Don't study English but improve English

以前“リアルな経験”の中で生きた英語を習得にも書いたが、
バンクーバーで私が英語を習っていた先生のレッスンは
”Don't study English but improve English!”というモットーのもと、
英語を「勉強」するのではなく、出来るだけたくさんの経験をする中で自然な英語を「身につける」ことを教えてくれた。

普段のレッスンでは、度々何か質問はないか聞かれるので、
こういう時にはカナディアンはどう言う?といったものから、
文法に関すること、語彙に関すること、発音、またカルチャーに関することなど、
とにかく言語に関することなら何でも聞いて、またいつもそれに対するはっきりした答えが返ってくる。
けれど何となく聞きそびれていたこと、例えばなぜ日本人は英語が話せない、苦手だと言われているのか、またなぜ日本人にもそのような意識があるのかということが常々疑問であったので、それを先生に聞いてみた。

先生の答えは、それには色々な理由があり、
ひとつは日本は島国であることかつ長い間鎖国をしていて、多文化理解ということに慣れていないこと、
もう一つはOutputよりInputを重視する日本の英語教育にも関係がある、
例えばヨーロッパの国々では英語の文法なんて半年ぐらい(たしかそう言っていた気がするけれど記憶が曖昧)しか教えないけど、日本は中学高校と6年間(!)も教える。そしてスピーキングなどほぼ教えないに等しい。
また日本人独特のメンタリティ(シャイ、英語が話せても「私なんか。。」と謙遜してしまうなど)にも関係がある、、、ということであった。

レッスンの一環として旅行に行くことで、非日常な経験をすること、美しい景色を自分の目で観ること、現地の人と話すこと、大自然の壮大な景色の中で写真を撮ってもらうことはもちろん、
先生から普段聞けないようなカルチャーに関する話が聞けたり、それについて先生と他の生徒と道中話ができることも結構大きな楽しみであった。

私が参加したアメリカ旅行の他にも、
先生はカナダをRV(Recreational Vehicle;休暇・楽しみのための自動車)というキャンピングカーで横断旅行したりしていて、それでロッキー山脈に行った時の写真を見せてもらい、
あまりに綺麗だったので何枚かもらった。
それがこちら。↓

599464_4128062490765_1845579893_n.jpg

524163_4116852610525_383445616_n.jpg

557052_4116728287417_366421825_n.jpg


私はこの旅行の時はバンクーバーで外せない用事があったので行けなかったのだが、レッスン中写真を見せてもらいながら“うらやましいー!今度は絶対私も行く!”と先生に言うと、“もちろんCocoも次回は参加しなよ”と笑いながら言われた。



応援のワンクリック♪お願いします✩
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

カナダから帰国して、現在は都内企業で英語を使って働いています。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「こんなのウソに決まってる、アリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになってますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ