留学説明会

私がバンクーバーで英語を習っていた先生が今日本に来ていて、東京でバンクーバーでの元生徒の一人と寿司を食べている時の写真を送ってくれた。

「説明会」という言葉を聞いて、自分もいくつかの留学エージェントの説明会に参加したことを思い出した。→留学エージェントについて思うこと


色々なエージェントから、何十という数の語学学校について説明を受けたが、
私はとくに特定の学校に行かないと取得できない類の資格が欲しいわけでもなく、
特別に興味のあるカリキュラムがあるわけでもなく、
ただカナダに行くことで英語が日本語と同じレベルで使えるようになりたい!と思っていた。
せっかくカナダに行っても英語が話せない、英語に自信がもてないまま日本に帰るのだけはいやだと思っていた。


結局どんなに沢山の学校の説明を受けても、パンフレットを見ても、
そこに自分が惹かれるものは見つけられなかった。
バンクーバーには100校以上の英語学校(ESL)があるにも関わらず。


「カナダに行く前に学校を決めておいた方が時間の節約になるし、それに○月○日までに申し込めば○%の割引を受けられますよ!」と言われても、
どこにもピンと来ないのにどうやって決めればよいのか、まるで分らなかった。

そしてインターネットでワーホリや留学経験者の話を色々読むと、
学校は焦って決めなくても全く問題はない、ということが次第にわかっていき、
だから日本にいる間は語学学校について考えることをやめてしまった。


実際にバンクーバーに着いて、
早速翌日からトライアルレッスンを毎日受け、
ここは少し他と違う、と思った学校に3ヵ月間通ったものの、
最後まで全く自分の英語に自信が持てないままであった。

ちなみに、私は語学学校に通うことで英語に自信がついた、という人に、
未だかって出会ったことがない。

そもそもバンクーバーの英語学校の授業と、日本の学校(中学高校はもちろん、日本の英語学校の意味も含む)での英語の授業との間に
何か差はあるのかというと、
はっきり言って差はない、というのが私の感想。

単語を暗記して、
イディオムを暗記して、
文法を暗記して、
テストして
・・・・・・
忘れる。

***

外国語を学ぶ上で一番必要なのは、
暗記ではなくって、
「それぞれのスキル(英語を効果的に勉強する)に合ったtool、道具(英語を効果的に勉強する:1~5を参照)を使うことである」というのは私が先生から教わったことの中で、核になる部分だと思っている。

そしてそれは、
これまでに中一から何年もかけて勉強してきたことは一体何だったのだろう・・・と、
英語の勉強に対する発想の転換を促すものだった。


応援のワンクリック♪お願いします✩
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

カナダから帰国して、現在は都内企業で英語を使って働いています。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「こんなのウソに決まってる、アリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになってますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ