でも私たちはもうすでに友達! 私は何を恐れていたんだろう。。。)
だったそうです。

***********


12月には日本各地で、1~3日間に渡る無料体験レッスン、及び、カナダワーホリ・留学に関する無料カウンセリングが行われます。(その後にカナダで受けられるコースによって期間が異なります。)

日本での無料体験レッスン&カウンセリングも、カナダでのレッスンも、すべて1対1で受けることができます。

英語にはずっと苦手意識があるし日本で英語を話す機会もない、カナダでの時間を有効に使いたい、王道じゃないワーホリがしたい、最短で英語を伸ばしたい、カナダでの生活費はカナダで稼ぎたい(「カナダワーホリに必要なお金」の、現実。を参照)という方がいらっしゃればご連絡下さい。


日本での無料体験レッスン&カウンセリングで得て頂けるものは、

1.「英語は難しい」という固定観念を捨てて、日本にいる間に初心者レベルを卒業すること。
2.レッスン以外の時間にも効率的に英語を伸ばしていくための、具体的なアドバイス。(単語を憶えたり、文法書を読んだりすることではありません。)
3.ビザや航空券や、ベストな渡航時期、治安が不安な地域の情報など、カナダに渡るために役立つ情報。
4.王道のワーホリしないためのアドバイス。


となっているそうです。

カナダでより効果的に早く目標を達成し、かつ、余計なお金を使わずに留学/ワーホリをするためのプランを先生と一緒に作っていただけます。

日本での体験レッスンも、バンクーバーでのレッスンとまったく同じ方法を使って行われます
もちろん話し言葉のテクニックも習うことができます

先生はネイティブイングリッシュスピーカーですが、日本語も話せます(し、読めますし、書けます)ので
まったくの英語初心者の方でも体験レッスンを受けて頂けます


そして今年の12月3日から21日までの間に日本で無料体験レッスンを受けられる方のみ、

1.今年の12月だけでなく、先生が来日する度に、無料で英語のレッスンと、カウンセリングを受けて頂くことができます。(今年の12月の次は、来年の2月、その次は4月、9月、12月となる予定だそうで、各3日間×5回なので、カナダに渡る前に最大で15日間に渡る無料レッスン&カウンセリングを受けることができます。)
2.Skypeでカウンセリングを受けて頂く事もできます。
3.もちろんメールや電話でもお話して頂けます。



すべて無料で、日本で時間をかけて1対1でカウンセリングを受けて頂けるので、カナダに渡る前にカナダに友達ができますし、バンクーバーのレッスンと全く同じ方法で1対1で行われる英語のレッスンにより、日本にいる間に英語初心者を卒業できます。


*来年に入ってから初めて無料体験レッスンを受けられる方は、日本で受けて頂ける無料体験レッスン&カウンセリングの期間が短くなります。

**ワーホリ資金50~70万円でカナダに渡り、バンクーバーでレッスンを受け、最近日本に帰国されたKeikoさんが、日本やバンクーバーでのレッスンの詳細について電話でのお問い合わせに答えてくださるそうです。(12月も引き続き答えて下さるそうです。)
コースの詳細や予約の方法などに関するご質問も受け付けておられます。


携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生か、Keikoさんへ直接お願いします。)

*****

・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は国際線エアラインのフライトアテンダントをされている元生徒さん→日本人のワーホリに対する、あるカナダ人の視点。

・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は外資系企業でプロダクトマネージャーを勤めておられる元生徒さん→英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気。

・バンクーバーで ”語学学校に5カ月通っても何も変わらなかった”のに、先生のレッスンを2ヶ月間受け、初めて会う人達から「何年カナダにいるの?」「日本人?? 日本人の話す英語じゃない」と言われるようになった、元生徒さんのブログ→ワーホリホリ えいゴリラ in Canada

◆前回までの日本でのレッスンの様子はこちらの過去エントリをご覧ください。

英語がわからず"Sorry"と言ってしまう・・みじめだった気持ち。

鳥

カナダ人の友達とその高校時代の友達何人かと一緒にGrouse Mountain にハイキングに行った帰り、
車でダウンタウンまで戻ってきていたときのこと。

私が乗った車には他に3人が乗っており、
そのうちの2人は日本人(というか留学生全般)と普段あまり関わることがない人たちで、
もう1人(Alan:仮名)だけが ”カレッジの友達のつながりで知り合った日本人の友達が何人かいるのだ”、と言っていた。


私たちは最初、別の車で別の場所に向かった友達の話なんかをしていたのだが、
それが終わった後、運転席と助手席に座っている2人が内輪の話を始めたときに、
私の隣に座っていたAlanにこう聞かれた。

”Cocoはカナダに来た時にはもう英語が話せたんだよね?”
と。

”いやー、全然話せなかったよ。”
と私が言うと、

”そうなの? でもそのわりには自然に英語を話すよね。へぇ~・・英語話せなかった頃のCocoってどんなだったんだろう。ははは。”
と言われた。


”ははは、こんな感じだったよ。
(首をかしげて)
・・・Sorry? (もう一回言ってもらえますか。)
Sorry??
Sorryyyy??”


”はははは! なるほどね。そんな感じだったんだ。ははは。
や~僕、日本人の友達?というか知り合い?が何人かいるんだけど、そう、カレッジの友達が紹介してくれるんだけど、
彼らと英語で会話するのが、ほんとむずかしくて。
・・・昨日も日本人の留学生、名前が○○(憶えてないが男性の名前だった)で東京出身っていうのはわかったんだけど、あとはほとんど会話にならなかった。。”


私が、
”う~ん・・まあ・・日本の学校教育では英語の単語と文法しか教わらないから、そうなんだよね。
私もカナダに来てさぁいきなり会話ですってなって、ほんと困ったよ。
いつも I'm a beginner (私は初心者なんです)って、心の中で言い訳してた。”
と言うと、


”・・・I think(僕が思うに)・・・beginnerっていうか・・・rawだよね。”
と、彼。

”? どういう意味?”と私が聞くと、

"It's like...completely not cooked, not ready, not prepared. Just as it is...you know.
(なんて言うか、全然調理されてない。全然準備ができてない。そのまんまの意味だよ。)”
と、
彼は言った。。。


【raw;生の。料理していない。】(引用:電子辞書。)


・・・「カナダに行けば何とかなるはず・・」と、英語なんて全然話せないままカナダに渡った私。

当時の私もきっと、カナダ人からするとそんな風に思われていたんだろうなと、思った。


★★★★★


ワーホリでカナダに渡った私が過ごした最初の3ヶ月の間、
つまりバンクーバーでESL(語学学校)に通っていた、カナダでの最初の3ヶ月の間に、
私が最も多く使った言葉。

それは

”Sorry”

だと思う。

Sorry は語尾を上げ調子(Sorry?)で言えば 「もう1回言って下さい」の意味になり、
下げ調子(Sorry...)で言えば「すみません」になる言葉。

★★★★★


英語圏の国であるカナダにいるのに、学校でもホームスティ先でも、(もちろんそれ以外の場所でも)、
英語で何か言われても、理解できない。
自分が言いたいことを、うまく伝えられない。

・・・それもこれも全部、自分が英語ができないから・・・。

だから相手に何か言われて、聞き取れなかったときは
”Sorry...I can not understand...” (すみません。。何と何て言っているのかわからないです。。。)と謝り、

自分が何かを言って伝わらなかったときは、
”My English is not good...Sorry...” (私の英語下手だからわからないですよね。。すみません。。。)と謝っていた。


言いながら、何だか惨めな気持ちになった。


「私は日本にいる間に何でもっと英語を勉強しとかなかったんだろう・・・」と、何度も思った。

もっと英語を勉強してきていれば、
ESLでは日本人と韓国人だけじゃなくて、ヨーロッパとか南米とかからの留学生にも気後れせず話すことができたはずだし、
授業中先生に言われたことがわからなくて固まることもなかっただろうし、
クラスメイトから「日本語を話してるのか英語を話してるのかわからない」と笑われることもなかったはずだし、
ホストファミリーとももっと上手くコミュニケーションが取れていたはずだし、
私はもう20歳を過ぎた大人なのに、英語で話そうとすると急に小さな子どもにかえったように感じることなんかも、
なかったはず・・・。


そう考えては、
英語ができない自分を、
日本で英語を勉強してこなかった自分を、
後悔した。


(・・しかし私が当時思っていた「勉強」とはつまり、「単語と文法を暗記すること」だったのだから、
たとえ日本にいる間にもっと「勉強」をしていたところで、カナダで苦労するという状況は何も変わっていなかっただろうと、今となっては思うけれど。)

★★★★★


英語で話すことができない、相手が言っていることもわからない。

言いたいことが自由に言えなくて、自分を思うように表現できなくて、カナダでは自分が小さな子どもになったかのように感じていた私は、
当時同年代のイングリッシュネイティブスピーカーと英語で話す機会がごく稀にあっても、
どうしても自分が相手よりずっと年下に思えた。そして相手もそのように感じていることも感じ取っていた。(カナダで生活しているのに、カナダ人の友達が一人もいなかった理由。を参照。)


そういうことがあればあるほど、英語が話せない自分が、情けなくなり、ますます”Sorry...”と、謝ってしまう。


・・・そんな私は、カナダ人から見たら、完全に ”raw” だったろうと思う。


★★★★★


だから、ESLを卒業した後、英語を個人で学ぶようになって、

ある日のレッスンで言い間違えをして私が"Sorry." と言ってしまったとき、

先生から ”今何で謝ったの? 日本語で話してるときに言い間違えたら謝る? じゃあ何で英語だと謝るの?” と指摘されて、
私はすごくびっくりした。
英語でミスすることを、怖れない。:3を参照。)


私はやっと、英語ができないからと言って卑屈になることを、止められるようになっていった。


やっと”raw”の状態を、抜け出せるようになった。



*お知らせ*

私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために再度12月に来日します。

12月に日本各地で、1~3日間に渡る無料体験レッスン、及び、カナダワーホリ・留学に関する無料カウンセリングが行われます。(その後にカナダで受けられるコースによって期間が異なります。)

レッスンはお住まいの地域の最寄の新幹線駅近くのカフェにて行われます。

日本での無料体験レッスン&カウンセリングも、カナダでのレッスンも、すべて1対1で受けることができます。

英語にはずっと苦手意識があるし日本で英語を話す機会もない、カナダでの時間を有効に使いたい、王道じゃないワーホリがしたい、最短で英語を伸ばしたい、カナダでの生活費はカナダで稼ぎたい(「カナダワーホリに必要なお金」の、現実。を参照)という方がいらっしゃればご連絡下さい。


日本での無料体験レッスン&カウンセリングで得て頂けるものは、

1.「英語は難しい」という固定観念を捨てて、日本にいる間に初心者レベル(rawの状態)を卒業すること。
2.レッスン以外の時間にも効率的に英語を伸ばしていくための、具体的なアドバイス。(単語を憶えたり、文法書を読んだりすることではありません。)
3.ビザや航空券や、ベストな渡航時期、治安が不安な地域の情報など、カナダに渡るために役立つ情報。
4.王道のワーホリしないためのアドバイス。


となっているそうです。

カナダでより効果的に早く目標を達成し、かつ、余計なお金を使わずに留学/ワーホリをするためのプランを先生と一緒に作っていただけます。

日本での体験レッスンも、バンクーバーでのレッスンとまったく同じ方法を使って行われます

先生はネイティブイングリッシュスピーカーですが、日本語も話せます(し、読めますし、書けます)ので
まったくの英語初心者の方でも体験レッスンを受けて頂けます


そして今年の12月3日から21日までの間に日本で無料体験レッスンを受けられる方のみ、

1.今年の12月だけでなく、先生が来日する度に、無料で英語のレッスンと、カウンセリングを受けて頂くことができます。(今年の12月の次は、来年の2月、その次は4月、9月、12月となる予定だそうで、各3日間×5回なので、カナダに渡る前に最大で15日間に渡る無料レッスン&カウンセリングを受けることができます。)
2.Skypeでカウンセリングを受けて頂く事もできます。
3.もちろんメールや電話でもお話して頂けます。



すべて無料で、日本で時間をかけて1対1でカウンセリングを受けて頂けるので、日本語も話せるイングリッシュイングリッシュスピーカーとカナダに渡る前に友達になれますし、バンクーバーのレッスンと全く同じ方法で1対1で行われる英語のレッスンにより、日本にいる間に英語初心者を卒業rawの状態を卒業できます。


*来年に入ってから初めて無料体験レッスンを受けられる方は、日本で受けて頂ける無料体験レッスン&カウンセリングの期間が短くなります。

**ワーホリ資金50~70万円でカナダに渡り、バンクーバーでレッスンを受け、最近日本に帰国されたKeikoさんが、日本やバンクーバーでのレッスンの詳細について電話でのお問い合わせに答えてくださるそうです。(12月も引き続き答えて下さるそうです。)
コースの詳細や予約の方法などに関するご質問も受け付けておられます。


携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生か、Keikoさんへ直接お願いします。)

*****

・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は国際線エアラインのフライトアテンダントをされている元生徒さん→日本人のワーホリに対する、あるカナダ人の視点。

・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は外資系企業でプロダクトマネージャーを勤めておられる元生徒さん→英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気。

・バンクーバーで ”語学学校に5カ月通っても何も変わらなかった”のに、先生のレッスンを2ヶ月間受け、初めて会う人達から「何年カナダにいるの?」「日本人?? 日本人の話す英語じゃない」と言われるようになった、元生徒さんのブログ→ワーホリホリ えいゴリラ in Canada

◆前回までの日本でのレッスンの様子はこちらの過去エントリをご覧ください。

「英語が話せないまま帰国」になってしまう、その大きな原因とは?

以前にも書いたことがあるけれど、

①何はともあれまずは語学学校。→②レストランやカフェでバイト。→③カナダやアメリカを旅行。→④英語が話せるようにならず、「せめて」TOEICは・・・ということで、帰国前の1~2ヶ月はまた「勉強」しTOEICを受験。→⑤帰国。

というのが、私が思う ”王道の(カナダ)ワーホリ”である。

つまり「1年カナダで過ごしても英語が話せるようにならない」、ということ。
日本人が経験する、ワーホリの“王道”プランとは。を参照。)


この①~⑤を順番通りに経験するのが、日本人の間では最も一般的、
つまり「大多数の人が通る道」という意味で私は”王道”という言葉を使っているが、
私が思うに、自分から好んで王道のワーホリをしたいという人というのは、たぶん、あんまり・・・いない。(あくまで私の友達や知り合いの話を総合して考えて、だけれど。)

進んでしたくはないけれど、でも実際問題英語が話せるようにならないものだから、結果的に王道になってしまうというのが、一番多いパターンなのではないだろうか。


・・・それはなぜなのか。

私は、ワーホリを語学学校(ESL)に通うことから始めてしまうことに大きな原因があると思う。

★★★★★


ワーホリでカナダに渡る前、私は日本の学校教育で英語を「勉強」したことしかなかった。

バンクーバーに着いて、その翌日だか翌々日ぐらいからエージェントにすすめられるままESLの体験レッスンを受けて回っていたとき、私がどのくらいのレベルのクラスに入れるのかを見るためのテストがあったのだが、
スピーキングはカタカナ英語しか話せない(当然通じない)し、
リスニングも途中からまるでわからなくなり諦めたし、
ライティングだって短くて簡単な文章しか書けなかった(しかも書いたところでそれが合っているのかはわからない)し、
リーディングだって長文を見るとくらくらした。


そんなレベルの私だったが、「とりあえず語学学校に通えば大丈夫」だと、エージェントの人には言われた。

「初心者だからこそESLに行って英語に慣れることが大事ですよ。」

「3ヶ月くらい通えば、何とかなる。足りなかったら延長すればいいんですよ。」

と。。。


・ESLに行かなくても英語に慣れる方法などいくらでもある。
・ESLでは大半の時間を先生の話を聞いて過ごし、生徒が”話す時間”はほとんどない。
・ESLでは日本でしていたこと(文法と単語を、暗記・暗記・暗記・・・)とまったく同じことを英語でするだけ。

なんてことは当時の私には全然分からないから、
エージェントの人が言うとおり、本当に3ヶ月も通ってしまった。

「語学学校に通う」という選択こそが、王道のワーホリに直結しているのだとも知らずに・・・。


学校に行くメリットとして、エージェントからは
「学校に行けば友達もできますしね。」とも言われたが、
別に学校に行かなくったって、バンクーバーには自分から求めさえすれば友達を作るチャンスなんていくらでもある。

そんなことも、バンクーバーに着いたばかりの当時の私には、やっぱり全然分からなかった。


案の定、3ヶ月経っても英語が話せるようにはならず、

「英語は話せない。けど、カナダに行けばなんとかなるはず・・!」と思っていた私は結局、

3ヶ月分の時間と、3か月分の学費を失っただけだった。


語学学校にお金を使った分、すぐに仕事を探してその損失を埋め合わせるべきだろうか。。

でもその時の私の英語のレベルで応募できそうな場所と言えば、日本食レストランしか思いつかなかった。


・・・①を経験した人がかなりの確率で②に進む理由が、私にはその時よくわかった。


★★★★★

ESLを卒業して、知り合いの紹介によって藁にもすがる思いで英語の個人レッスンを受け始めた頃、

留学生の友達に”英語を個人で習っている。”と言うと、

”え、何それ? 個人で??”とよく言われた。


私も、バンクーバーで語学学校を卒業したはいいが、英語が話せるようになるためにはどうしたらよいのかまるでわからなくて、たまたま知り合いが教えてくれたその英語の先生に会うまで、そしてバンクーバーの図書館で体験レッスンを受けるまで、

英語を個人で習うという発想は、全然なかった。

「ESLで1人の先生に対して10人以上のクラスメイトと一緒に英語を勉強する」以外の英語の学び方があるなんて、
カナダに来るまで想像したこともなかった。
ESLに行きさえすれば安心・・?の心理。を参照。)


それはなぜかというと、エージェントの人の話や、日本で読んでいた留学情報誌に載っている体験談や、ワーホリ経験者のブログなどから
「カナダに行って、語学学校に通って、10人以上のクラスメイトと一緒に教室で英語を勉強する」というイメージだけが私の頭の中に蓄積されていたからである。

カナダに着いても、エージェントの人はもちろんホストファミリーだって、
「カナダでは学校に通って英語を勉強した方がいい/するべき」
と言っていたし、(語学学校と利害関係が絡んでいるエージェントを除き)実際彼らも本当に「それしか方法はない」と思っていたと思う。


もし私がバンクーバーで語学学校の体験レッスンを受けて回っていた頃、学校に行くべきなのかどうなのか悩んでいたとき、
「学校に通ったら、かえって英語が話せるようにならないよ。」と言ってくれる人が一人でもいたら、と私は思う。
続:ワーホリを始める前に「しておけばよかった」と思うこと。を参照。)

でもそんなことを言う人は、少なくとも私の周りには、一人もいなかった。

だから私は当時は、
英語が話せるようになるためには、
語学学校に行く以外の選択肢はないかのように思っていた。


でも本当は、最初に語学学校に行くからこそ、最後まで英語が話せないワーホリになってしまうのだと今は思う。




*お知らせ*

私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために再度12月に来日します。


12月に日本各地で、1~3日間に渡る無料体験レッスン、及び、カナダワーホリ・留学に関する無料カウンセリングがあります。(その後にカナダで受けられるコースによって期間が異なります。)

日本での無料体験レッスン&カウンセリングも、カナダでのレッスンも、すべて1対1で受けることができます。

英語にはずっと苦手意識があるし日本で英語を話す機会もない、カナダでの時間を有効に使いたい、王道じゃないワーホリがしたい、最短で英語を伸ばしたい、カナダでの生活費はカナダで稼ぎたい(「カナダワーホリに必要なお金」の、現実。を参照)という方がいらっしゃればご連絡下さい。

日本での無料体験レッスン&カウンセリングで得て頂けるものは、

1.「英語は難しい」という固定観念を捨てて、日本にいる間に初心者レベルを卒業すること。
2.レッスン以外の時間にも効率的に英語を伸ばしていくための、具体的なアドバイス。(単語を憶えたり、文法書を読んだりすることではありません。)
3.ビザや航空券や、ベストな渡航時期、治安が不安な地域の情報など、カナダに渡るために役立つ情報。
4.王道のワーホリしないためのアドバイス。


となっているそうです。


カナダでより効果的に早く目標を達成し、かつ、余計なお金を使わずに留学/ワーホリをするためのプランを先生と一緒に作っていただけます。

日本での体験レッスンも、バンクーバーでのレッスンとまったく同じ方法を使って行われます

先生はネイティブイングリッシュスピーカーですが、日本語も話せます(し、読めますし、書けます)ので
まったくの英語初心者の方でも体験レッスンを受けて頂けます


そして今年の12月3日から21日までの間に日本で無料体験レッスンを受けられる方のみ、

1.今年の12月だけでなく、先生が来日する度に、英語のレッスンと、カウンセリングを受けて頂くことができます。(今年の12月の次は、来年の2月、その次は4月・・となるそうです。)
2.Skypeでカウンセリングを受けて頂く事もできます。
3.もちろんメールや電話でもお話して頂けます。



すべて無料で、日本で時間をかけてカウンセリングを受けて頂けるので、日本語も話せるイングリッシュイングリッシュスピーカーとカナダに渡る前に友達になれますし、バンクーバーのレッスンと全く同じ方法で行われる英語のレッスンにより、日本にいる間に英語初心者を卒業します。


**ワーホリ資金50~70万円でカナダに渡り、バンクーバーでレッスンを受け、最近日本に帰国されたKeikoさんが、日本やバンクーバーでのレッスンの詳細について11月末まで電話でのお問い合わせに答えてくださるそうです。(12月も引き続き答えて下さるそうです。)
コースの詳細や予約の方法などに関するご質問も受け付けておられます。


携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生か、Keikoさんへ直接お願いします。)

*****

・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は国際線エアラインのフライトアテンダントをされている元生徒さん→日本人のワーホリに対する、あるカナダ人の視点。

・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は外資系企業でプロダクトマネージャーを勤めておられる元生徒さん→英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気。

・バンクーバーで ”語学学校に5カ月通っても何も変わらなかった”のに、先生のレッスンを2ヶ月間受け、初めて会う人達から「何年カナダにいるの?」「日本人?? 日本人の話す英語じゃない」と言われるようになった、元生徒さんのブログ→ワーホリホリ えいゴリラ in Canada

◆前回までの日本でのレッスンの様子はこちらの過去エントリをご覧ください。

日本を出る前に「一番」知りたかったこと。

カナダに渡る前に私が一番知りたかったこと。

・・・海外に英語を勉強しに行って、話せるようになるには

  具体的には何をどうしたらいいのか?・・・


カナダに行く前に、ネットや留学情報誌や英語の勉強本などで、答えを見つけようとしたけれど、
結局わからないまま、期待半分不安半分、「カナダに行けば何とかなるはず・・」と思ってカナダに渡った私。
留学しても英語を「話せない」人が圧倒的に多い、理由?


けれどカナダで生活を始めて3ヶ月が経っても、

ESL(語学学校)にも通っているのに、

英語を話せているという感覚が、ない。

日本語なら何も考えずに自由に言えるようなことが、英語になると途端に何と言ったらよいのかわからなくなってしまう。


だから私はカナダで、自分が小さな子どもになったような気がしていた。
英語を話す時と日本語を話す時の精神年齢は同じ?


日本では完璧に”正しい”はずの振る舞いが、

カナダでは理解してもらえなかったり、

笑われてしまったり。
海外に行く前に知っておきたい、「How are you?」への答え方

(それでなくても日本人女性は、海外の男性から大きな誤解を受けている。。
海外で「日本人女性が人気」、な理由。
英語圏の国で英語のカルチャーを知らずに暮らす、弊害。を参照。)



でもそれが ”なぜなのか” はどうしてもわからなかった。

なぜ時間に比例して自分の英語が伸びていく感覚が、ないのか。

なぜ自分は丁寧な言葉を選んで、礼儀正しく振舞っているつもりなのに、

カナダ人と話す機会がたとえあっても、いつも距離を感じてしまうのか・・・。
カナダで生活しているのに、カナダ人の友達が一人もいなかった理由。
カナダで生活しているのに、「日本人と韓国人の友達しかいなかった」理由。



カナダに渡る前相談していた留学エージェントからは、

学校に「3ヶ月ぐらい行けば大分話せるようになりますよ。カフェやレストランでなら不自由なく働けるようになりますよ。」

と言われたが、

でも私は”それ以上”の英語が話せるようになりたいと思っていた。



当時の私はネットでワーホリ経験者たちのブログや体験談などを読んでいて、

本当に学校に通って英語が話せるようになるのか、疑問ではあったが、

でも他にどうしたらよいかわからないし、”みんな”そうしているし・・・

学校に行く以外の選択肢は見つけられなかったから、
とにかくエージェントにすすめられたうちのESLから1校選んで、3ヶ月通うことにした。
続:ワーホリを始める前に「しておけばよかった」と思うこと。


でもそこから学校を卒業する3ヵ月が過ぎても、自分が英語を使って働ける状態であるとは、到底思えなかった。



それはなぜなのか、「今」ならば分かる。

カナダで英語のカルチャーを経験しようにも、私は自分で自分を日本のカルチャーの中に閉じ込め、かつそれに気がついてすらいなかったということが。
英語を身につけたいなら、Get out of the box!を参照。)


英語のカルチャー言語音楽(発音含む)話し言葉のテクニックもなしにただ英語を「勉強」(=暗記)して、

私はカナダで、日本にいた頃とまったく同じ事をしていた。

お金と時間とエネルギーを使ってはるばるやって来たカナダで。。。



英語の単語や文法の知識がどんなにあっても、
英語が話せるようになるわけじゃ、ない。
(私が日本の中学や高校で英語を教わった教師達の誰一人として英語を話せなかったように。)



・・・英語が話せるようになるためには、具体的に何をどうしたらいいのか・・・



カナダに”渡る前”、そしてカナダに”渡ってから”も、それがわからなかった私は、随分遠回りをしてしまった。


でもそんな”遠回り”は、本来しなくたっていいことだ。


英語が話せるようになるのは、難しいことでも時間がかかることでも何でもなくって、

単に  学び方の問題 なのだから。


<関連エントリ:なぜか誰も指摘しない、英語が「難しいもの」になってしまう原因。




*お知らせ*

私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために再度12月に来日します。

日本にいながらにして、英語のカルチャーを学び「経験」することができる先生のレッスンを受けてみたいという方、“王道”ではない留学/ワーホリをしたい方がいらっしゃればご連絡下さい。

無料体験レッスンがあります。

無料体験レッスンは1~3日間に渡って受けて頂けます。(その後に受けられるコースによって期間が異なります。)


lesson in japan
↑今年日本で複数回に渡ってレッスンを受けられ、来年先生とスタッフのサポートの元、バンクーバーでワーホリをされる方の写真。→http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-378.html" target="_blank" title="「日本人が英語を話すのは難しい」、は大間違い。">「日本人が英語を話すのは難しい」、は大間違い。でもご紹介しています。

アメリカ旅行

アメリカ旅行

アメリカ旅行
↑レッスンの一環(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得で今年RV((キャンピングカー))でアメリカを旅行した生徒さんたちの写真。



*ご注意*

*先生の元に、先日Akikoさん(仮名)という方から届いたtext message(日本で言うところのショートメール。カナダでは携帯固有のアドレスといったものはなく、番号だけで携帯にメッセージが送れる。)の一部をご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Hi, my name is Akiko! I met you in Japan to do explain of pilot lesson on Oct 10th in Osaka. I came to Vancouver and I wanna take your lesson. I already go to conversation club and ESL school in downtown, but my english doesnt improve. Can I take your lesson...

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先生の前回の来日時(10月)に大阪で先生とお会いしたそうで、今バンクーバーにいらっしゃり、ダウンタウンのカンバセーションクラブとESLに既に通っているのですが英語が伸びないので先生のレッスンを受けられますか、と尋ねておられます。
(*実際の文面にはin downtown((ダウンタウン))の代わりに、あるstreet name(通りの名前)が入っていましたが、学校が特定できてしまうので変えさせて頂きました。)


*また別の方から、数日前に先生の元に届いたメールをご紹介します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Hi, I am Japanese. I can't speak English.
I am coming to Vancouver by the working holiday now.
I wished to see the Coco's blog and to receive a trial.
I am waiting for connection.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この方も前回の来日時に先生とお会いしたそうで、今バンクーバーでESLに通っておられるそうなのですが、これから先生のレッスンを受講することを希望されているそうです。


*****


今年12月の、先生の日本での無料体験レッスンで得て頂けるものは、

1.「英語は難しい」という固定観念を捨てて、日本にいる間に初心者レベルを卒業すること。
2.レッスン以外の時間にも効率的に英語を伸ばしていくための、具体的なアドバイス。(単語を憶えたり、文法書を読んだりすることではありません。)
3.ビザや航空券や、ベストな渡航時期、治安が不安な地域の情報など、カナダに渡るために役立つ情報。
4.王道のワーホリしないためのアドバイス。


となっているそうです。


上記のように、無料体験レッスンには、カナダに渡る前に英語に自信をつけるためのレッスンだけではなく、カナダワーホリ・留学に関する無料カウンセリングも含まれています。

カナダでより効果的に早く目標を達成し、かつ、余計なお金を使わずに留学/ワーホリをするためのプランを先生と一緒に作っていただけます。

*先生はネイティブイングリッシュスピーカーですが、日本語も話せます(し、読めますし、書けます)。

まったくの英語初心者の方でも体験レッスンを受けて頂けます。


そして今年の12月3日から21日までの間に日本で無料体験レッスンを受けられる方のみ、

1.今年の12月だけでなく、先生が来日する度に、英語のレッスンと、カウンセリングを受けて頂くことができます。(今年の12月の次は、来年の2月、その次は4月・・となるそうです。)
2.Skypeでカウンセリングを受けて頂く事もできます。
3.もちろんメールや電話でもお話して頂けます。



すべて無料で、日本で時間をかけてカウンセリングを受けて頂けるので、日本語も話せるイングリッシュイングリッシュスピーカーとカナダに渡る前に友達になれます。さらにバンクーバーのレッスンと全く同じ方法で行われる英語のレッスンにより、日本にいる間に英語初心者を卒業します。


**ワーホリ資金50~70万円でカナダに渡り、バンクーバーでレッスンを受け、最近日本に帰国されたKeikoさんが、日本やバンクーバーでのレッスンの詳細について電話でのお問い合わせに答えてくださるそうです。コースの詳細や予約の方法などに関するご質問も受け付けておられます。


カナダでの時間を有効に使いたい、王道じゃないワーホリがしたい、遠回りすることなく最短時間で英語を伸ばしたい、カナダでの生活費はカナダで稼ぎたい(「カナダワーホリに必要なお金」の、現実。を参照)
という方がいらっしゃればご連絡下さい。

携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生か、Keikoさんへ直接お願いします。)


・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は国際線エアラインのフライトアテンダントをされている元生徒さん→日本人のワーホリに対する、あるカナダ人の視点。

・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は外資系企業でプロダクトマネージャーを勤めておられる元生徒さん→英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気。

・バンクーバーで ”語学学校に5カ月通っても何も変わらなかった”のに、先生のレッスンを2ヶ月間受け、初めて会う人達から「何年カナダにいるの?」「日本人?? 日本人の話す英語じゃない」と言われるようになった、元生徒さんのブログ→ワーホリホリ えいゴリラ in Canada


    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ



       

英語に時間をかける意味は、あるのか。

バンクーバーの夜
(↑夜のバンクーバー)


バンクーバーで英語を個人で学んでいたときのこと。

ある日私はレッスン中に、前日に友達に誘われて参加したパーティでの出来事について、先生に話をしていた。
(”パーティ”と言ってもカジュアルなもので、適当に友達同士で集まって食べておしゃべりをするだけ。)

何をそんなにたくさん話すことがあったのか、今となってはあまりよく覚えていないが、
ふと私の携帯が鳴ったので話を中断して見ると、

その日のレッスン終了予定時刻を既に20分も過ぎている・・・。


私はレッスンの後に約束があったので、

”やばい!走らなきゃ! 何で時間教えてくれなかったんですか! but thank you for today! (でも今日はありがとう!)”

と言いながら慌てて立ち上がると、

先生は

”ははは、ごめんごめん。でもCocoがあんまり楽しそうに話してるものだから、邪魔しちゃ悪いと思って。

だって時間を気にせずに話してたでしょ? それってすごいことだと思わない?”

と言う。


私は ”・・・!! たしかに時間のことなんて忘れてた! ・・・とにかく行かなきゃ! ありがとうまた明日!”

と言って挨拶もそこそこに待ち合わせ場所へと向かった。  



・・・これが私が個人で英語を学び始めて2ヶ月ほどの私である。



個人で英語を学ぶようになる前、バンクーバーで私はESL(語学学校)に3ヶ月通っていたが、

学校に通っている頃 自分が英語で20分以上一人で話すことができる日がくる なんて、

到底考えられなかった。


ESLの授業では、スピーキングのテストだったりプレゼンだったりで、
先生または皆の前で一定量(A4より小さいノート1ページに入るぐらいの量)の英語を1人で話すように求められることは、
週に1回(?かまたはそれ以下。)くらいの頻度であることにはあったが、

いつも事前に話すことを考えて、原稿を作ってくるように言われていた。

それを「暗記」した上で、テストなりプレゼンをするように求められた。


それでも自分が授業の時間を独占して話せるのなんて「数分」・・・だった。


★★★★★


ESL(語学学校)に通ったことがある人ならわかると思うけれど、
そこには普通、一つの教室の中に1人の先生がいて、10人から15人の生徒がいる。

一つの授業が60分だとして、単純に生徒10人で割ったとしたら、一人あたりの持ち時間は、6分。

15人で割れば、4分。


・・・でも実際は、せめて授業時間以内にその自分の持ち時間分くらいは話すことができればまだマシな方で、

ほとんどの時間を先生が一人が喋り、生徒はそれを聞いている。

だってそうしないと授業が進まない。


つまり、日本の学校でずっと受けてきたような授業と、同じ。

違うのはただ一つ、カナダの語学学校では授業が全て、日本語ではなく英語で進められるという点だけ


もしくは、

なぜか 授業の貴重な時間を使って映画を観たり(カナダで気づいた、ESLの「中」と、「外」の世界。)、

なぜか ”ウォーミングアップにゲームをしよう”または”時間が少し余ってるからゲームをしましょう”と言われたりもする。
(私がESLで経験したゲーム、色々あるけれど、中でも「ハングマンゲーム」が一番多かったように思う。私とは違うESLに通っていた友達も「ハングゲームやったやった!」と言っていたので、ESLの授業でゲームをするのはわりと一般的なのではないかと思う。。。
ハングマンの解説はこちら→ハングマン or Hangmanを参照。)


・・・今思えば、これで英語が話せるようになるほうが不思議である。


★★★★★


バンクーバーでESLを卒業したけれど、とても自分が「英語を話している」とは思えず、
知り合いの紹介で英語を個人で習うようになった私。

そこでは、先生1人に対して、生徒は 私1人。
   
   1 対 1。

だから私は自分がもつレッスン時間を、まるまる全部自分だけに使ってもらうことができたのだった。


レッスンを受けているのは私だけなのだから、

他の生徒の目が気になって言いたいことを躊躇するなんてこともないし、

私だけが話しているので授業が進まなくなってしまうなんて気兼ねもないし、

私は「自分が話すことだけ」に集中することができた。

(ただ先生が話すことが、カルチャーについてなど、それまで聞いたこともなかったような話で面白いので、つい聞き入ってしまったときなどは、”ほらCocoももっと話して!”と言われたりしたが。。)


・・・・・・「1 対 15」  と  「1 対 1」。


ESLでは1日5時間授業を受けて、個人のレッスンは1日2時間。

時間だけ見れば、明らかにずっと多くの時間を私はESLで過ごしたと思う。

でも、一クラスに15人もいるのだから話す機会も1/15になっていたESLでいくら時間をかけても、

3ヶ月が過ぎても、

私は自分の英語に全然自信が持てなかった。


・・・ESLの15倍英語を話す機会があった個人のレッスンでは、

ESLに行っていたときの15倍の早さで英語に自信を持てたような気がする。



★★★★★

前回ご紹介させて頂いた、12月にトロントで英語を習うのを止めて、はるばるバンクーバーまで先生のレッスンを1週間受けにいらっしゃるLisaさんに続き、

今月バンクーバーに着いたばかりで「先生のレッスンに興味があります」というコメントを頂き、その後レッスンを受けることになられたKevin(イングリッシュネーム)さんからメールを頂きましたのでご紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Cocoさん

お久しぶりです。
昨日初めてのレッスンを受けました
まだ全然なめらかに話せませんが、
レッスンの中でも少しずつ自分が話せるようになっているのが嬉しく思います。
このきっかけをくれたのはCocoさんのブログなのでとても感謝しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために再度12月に来日します。

1対1の、たった1回のレッスンで自信をつけることが可能なレッスンを

日本で無料で試していただくことができます。

現在の英語のレベルは一切関係ありません。(先生は日本語も話せます。)

カナダ留学・ワーホリに向けての無料カウンセリングもあります。


また無料体験レッスンの後に選べるコースには、
日本とバンクーバーでのレッスンがトータルで

◆10万円のコース

◆50万円か70万円か選べるコース

があるそうです。

先生は来年2014年にも度々来日される予定となっているそうですが、
上記のコースは、今年の12月までに日本で体験レッスンを受けられる/た方のみ受けて頂ける特別な内容となっているそうです。


これまでに、北海道・東京・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・岡山・広島・愛媛・福岡でレッスンが行われましたが、その他の地域/都市でもレッスン可能な場合があるそうなので、ご相談ください。

体験レッスンの予約は先着順となっています。

来日までの間、先生とメールやSkypeで個別にお話をすることもできます。



*ワーホリ資金50~70万円でカナダに渡り、バンクーバーでレッスンを受け、最近日本に帰国されたKeikoさんが、日本やバンクーバーでのレッスンの詳細について電話でのお問い合わせに答えてくださるそうです。コースの詳細や予約の方法などに関するご質問も受け付けておられます。


携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの詳細、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生か、またはKeikoさんへ直接お願いします。)


**バンクーバーで ”語学学校に5カ月通っても何も変わらなかった” のに、私と同じレッスンを2ヶ月間受け、初めて会う人達から「何年カナダにいるの?」「日本人?? 日本人の話す英語じゃない」と言われるようになった、えいゴリラさんのブログ→ワーホリホリ えいゴリラ in Canada


◆前回までの日本でのレッスンの様子はこちらの過去エントリをご覧ください。


    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ



       

英語圏の国に長く住んでいる=英語が流暢に話せる、ではない。3

ワーホリでカナダに渡る前、
私には「カナダにさえ行けば、英語が話せるようになるはず」、という希望的観測があった。
カナダに行く前感じていた期待と不安の、正体。を参照。)


日本での学生時代の英語の成績は振るわない(英語だけでなく他の教科もだったが・・)し、
日本で生活していて英語を話す機会なんてなかった(もしかしたら探せばあったのかもしれないが。でもあったとしても、恥ずかしくて躊躇していたかもしれない。)し、
もちろん学校の外で英語を習ったことも一度もない。


・・・こんな私でも、カナダに行きさえすれば、

たぶん、おそらく・・・いやきっと、英語が話せるようになるはずだ、と思っていた。


でもそんな期待もむなしく、語学学校が終わる3ヶ月が過ぎる頃になっても、自分が英語を話せているという感覚が、ない。

ESL(語学学校)から一歩外に出れば、
カフェやファーストフードの店での注文すら、緊張する。

自分の後ろに長蛇の列ができているのに、何度も”Sorry?"(もう一回言ってもらえますか?)と言って時間を取るのも気が引けて、
何と言われているのかよくわからないまま曖昧に頷き、
結果手に入れたのは、ほしかったのとは全然違うベーグル。。

・・それが語学学校を卒業する頃の、カナダで生活を始めて3ヶ月以上が経っていたときの私である。


そしてそういうことがある度に、

時間に比例して、自分の英語ももうちょっとうまくなっていてもいいはずなのに、
カナダに来てもう数ヶ月が過ぎているのに、

なんでこんなに私は英語が話せないんだろうと、

絶望的な気持ちにもった。


・・・でも今考えると、その頃の私は
海外で過ごす時間がイコール「経験」になるわけではないということに、気がついていなかった。

(「経験」については、→英語と 「偏差値」と「経験値」の、関係。を参照。)



英語圏の国に長く住んでいる=英語が流暢に話せるではない
英語圏の国に長く住んでいる=英語が流暢に話せるではない。2でも書いた通り、

カナダ、つまり日常生活で英語を話せる機会にあふれている国に住んではいても、

自分自身が母国の風船の中にいる限りは、

母国のカルチャーの中にいる限りは、

たとえ何十年、英語圏の国で生活しようが、英語が話せるようにはならないのである。


私のように、例えばバンクーバーでESL(語学学校)に通おうが、

ESLの外で英語を少しでも多く使う努力をしようが、

関係ない。


カナダでどれだけの時間を過ごそうが、
英語のカルチャーも、英語の言語音楽(発音含む)も、英語の話し言葉のテクニックもなく、
私はただ学校で英語の知識(単語と文法)だけを増やすことに多くの時間を費やしていただけだったのだから

たとえ3ヶ月が経っても、自分が「自然な英語を話せている」という感覚がもてないのは当然なのであった。


自然な英語が話せるようになるための、簡単な公式。にも書いたとおり、
自然な英語が話せるためには、「 英語のカルチャー」があって初めて「 英語の単語 」が生きてくるのだから。


自分にいくら「英語を話したい」という気持ちがあったって、

お辞儀をしながら ”Thank you”や "Sorry” と言ったところで

それは単語は完璧に英語でも、行動は完全に日本語のカルチャーなのであった。。。



英語の単語や文法からではなく、
英語のカルチャーや、言語音楽(発音含む)や、話し言葉のテクニックから身につけるようになった途端、

私は
カナダで過ごす時間が、そっくりそのまま「経験」となっていくのを
感じるようになった。



★★★★★

3ヶ月ほど前に、Lisa(イングリッシュネーム)さんとおっしゃる方から「8月にトロントに来て、11月までESLに通うことになっているのですが、Cocoさんがバンクーバーで英語を習っていた先生のレッスンに興味があり機会を作ってレッスンを受けてみたいです」とのコメントを頂きました。

LisaさんはESLを終えて今別の場所で英語を習っていらっしゃるそうですが、そこを12月に辞めて、トロントからバンクーバーへ1週間先生のレッスンを受けに来られるご予定だそうです。
(ちなみにカナダの東に位置するトロントと、西のバンクーバーは、直行でも飛行機で5時間かかる距離です。)

Lisaさんと先生の間で最近交わされたメールの一部をご紹介します。(掲載の許可を頂いています。)


・・・これまでの何度かのやり取りの後、11月3日にLisaさんから先生へ届いたメール
----------------------------------------------------------------
2013/11/3

Hi! Thank you for your email. I'm really glad for hear from you. And it was really helpful.
I'm thinking the way I can take your lesson both in Vancouver and in Tokyo. (My visa will expire the end of this year and I applied the extend but not sure if it will accept.)

I'll let you know as soon as possible.
Thanks!
Lisa
---------------------------------------------------------------
・・・Lisaさんのビザが年内で切れるため更新を申請中ですが、それが通るかどうかわからないので、バンクーバーと東京の両方でレッスンを受ける道がないか考えておられると書いてあります。


その18日後、Lisaさんから先生へ届いたメール
---------------------------------------------------------------------
Sent: Thursday, November 21, 2013 7:59:04 PM
Subject: Re: Lisa

Hi,
How are you doing??

I manege to go to Vancouver in December or January for one week.
And want to take your class as much as possible.

How about your schedule?
Are you available then?

I'm looking for your hearing soon!
Thank you.

Lisa
----------------------------------------------------------------
・・・12月か1月に、1週間ほどバンクーバーに滞在して、できる限りのレッスンを受けたいのですが、先生のスケジュールはあいていますか、と尋ねられています。


同日、先生からLisaさんへの返信メール
----------------------------------------------------------------
2013/11/21

Hello Lisa,

Thank you for your email.
Lisa, I have two questions to you:

1) What do you expect to do in one week?
2) What is your goal about your English after this (maybe in December...... or maybe in January?)


Looking forward to hearing from you soon
--------------------------------------------------------------------
・・・先生からLisaさんへ、(1)1週間でどのようなことを期待されていますか? (2)Lisaさんの英語のゴールは何ですか? と尋ねられています。


同日、Lisaさんから先生への返信メール
--------------------------------------------------------------------
Sent: Thursday, November 21, 2013 11:04:08 PM
Subject: Re: Lisa

Thank you for your reply!!
Actually I tried somehow to extend my visa but I couldn't so that I have to leave Canada until January.

1) What do you expect to do in one week?
To be honest, I take one week as trial. I mean I know it's too short.
I'm really disappointed because my English hasn't improved than I would expect since I came to Toronto. I believe ESL doesn't work to me and I tried another class which was not only ordinary english class it's so unique but it is not more than what I would expect. I learned some but not equal how much I paid. This is like "last chance" to keep my motivation up.

I wanna get a clue to change my English and life dramatically. And if I can find it, I wanna keep taking your class in Tokyo when you come to.

2) What is your goal about your English after this (maybe in December...... or maybe in January?)
My goal is to work in English. I'm an accountant in Japan and I want to work global. And for that, my English is not enough to communicate and write. For example, I want to attend an international conference without an interpreter or sometimes as an interpreter.(It's not official one but I think my boss wants me to transfer to English in the future.)

Thank you
Lisa
----------------------------------------------------------------------------
・・・Lisaさんは、ビザの延長はできなかったため、来年1月までにカナダを出なければならないと、
トロントでESLに通いましたが期待していたほど、または支払った額に値するほど英語が伸びなかった(傍線箇所)と仰っています。
また英語と人生を劇的に変える手がかりを見つけたい、バンクーバーでレッスンを受けてそれが見つかったら、東京でレッスンを継続し、将来的には英語を使ってグローバルに働きたいと、仰っています。


現在Lisaと先生は、バンクーバーと東京でのレッスンの詳細を詰めていらっしゃるそうです。



*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために再度12月に来日します。

日本にいながらにして、英語のカルチャーを学び「経験」することができる先生のレッスンを受けてみたいという方、“王道”ではない、本当に自分がしたいことを実現する留学/ワーホリをしたい方がいらっしゃればご連絡下さい。

日本で無料体験レッスンを受けていただくことができます。

カナダ留学・ワーホリに向けての無料カウンセリングもあります。

先生は日本語も話せますし、読めますし、書けます。

現在の英語のレベルは一切関係ありません。


また無料体験レッスンの後に選べるコースには、
日本とバンクーバーでのレッスンがトータルで

◆10万円のコース

◆50万円か70万円か選べるコース

があるそうです。

先生は来年2014年にも度々来日される予定となっているそうですが、
上記のコースは、今年の12月までに日本で体験レッスンを受けられる/た方のみ受けて頂けるそうです。

これまでに、北海道・東京・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・岡山・広島・愛媛・福岡でレッスンが行われましたが、その他の地域/都市でもレッスン可能な場合があるそうなので、ご相談ください。

体験レッスンのご予約は先着順となっています。

来日までの間、先生とメールやSkypeでも個別にお話をすることもできます。


*ワーホリ資金50~70万円でカナダに渡り、バンクーバーでレッスンを受け、最近日本に帰国されたKeikoさんが、日本やバンクーバーでのレッスンの詳細について電話でのお問い合わせに答えてくださるそうです。コースの詳細や予約の方法などに関するご質問も受け付けておられます。


携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの詳細、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生か、またはKeikoさんへ直接お願いします。)


**バンクーバーで ”語学学校に5カ月通っても何も変わらなかった” のに、私と同じレッスンを2ヶ月間受け、初めて会う人達から「何年カナダにいるの?」「日本人?? 日本人の話す英語じゃない」と言われるようになった、えいゴリラさんのブログ→ワーホリホリ えいゴリラ in Canada


◆前回までの日本でのレッスンの様子はこちらの過去エントリをご覧ください。


    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ



       

なぜか誰も指摘しない、英語が「難しいもの」になってしまう原因。

「英語がなかなか話せるようにならない。だから難しい。」 という言葉をよく耳にする。

なぜ話せるようにならないのか、その理由を尋ねると、
返ってくる答えは主に、3つある。

「自分が英語が話せないのは・・・

① アタマが悪いから」。
(「英語が話せる」ということと「学校の成績」の、関係?)

② 根性や努力が足りないから」。
(英語に記憶力や根性、努力なんて必要ない。
英語のためにする、楽しい「努力」と、楽しくない「努力」。)

③ もう若くないから」。
(大人になってから英語を学ぶのは遅い?)

本当に、そうなんだろうか。

私は「英語は難しい」と言う人には、必ず、100%共通していることがあると思う。


それはつまり、

「英語を暗記している」、ということ。



★★★★★


日本からカナダにワーホリで渡る直前、私は一つでも多くの英単語と、一つでも多くの文法を暗記しようとしていた。

中学校で英語の授業というものを受けるようになって以来、高校を卒業するまで6年間というあまりに長い期間に渡って英語を「勉強=暗記」させられてきたので、
そうすることにすっかり慣れていたし、周りにもそうしている人しかいなかったし、暗記する以外に方法があるなんてことも、知らなかったから。
続:ワーホリを始める前に「しておけばよかった」と思うこと。


・・・日本で既に何年も何年もしてきたことを、一体この先いつまで続ければよいのか・・・


バンクーバーに着いて、エージェントにすすめられるままにESL(語学学校)で体験レッスンを受けてまわっているときにも、

エージェントのカウンセラーの人にも、
学校のカウンセラーの人にも、

「学校(英語を暗記する場所)に長く行けば行くほど、英語は上達しますよ。」

とか

「最低でも3ヶ月。足りなかったら延長すればいいんですよ。」
語学学校で英語は伸ばせるか?続:「カナダワーホリに必要なお金」の、現実。

とはよく言われたが、、

「英語は暗記しちゃだめですよ。」

とか、

「英語だけに時間をかけるのはもったいないですよ。」

とか、

「英語なんて簡単ですよ。」

なんて言う人は、

一人もいなかった。


★★★★★


私はバンクーバーでESLを卒業したものの、英語が話せているという感覚がちっともなく、それでもどうしたらよいのかわからなくて、あちこちのESLの体験レッスンを受けたりしていた。(今度はもうエージェントには相談しなかった。)

そんなとき、その後英語を個人で教わることになる先生の体験レッスンを知人に教えてもらいたまたま受けた。(英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気。

そうしたらなんと、”英語は「勉強=暗記」するのではなく、「経験」から学べばあっという間に話せるようになるよ。”と言われたのだが、

なかなか素直には・・信じられなかった。

だって私が人生で出会ってきた人の中で(カナダでも、日本でも。)、
そんなことを言う人は先生の他に誰もいなかったから。


英語は「勉強=単語を覚えて文法の問題を解くこと=暗記」するものなのだと、中学校に入ったときからずっと言われ続けてきたのに、

この人は全然違うことを言っている。。。


さらに先生は、”人間がヒトが言語を習得する最も自然で楽なステップを、1番から、英語のカルチャーから学べば、英語なんて簡単に話せるようになるよ”、とも言った。


・・・「英語は難しい」と言う人にはこれまでにたくさん出会ってきたが、

「英語は簡単」だなんて言う人には初めて出会った、と思った。


”学校では「暗記」することを求められるし、他に1対1で教えている人だってたくさんいるけど、彼らも教えているのは「暗記」すること、だと思う。それは日本だけじゃなくて、ここカナダの語学学校でだってそうだし、英語圏の他の国だって、全部一緒だよ。英語圏の国だけじゃなくて、アジアの、物価が安くて英語を公用語として話す国々でだって、そうだよ。(カナダで“新しい経験”、とは?を参照。)

だからみんな英語が難しい、って言うんだ・・・。”


先生が言ったことは、自分がそれまでに信じ込まされてきたこととあまりに違っていたし、
私はそもそも英語を暗記する以外の方法で学んだことなどなかったので、
英語を暗記しないということは一体どういうことなのか・・・

その時には想像できないというか、ピンとこなかった。


★★★★★


英語は時間をかけて「暗記」をすることで身につけるもの

・・・なのではなくて、

英語は時間をかけずに「経験」をすることで身につけるもの

なのだと、

やっと”腑に落ちた”のは、

やっぱりレッスンを始めて次の週に、あんなに悩みだった私の発音が、元クラスメイトに「よくなった」と褒められた瞬間だったと思う。


ESL(語学学校)に通っていた頃には、学校で発音の授業を受けて、家に帰っても発音のテキストを見ながら「練習」(口の形や舌の位置、発音記号なんかを覚えようとしていたのだから、「暗記」とも言える。→英語は練習すれば上手くなるという、幻想。 )していたのに、
クラスメイト達から”日本語を話しているのか英語を話しているのかわからない”と笑われ、
発音の先生からは”あなたは吃音障害がある”とすら言われた私の発音。。


でも体験レッスンで、”発音は練習したらだめだ”と言われたので、とりあえず、発音の練習だけは本当に止めてみた。

そうしたら、翌週偶然会った元クラスメイトに ”発音がきれいになった”と言われた。
英語を効果的に勉強する:2

3ヶ月間何も変わらなかった私の発音が、褒められた。。。


英語は時間をいくらかけたかじゃなくって、大事なのはその”学び方”なんだ、

と気がついた。


そして次の日のレッスンで、
”昨日友達から発音がよくなったって褒められたんです。 Thank you! ”

と早速先生に報告すると、

"See!? I told you!!" (ほらね、言ったでしょ!)

と笑顔で言われた。


★★★★★


英語は時間をかけて「暗記」をすることで身につけるもの。

なのではなくて、

英語は時間をかけずに「経験」をすることで身につけるもの。

だという、

発想の転換。



私は「暗記」を一切止めて、「経験」から学ぶようにしたら、

英語は「暗記」をするから「難しいもの」になってしまうのだということも、よく分かるようになった。


<関連エントリ:留学しても英語を「話せない」人が圧倒的に多い、理由?


*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために再度12月に来日します。

日本にいながらにして、英語のカルチャーを学び「経験」することができる先生のレッスンを受けてみたいという方、“王道”ではない、本当に自分がしたいことを実現する留学/ワーホリをしたい方がいらっしゃればご連絡下さい。

日本で、無料で体験レッスンを受けていただくことができます。

カナダ留学・ワーホリに向けた無料カウンセリングもあります。

先生は日本語も話せますし、読めますし、書けます。

英語のレベルは一切関係ありません。


**英語を「学ぶ」こと、そしてそれを「使う」こと。「カナダワーホリに必要なお金」の、現実。で以前ご紹介させて頂いた、私がバンクーバーで受けていたのと同じレッスンを受けられたJohn(イングリッシュネーム)さんから先日頂いたメールの一部をご紹介します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今度知り合いにこのプログラムの件を紹介しようと思うんですが、もしトライアル(体験)レッスンを受けたいってなった場合は自分から先生に連絡して大丈夫ですか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Johnさんはバンクーバーで3ヶ月ESLに通われ、私のブログにコメントを頂いたことがきっかけで、2ヶ月間個人レッスンを受けられました。


***バンクーバーで”語学学校に5カ月通っても何も変わらなかった”のに、私とJohnさんと同じレッスンを2ヶ月間受け、初めて会う人達から「何年カナダにいるの?」「日本人?? 日本人の話す英語じゃない」と言われるようになった、えいゴリラさんのブログ→ワーホリホリ えいゴリラ in Canada


携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生へ直接お願いします。)


来日までの間、先生とメールやSkypeでも個別にお話をすることもできます。


◆前回までの日本でのレッスンの様子はこちらの過去エントリをご覧ください。


    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ



       

続:「カナダワーホリに必要なお金」の、現実。

カナダに渡る前の私が読んでいたブログによく、(当時私が見た限りでは)「大体100〜120万円準備すべき」とあったけど、私は実際のところそんなにいらないと思う、と「カナダワーホリに必要なお金」の、現実。に書いた。

ワーホリに100~120万もいらない

でもそれはカナダに渡ってから英語で「遠回り」をしないという前提つきで、である。

★★★★★

まだ日本にいるとき、私はブログを読む他にも10社以上の留学エージェントに相談をしたりしていた。

語学学校に通って本当に英語が話せるようになるのか、疑問に思っていた私。

でも10社以上に相談をして、すべてのエージェントから「ワーホリだったらまずは学校ですね。」と言われたら、「やっぱりワーホリは学校に行くものなのか・・・?」とも思ってしまった。

あるエージェントでは、3ヶ月学校に通った場合の必要経費を実際に計算してもらった。

そしてもらった見積もり書。

学校3ヶ月+ホームスティ1ヶ月にかかる費用に加え、空港送迎、ビザ書類作成代行+入学手続き代行+渡航前カウンセリング+カナダでの24時間緊急サポート+オフィスでの英語無料レッスン受け放題などなど、すべてのサービスを入れた見積もりがなんと、170万円・・・。

私がそそくさとその場を後にしたのは言うまでもない。


見積もりを出してもらったのはその一社だけだったが(後は見る気がしなくなった。)、
でもどのエージェントからも「学校には最低3ヶ月は行った方がいい、長く行けば行くほど英語は上達しますよ。」と言われた。

でも本当は、
長く行けば行くほど、英語は上達しないのだということが、今なら、わかる。

だって学校は英語を「勉強」(=暗記)をする場所だから。

たとえワーホリの期限いっぱい1年を使ってESL(語学学校)に通ったとしても(ESLで英語を学ぶということ。)、
日本で中学高校の6年をかけてしてきたことを、ただ場所を変えてカナダで続けたって、得られる結果は同じである(=英語が話せない)。
(注;実際にはワーホリビザでは1年も通うことはできない。)
 
そんな「遠回り」をしていたら、カナダワーホリに必要なお金はいくらあっても足りない。。。


★★★★★


そんな「遠回り」を結局はしてしまった私。

自分がしたいことをしてこそのワーホリのはずなのに、

英語が原因で、いくらしたくたって、できない。

そんな時間を何ヶ月も過ごした。


自分がまだ子どもならいざ知らず、もうれっきとした大人なのに、
言語という最も基本的なコミュニケーションツールが使えないことが原因で選択肢が制限される悔しさ、無力感。

日本にいた頃には(当たり前だけれど)「自分の日本語のレベルが問題でできないこと」なんてなかったから、カナダに渡る前には想像できなかった。

私がそれを痛いほど感じたのは、
まだバンクーバーで英語を個人で習うようになる前、
ESL(語学学校)に通いつつ、ボランティアをしていたとき。

ある日行ったら、シフト表から私の名前が消え、何の前触れも説明もなく、私の名前が入っていたはずの欄には別の人の名前が入っていた。
カナダで経験、ボランティア活動。を参照。)


でも、当時の私には何も言えなかったし、何もできなかった。

お金をもらわないボランティアでさえ ”あなたは必要ない”と、無言で示されのだと悟り、それに対して何のリアクションをすることもなく、ただ私は自分の中で、もうそこに行かないことに決めただけだった。
(でも随分時間が経ってから覗いてみると、そこは閉鎖されていた。。。)

・・・今の私であればカンガエラレナイ状況である。


★★★★★


英語というツール一つで、カナダで”できること”の幅は大きく違ってくる。
http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-345.html" target="_blank" title="英語という「ツール」を使って仕事をするということ。">英語という「ツール」を使って仕事をするということ。)


実際英語が話せなかった頃には誰も教えてくれなかったけれど、

英語が話せるようになったら、そこには初めて見えるようになった”選択肢”があった。
(4・5つ星ホテルのフロントやカナダの現地企業で事務職や不動産屋など・・・→ワーホリを始める前に「しておけばよかった」と思うこと。
を参照。)

現地で働きながら、カナダで生活するためのお金も、遊んだり旅行をするためのお金も稼いで、かつ貯金もできることも、不動産屋で働く日本人ワーホリの人に会って、知った。


ワーホリのビザは、日本人がカナダ政府から得ることができるビザの中でも、自由度が高い。(http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-370.html" target="_blank" title="「ワーホリの1年」を最大限に利用するために必要なことって?">「ワーホリの1年」を最大限に利用するために必要なことって?を参照。)

だからその”自由さ”を、「遠回り」することなく最大限利用することができれば、

やっぱり100~120万も必要ないと思う。



*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために再度12月に来日します。

先生のフライトアテンダントだった頃②
(写真中央が、先生。↑)

先生のフライトアテンダントだった頃③

先生のフライトアテンダントだった頃①


先生は6ヶ国語を話せる(バンクーバーで英語以外の言語も習得。)特技を生かして、20代の頃フライトアテンダントとして一時期働いたことがあり、そのツテで日本からカナダに行かれる生徒さんのチケットを安く購入するお手伝いもされているそうです。

先生のサポートもあり、カナダワーホリに必要だと言われる100〜120万円よりずっと少なく、資金50~70万円でカナダに渡り、バンクーバーでレッスンを受け、最近日本に帰国されたKeikoさんが、日本やバンクーバーでのレッスンの詳細について電話でのお問い合わせに答えてくださるそうです。


日本にいながらにして、英語のカルチャーを学び「経験」することができる先生のレッスンを受けてみたいという方、“王道”ではない、本当に自分がしたいことを実現する留学/ワーホリをしたい方がいらっしゃればご連絡下さい。
無料体験レッスンがあります。

ご予約は先着順となっています。

これまでに、北海道・東京・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・岡山・広島・愛媛・福岡でレッスンが行われましたが、その他の地域/都市でもレッスン可能な場合があるそうなので、ご相談ください。

来日までの間、先生とメールやSkypeでも個別にお話をすることもできます。

携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生か、またはKeikoさんへ直接お願いします。)

◆前回までの日本でのレッスンの様子はこちらの過去エントリをご覧ください。


    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ



       

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ