海外で、「受身で生活すること」の意味。2

バンクーバーで、3ヶ月語学学校に通っても英語が話せるようにならず、個人で受けるようになった英語のレッスンで、ある日私は先生からこう言われた。

”Coco、君は PASSIVE SPEAKER ではなく、ACTIVE SPEAKER にならなきゃいけないよ”、
と。

私は意味が理解できず、”それ、何ですか?”と聞いた。


先生によると、
先生が大学時代に専攻していた言語教育学では、

言語を学ぶ過程において
学んだことを使うチャンスをただ待っているだけの人を PASSIVE SPEAKER(受動的な/受身の話し手) と呼び、
学んだことを使うチャンスを自ら創り出すことができる人のことを  ACTIVE SPEAKER(能動的な/自発的な話し手)と呼ぶのだと、教えてくれた。


先生の生徒の中でも、「INPUT」に力を入れる教育をしている日本や韓国、中国出身の生徒は、「INPUT」にはそれほど重きを置かない教育をしているメキシコやヨーロッパ、南米出身の生徒に比べ、
PASSIVE SPEAKERである確率が高いと感じることがよくある、ということだった。(先生が英語を教えているのは日本人だけではない。)

先生に言われて考えてみると、
たしかに私は PASSIVE SPEAKER だった・・・と、思った。

だって私が語学学校に通っていたとき、やっていたことは、まず教科書を使って単語や言い回しなんかを暗記し、
そしてそれが”実際に使えそうな状況”がやってくるまで、基本的にはただ、待っていた。


日本で「INPUT」中心の英語の勉強、つまり「詰め込み」に慣れきっていた私は、知らず知らずのうちに、それをカナダに来ても続けてしまっていた。


語学学校に通って、教科書を使って単語を暗記し、文法の問題を解く。

授業時間の大半は、教師が話すことに耳を傾ける。

語学学校の”中”で私がしていたことと言えば、そのほとんどが「INPUT」であり、
語学学校の”外”で放課後や休日にしていたことも、図書館やカフェで授業の復習や宿題をしたり、家でテレビを
観たり英語のCDを聞いたり・・・。


つまりは、カナダにいても私が最も多くの時間を費やしていたことと言えば、日本にいた時と同じ「INPUT」だったのであって、
どう考えても、「INPUT」している量に比べ、「OUTPUT」が少なすぎるのであった。


そして私は、先生の”このレッスンで習うことは、実生活の中でもどんどん使っていくように。使うチャンスはただ待っているのではなく、自分から求めなければいけないよ。受動的でいてはいけないよ。”という言葉で、
自分がPASSIVE(受身)だったのは、英語の勉強に対してだけではなかった、ということにも気がついた。


★★★★★


ワーホリでカナダに渡る前、私は10社以上の留学エージェントにコンタクトを取っていた。
ワーホリしても英語を「話せない」人が圧倒的に多い、理由?を参照。)

でもそれだけの数のエージェントと私が話をして聞けたのは、カナダでの実際の生活に関する話・・というよりは、ほとんどが語学学校についての説明(ここはスピーキングに力を入れていますよ、そこは国際色が豊かですよ、あそこはスクールアクティビティがたくさんありますよ・・・とか。)だった。(もちろんカナダでどんな”落とし穴”が待ち受けているかなど、当時の私に知る由もない。→日本人がカナダで一番セクハラを受ける理由。;つづき


当時の私には、「海外で生活してみたい。とにかく英語が話せるようになりたい!」という思いだけはあったが、
英語が話せるようになって、それでその後は何がしたいのかということは聞かれもしなかったし、自分でも考えることすらしなかった。


当時の私は全く英語も話せないし、バンクーバーについても漠然としたイメージ(自然が多い、夏以外は雨がよく降る、アジア人が多い?)しかなかったが、
「何とかなるだろう」でバンクーバーに渡った。


でも実際着いてみたら、
刻々と時間だけは過ぎていくけれど、
それに比例して英語が話せるようになっていっていくわけでもなく、
英語を話したいけれど、話せないストレスに直面した。

バンクーバーで自分が何をしたいのかよくわからないし、何ができるのかもわからない・・・

そんな私が今ここでできることなんて、語学学校に通うことくらいしかないな、
と思い、エージェントが言っていた通り、とりあえず3ヶ月通ってみることにした。


・・・それは完全に、”受身”の選択であった。


★★★★★


日本で中学高校と6年間も散々やってきて、それでも話せるようになっていない英語の勉強の仕方を、場所だけ変えて海外で続けたって、話せるようになったりしない。


英語など、目標を達成するための手段(道具/ツール)に過ぎない。


PASSIVE(受身)で他人の言うことに従っているだけ、チャンスが訪れるのをただ待っているだけの人と、
ACTIVE(自発的)で自分のしたいことが何かわかっていて、自分から動ける人とでは、
英語の上達だけでなく、カナダで経験できることや得られることが大きく違ってくる。


<関連エントリ:
http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-366.html" target="_blank" title="海外で、「受身で生活すること」の意味。">海外で、「受身で生活すること」の意味。、
「海外に行きさえすれば英語が話せるようになる」、わけではない。
英語を「学ぶ」こと、そしてそれを「使う」こと。
英語は単なるツール。それ以上でも以下でもない。;2


*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのため2月11日(日本時間)に来日し、レッスンをしています。当初の予定では22日までの滞在でしたが、28日まで延長をされたそうです。

既にご連絡を頂いている方で、もしも先生からのメールが未だ届いていないという方がいらっしゃったら、大至急ご一報ください。


***

昨年12月に続き、今月もレッスンを受けられたMさんから、レッスンについてメールを頂いたのでご紹介します。(掲載の許可を頂いています。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Cocoさん

こんにちは。今朝、12月に続いての2回目トライアルを終えました。
Matt(もはや先生と呼ぶには違和感がありまして)に会う度に、自分にしかたてることの出来ないワーホリビジョンが徐々にクリアになって行きます。
カナダへ渡る前に、日本で事前にカウンセリングを受ける事がいかに有意義な事か、昨日の2日目を終えた夜にふと気がつきました。

自分自身がしたい事、なりたい姿を具体的にイメージすることで、そのために準備しなければならないことも自ずと明らかになりました。いま一度自分自身の心を振り返る機会が持てて良かったです。
Mattが個々とのオープンマインドな会話を大切にしている理由が分かった気がします。
英語を教わるというよりも、海外生活においてより良く進むきっかけや重要なヒントを共有してもらえるので、そこから自分に必要なものをピックアップして吸収して活かして行こうと思います。
英語のテクニックもその為のツールの一つでしかないのかなと。
どういう風になりたいかは自分の心の中にしかないというすごくシンプルだけど1番大事な事を思い出しました!
テクニックは今すぐからでも活かせることばかりでそこに意識をおいて訓練したいなと思います^_^

他の生徒さんの話を聞くのもすごく興味深く、今年はグループミーティングや面白い事を沢山考えてると聞いたので私もワクワクです。
Mattが新しいアイデア思いついたので日程が合えば近々実現できそうなのでまた報告しますね☆

Cocoさんのブログも定期的に読ませて頂いてます!今ならあぁなるほどこういう事だったのかとわかり面白いです。これからも楽しみにしています!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Mさんメールありがとうございました。

Mさんの12月のレッスンの感想はこちらです。→「海外に行きさえすれば英語が話せるようになる」、わけではない。


日本での継続的なレッスンにより、カナダに渡る前に、カナダに友達ができます。

***

さらに、今回のレッスンでの生徒さんとの写真を頂いたのでご紹介します。(掲載の許可を頂いています。)
先生2月-4

***

現在日本各地で無料体験レッスン及び前回からの続きの無料レッスンを行われている先生ですが、ご要望にお応えし今回からSkypeでの無料体験レッスンが開始されたそうです。

Skypeで無料体験レッスンを受けた後希望される方は、Skypeでのレッスンを継続していくことができます。
Skypeでのレッスンも、先生と直接会ってのレッスンとまったく同じ方法を使って行われます。無料カウンセリングももちろん受けることができます。

***

またこの2月より、
バンクーバーで先生のレッスンを受けて帰国された元生徒さんを中心に英語やカナダでの生活は実際どんなものなのか、先生が日本にいない間も継続的に経験者から直に学んでいくという試みがスタートするそうです。

カナダから帰国したばかりの生徒さん達が、
このブログからだけでは分からないカナダでの実際の生活や仕事、旅行、もちろん英語や、英語のカルチャーについてのアドバイスや知識・経験を、直接シェアして下さいます。(元生徒さん達が「教える」ということはしません。)
カナダで先生のレッスンを受ける前に語学学校に通っておられた方もいらっしゃるので、先生のレッスンと語学学校は何がどう違うのかといった点についても、直接詳しく聞くことができます。

日本で無料体験レッスンを受けられた方で、カナダでも先生のレッスンを受けられる方はどなたでも参加することができます。

***

先生が日本でレッスンをするのは、今年で2年目、今回で通算5回目になります。

日本での継続的な無料レッスン&無料カウンセリングにより、カナダに渡る前に英語初心者を卒業、"RAW"の状態を卒業します。

日本でのレッスン(Skype含む)も、私がバンクーバーで受けていたレッスンとまったく同じ方法を使って行われます。よって、カナダに渡る前にどのようなレッスンなのかを試すことができます。
カナダでもレッスンを続けたいかどうかは、無料体験レッスンを受けた後に決めることができます。

先生のレッスンでは「暗記」はしません。 英語を「暗記」ではなく「経験」して学ぶので、一旦身につけたら一生忘れません。
カナダで語学学校に通う必要はありません。


先生はネイティブイングリッシュスピーカーですが、日本語も話せます(し、読めますし、書けます)ので
まったくの英語初心者の方でも無料体験レッスンを受けることができます


日本での無料体験レッスン&無料カウンセリングで得て頂けるものは、

1.「英語は難しい」という固定観念を捨てて、日本にいる間に初心者レベルを卒業すること。
2.レッスン以外の時間にも効率的に英語を伸ばしていくための、具体的なアドバイス。(単語を覚えたり、文法書を読んだりすることではありません。)
3.ビザや航空券や、ベストな渡航時期、治安が不安な地域の情報など、カナダに渡るために役立つ情報。
4.王道のワーホリしないためのアドバイス。


となっているそうです。

カナダでより効果的に早く目標を達成し、かつ、余計なお金を使わずに留学/ワーホリをするためのプランを先生と一緒に作ることができるので、一般的にカナダワーホリに必要だとされる100~120万よりずっと安くカナダワーホリができます。


カナダに渡る前に、日本で時間をかけて準備をすることができるので、日本にいる間に英語初心者を卒業できます。
そうしてカナダでは短期間で英語を仕事でも通用するレベルに到達させ、カナダでの生活費はカナダで稼ぐ(そのための最低時給を上回る仕事もご紹介されるそうです)というのが目標の一つです。
(カナダで受けることができるレッスンには、カナダバンクーバーでの1対1でのレッスンに、日本からの安い航空券を買うためのサポート、空港ピックアップ、ホームスティのサポート、バンクーバーのあるB.C州の最低賃金を上回る仕事のご紹介(カナダのカフェやレストランで働けば、英語は伸びる、のか? )や、レッスンの一環の旅行(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得)の割引などが含まれたコースがあるそうです。)

カナダで”FOLLOW THE DUCK" になりたくないという方は、ご一報下さい。

携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生か、Keikoさんへ直接お願いします。)


*ワーホリ資金50~70万円でカナダに渡り、バンクーバーでレッスンを受け、最近日本に帰国されたKeikoさんが、日本やバンクーバーでのレッスンの詳細について電話でのお問い合わせに答えてくださるそうです。
コースの詳細や費用に関するご質問も受け付けておられます。
Keikoさんは語学学校には行かれていません。

***

・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は国際線エアラインのフライトアテンダントをされている元生徒さん→日本人のワーホリに対する、あるカナダ人の視点。
・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は外資系企業でプロダクトマネージャーを勤めておられる元生徒さん→英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気。
・バンクーバーで ”語学学校に5カ月通っても何も変わらなかった”のに、先生のレッスンを2ヶ月間受け、初めて会う人達から「何年カナダにいるの?」「日本人?? 日本人の話す英語じゃない」と言われるようになった、元生徒さんのブログ→ワーホリホリ えいゴリラ in Canada

◆前回までの先生の日本でのレッスンの様子はこちらの過去エントリをご覧ください。

続:当のアジア人自身は気がつかない、カナダにおける「アジア人留学生の印象」。

語学学校で働いていたことがあるカナダ人から見た「アジア人留学生(日本人と韓国人限定)の印象」、続き。

FOLLOW THE DUCK(→カナダ現地人がもつ、「アジア人留学生の印象」とは?)、
授業中静かすぎる、完璧主義すぎる(→当のアジア人自身は気がつかない、カナダにおける「アジア人留学生の印象」。)、
そして、
フレンドリーじゃない、ということ。


彼女によると、”彼ら(アジア人留学生)の言葉遣いが丁寧すぎて、距離を感じる。”、ということであった。



フレンドリーであることを重視するカナダの/英語のカルチャーと、
礼儀正しくあることを重視する日本のカルチャー。
friendlyとpolite 2つの文化の違いを参照。)

日本の/日本語のカルチャーでは相手との上下関係、つまり年齢が上か下かといったことによって言葉づかいを細かく変えなければならない。それは韓国でも同じ、というか、日本よりもさらに厳しいらしい。(だから彼らにとって初対面で年齢を聞くのは、すごく重要であるらしい。→http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-205.html" target="_blank" title="痴漢男もカルチャーで撃退。">痴漢男もカルチャーで撃退。)


けど母国ではそうだからと言って、カナダの/英語のカルチャーの中でも同じことをしていると、相手は違和感を持つことがある。


日本や韓国では、”言葉づかいが丁寧”というのは常に褒め言葉になるかもしれないが、
英語における”言葉づかいが丁寧”は、それは時に、不自然な英語(英語でもなければ、日本語でもない、mix語会話。)を喋っていると言われているようなもの、である。


英語でも日本語のように相手の年齢や地位に応じて即座に名前に「さん」をつけるとか語尾を変える(変える→変えるんです)とか、そういうことではなくて、
日本語には日本語の敬語があり、英語には英語の”敬語”がある、と言ったほうがいいかもしれない。


★★★★★


カナダで生活をしていながらまだ日本のカルチャーの中でものごとを考えがちだった以前の私には、英語の you guys という言葉は”カジュアルすぎ”て、とてもじゃないが年上の人には使えないような気がしていた。

でも英語のカルチャーの中では、年配の人に向かって you guys と言っても全然失礼じゃないし、相手が気分を害することもない。(日本人留学生がカナダで仕事を見つけるのが難しい理由?を参照。)


たとえ身体はカナダにあっても、頭の中は母国にある(=”風船”の中に入っている)と、
”you guys”を言うことには抵抗を感じるのに、英語のカルチャーの中で相手に依頼をするときに必要な”ある言葉”をスキップすることにはまったく違和感をもたない、なんてことになる。

そして自分には悪気がなくても、相手(店員)を知らず知らずに不快にさせ、自分も不快になったりもする。。。
カナダのカフェでコーヒーを買う度、店員から冷たくあしらわれていた理由。


また例えば日本のカルチャーでは、初対面とかあまり親しくない人に自分のことをペラペラ話すのは出しゃばりと言うか、敬遠されると思うけれど、
英語のカルチャーではむしろ自分のことを話さないと、自分の意見がない、心を開いていない、何かを隠しているんじゃないか?と、思われたりする。
日本語と英語の、"I"


もともと日本でもおしゃべりな方ではなく、聞き役に回ることが多かった私であるが、カナダではいつもいつもそれでは相手に要らぬ誤解を与えてしまうのだと気づいてからは、初対面の人にも積極的に自分のことを話すようにしていった。


★★★★★


カナダで生活をすれば、誰もが自動的に英語が話せるようになるわけでは、
つまり、
母国の”風船”の外に出て、日本的な考え方、行動の仕方を変えることができるようになるわけでは、ない。


アジア人留学生は
FOLLOW THE DUCK、授業中静かすぎる、完璧主義すぎる、そして、フレンドリーじゃない
という、”印象”。


・・・これら全部、アジア人留学生がカナダにいても無意識に自分の母国のカルチャーの中で考えたり行動していることから生まれているのではないだろうか。


<関連エントリ:
http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-309.html" target="_blank" title="「英語」ではなく、「英語のカルチャー」を学ぶということ。">「英語」ではなく、「英語のカルチャー」を学ぶということ。>



*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのため2月11日(日本時間)から22日まで日本でレッスンをしています。

今回のレッスンでの生徒さんとの写真を頂いたのでご紹介します。(掲載の許可を頂いています。)
先生2月。

この方も去年の12月からレッスンに参加され、今年ワーホリでバンクーバーに渡るご予定だそうです。
留学エージェントは使われていないそうです。

***

先日レッスン中に、”海外でどうすれば友達ができるのか”というトピックについて話しているとき、ある生徒さんが言われた言葉は、
"So..if I speak English words and grammar only in Canada, I look like I am naked person, and if I use English culture techniques too, I look like I am wearing some clothes in Canada, I am not naked anymore....??!" (・・・つまり、私がカナダで英単語と文法だけで英語を話したとしたら、私はまるで何も着てないように見えるということでしょうか。もし私が英語のカルチャーも使ったなら、もはや裸ではなく何か服を着ているように見える、と、そういうことでしょうか。)だったそうです。

それに対する先生の答えは、"You are right! Nobody wants to speak to naked looking person on the street, because this person looks funny, wired or childish, - so people will make friends with you, will be more interested in you if you put some clothes, "English culture clothes" on, and then it will be much easier to make friends abroad.”
(大正解! 何も服を着ずに外に立ってるような人なんかと、誰が話をしたいと思いますか? そんな人と友達になりたいなんて、誰も思わないですよね?  でももし何か服を着ていたなら、”英語のカルチャーの服”を少しでも身に着けていたなら、海外でも友達を作るのはずっと簡単になりますよ。)だったそうです。

***

現在日本各地で無料体験レッスン及び前回からの続きの無料レッスンを行われている先生ですが、ご要望にお応えし今回から、Skypeでの無料体験レッスンが開始されたそうです。

Skypeで無料体験レッスンを受けた後希望される方は、Skypeでのレッスンを継続していくことができます。
Skypeでのレッスンも、先生と直接会ってのレッスンとまったく同じ方法を使って行われます。無料カウンセリングももちろん受けることができます。


***

またこの2月より、
バンクーバーで先生のレッスンを受けて帰国された元生徒さんを中心に英語やカナダでの生活は実際どんなものなのか、先生が日本にいない間も継続的に経験者から直に学んでいくという試みがスタートするそうです。

元生徒さんを中心にカナダ留学・ワーホリに向けて週1の頻度で準備をしていくというこの試みは、今週末土曜日(22日)東京飯田橋にて18:45〜20:15に開催されます。(今後他の都市でも行われていく予定だそうです。)

カナダから帰国したばかりの生徒さん達が、
このブログからだけでは分からないカナダでの実際の生活や仕事、旅行、もちろん英語や、英語のカルチャー についてのアドバイスや知識・経験を、直接シェアして下さいます。(元生徒さん達が「教える」ということはしません。)

カナダで先生のレッスンを受ける前に語学学校に通っておられた方もいらっしゃるので、先生のレッスンと語学学校は何がどう違うのかといった点についても、直接詳しく聞くことができます。

日本で無料体験レッスンを受けられた方で、カナダでも先生のレッスンを受けられる方はどなたでも参加することができます。

***

先生が日本でレッスンをするのは、今年で2年目、今回で通算5回目になります。

日本での継続的な無料レッスン&無料カウンセリングにより、カナダに渡る前に英語初心者を卒業、"RAW"の状態を卒業します。

日本でのレッスン(Skype含む)も、私がバンクーバーで受けていたレッスンとまったく同じ方法を使って行われます。よって、カナダに渡る前にどのようなレッスンなのかを試すことができます。
カナダでもレッスンを続けたいかどうかは、無料体験レッスンを受けた後に決めることができます。

先生のレッスンでは「暗記」はしません。 英語を「暗記」ではなく「経験」して学ぶので、一旦身につけたら一生忘れません。
カナダで語学学校に通う必要はありません。



先生はネイティブイングリッシュスピーカーですが、日本語も話せます(し、読めますし、書けます)ので
まったくの英語初心者の方でも無料体験レッスンを受けることができます


日本での無料体験レッスン&無料カウンセリングで得て頂けるものは、

1.「英語は難しい」という固定観念を捨てて、日本にいる間に初心者レベルを卒業すること。
2.レッスン以外の時間にも効率的に英語を伸ばしていくための、具体的なアドバイス。(単語を覚えたり、文法書を読んだりすることではありません。)
3.ビザや航空券や、ベストな渡航時期、治安が不安な地域の情報など、カナダに渡るために役立つ情報。
4.王道のワーホリしないためのアドバイス。


となっているそうです。

カナダでより効果的に早く目標を達成し、かつ、余計なお金を使わずに留学/ワーホリをするためのプランを先生と一緒に作ることができるので、一般的にカナダワーホリに必要だとされる100~120万よりずっと安くカナダワーホリができます。


カナダに渡る前に、日本で時間をかけて準備をすることができるので、日本にいる間に英語初心者を卒業できます。
そうしてカナダでは短期間で英語を仕事でも通用するレベルに到達させ、カナダでの生活費はカナダで稼ぐ(そのための最低時給を上回る仕事もご紹介されるそうです)というのが目標の一つです。
(カナダで受けることができるレッスンには、カナダバンクーバーでの1対1でのレッスンに、日本からの安い航空券を買うためのサポート、空港ピックアップ、ホームスティのサポート、バンクーバーのあるB.C州の最低賃金を上回る仕事のご紹介(カナダのカフェやレストランで働けば、英語は伸びる、のか? )や、レッスンの一環の旅行(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得)の割引などが含まれたコースがあるそうです。)

カナダで”FOLLOW THE DUCK" になりたくないという方は、ご一報下さい。


**
・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は国際線エアラインのフライトアテンダントをされている元生徒さん→日本人のワーホリに対する、あるカナダ人の視点。
・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は外資系企業でプロダクトマネージャーを勤めておられる元生徒さん→英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気。
・バンクーバーで ”語学学校に5カ月通っても何も変わらなかった”のに、先生のレッスンを2ヶ月間受け、初めて会う人達から「何年カナダにいるの?」「日本人?? 日本人の話す英語じゃない」と言われるようになった、元生徒さんのブログ→ワーホリホリ えいゴリラ in Canada


◆前回までの日本でのレッスンの様子はこちらの過去エントリをご覧ください。

当のアジア人自身は気がつかない、カナダにおける「アジア人留学生の印象」。

以前、語学学校で働いていたことがあるカナダ人から見た「アジア人留学生の印象」について書いた(カナダ現地人がもつ、「アジア人留学生の印象」とは?)が、彼女が語ったことには続きがあり、
その中でも私が「そのとおり!」と思ったこと。

授業中静かすぎる。 そして、完璧主義すぎる。 ということ。

(ここで言う「アジア人」とは、「語学学校にいるアジア人」のこと。つまり、「日本人または韓国人」のことである。他のアジアの国からの留学生は、collegeやuniversityにはいても、ESL((語学学校))にはいない。)


例えば先生である彼女が授業の最後に"何か質問はない? "と聞いても、アジア人は一様に黙っている。
でも授業が終わった途端、何人もが、中にはわざわざ立って近くまで来て、質問をしてくる。

・・・なぜかわからないが、みんなの前では質問したくないらしい。

または授業中、グループに分かれてディスカッションをすることになっても、黙っている。
授業の間ずっと黙っているものだから、てっきり"授業がつまらないのか、自分が言っていることが理解してもらえてないんだろうか、、、"と心配していたら、
ワークブックとか筆記の問題をやらせてみると、ヨーロッパやメキシコ、南米、中東からの留学生より、大体アジア人の方がよっぽど解くのが早いし、正答率も高い。
テストの成績だって上位はアジア人が占める。

・・・わからないから黙っている、ならまだ理解できるが、わかっているのに発言をしないのはなぜなのか?

始めはそういう彼らの態度が全く理解できなかったが、時間が経つにつれ、原因はそれぞれの国の教育スタイルの違い(=カルチャー)から来ていることがなんとなくわかってきたし、他の先生たちに聞いてみてもやはり同じことを言っていた。

と、彼女は言っていた。

それからアジア人の生徒の場合、すごく言葉を選んで話す傾向が強い。考えながら話してるんだな、っていうのが、見ていてわかる、と。
つまり、"間違えないように、変なこと言わないように・・・って気をつけているのよね?"

とも。



たしかに授業中に自分から何かを発言するなんて、日本で学校に通っていた頃の私にはほとんど考えられないことであった。

少なくとも私は日本で学校教育を受ける中で、

授業中はひたすら黙って先生の話を聞くべし、
先生が黒板に書くことは一つ残らずノートにとるべし(例え自分で何を書いているのかわからなくても・・・→「話すための英語学習」と、「暗記するための英語学習」の、違い。を参照)、
でもって授業中は取り立てて発言などしなくてもテストで点さえ取れればok、

という"メッセージ"を受け取り続けていたように思う。


つまり、私にとって「英語」という科目で大事なことは、

英語を"使って"「他人とコミュニケーションをとること。」

などではなく、

「どれだけ英単語を正解に書き取れるか、文法を間違えずに英文を和文に、または和文を英文に直せるか、そしていかにミスをしないか。」

ということであった。(日本人が英語を勉強する、2つの目的と、たった1一つの勉強方法。

★★★★★


日本からバンクーバーに渡って、語学学校に入ったばかりの頃の私は、
先生が何を喋っているのかわからないし、クラスメイトが何を言っているのかもわからなかった。
(そして私が一生懸命何かを言っても、カタカナ英語すぎて相手には理解してもらえなかった。)

けど少しずつ少しずつ耳が慣れ、私は授業中時々発言したりもするようになった。

だってせっかく高いお金を払って学校に来ているのに、黙って座ってるだけなんてもったいない・・・という思いもあった。(始めは「何を言ってるのか早すぎてわからない!」と思った先生達の英語だったけれど、それでも彼達は学校の中ではナチュラルスピードではなく、ゆっくり話してくれているということも段々わかっていった。)

しかし「発言する」と言っても、今のように、というか、その後英語を個人で学ぶようになってからできるようになったように、自分の話したいことだけを時間を気にせず話せていたわけでは決してない。

先生の問いかけに対して短く答えたり、または"この単語はどう発音するの?"とか、簡単な質問をするくらいしかできなかった。

当時はどうしても、文章で喋れない、というか、単語を繋げて話しているだけのような気がしていた。


結局、自分が「英語で話せている」という感覚は、3ヶ月学校に通っても、最後まで持てなかった。

それはなぜだったのかというと、話し言葉のテクニック がなかったからだと、今となってはわかるのだけれど、
当時はそんなこと全くわからなかった。

★★★★★

けどもしも当時の私が今と同じくらい英語を話せたとしても、
語学学校ではまず先生が授業の大半喋っていて、教室には私の他に10〜15人もの生徒がいて。。。そんな中で一人が続けて10分も20分も話せるわけが・・ない。


一クラスにクラスメイトが10〜15人もいるからといって授業料が1/10〜15になるわけではないが、
一クラスにクラスメイトが10〜15人もいたら、授業の一人あたりの持ち時間はどうしたって1/10〜15になってしまう。(ESLでの生徒一人当たりの持ち時間と、日本の英語教育。を参照。)


・・・・・

FOLLOW THE DUCK、授業中静かすぎる、完璧主義すぎる、、、

彼女が語った「アジア人留学生の印象」は、次回に続く。


<関連エントリ:カナダで生活しているのに、「日本人と韓国人の友達しかいなかった」理由。

*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのため2月11日(日本時間)から日本でレッスンをしています。

今回のレッスンでの生徒さんとの写真を頂いたのでご紹介します。(掲載の許可を頂いています。)
先生2月
この方は去年の12月からレッスンに参加され、今月ワーホリでバンクーバーに渡られるそうです。
日本からカナダに渡る安いチケットの購入、バンクーバーでの滞在先の確保は既に先生のサポートで終えられ、
バンクーバーでは1対1の個人レッスンを受けられるのはもちろん、お仕事のサポートも受けられますし、レッスンの一環の旅行への参加権も持たれています。

***

現在日本各地で無料体験レッスン及び前回からの続きの無料レッスンを行われている先生ですが、ご要望にお応えし今回から、Skypeでの無料体験レッスンが開始されたそうです。

Skypeで無料体験レッスンを受けられて希望される方は、Skypeでのレッスンを継続していくことができます。
Skypeでのレッスンも、先生と直接会ってのレッスンとまったく同じ方法を使って行われます。無料カウンセリングももちろん受けることができます。
***


またこの2月より、
バンクーバーで先生のレッスンを受けて帰国された元生徒さんを中心に英語やカナダでの生活は実際どんなものなのか、先生が日本にいない間も継続的に経験者から直に学んでいくという試みがスタートするそうです。

元生徒さんを中心にカナダ留学・ワーホリに向けて週1の頻度で準備をしていくというこの試みは、来週まずは東京でスタートとなります。(今後他の都市でも行われていく予定だそうです。)

カナダから帰国したばかりの生徒さん達が、
このブログからだけでは分からないカナダでの実際の生活や仕事、旅行、もちろん英語や、英語のカルチャー についてのアドバイスや知識・経験を、直接シェアして下さいます。(元生徒さん達が「教える」ということはしません。)

カナダで先生のレッスンを受ける前に語学学校に通っておられた方もいらっしゃるので、先生のレッスンと語学学校は何がどう違うのかといった点についても、直接詳しく聞くことができます。

日本で無料体験レッスンを受けられた方で、カナダでも先生のレッスンを受けられる方はどなたでも参加することができます。

***

先生が日本でレッスンをするのは、今年で2年目、今回で通算5回目になります。

日本での継続的な無料レッスン&無料カウンセリングにより、カナダに渡る前に英語初心者を卒業、"RAW"の状態を卒業します。

日本でのレッスンも、私がバンクーバーで受けていたレッスンとまったく同じ方法を使って行われます。よって、カナダに渡る前にどのようなレッスンなのかを試すことができます。カナダでもレッスンを続けたいかどうかは、無料体験レッスンを受けた後に決めることができます。

先生のレッスンでは「暗記」はしません。 英語を「暗記」ではなく「経験」して学ぶので、一旦身につけたら一生忘れません。
カナダで語学学校に通う必要はありません。



先生はネイティブイングリッシュスピーカーですが、日本語も話せます(し、読めますし、書けます)ので
まったくの英語初心者の方でも無料体験レッスンを受けることができます


日本での無料体験レッスン&無料カウンセリングで得て頂けるものは、

1.「英語は難しい」という固定観念を捨てて、日本にいる間に初心者レベルを卒業すること。
2.レッスン以外の時間にも効率的に英語を伸ばしていくための、具体的なアドバイス。(単語を覚えたり、文法書を読んだりすることではありません。)
3.ビザや航空券や、ベストな渡航時期、治安が不安な地域の情報など、カナダに渡るために役立つ情報。
4.王道のワーホリしないためのアドバイス。


となっているそうです。

カナダでより効果的に早く目標を達成し、かつ、余計なお金を使わずに留学/ワーホリをするためのプランを先生と一緒に作ることができるので、一般的にカナダワーホリに必要だとされる100~120万よりずっと安くカナダワーホリができます。



カナダに渡る前に、日本で時間をかけて準備をすることができるので、日本にいる間に英語初心者を卒業できます。
そうしてカナダでは短期間で英語を仕事でも通用するレベルに到達させ、カナダでの生活費はカナダで稼ぐ(そのための最低時給を上回る仕事もご紹介されるそうです)というのが目標の一つです。

(カナダで受けることができるレッスンには、
カナダバンクーバーでの1対1でのレッスンに、日本からの安い航空券を買うためのサポート、空港ピックアップ、ホームスティのサポート、バンクーバーのあるB.C州の最低賃金を上回る仕事のご紹介(カナダのカフェやレストランで働けば、英語は伸びる、のか? )や、レッスンの一環の旅行(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得)の割引などが含まれたコースがあるそうです。)

カナダで”FOLLOW THE DUCK" になりたくないという方は、ご一報下さい。
携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生か、Keikoさんの方へ直接お願いします。)


*ワーホリ資金50~70万円でカナダに渡り、バンクーバーでレッスンを受け、最近日本に帰国されたKeikoさんが、日本やバンクーバーでのレッスンの詳細について電話でのお問い合わせに答えてくださるそうです。
コースの詳細や予約の方法などに関するご質問も受け付けておられます。
Keikoさんは語学学校には行かれていません。

**
・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は国際線エアラインのフライトアテンダントをされている元生徒さん→日本人のワーホリに対する、あるカナダ人の視点。
・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は外資系企業でプロダクトマネージャーを勤めておられる元生徒さん→英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気。
・バンクーバーで ”語学学校に5カ月通っても何も変わらなかった”のに、先生のレッスンを2ヶ月間受け、初めて会う人達から「何年カナダにいるの?」「日本人?? 日本人の話す英語じゃない」と言われるようになった、元生徒さんのブログ→ワーホリホリ えいゴリラ in Canada


◆前回までの日本でのレッスンの様子はこちらの過去エントリをご覧ください。

英語で話すとき、「小さなこどもに戻ったような気がする・・」ワケ。

日本で英語を「勉強」していたとき、私がしていたこと。

単語と文法を覚えることで少しでも多く「知識」を蓄え、
その「知識」を使って
日本語で書かれた文章を英語に訳すこと。

日本語の単語一つひとつに対応する英単語を調べて、英語の”文法的に”正しい語順になるように、最後に並べ変える。


そうやって日本で英語を散々長い間「勉強」したにも関わらず、
英語がまったく話せないので、
カナダでも語学学校に通い、またまた英語を「勉強(=文法と単語を暗記)」することにした私。。。


そうして3ヶ月が過ぎたが、自分が”英語を話せている”という感覚がない。

自分は20歳を過ぎた大人なのに、
英語で話すときには、小さな子どもに返ったような気分になる。


当時は、その理由は
自分に単語力がないから・・・
とか、
文法の理解がまだあやふやだから・・・なのだろうと思っていたが、

何度も書いてきた通り、
単語や文法の知識なんて”英語が話せている”という感覚をもつためにまず必要なものなんかではない。
英語を効果的に勉強するを参照。)

バンクーバーで私が個人で受けていた英語のレッスンで、それを実感したことがあった。

★★★★★

ある日、レッスン場所であるダウンタウンのカフェに私が着いたとき、
私としては早めに行ったつもりだったのだが、先生がもう先に来て席に座っていた。

私は「そうだ、レッスンの前にトイレに行っておこう」と思い、
”Can I go to the washroom? (トイレに行っていいですか?)” と先生に言って、トイレに向かった。

(トイレはtoiletと言っても通じるのだが、toiletという語は便器そのものを指す場合もあるので、普通はwashroomを使う。
ちなみに国や地域によってトイレの呼び方というのは違い、カナダではwashroomでも、アメリカに旅行したときにはrestroomやbathroomをよく聞いた。)


私が席に戻った瞬間、先生にこう言われた。

”Coco、さっき’Can I go to the washroom?'って言ったね。
その文章に使われている単語一個一個は何も間違ってないし、文法だってどこもおかしくないよ。

もしCocoが小学生だったら、僕はたぶん何も言わないだろうと思う。
でも、Cocoはもう大人だよね? 

大人のレディが、トイレ行ってきていいですかって、面と向かって言うのは・・・ちょっと子どもっぽいっていうか、ダイレクト過ぎるんじゃないかな?

もしここが日本で、僕達が日本語で話していたとしてもそんな風に言うのか、考えてみて。

わざわざトイレがどうこうなんて言わなくても、
'Give me second.(ちょっと待ってて下さいね)' とか、 'I'll be back.(すぐ戻ります)' とだけ言って席を離れた方が、
スマートに聞こえるというか、歳相応の話し方をしてるっていう気がしない?。”

と。



・・・たしかに。
私はただ頭に浮かんだ文章を、日本語から英語に直訳して口に出しただけだったのだけれど、
「トイレに行く」なんて、このシチュエーションで先生に対してはっきり言う必要などなかったと私はそこで初めて気がついて、同時に自分の発言がちょっと恥ずかしくもなった。

(まあ相手が先生でよかったと、今となっては思うけれど。だってこれがもし自分の気になる異性だったりしたら・・・。)


★★★★★


これを言ったら相手がどう思うか、どう感じるかなんて考えることもなく、
言いたいことをストレートにそのまま言う。

それはつまり、”子ども”で、

相手との関係性や状況に応じて、言い方(伝え方)を柔軟に変えることができる、

それが”大人”というものではないだろうか。



自分の母国語である日本語でだったら、そんなこと考えるまでもなく、自然にしているはずのことなのだけれど、

でもそれが英語になると、

・・・できない。



どんなに単語や文法を覚えようが、語学学校のテストで良い点を取ろうが、
私が英語を話すときにしていたことというのは、
頭に浮かぶ日本語を左から右へただただ、直訳すること。

当時の私が、英語で話すときいつも自分が小さな子どもにかえったかのように感じていたのは、
当然と言える。


<関連エントリ:
「赤ちゃんのようになら英語が喋れる」
英語を話す時と日本語を話す時の精神年齢は同じ?


*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために2月11日(日本時間)に来日します。

先生が日本でレッスンをするのは、今年で2年目、通算5回目になります。

もし2月の日本での無料体験レッスン/無料レッスンに関する先生からのメールがまだ届いていないという方がおられましたら、大至急ご一報ください。

11日から、日本各地で先生の無料体験レッスン、及び、カナダワーホリ・留学に関する無料カウンセリングが行われます。
希望者多数のため、今回の無料体験レッスンは数人のグループのレッスンとなるそうです。


日本での継続的な無料レッスン&無料カウンセリングにより、カナダに渡る前に英語初心者を卒業、"RAW"の状態を卒業します。

日本でのレッスンも、私がバンクーバーで受けていたレッスンとまったく同じ方法を使って行われます。よって、カナダに渡る前にどのようなレッスンなのかを試すことができます。カナダでもレッスンを続けたいかどうかは、無料体験レッスンを受けた後に決めることができます。

先生のレッスンでは「暗記」はしません。 英語を「暗記」ではなく「経験」して学ぶので、一旦身につけたら一生忘れません。
カナダで語学学校に通う必要はありません。



先生はネイティブイングリッシュスピーカーですが、日本語も話せます(し、読めますし、書けます)ので
まったくの英語初心者の方でも無料体験レッスンを受けることができます

レッスンはお住まいの地域の最寄の新幹線駅近くのカフェにて行われます。
これまでに、北海道・東京・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・岡山・広島・愛媛・福岡・鹿児島でレッスンが行われましたが、その他の地域/都市でもレッスン可能な場合があるそうなので、ご相談ください。

日本での無料体験レッスン&無料カウンセリングで得て頂けるものは、

1.「英語は難しい」という固定観念を捨てて、日本にいる間に初心者レベルを卒業すること。
2.レッスン以外の時間にも効率的に英語を伸ばしていくための、具体的なアドバイス。(単語を覚えたり、文法書を読んだりすることではありません。)
3.ビザや航空券や、ベストな渡航時期、治安が不安な地域の情報など、カナダに渡るために役立つ情報。
4.王道のワーホリしないためのアドバイス。


となっているそうです。

カナダでより効果的に早く目標を達成し、かつ、余計なお金を使わずに留学/ワーホリをするためのプランを先生と一緒に作ることができるので、一般的にカナダワーホリに必要だとされる100~120万よりずっと安くカナダワーホリができます。
この2月までに参加される方だけ、先生のレッスンのInformation Centre名古屋開設記念で割引があるそうです。


カナダに渡る前に、日本で時間をかけて準備をすることができるので、日本にいる間に英語初心者を卒業できます。
そうしてカナダでは短期間で英語を仕事でも通用するレベルに到達させ、カナダでの生活費はカナダで稼ぐ(そのための最低時給を上回る仕事もご紹介されるそうです)というのが目標の一つです。

(カナダで受けることができるレッスンには、
カナダバンクーバーでの1対1でのレッスンに、日本からの安い航空券を買うためのサポート、空港ピックアップ、ホームスティのサポート、バンクーバーのあるB.C州の最低賃金を上回る仕事のご紹介(カナダのカフェやレストランで働けば、英語は伸びる、のか? )や、レッスンの一環の旅行(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得)の割引などが含まれたコースがあるそうです。)

カナダで”FOLLOW THE DUCK" になりたくないという方は、ご一報下さい。
携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生か、Keikoさんの方へ直接お願いします。)

**
・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は国際線エアラインのフライトアテンダントをされている元生徒さん→日本人のワーホリに対する、あるカナダ人の視点。
・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は外資系企業でプロダクトマネージャーを勤めておられる元生徒さん→英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気。
・バンクーバーで ”語学学校に5カ月通っても何も変わらなかった”のに、先生のレッスンを2ヶ月間受け、初めて会う人達から「何年カナダにいるの?」「日本人?? 日本人の話す英語じゃない」と言われるようになった、元生徒さんのブログ→ワーホリホリ えいゴリラ in Canada


◆前回までの日本でのレッスンの様子はこちらの過去エントリをご覧ください。

カナダ現地人がもつ、「アジア人留学生の印象」とは?:2

雪山

日本人や韓国人の留学生からはすごーくよく聞くのに、
「ヨーロピアンやメキシカン、南米人の留学生からはまったく聞かない英語」というのがある。

それは、”my agency(私が使っている留学エージェント)” という言葉。

”my agencyにすすめられた学校に通っている。”
”my agencyが「3ヶ月」って言ったから3ヶ月学校に申し込んだ。”
”何かするにはまずmy agencyに相談をしないと。”





バンクーバーにはアジア人の留学生が多く、ダウンタウンを歩けば、日系または韓国系の留学エージェントがいたるところにある。(http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-237.html" target="_blank" title="ESLに行きさえすれば安心・・?の心理。">ESLに行きさえすれば安心・・?の心理。を参照。)

でもヨーロッパ系や南米系のエージェントというのは、まったくと言っていいほど、見かけない。

もしかして留学エージェントというのはアジア独特のもので、他の地域にはないのか??と思って、フランス・イタリア・スペイン・ノルウェー・スイスにドイツ、メキシコ・チリ・ブラジル出身の何人かの友達/知り合いに聞いてみたところ、
まとめると、
留学エージェントがまったくないわけではない、でも日本や韓国のように、エージェントを使うのがそれほど一般的というわけでもない、
ということがわかった。

それに、例えエージェントを使っても、日本人や韓国人ほどエージェントに頼ろうと思っていない、というか、頼ろうとも思っていない。

だから私は”my agency”という言葉を彼らから聞いたことがないんだろうと思う。


★★★★★

アジア人留学生にとって、FOLLOW THE DUCKのTHE DUCK(先頭のアヒル)とは、もしかして留学エージェントじゃないんだろうかと時々思うことがある。

というのも、あるイベントで知り合った韓国人の留学生が、
”放課後は大体いつもエージェントに寄ってみんなでおしゃべりしている”
と言っていて、
その2ヶ月後にまた会った時には、
”最初エージェントにすすめられた学校にはトータル3ヶ月通ったんだけど、やっぱそれだけじゃ足りないから、エージェントに相談して来週から別の学校にもう3ヶ月通うことにした。”
と言っていた。

私が”エージェントにすすめられて行った学校に通って話せるようにならなかったのに、何でまたエージェントに相談をするの?”と聞いたら、
彼女は”だってエージェントを通した方が学費が安くなるから。”と言う。

私は、いくら学費が安くなっても、効果がなかったら(英語が話せるようにならなかったら)意味がないのでは?と思ったけれど、
彼女は”学校に行って新しい単語とか文法を習うと、勉強してる!っていう気がするから、英語は難しいけど、私にとって学校に通うのはいいこと。”と言っていたから、
私は別にそれ以上は何も言わなかった。


★★★★★

日本からバンクーバーに渡ったばかりの私にとっては、
エージェントとは
①語学学校を紹介してもらう所
か、または
②何か困ったことがあったら相談に行く所
だという認識があった。


でも私は、
エージェントにすすめられた語学学校の一つに通ったが、自分が英語が話せるようになったとはまったく思えなかった。

それでもう英語に関してエージェントに相談するのは止めようと、学校を卒業したときに思った。

当時は学校に通って英語を勉強する以外にどうしたらよいのかわからなかったので、自分であちこちの語学学校(バンクーバーには100校以上の語学学校がある)の体験レッスンを受けてみた。
知り合いの紹介で、英語を個人で教えている先生の体験レッスンを受けたのもその頃だった。

その先生のレッスンを受けるようになると、私の英語に対する考え方は根本から変わり、

学校に通っても英語が話せるようにならない、
のではなくて、
学校に通うから英語が話せるようにならない、

つまり学校に通って単語や文法を暗記してばっかりいるからこそ話せるようにならないのだということが、わかるようになっていった。



バンクーバーで生活を始めるにあたり、ホームスティを頼んでいたエージェントからは、「何か困ったことがあったら相談してください」とは言われていたが、エージェントの人と電話で話したことが私の知らないところでホストファミリーに伝わっており、ホストマザーからすごい剣幕で怒られた私は、それからはもうエージェントに何かを言おうとも思えなかったし、ホストファミリーにももちろん何も言えないし(例え男女差別を受けようとも、どんなに理不尽なルールを押し付けられようとも・・)で、ただ契約期間が終わるまで黙って我慢することしかできなかった。(ホームステイのトラブルと、その対処?を参照。)

でも英語を個人で教わるようになった私は、
カナダで何か問題が起きた場合は、英語の/カナダのカルチャーを使って自分で解決することが可能なんだ、ということにも気がついた。


バンクーバーに着いたばかりの、何もわからなかった私にとっては大事だった①も②も、
いつのまにか自分にとって、まったく不要なヘルプになっていた。

だから私にとってエージェントから足が遠のくのは、ごくごく自然なことだった。

★★★★★


バンクーバーで何校もの語学学校に「転校」を繰り返す日本人や韓国人にはたくさん出会ったことがあるけれど、
”不思議”なことに、
そんなことをするメキシカンやヨーロピアンや南米人の留学生には、私は一度も出会ったことがない。


<関連エントリ:英語が話せるようになる具体的な方法って?
カナダ現地人がもつ、「アジア人留学生の印象」とは?



*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために2月11日(日本時間)に来日します。

先生が日本でレッスンをするのは、今年で2年目、通算5回目になります。


11日から、日本各地で先生の無料体験レッスン、及び、カナダワーホリ・留学に関する無料カウンセリングが行われます。

日本での継続的な無料レッスン&無料カウンセリングにより、カナダに渡る前に英語初心者を卒業、"RAW"の状態を卒業します。

日本でのレッスンも、私がバンクーバーで受けていたレッスンとまったく同じ方法を使って行われます。よって、カナダに渡る前にどのようなレッスンなのかを試すことができます。カナダでもレッスンを続けたいかどうかは、無料体験レッスンを受けた後に決めることができます。

先生のレッスンでは「暗記」はしません。 英語を「暗記」ではなく「経験」して学ぶので、一旦身につけたら一生忘れません。
カナダで語学学校に通う必要はありません。



先生はネイティブイングリッシュスピーカーですが、日本語も話せます(し、読めますし、書けます)ので
まったくの英語初心者の方でも無料体験レッスンを受けることができます

レッスンはお住まいの地域の最寄の新幹線駅近くのカフェにて行われます。
これまでに、北海道・東京・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・岡山・広島・愛媛・福岡・鹿児島でレッスンが行われましたが、その他の地域/都市でもレッスン可能な場合があるそうなので、ご相談ください。

体験レッスンの予約は先着順となっています。

日本での無料体験レッスン&無料カウンセリングで得て頂けるものは、

1.「英語は難しい」という固定観念を捨てて、日本にいる間に初心者レベルを卒業すること。
2.レッスン以外の時間にも効率的に英語を伸ばしていくための、具体的なアドバイス。(単語を覚えたり、文法書を読んだりすることではありません。)
3.ビザや航空券や、ベストな渡航時期、治安が不安な地域の情報など、カナダに渡るために役立つ情報。
4.王道のワーホリしないためのアドバイス。


となっているそうです。

カナダでより効果的に早く目標を達成し、かつ、余計なお金を使わずに留学/ワーホリをするためのプランを先生と一緒に作ることができるので、一般的にカナダワーホリに必要だとされる100~120万よりずっと安くカナダワーホリができます。
この2月までに参加される方だけ、先生のレッスンのInformation Centre名古屋開設記念で割引があるそうです。


カナダに渡る前に、日本で時間をかけて準備をすることができるので、日本にいる間に英語初心者を卒業できます。
そうしてカナダでは短期間で英語を仕事でも通用するレベルに到達させ、カナダでの生活費はカナダで稼ぐ(そのための最低時給を上回る仕事もご紹介されるそうです)というのが目標の一つです。

(カナダで受けることができるレッスンには、
カナダバンクーバーでの1対1でのレッスンに、日本からの安い航空券を買うためのサポート、空港ピックアップ、ホームスティのサポート、バンクーバーのあるB.C州の最低賃金を上回る仕事のご紹介(カナダのカフェやレストランで働けば、英語は伸びる、のか? )や、レッスンの一環の旅行(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得)の割引などが含まれたコースがあるそうです。)

カナダで”FOLLOW THE DUCK" になりたくないという方は、ご一報下さい。
携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生か、Keikoさんへ直接お願いします。)

**
・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は国際線エアラインのフライトアテンダントをされている元生徒さん→日本人のワーホリに対する、あるカナダ人の視点。
・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は外資系企業でプロダクトマネージャーを勤めておられる元生徒さん→英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気。
・バンクーバーで ”語学学校に5カ月通っても何も変わらなかった”のに、先生のレッスンを2ヶ月間受け、初めて会う人達から「何年カナダにいるの?」「日本人?? 日本人の話す英語じゃない」と言われるようになった、元生徒さんのブログ→ワーホリホリ えいゴリラ in Canada


◆前回までの日本でのレッスンの様子はこちらの過去エントリをご覧ください。

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

カナダから帰国して、現在は都内企業で英語を使って働いています。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「こんなのウソに決まってる、アリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになってますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ