カナダワーホリの前に準備すべきは、お金?英語?

バンクーバーでワーホリ生活を始めたばかりの時、日本は物価が高い国だとばかり思っていたが、
バンクーバーに比べると「実は物価の安い国だったんだなあ」と思うことが度々あった。

日用品を始め、外食するにしても、日本であれば一食数百円で済ませることなどまったく難しくないのに、
カナダだと大体何を頼むにしても(たとえサンドイッチ1つでも!)10~20ドル(その時々のレートにより若干変わるものの、感覚的に千円~二千円)はかかる。
消費税だって、最大12%もかかる。

バンクーバーの物価の高さを知らずにバンクーバーに来て、
資金があっという間に底をついたので当初の予定を早々に切り上げて帰国するという人の話は
そう珍しいことでもない。

★★★★★

外国人が英語圏の国で働くのに、英語がろくに話せないと
選択肢はごく自然に、一般的に「単純作業」と呼ばれる仕事に限られる。
世界中どこに行っても「ワーホリで仕事を見つけるのが難しい」、ワケ。を参照。)

英語も特別なスキルも求められない。
そうなると、往々にして賃金が低く抑えられてしまう。

「英語環境で働きたい!」と言う人はたくさんいるけれど、
まずその英語環境で働くためには、ある程度英語が話せる必要があるのである。

おそらくほとんどの人は、

英語を勉強すること自体が目的になってしまって、
英語を実際の生活の中で使うことには意識を向けない。

もしくは、
単語や文法を暗記することだけに必死になり、
会話がどれだけ上達したか、どれだけ話せるようになったか
あまり考えない。

もしくは、
テキストを買ったり学校に通ったりと、
英語の勉強のために一生お金を払い続けるだけで、
英語を使ってお金を稼ぐことができる可能性には注意を向けない。

・・・のではないだろうか?


カナダで、どこにも遊びに行かず、ただひたすら家にこもっていたいというなら話は別だが、
友達と遊びに行ったり、旅行したりもしたいと思うのであれば
それなりにお金も必要になる。

だからこそ、英語のためにお金を払い続けるのではなく、
カナダに着いた直後から英語を使って仕事をして、
「英語でお金を稼ぐ段階」に素早く入るためには、
まずカナダに渡る前から、英語の準備をしていくことも重要なのではないだろうか。

<関連エントリ:
世界中どこに行っても「ワーホリで仕事を見つけるのが難しい」、ワケ。
カナダでワーホリを始めて1ヶ月の日本人の、ちょっと珍しい生活。



***10月に行われるフィリピンでの1ヶ月間英語レッスン(English Boot Camp:EBT)についてのお知らせ***

英語で文を作るのすら難しい方、
英語で話すのが恥ずかしいと感じる方、
海外には行きたいが、どうやって英語を勉強したらよいのかわからない方、
日本での英語の勉強の仕方(単語や文法をひたすら暗記)は自分に合わないと感じている方、
とにかく自分の英語を変えたいと思っている方。

・・・上記のどれか一つにでも当てはまる方ならどなたでも受けられるレッスンです。


・フィリピンでのレッスンも、私がバンクーバーで受けた英語のレッスンとまったく同じ方法を基に行われます。
・フィリピンのレッスンでは、まず英語の話し方のテクニックを中心に習います。
・その後文法も習いますが、日本で勉強してきたような方法では習いません。
「文法のことなど考えることなく英語で話せるようになる方法」を習います。
・日本でずっとやってきたような英単語や文法の暗記は一切ありません。
宿題もありません。
・語学学校の英語の授業では「先生が1人で生徒が10~15人」、
バンクーバーでの個人のレッスンでは「先生が1人で生徒も1人」ですが、
フィリピンのレッスンでは「先生が2~3人で生徒が1人」でお教えします。(先生の数の方が多いです。逆ではありません。)
・レッスンは1日7時間、月曜から金曜まで毎日あります。
・1週間に35時間×4週間で、1ヶ月140時間になります。
・平日のレッスンは、フィリピンのリゾート地のホテルで、リラックスした雰囲気の中行われます。
・週末には英語を使ってフィリピンを旅行したり、様々なアクティビティがあります。(参加は強制ではありません。)
10月のレッスンからは、先生の家にホームスティすることも可能になります。
レッスンの時間だけでなく、レッスンの外でも英語を使うチャンスがさらに広がり、かつ超がつくフレンドリーなフィリピン人の
先生達と過ごすことで、外国人と友達になるのなんて簡単だということが実感できるようになります。これはカナダに渡る時にも大きな自信になります。
・さらに10月に参加される方は、私がバンクーバーで英語を個人で習っていた、ヘッドティーチャーもフィリピンに滞在するので、直々にレッスンを受けることができます。
・第一回目の3月、二回目の6月のレッスンを受けられた方たちは今、カナダでのワーホリに向けて準備をしているか、既にカナダに渡った方も中にはいらっしゃいます。

フィリピン・セブ島で行われた第一回目のレッスンに参加された生徒さん達の感想はこちら↓
「セブのレッスンでたった1ヶ月で英語が話せていると感じられるようになった。英語を話すのが怖くなくなった」Kateさんの感想文
「セブに来るまで英語が話せなかったのに、たった1ヶ月で英語が話せていると感じられるようになった。英語を話すのが怖くなくなった」Kateさんの英語動画
http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-507.html" target="_blank" title="「英語の勉強なんて大キライ。だけどセブEnglish Boot Campに参加して1ヶ月で外国人旅行者とお喋りできるようになった」Sandyさんの感想動画">「英語の勉強なんて大キライ。だけどセブEnglish Boot Campに参加して1ヶ月で外国人旅行者とお喋りできるようになった」Sandyさんの感想動画


セブ 海
セブの美しい海

セブ ホテルのロビー
リゾートホテル内で行われるレッスン

セブ パラソル
教室のような閉鎖的な場所でレッスンを受けることはありません

セブ ホテル
ホテルのプール

セブ ホテルの部屋
ホテルの部屋

セブ ビュッフェ
ホテルの食事

セブ 魚
ダイビングもできます

セブ ニモ
ニモ発見

セブ 潜水
これは先生?

セブ 夕陽
時には夕陽を眺めながらレッスンを受けることも。



*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

カナダワーホリ開始1カ月の日本人の、ちょっと珍しい生活。

私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生のレッスンを、カナダに渡る前から受け、今バンクーバーでワーホリをしている日本人生徒さん(Marsaさん:イングリッシュネーム)の話。

==================================
●2015年1月。
・英語の学習の仕方やカナダでの生活に関するオンラインカウンセリングを、バンクーバー在住の日本人のカウンセラーのEthan(イングリッシュネーム)から受け始める。
・カナダに渡るまでの間、ほぼ毎週NAKAMA CANADA 【レッスンを受ける人・受けた人が中心となり構成されているサークル。週に1回Skypeを使って皆で話をされているそうです。先生のレッスンを日本とバンクーバーで受けられ既に帰国された元生徒さんでありメンターでもあるOlivia(イングリッシュネーム)さんのブログに詳しい様子が書いてあります。】 にも参加し英語のカルチャーや英語で話すときのコツなどを、先生始め、Oliviaさんや他のメンバーから教わる。

●3月。
フィリピンでの記念すべき第一回目のレッスン、1カ月間のEnglish Boot Camp(EBC)に参加。

●6/30。
バンクーバーでのワーホリスタート!

●バンクーバーに着いて2週間目。
・誰の助けも借りず、自身の英語だけでカナダの銀行に口座を開設し、
・job interview(仕事を得るための面接)にもパスする!
が、英語環境ではあっても、オファーされた時給がバンクーバーの最低時給である10.25ドルでしかないことが不満、かつ
自分ならもっと時給の高い仕事がゲットできると確信していたので、その仕事は断る

●3週目。
思っていた通り、英語環境&時給がもっと良い仕事をゲット!

==================================

EthanがMarsaさんに初めてバンクーバーで実際に会ったときは
オンラインカウンセリングの時とは違い、Marsaさんが英語でまったく物怖じせずに喋っていることに驚いたそうです。

現在Marsaさんはバンクーバーで先生のレッスンを続けておられます。

なので、教室で先生の話をひたすら聞いて教科書の英語を暗記するような勉強はまったくしていません。

レッスンの中だけでなく、レッスンの外でも自由に英語を使い、異なるカルチャー、異なる言語の国の中での生活を働きながら思い切りエンジョイされているとのこと。

・・・これが、日本にいるうちからきちんと準備をしてきて、バンクーバーに着いてまだたった1カ月の、生徒さんの姿。

日本にいる間に何の準備もせず、カナダでどうしたらよいかわからずとにかくESL(語学学校)に通って
日本でしてきたことと全く同じことを繰り返し(とにかく暗記、暗記、暗記...)ていたために、
1か月どころか3カ月が過ぎても英語が話せている気が全然していなかった
英語を使う仕事ができるなんてまったく思えなかった私とは大違い。
である。

カナダに着いてたったの1カ月でこれなら、Marsaさんのワーホリが終わる1年後には、
どれほどの経験をし、どれほどの英語を身に着けているのだろうか?

・・・ちょっと想像ができないくらいである。


★★★Marsaさんが参加したとき(3月)のフィリピンレッスン(English Boot Camp)の様子★★★
セブレッスンの様子13
セブでのレッスンの様子。ホテルの庭にて。

セブレッスンの様子14
セブでのレッスンの様子。プールサイドにて。1対1のリラックスした雰囲気の中行われます。

セブで英語レッスン
レッスンの合間には海で遊んだりも。

セブレッスン343
集合写真

English BayでBBQ
これは8月に先生と他の生徒さんと一緒にバンクーバーのEnglsih Bayでバーベキューをしたときの写真。一番左がMarsaさんで、一番右が先生です。

********お知らせ***********
English Boot Campについては、先生のレッスンを日本とバンクーバーで受けられ既に帰国された元生徒さんであり
現在は生徒の皆さんのメンターとして活動されているOliviaさんのブログのフィリピン・セブのレポートもぜひご覧ください。

フィリピンやバンクーバーでのレッスンにご興味のある方は、
こちらのブログへご連絡頂くか、
Oliviaさんのブログ
または私と同じ先生のレッスンをバンクーバーで受けられた生徒さん達が書かれているNAKAMA CANADAのブログからご連絡ください。(連絡先が載っています)

現在、動画クイズ(1)~(3)に全問正解するとレッスン料が割引になる特別キャンペーンも行われているそうです。
クイズは、前回の記事、【動画クイズあり】カナダでのワーホリに「大満足」して帰国する生徒さんに載っています。

*これまでに先生またはOliviaさんにご連絡をされているにも関わらず先生またはOliviaさんからのメールがまだ届いていない方がおられましたらご一報ください。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生かOliviaさんへ直接お願いします。)


*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

【動画クイズあり】カナダでのワーホリに「大満足」して帰国する生徒さん

前回の記事でもお知らせしました通り、
私と同じ先生のレッスンを日本とバンクーバーで受け、
・英語がペラペラになり、
・ネイティブの友達がたくさんでき、
・英語環境で働き、
・ワーホリ中にネイティブの友達とカナダ国内だけでなく、アメリカ・メキシコへも旅行し、
「ワーホリ生活に大満足した」と語る日本人のJennyさん(イングリッシュネーム。下の動画でも声で出演されています。↓
Wishing Listを作り、実現させましょう【動画有り】
が、9月に日本に帰国されます。

今後カナダ留学やワーホリを考えていらっしゃる方は
Jennyさん達と、Skypeまたは対面で、お話をすることができる
オンラインミーティング、または対面ミーティングに参加することができます。


英語や海外生活、仕事について、または現地での友達の作り方といった
実際にそこで生活している人だからわかる経験に裏打ちされた情報を
直接、カナダに渡る前、日本にいるうちに聞くことができます。

さらに、私がバンクーバーで英語を個人で習った先生の、
フィリピン・セブ島&ボホール島にて3月と6月に行われた
1カ月間の特別英語集中レッスン(English Boot Camp)の次回の開催が
10月に決定したそうです。

6月のEnglish Boot Campの様子↓
7フィリピン滝
空港へ迎えに行ったスタッフと生徒の皆さん

4フィリピンビーチ
ビーチ

2フィリピンダイビング
ダイビング中

3チョコレートヒルズ
チョコレートヒルズへ観光

6フィリピン滝


5プール窓辺から
ホテルの窓辺から眺めるプール

8フィリピン集合写真
集合写真

English Boot Campについては、先生のレッスンを日本とバンクーバーで受けられ既に帰国された元生徒さんであり
現在は生徒の皆さんのメンターとして活動されているOliviaさんのブログの
フィリピン・セブのレポートもぜひご覧ください。

【*重要*】
下の動画クイズ(1)~(3)に全問正解された方は、フィリピンでのレッスン(English Boot Camp)の割引を受けることができるそうです。

1.


2.


3.


クイズ:上の3つの中から動画を1つお選びください。
(1)その動画の中で、「変な英語だな」と感じる部分を教えてください。
(2)なぜ変なのか、その理由を簡単に教えてください。
(3)そして、あなたならどのように話すか、教えてください。



********************
フィリピンやバンクーバーでのレッスンにご興味のある方は、
こちらのブログへご連絡頂くか、
先生のレッスンを日本とバンクーバーで受けられ既に帰国された元生徒さんでありメンターでもあるOliviaさんのブログ、または私と同じ先生のレッスンをバンクーバーで受けられた生徒さん達が書かれているNAKAMA CANADAのブログからご連絡ください。(連絡先が載っています)
NAKAMA CANADAのブログはJennyさんも記事を書かれています。
動画クイズの答えを考えられた方はOliviaさんまでお送りください。

*これまでに先生またはOliviaさんにご連絡をされているにも関わらず先生またはOliviaさんからのメールがまだ届いていない方がおられましたらご一報ください。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生かOliviaさんへ直接お願いします。)


*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

カナダに渡る日本人がカナダで成し遂げたい4つのこと。

1.英語がペラペラになりたい。
2.ネイティブの友達がほしい。
3.英語環境で働きたい。
4.カナダ国内、国外含めて旅行したい。

ほとんどの人は、こういうWishing list(カナダでやりたいことのリスト)を心に抱いてカナダに渡るが、カナダに着いて間もなく不安になる。
英語圏の国で英語が話せないとは一体どういうことなのか。
・・・現実にぶち当たって初めて気が付く。

言いたいことが言えない。
相手の話が理解できない。
英語を話しているつもりなのに通じない。

自分が日本でしてきた勉強とはいったい何だったのか・・
ショックを受けつつも、どうにか英語が話せるようになりたいと願う。

そして、「みんな」がしている英語の勉強をカナダでやってしまう。

つまり、留学エージェントが言うように語学学校に通って勉強をする。

そして日本で散々してきた単語の暗記や、文法の暗記、イディオムの暗記をカナダでも繰り返し、
半年も過ぎる頃、
自分のWishing listの中のただ1つも叶えられていないことに、気が付く。

結局、働けないので資金不足に陥り予定よりも早く帰国することになったり、
カナダで生活してはいてもいつも一緒にいるのは日本人かESLの友達で、
カナダ人の友達は一人もいない・・なんて、本当にありふれた話である。

しかもそういう人たちに限って、
「バンクーバーは日本人が多くてつい日本語を使ってしまうから、英語を伸ばすのが難しい」とか、
「バンクーバーは留学生が多いからイティブの友達を作るのが難しい」とかいう言い訳をし始める。

バンクーバーが悪いのではなく、
バンクーバーに住んでいる人たちが悪いのでもなく、
単に自分が英語を学んだ方法(学校に通って日本で散々してきたことを繰り返すこと)が、
英語が話せるようになるのを難しくするし、
ネイティブの友達を作るのも難しくする方法だっただけなのだが、
それにはまず気が付かない。


一方、語学学校になど行ったことがないのに
Wishing listをすべて叶える人もいる、

いや、語学学校に行っていないからこそWishing listをすべて叶えることができるのだと言った方が正しいかもしれない。

カナダで「みんな」がすること(語学学校に通う→日本食レストランで働く→友達は自然、日本人や留学生に限定される)
をせず、「自分」を信じて行動したからこそカナダですべてのWishing listを叶えることができた日本人ワーホリ経験者。
その一人が、既にこのブログにも何度か登場しているJennyさん(イングリッシュネーム)である。
【Jennyさんが筆者の一人になっているブログへはこちらから飛べます↓】
日本人にありがちな答え方
【Jennyさんへのインタビュー記事はこちら↓】
バンクーバーで「自分はラッキー」だと思う理由。

(このブログの過去記事には他にもJennyさんの動画や写真やエピソードなどが多々あります)

日本で、私がバンクーバーで英語を習っていた先生のレッスンを受けていたときのJennyさん
↑一昨年:日本で、私がバンクーバーで英語を習っていた先生のレッスンを受けていたときのJennyさん

Vancouverの空港に到着したばかりのJennyさん
↑去年:Vancouverの空港に到着したばかりのJennyさん

レッスンの一環で南アメリカに旅行しているときのJennyさん
↑今年:レッスンの一環の旅行で先生と他の生徒さんと一緒に南アメリカ旅行中のJennyさん

***お知らせ***
来月9月、Jennyさんが日本に帰国することに決定されたそうです。それに伴い、現在カナダ留学やワーホリを考えておられる方は、日本に帰国されるJennyさんとSkypeや対面でお話することができるそうです。Skypeや対面で直接、英語や海外生活、仕事について、または現地での友達の作り方といった、実際にそこで生活している人だからわかる情報を、日本にいるうちに聞くことができます。

ご興味のある方はこちらのブログへご連絡頂くか、
先生のレッスンを日本とバンクーバーで受けられ既に帰国された元生徒さんでありメンターでもあるOliviaさんのブログ、または私と同じ先生のレッスンをバンクーバーで受けられた生徒さん達が書かれているNAKAMA CANADAのブログからご連絡ください。(連絡先が載っています)

*これまでに先生またはOliviaさんにご連絡をされているにも関わらず先生またはOliviaさんからのメールがまだ届いていない方がおられましたらご一報ください。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生かOliviaさんへ直接お願いします。)


*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ