単語や文法の暗記などではない・・海外に渡る前に「本当に」すべきこと、とは?

ワーホリでカナダに渡る前の私が日本でしていたこと。

・・・中学高校で散々してきた英語の「勉強」(=単語と文法の暗記)を、ひたすら繰り返すこと。

★★★★★★

既に何度も書いているけれど、ワーホリでカナダに渡る前、私は10社以上のエージェントに相談をしていた。

そのうちいくつかのエージェントの人には「カナダに行く前に何かしておいた方が良いこと、ありますか?」と聞いた。

得られたのは、
「中高時代の教科書を復習すること」
「英単語帳をとにかく一冊はマスターすること」
「TOEICやTOEFLの問題を解くこと」という、アドバイス。

つまりは単語と文法の暗記を”また”したら良いということであった。
続:ワーホリを始める前に「しておけばよかった」と思うこと。を参照。)

・・・それだけだった。



「中高時代の復習ですね、わかりました。けど私ほんとに英語話せないんですが・・。それで話せるようになりますか?」と聞いたら、

「会話は現地で練習すればいいことですから。
それより、今のうちに文法の基礎を固めたり、知っているボキャブラリーの数を増やしておいた方がいいですよ。」
と、エージェントの人は言う。

「はあ・・そんなものでしょうか。」

「今は話せなくても大丈夫です。行けば、何とかなりますよ。」



私は、(エージェントの人も言っていたように)カナダに行きさえすれば英語が話せるようになるはず・・と思う反面、
本当に1年やそこらで英語が話せるようになるんだろうかという不安もあった。
でも最終的には「何とかなるだろう」という希望的観測の方が勝っていた。

とにかく自分が会話ができないことはわかっていたので、「聞き流しでもいいからとにかく何百時間か何千時間か聞けば聞き取れるようになる」と英語の勉強本に書いてあるのを見つけて、わざわざ英会話のCDを買い、部屋で常にかけているようにして、リスニングを上達させようともしてみた。

けどそんなことをしてもやっぱり英語は話せるようになってはいかなかったし、聞き取れるようにもなっていかなかった。

何となく勉強した気にはなるけれど、自分の身に着いているという感覚はなかった。


けど当時の自分としては、その頃自分なりにできることはやっているつもりだった。
カナダに渡る前の自分には英語の勉強以外にやること(仕事とか、渡航の準備とか、友達とも今のうちに遊んどかなきゃだし!)も当然あるし、
「とりあえず今はこんなことしかできないけど、でもカナダに行って集中して英語に取り組めば、話せるようになる、はず・・」と、自分に言い聞かせていたようにも思う。


・・・他のことには「石橋を叩いてから渡る」性格なのに、
ワーホリに限っては「何とかなる」で飛び込むことができたのは何でなのか、自分でもわからない。
英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気。

★★★★★

当時ワーホリをしている/いた人たちのブログを結構読んでいた私は、バンクーバーに着いたばかりの時には「語学学校に行かないという選択肢もあるのではないか・・?」と実は思っていた。
でもそこで「エージェントに頼らない」という決心ができなかったものだから、エージェントの人がすすめる語学学校の体験レッスンを受けて回るうち、他に道はないような気もしてきて、「とりあえず学校に通ってみよう」と思うようになった。

だって英語圏の国に来たはいいが、肝心の英語が話せずに、それで一体何をしたらよいのか自分でもわからない。

英語以外に自分がカナダで一体何をしたいのか。何ができるのか。

何も考えていなかったので、
語学学校に行きでもしなければ、他にすることがない。

というか、その頃の自分にカナダでできることなんて、「学校で英語を勉強することくらいしかない」とすら思った。


そして日本で中高の6年間、ずっとやってきたこと(=単語と文法の暗記)を、
今度は本気でやりさえすれば話せるようになるはずだと信じて、語学学校に3ヶ月の申し込みをした。


そしてあっという間に3か月が過ぎ、語学学校の卒業が近づいてきた。

ワーホリ1年の期限の1/4がすでになくなっているのに、自分で自分が英語を話せているとは、思えない。

自分の英語が「何とかなった」とは、全然思えなかった。


★★★★★


日本にいる間、すでに中学高校で散々やってきたこと(=単語と文法の暗記)を”また”やって、
ワーホリが始まったら、語学学校に通って”またまた”同じことをする。

いくらそんなことをしても”自分が英語が話せている”という感覚はもてず、時間だけが経ち、気が付けば帰国の日が迫っていて、
「英語が話せるようにならなかったのでせめてTOEICだけは・・・」ということで、”またまたまた”単語や文法を暗記する。
日本人が経験する、ワーホリの“王道”プランとは。


それでもやっぱり「カナダに行く前にしておいた方が良いことは、単語と文法の暗記」・・・・・・・なんだろうか?




*****オンライン説明会*****
下の動画は、私が英語を個人で習った先生の元生徒さんのお一人と日本人カウンセラーの方からの、カナダでの生活に準備するためのアドバイスです。
これからカナダに渡ろうと考えておられる方に有益と判断し、掲載を許可させて頂きました。
カナダで実際に生活をしたからこそわかるリアルな声であり、私も完全に同意見です。

このお二人とも、Skypeで直接お話しして頂くことができます。

<カナダへ留学・ワーホリを考えている方へ向けたオンライン説明会#1(OliviaさんIntroduction) >

ここからの動画に出ておられるOliviaさんからのメッセージは語学学校を卒業して初めて「見える」ようになったこと。をご覧ください。


こちらの男性はレッスンの日本人カウンセラーであるEthanさんです。

ここからはOliviaさんが「カナダに渡る前に準備しておくべきこと・心構え」について話しておられます。
<カナダへ留学・ワーホリを考えている方へ向けたオンライン説明会#2(Goal)>


<カナダへ留学・ワーホリを考えている方へ向けたオンライン説明会#3(Budget)>


<カナダへ留学・ワーホリを考えている方へ向けたオンライン説明会#4(Hobby)>


<カナダへ留学・ワーホリを考えている方へ向けたオンライン説明会#5(Who am I)>


<カナダへ留学・ワーホリを考えている方へ向けたオンライン説明会#6(NOT Follow the duck)>


******
今日本におられ、今後カナダに渡ることを考えておられる方を対象にした先生のレッスンでは、Skypeと、日本で対面でのレッスンを受けることができ、英語を伸ばすだけでなく、カナダ留学やワーホリのためのカウンセリングも受けることができます。

何も準備をせず、何もわからず、英語も話せないままにカナダに渡る・・のではなく、石橋を叩いてからカナダに渡ることができます。


*****お知らせ*****

私がバンクーバーで個人で英語レッスンを受けた先生が、現在バンクーバーだけでなく、年に何回か日本や中国でもレッスンをされています。今年はあと2回、10月と12月に来日を予定されているそうです。
またフィリピンでもレッスンが始まります。

バンクーバーには私が習った先生の他にも先生がおられます。
今年他のカナダ人の先生方も一緒に来日をされる予定だそうです。

英語を使って働く、旅行する、友達を作る、海外でしかできないことをする・・・
英語に関する夢を叶えるために海外に渡る前に、何をどうやって準備したらよいのか、
日本語を交え日本で直接先生方がご説明し、アドバイスを差し上げます。

また今年からSkypeレッスンも開始されています。

Skype及び対面での、日本にいる間の継続的なレッスン&カウンセリングにより、カナダに渡る前に英語初心者を卒業、"RAW"の状態を卒業します。
現在の英語のレベルは関係ありません。

日本でのレッスン(Skype含む)も、私がバンクーバーで受けていたレッスンとまったく同じ方法を使って行われます。

先生のレッスンでは「暗記」はしません。 英語を「暗記」ではなく「経験」して学ぶので、一旦身につけたら一生忘れません。私のように語学学校に通う必要も、ありません。

カナダに渡る前に、日本で時間をかけて準備をすることができるので、日本にいる間に英語初心者を卒業し、そうしてカナダでは短期間で英語を仕事でも通用するレベルに到達させ、カナダでの生活費はカナダで稼ぐ(そのための最低時給を上回る仕事もご紹介されるそうです)というのが目標の一つです。
(カナダで受けることができるレッスンには、カナダバンクーバーでの1対1での個人レッスンに、日本からの安い航空券を買うためのサポート、空港ピックアップ、ホームスティのサポート、バンクーバーのあるB.C州の最低賃金を上回る仕事のご紹介(カナダのカフェやレストランで働けば、英語は伸びる、のか? )や、レッスンの一環の旅行(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得)の割引などが含まれたコースがあるそうです。)

もし先生のレッスンを受けてみたいという方、
“王道”ではない留学/ワーホリをしたい方、
海外で”FOLLOW THE DUCK" になりたくないという方は、
ご連絡先を添えてコメント欄よりご一報下さい。携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。

***重要***
誰も教えてくれない、「ESL」の本当の意味。にある5つの動画と、その下にある「クイズ」を読んで頂き、5つの動画の中からお好きなものを一つだけ選んで(1)お名前 (2)解答 (3)受講されたいレッスンのコースを添えて先生の方へメールがSkypeでご連絡頂くと、全問正解された方はレッスン料の割引を受けることができるそうです。
去年も行われたレッスン費用の割引キャンペーンは、今年も人数&期間限定で始まるそうです。

(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生へ直接お願いします。)


    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

語学学校を卒業して初めて「見える」ようになったこと。

語学学校(ESL)に通っているとき、私には日本人と韓国人の友達しかいなかった。(カナダで生活しているのに、「日本人と韓国人の友達しかいなかった」理由。

というか、そもそも私の通っていた学校では、90%ぐらいが日本人か韓国人の生徒だった。


語学学校にはみんな(当然のことながら)「英語が話せるようになりたくて」来ている。

けどそこでは私たちが母国でずっとやってきたような「勉強」(=単語と文法の暗記)しかしないから、
なかなか英語が話せるようにはなっていかない。

いくら生徒たちが母国のカルチャーと英語とが混ざった”不自然な英語”で話していても、教師たちは別に何も言わないし、
不自然な英語を話す人ばかりにずっと囲まれていれば、いつの間にかそれが自分にとっての”自然”になっていたりもする。

私の韓国人の友達から聞いた限りでは、日本と韓国では英語の勉強の仕方もよく似ているし、考え方や価値観(カルチャー)も、共通点が多い。


だから語学学校に通い、海外にいながらなお母国のカルチャーの”箱”の中に留まっていることは、
多くの人にとって快適なものである。(”箱”とは?→英語を身につけたいなら、Get out of the box!を参照。)

学校の外で、語学留学生ではない人と話す機会があったとしても、会話が・・・続かない。
聞き返されてばかりだし、言いたいことも思うように伝わらないし、仲よくもなれない。

ますます、留学生同士で一緒にいるのが心地よく感じるようになる。


★★★★★


ワーホリでカナダに渡る前に、ワーホリして語学学校に通った/ている人のブログをいくつも読んでいたのに、その中のどれにも「英語が話せるようになった」と書いてあるのを見たことがなかった私は、本当に学校に通った方がよいのかよくわからなかったのだが、他に相談できる人もいないので、学校についてエージェントに相談をしていた。。。

ある時「語学学校に通うメリットは何なのでしょうか?」と聞いたら、
「学校に通えばそこで出会う人たちからも仕事や家の情報が得られますよ。」
と言われたことがある。

たしかに私が通った学校には日本食レストランやコリアンレストランで働いている人が多くいたので、どのレストランが求人しているかという話はよく聞いたし、ホームスティやシェアハウスの情報も得られた。

けど
私が語学学校で出会う、自分と同じような境遇、自分と同じ/同じようなカルチャーをもつ人たちから得られる情報は、自分がすでに持っている情報と、大して変わり映えがしなかった。

それに、そういう”情報”を聞けば聞くほど、
私たちは英語を上達させるために語学学校に通っているはずなのに、なぜ仕事先が日本食レストランかコリアンレストランにほぼ絞られているのか?という疑問が生じたし、
私たちはカナダに来たはずなのに、クラスメイトのホームスティ先が必ずフィリピン系か韓国系の家庭だったことも、
シェアハウスもルームメイトがきまって日本人か韓国人の留学生同士ばかりなことも、不思議だった。


★★★★★


語学学校に3か月通い卒業したはいいが、自分が英語を話せているという気がまったくしなかった私は、英語を個人で習うようになり、そうしたら、”語学学校ではまず出会わないような人”と知り合う機会が急速に増えていった。

語学学校の先生は”アジア人は英語が話せるようになるのは難しい”なんて言っていた(「日本人が英語を話すのは難しい」、は大間違い。3)が、
語学学校の”外”には、英語を流暢に話すアジア人なんて普通にたくさんいる。

”「アジア人」は英語が話せるようになるのは難しい” のではなく、正確には
”「語学学校に通っているアジア人」には英語が話せるようになるのは難しい”のだと、よくわかった。


私が語学学校で知り合うのは日本食レストランやコリアンレストランで働いているアジア人ばかりだったが、
語学学校を卒業したら、
日本食レストランやコリアンレストランで働いているアジア人と知り合う方がむしろ難しくなったし、
ホームスティをしている人もいないし、留学生とだけ一緒に住んでいる人も、いない。


・・・語学学校を卒業したら、自分がそれまで持っていた情報とは、全然違う情報が入ってくるようになった。

http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-161.html" target="_blank" title="箱">箱を出て語学学校の”外”に目を向けると、
そこには自分とは違う考え方や価値観をもつ人たち、自分とは違うバックグラウンドをもつ人たち、自分とは違う知識やネットワークを持っている人たちが、たくさんいるのだった。


*****オンライン説明会*****
下の動画に出ておられるのは、前回の記事の動画にも出ておられる、バンクーバーで私が受けた個人の英語のレッスンを日本とバンクーバーで受けられた生徒さんのうちのお一人、Olivia(イングリッシュネーム)さんです。
これからカナダに渡ろうと考えておられる方に有益と判断し、掲載を許可させて頂きました。
カナダで実際に生活をしたからこそわかるリアルな声であり、私もまったく同意見です。

<カナダへ留学・ワーホリを考えている方へ向けたオンライン説明会#11(カナダでの家探しについて) >


Oliviaさんから、下記メッセージも頂きました
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私はcocoさんのブログのファンです。
英語を手っ取り早く身につけたいな~英語圏で生活してみたいな~と思っている時に、
たまたま見つけたのがcocoさんのブログで、記事を全て読み込み、コンタクトをとり、
そして今はバンクーバーで、レッスンを終え、伸び伸び暮らしているところです。

何かお手伝いできればと思い、movieを撮ってUPしてもらっています。
ふざけて撮った“たぬきうどん”がまさかUPされるとは…!と衝撃でしたが、
減る物でもないので、まあいっかという心境です。
日本に住んでいる時なら、絶対に断っていたと思います。
あまり色々なことが気にならなくなる(何事にも寛容になる)のも、
日本を抜け出て得たことの一つかなと思います。

さてさて、
みなさんはどうして英語を身につけたいのですか?また、ゴールは決まっていますか?

・効果的に手っ取り早く英語をマスターしたい!
・日本人英語から卒業したい
・ネイティブとの会話を臆せず続けたい
・日本の英語教育に不満がある(中高で勉強したのになぜ喋れるようになっていないの?)
・周りからは英語が多少できると思われているが、自分では全然納得できていない
・学校とか宿題とか嫌い!

こんな気持ちを抱いている方とはお話が合いそうです。

現地での利点は、何より言葉のシャワーを浴びられる。
日常の何気ない1コマから、言いまわしやジェスチャーを覚えられる。
今日覚えた表現を生身の人間相手に使える。
自分を取り巻くまわりのすべてが生きた教材だということです。

とはいえ、言葉を磨くには何より環境が大事だと思っています。
せっかく外国に来たのに、自国の友達とつるんで、
母国語しか使わない環境に身を置いていたら一向に伸びません。
外国に来たから、留学したから、イコールその国の言葉が伸びる!というのは大間違いで、
やはり“何事も自分次第”であることには変わりありません。
経験に基づいていない言葉はすぐに忘れます。

あーもう学校行きたくないなー、
日本語でも説明できないようなお題についてみんなの前で発表とかだるいなー
誰かが質問してる間、待ってる時間が無駄だなー
宿題多すぎてやだなー
など、いい年した大人が考えるようなことではないことを思っていました(笑)

けれど、いい年をした大人だからこそ余計に時間が貴重なので、
上記のような感想を抱かせるESLではなく(勝手に自分が思ってることですし、全てのESLがそうだとは思いませんが)
先生を一人占めできるマンツーマンレッスンがよかったのです。
グループレッスンを試してみたいなら、無料のカンバセーションクラブとかに参加すればいいと思います。

実際のレッスンは、カフェでおしゃべりの延長のような感じで、リラックスした雰囲気で行われます。
自分のLazinessに嫌になることはあっても、語学学校で感じたイライラはありませんでした。

そして、実際にレッスンで得た内容を外で使ってみると、
周りの人の私の英語を聞く態度が変わりました。
「日本人の英語じゃない」
「カナダで生まれ育ったんだよね?」
等々のコメントをもらうようになり、
今まで英語を話している時はまるで自分が2歳児のような気分だったのが、
やっと精神年齢においつき、ネイティブとも対等に話せている感があります。

長年の英語コンプレックスから解放されて、純粋に嬉しいので、
その思いを綴っているのですが、なんだか胡散臭い広告のような文面になっていますね。
でも、本音なので書きなおしません。

このブログを読まれて、どうしようか悩んでいる方の手助けになれば、と思っております。

本気で英語を伸ばしたい!
新しいカルチャーに出会って新しい自分を見つけたい!
とにかく日本から抜け出したい!
という方がいらっしゃれば、お話をききます。
ただ、本気の方だけ、でお願いします。

Skypeにて、簡単な自己紹介を添えてメッセージを残しておいてください。

make_hay_while_the_sun_shines
(Skype IDです)

それでは~☆

♪Olivia♪

バンクーバー English Bayバンクーバー English Bayバンクーバー Garibaldi Lake

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
カナダ留学・ワーホリしてみたいけど迷っている、レッスンやカナダ生活についてもっと聞いてみたい・・という方は、OliviaさんとSkypeで直接お話しして頂くことができます。


*****お知らせ*****

私がバンクーバーで個人で英語レッスンを受けた先生が、現在バンクーバーだけでなく、年に何回か日本や中国でもレッスンをされています。(今年はあと2回ほど来日の予定があるそうです。)

今年から、対面でのレッスンの他にSkypeでもレッスンをされており、さらにフィリピンでもレッスンが始まります。

日本にいる間に受けることができるSkypeまたは対面でのレッスンでは、英語を伸ばすだけでなく、カナダ留学やワーホリのためのカウンセリングも受けることができます。

誰も教えてくれない、「ESL」の本当の意味。にある「クイズ」を読んで頂き、(1)お名前 (2)解答 (3)受講されたいレッスンのコースを添えて先生の方へメールがSkypeでご連絡頂くと、全問正解された方はレッスン料の割引を受けることができるそうです。

***

先生のレッスンではSkypeまたは対面での、日本での継続的なレッスン&カウンセリングにより、カナダに渡る前に英語初心者を卒業、"RAW"の状態を卒業します。
現在の英語のレベルは関係ありません。

日本でのレッスン(Skype含む)も、私がバンクーバーで受けていたレッスンとまったく同じ方法を使って行われます。

先生のレッスンでは「暗記」はしません。 英語を「暗記」ではなく「経験」して学ぶので、一旦身につけたら一生忘れません。私のように語学学校に通う必要も、ありません。

カナダに渡る前に、日本で時間をかけて準備をすることができるので、日本にいる間に英語初心者を卒業し、そうしてカナダでは短期間で英語を仕事でも通用するレベルに到達させ、カナダでの生活費はカナダで稼ぐ(そのための最低時給を上回る仕事もご紹介されるそうです)というのが目標の一つです。
(カナダで受けることができるレッスンには、カナダバンクーバーでの1対1での個人レッスンに、日本からの安い航空券を買うためのサポート、空港ピックアップ、ホームスティのサポート、バンクーバーのあるB.C州の最低賃金を上回る仕事のご紹介(カナダのカフェやレストランで働けば、英語は伸びる、のか? )や、レッスンの一環の旅行(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得)の割引などが含まれたコースがあるそうです。)

もし先生のレッスンを受けてみたいという方、
“王道”ではない留学/ワーホリをしたい方、
海外で”FOLLOW THE DUCK" になりたくないという方は、
ご連絡先を添えてコメント欄よりご一報下さい。携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。

去年も行われたレッスン費用の大幅割引キャンペーンは、今年も12月から期間限定で始まるそうです。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生へ直接お願いします。)


    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

バンクーバーで洗脳される前に知っておくべきこと、とは?

ワーホリでカナダに渡る前、私は10社以上の留学エージェントに相談をしたのだが、どこのどんなエージェントからも「最低3ヶ月は学校に通いましょう。」と言われた。

「でも私全然英語が話せないんですが。。 3ヶ月で英語が話せるようになるものなんでしょうか?」と聞くと、

「それはもちろん長く通えば通うほどいいですよ。英語は積み重ねですから。たくさん勉強すればするほど上手になりますよ。半年とか通う方も結構おられますよ。」と言われたので、

「半年ですか・・・。でも1年の期限のワーホリで半年の語学学校は長すぎるような気も。う~ん・・・。」と言ったら、

「ですから始めはまず3か月くらい通われて、足りなければ延長すればいいですよ。」

(人により多少言葉は違っても) 「学校は最低3か月。長く通えば通うほど良い。」と繰り返し言われ続けた。


エージェントに相談をする前には、語学学校には最低3か月行くものだなんて思ってもいなかったし、むしろ当時のワーホリ経験者たちのブログを読んでいて語学学校に行っても英語を話せるようになったという人がいなかったことから、あまり積極的に通いたいとも思っていなかったのだが、

でも他にどうしたらよいのかもわからなかった。

10人以上ものカウンセラ-の人たちから「語学学校は最低3か月は行きましょう。もちろん長く通えば通うほど良いです。」と言われ続けたら、いつの間にか私も「・・そんなものなのかな・・?」という気がするようになっていた。


今思い返しても、「語学学校には行かなくてもいいですよ」とか、「勉強する期間は短ければ短いほど良い」と言う人は、ただの一人もいなかった。

見事に全員が同じことを言っていた。


バンクーバーに到着すると、さっそく翌日だったかその翌々日から私は語学学校の体験授業を受けてまわることになった。

しかし正直私にはどこの語学学校も同じに見えた。

一つの教室に先生が一人いて、生徒たちが10~15人もいて、先生が授業時間の大半喋っており、生徒はほぼ聞く側に回る。

教科書を読んでノートに書いてワークの問題を解いて、時々聞き取りを行う。

日本の中学高校で受けていた英語の授業と違うのは、先生が(大体は)ネイティブイングリッシュスピーカーで、授業も英語で行われるという点のみ。

クラスメイトの多くはアジア人で、休み時間には英語ではなく、それぞれの母国語が飛び交う。

・・・

だから私はある日、体験授業を受けた学校のカウンセラ-の人に、「この学校が、他の学校と違う所は何ですか?」と聞いてみた。

そうしたら、「生徒さん達が和気あいあいとして、仲が良いところです。うちは一旦卒業されても、また勉強したいって言って再入学される方がよくいらっしゃるんですよ。」と、長く通う生徒がいることを教えられたのだが、
私にはその答えがナゾだった。

・・・それって、この学校は卒業しても英語が身に着かないのです、と言っているようなものではないか・・?と思った。


その後も「この学校に通うメリットは何なのか」を見つけるためにいくつもの語学学校の体験授業を受けたが、
私が思うような答えを得られる学校は見つけられず、そのうち「どこも一緒なんだから、早く決めちゃえばいいのに。」というプレッシャーを、エージェントの人からも学校について毎日聞いてくるホストファミリーからも、感じ始めた。


最終的に、私は自分が通う語学学校を、”雰囲気”で決めた。

それ以外に他の学校と違うかもと感じる点は・・・見つけられなかった。

そして何の疑問ももたず、「3ヶ月」で申し込んだ。


★★★★★★

私は結局、洗脳されていたのだなと思う。

「語学学校は最低3か月。長く通えば通うほど良い。」の他にも、自分がワーホリをしようと決めてから受けた洗脳には数々ある。

・英語は難しい。(なぜか誰も指摘しない、英語が「難しいもの」になってしまう原因。

・日本人が英語を話せるようになるのは難しい。(http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-378.html" target="_blank" title="「日本人が英語を話すのは難しい」、は大間違い。">「日本人が英語を話すのは難しい」、は大間違い。)

・10代のうちならまだしも、大人になって英語を習得するのは難しい。(英語が話せるようになるまでにかかる時間は、どのくらい?

・英語は何年も何年も長い時間をかけて勉強するものだ。(http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-406.html" target="_blank" title="英語の勉強の「終わりのなさ」の、正体。">英語の勉強の「終わりのなさ」の、正体。)

・できるだけ多くの教材を買って、できるだけ長く学校に行った方が良い。(英語が話せるようになるために、必要な教材とは?

・語学学校に行かないと、友達を作ることができない。(友達が雪だるま式に増えるバンクーバー

・英語の勉強とはすなわち、単語と文法の暗記であり、それ以外に方法などない。(英語を効果的に勉強する

・ワーホリではまず語学学校に行って、それからレストランやカフェなどで働くのが王道。(日本人が経験する、ワーホリの“王道”プランとは。



私がバンクーバーで実際にワーホリをしてわかったのは、これらはすべて「そうだと信じている人はその通りになる」。

ただそれだけのことだということである。



多くの人がそうしているからといって、それがいつも正しいとは限らない。

多くの人がそう言っているからといって、それがいつも正しいとは限らない。

多くの人がそうしているからと言って、自分もそうしなければならないということはない。


結局自分がワーホリで何をしたいのか、何を達成したいのか、何を信じるか。

今の自分のワーホリに満足している人もいない人も、すべては自分の選択の結果、なのである。




***オンライン説明会***
下の動画は、カナダに渡る前に、私がバンクーバーで個人で受けた英語のレッスンの先生のレッスンを日本で受けられ、バンクーバーではレッスンを2か月受けられた生徒さんから、現在ワーホリを考えておられる方へのアドバイスです。
<カナダへ留学・ワーホリを考えている方へ向けたオンライン説明会#12(ESLに行かずに友達を作るには)>


下の動画は、先生のレッスンの日本人カウンセラーであるEthanさんからの、英語に自信をつけるためのアドバイスです。
<カナダへ留学・ワーホリを考えている方へ向けたオンライン説明会#10(自分の英語に自信をつけるには)>


お二人ともバンクーバーで私が受けたのと同じレッスンを受けられました。
動画はこれからカナダに渡ろうと考えておられる方に有益と判断し、掲載を許可させて頂きました。
カナダで実際に生活をしたからこそわかるリアルな声であり、私もまったく同意見です。


(ここから下の動画は、過去エントリにも掲載しています。)
ネイティブイングリッシュスピーカーが「英語のアクセントと話し方(=英語のカルチャー)で話す日本語」がどれほど不自然か、そしてそれが「日本語の音と話し方、カルチャーを身に着けた上で話す日本語」とどう違うのか、ご覧ください。


日本人が「日本語のアクセントと話し方(=日本のカルチャー)で話す英語」がどれほど不自然か、そしてそれが「英語の音と話し方、カルチャーを身に着けた上で話す英語」にどう変わるのか、ご覧ください。





***お知らせ***

私がバンクーバーで個人で英語レッスンを受けた先生が、現在バンクーバーだけでなく、年に何回か日本や中国でもレッスンをされています。今夏からはフィリピンでもレッスンが始まります。
今年はあと2回ほど来日の予定があるそうです。
また今年から、対面でのレッスンの他にSkypeでもレッスンをされています。

日本にいる間に受けることができるSkypeまたは対面でのレッスンでは、英語を伸ばすだけでなく、カナダ留学やワーホリのためのカウンセリングも受けることができます。


上の動画に関連して、「クイズ」を読んで頂き、(1)お名前 (2)解答 (3)受講されたいレッスンのコースを添えて先生の方へメールがSkypeでご連絡頂くと、全問正解された方はレッスン料の割引を受けることができるそうです。
「クイズ」は誰も教えてくれない、「ESL」の本当の意味。の、動画の下にあります。


***

先生のレッスンではSkypeまたは対面での、日本での継続的なレッスン&カウンセリングにより、カナダに渡る前に英語初心者を卒業、"RAW"の状態を卒業します。
現在の英語のレベルは関係ありません。

日本でのレッスン(Skype含む)も、私がバンクーバーで受けていたレッスンとまったく同じ方法を使って行われます。

先生のレッスンでは「暗記」はしません。 英語を「暗記」ではなく「経験」して学ぶので、一旦身につけたら一生忘れません。私のように語学学校に通う必要も、ありません。

カナダに渡る前に、日本で時間をかけて準備をすることができるので、日本にいる間に英語初心者を卒業し、そうしてカナダでは短期間で英語を仕事でも通用するレベルに到達させ、カナダでの生活費はカナダで稼ぐ(そのための最低時給を上回る仕事もご紹介されるそうです)というのが目標の一つです。
(カナダで受けることができるレッスンには、カナダバンクーバーでの1対1での個人レッスンに、日本からの安い航空券を買うためのサポート、空港ピックアップ、ホームスティのサポート、バンクーバーのあるB.C州の最低賃金を上回る仕事のご紹介(カナダのカフェやレストランで働けば、英語は伸びる、のか? )や、レッスンの一環の旅行(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得)の割引などが含まれたコースがあるそうです。)

もし先生のレッスンを受けてみたいという方、
“王道”ではない留学/ワーホリをしたい方、
海外で”FOLLOW THE DUCK" になりたくないという方は、
ご連絡先を添えてコメント欄よりご一報下さい。携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(コメント入力者のメールアドレスはブログ上には表示されない設定となっています。)

去年も行われたレッスン費用の大幅割引キャンペーンは、今年も12月から期間限定で始まるそうです。


8月にコメントを頂いた方にお送りしたメールの中に、いくつか届かなかったものがあるようです。コメントをしたのに私からのメールが未だ来ていないという方がいらっしゃったら、至急ご一報ください。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生へ直接お願いします。)


    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

世界中どこに行っても「ワーホリで仕事を見つけるのが難しい」、ワケ。

私の友人の友人の日本人女性の話である。


彼女は去年の夏の終わりに、バンクーバーに到着し、ワーホリを開始した。

始めの約2か月は語学学校に通い、同時に日本食レストランで働いていた。

けれどカナダにいるのに英語をほとんど使わないその仕事が、彼女には不満だった。

バンクーバーのローカルのカフェで働きたかったので、語学学校を卒業する頃から何軒かのカフェにレジュメを持って行ったが、カフェで働くことはできなかった。

「バンクーバーで仕事見つけるのは難しいから、私引っ越すわ。」

ある日彼女は友達にそう言って、バンクーバーから北へ車で2時間ほどの町ウィスラーに移った。


彼女はウィスラーのローカルのレストランで働きたかったが、そこでも面接をパスすることができなかった。

代わりに彼女はホテルのハウスキーパーとして働くことになった。

しかし彼女は毎日ひたすらホテルの部屋を掃除して回るという仕事が、不満だった。

彼女はそこで束の間スノボやスキーをして楽しんだが、彼女の期待に反してそれも結構お金がかかったため(ウィスラーはリゾート地である)、仕方なくバンクーバーに戻ってきた。

しばらくして後、彼女はこう言った。

”私カルガリーに行くことに決めた。バンクーバーより日本人が少ないカルガリーなら、もっと仕事のチャンスがあるかもしれないから。”

そして彼女はバンクーバーから東へ、飛行機で1時間ちょっとの都市、カルガリーに引っ越した。


彼女はそこで何かオフィス職を得たかったが、それも叶わなかった。

代わりに、チャニーズレストランで皿洗いの職を得た。

しかしそこでも彼女は、毎日お皿を洗う仕事が、不満だった。


私の友達と彼女は、彼女がカルガリーに越した後も連絡を取っていた。

ある日、「私今度トロントに行くことにした。トロントはカナダで一番の都会なんだから、きっとここよりは仕事があるはずだから。」

彼女は友達にそう告げ、カルガリーからさらに東へ、飛行機で4時間近くかかるトロントに引っ越した。


トロントで彼女は韓国人ホームスティファミリーの元で、庭の手入れをする仕事を得たが、そこでも彼女は毎日花や木に水をやったり草を刈る仕事が、不満だった。

そうこうするうちに彼女のカナダ滞在資金は底をつき、彼女はワーホリの滞在期限1年を待たずして日本に帰るしかなくなった。

彼女がそれを私の友達に連絡してきたとき言ったのは、
「やっぱさー、ワーホリで働くっていっても、甘くないね。いやほんと、まさかこんな難しいとは思わなかった。なめてたわ。」
だったらしい。


・・・私がこの話を聞いて思い出したのは、
私の周りの人が時々言う、
「バンクーバーで英語を勉強したけど英語話せるようになってないから、次は○○○に行って英語を勉強する。」
という言葉である。
世界中どこに行っても「結局英語が話せない」、ワケ。を参照。)


★★★★★

もともとの原因である「英語の勉強の仕方」を変えることなしに環境だけ変えても、英語が話せるようになるのは難しいのと同様に、
もともとの原因である「自分の英語」を変えることなしに環境だけ変えても、希望の仕事を見つけるというのは、それはなかなか難しいのではないだろうか。

自分を受け入れてくれる場所が見つかるまであっちこっち移動しても、自分自身が変わっていなければ状況は・・・変わらないだろう。

私にはその友達の友達は、自分の英語を変えずに、カナダを変えようとしているのではないかとすら思えた。


★★★★★

バンクーバーで生活する中で私が出会った日本人の友達の中には、
バンクーバーでいとも簡単に仕事を見つける人もいれば、
バンクーバーで1年過ごしても「カナダで仕事を見つけるのは難しい」と疲れた顔で嘆く人もいる。(ESLで英語を学ぶということ。を参照。)

・・・そのどちらもが、その人にとっての「現実」である。 (ワーホリして気づく、カナダ留学生の間に存在する「2つの世界」。

★★★★★

世界中どこに行っても「英語が話せない」と言う人がいるように、
世界中どこに行っても「ワーホリで仕事を見つけるのは難しい」と言う人が、いる。


 「毎日一生懸命、足を棒にしてレジュメ(履歴書)を落としてまわっているのに仕事が見つからない。」

仕事が見つからないおおもとの原因(自分がしたい仕事ができるだけの英語レベルに到達しているかどうか)を無視して手当たり次第にレジュメをばらまいても、うまくいかないから、疲れる。


・・・カナダを変えようとするよりも、まず自分の英語を変える方が、

たぶんずっと早いし、簡単である。




*お知らせ*
私がバンクーバーで個人で英語を習っていた先生が、Skypeで英語のレッスンと、ワーホリ/留学に関するカウンセリングもされています。
バンクーバーに住んでいる日本人カウンセラーの方もいらっしゃり、下の動画の中でJapanglish(=日本語と英語が混ざり、英語のカルチャーもsound(音)も抜け落ちてしまった英語。詳しくは日本語と英語が混ざった言語:【動画アリ】 「ESL英語」を話す留学生の、現実。を参照。) と English の両方を喋っているのがその方です。

どちらの動画も、前半に見ることができるのは「英語の単語だけで喋り、英語のカルチャーをスキップした英語」です。英語を話しているはずなのに、振る舞いや話し方、音=カルチャーは完全に”日本”になってしまっています。

動画の後半、「英語のカルチャーを理解した上で話す英語」との違いをご覧ください。


●JAPANGLISH vs English :1



●JAPANGLISH vs English :2



******

私がバンクーバーで個人で英語レッスンを受けた先生が、バンクーバーだけでなく、年に何回か日本や中国でもレッスンをされています。今夏からはフィリピンでもレッスンが始まります。

今年から、対面でのレッスンの他にSkypeでもレッスンをされています。

日本にいる間に受けることができるSkypeまたは対面でのレッスンでは、英語を伸ばすだけでなく、カナダ留学やワーホリのための無料カウンセリングも受けることができます。

Skypeまたは対面での、日本での継続的なレッスン&カウンセリングにより、カナダに渡る前に英語初心者を卒業、"RAW"の状態を卒業します。

現在の英語のレベルは関係ありません。

日本でのレッスン(Skype含む)も、私がバンクーバーで受けていたレッスンとまったく同じ方法を使って行われます。

先生のレッスンでは「暗記」はしません。 英語を「暗記」ではなく「経験」して学ぶので、一旦身につけたら一生忘れません。
私のように語学学校に通う必要は、ありません。

カナダに渡る前に、日本で時間をかけて準備をすることができるので、日本にいる間に英語初心者を卒業し、そうしてカナダでは短期間で英語を仕事でも通用するレベルに到達させ、カナダでの生活費はカナダで稼ぐ(そのための最低時給を上回る仕事もご紹介されるそうです)というのが目標の一つです。
(カナダで受けることができるレッスンには、カナダバンクーバーでの1対1での個人レッスンに、日本からの安い航空券を買うためのサポート、空港ピックアップ、ホームスティのサポート、バンクーバーのあるB.C州の最低賃金を上回る仕事のご紹介(カナダのカフェやレストランで働けば、英語は伸びる、のか? )や、レッスンの一環の旅行(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得)の割引などが含まれたコースがあるそうです。)

もし先生のレッスンを受けてみたいという方、
“王道”ではない留学/ワーホリをしたい方、
海外で”FOLLOW THE DUCK" になりたくないという方は、
ご連絡先を添えてコメント欄よりご一報下さい。携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(コメント入力者のメールアドレスはブログ上には表示されない設定となっています。)

既にご連絡を頂いている方で、もしも先生からのメールが未だ届いていないという方がいらっしゃったら、至急ご一報ください。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生へ直接お願いします。)


◆前回までの先生の日本でのレッスンの様子、また日本で先生のレッスンに参加された方達から頂いた感想はこちらの過去エントリをご覧ください。

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ