AKB48「ヘビロテ」に対する、韓国人とアメリカ人の反応比較

「ヘビロテ」を韓国人とアメリカ人の友達と見てみた


バンクーバーで仲良くなった韓国人の友達から、“日本で一番人気のある歌手は誰?”と聞かれたので、一番人気かどうかはわからないが、AKB48を教えた。
早速一緒に、彼女達のミュージックビデオを見た。曲目は、「ヘビーローテーション」。

始まるやいなや、下着姿の彼女達に、”えええ~過激だね!!”とびっくりはしていたものの、取立てて質問はなく、その友達は受け入れているようであった。

さてアメリカ人の反応は・・・


アメリカ人の友達と遊びに行った時にも同じことを聞かれたので、同じくAKBを教え、同じくミュージックビデオも見た。
曲はyoutubeで検索するとトップに出てきた、「ヘビーローテーション」。

私はその友達が何と言うか、アジア人ではない人から見ると彼女達は一体どのように映るのか、興味深々で反応を見ていた。

表情が変化していくのを見て大体予想はついていたが、見始めてて20秒も経たずに友達は言い出した。

“ねえ。日本はこういうpervert(変態)チックなグループが人気なの?何で??”


一応、AKBはいつも下着姿なわけではなく、ごくたま~に下着や水着などを着たミュージックビデオがあるだけなこと、普段は制服のような衣装を着ているイメージがあること、日本ではなぜか「制服姿の女の子」というものが男性に異様に人気であることなどを説明した。

すると友達は、なんで制服を着る必要があるの?日本ではスクールガールが人気なの??何で???”とますます混乱していく。

私は、“う~ん、それは、日本の文化/カルチャーなんだよ。。。”としか言えなかった。


すると友達は、“僕は日本の歌手のビデオを観るのがほとんど初めてだし、日本のことをよく知らないからこう感じるだけかもしれないけど、でもこのビデオからもつ印象だけだと、たぶん多くの外国人は、日本はこういう変態的なカルチャーを持つ国なんだと思ってしまうよ。”と言う。

”うん・・・HENTAIっていう言葉がすでに英語になってるくらいだからね。” と私。


海外の人の認識は"Japanese people are weird."


その後その友達は、私と知り合ったのをきっかけに日本の文化/カルチャーに触れていくにつれ、"Japanese people are weird...." (日本人は奇妙だ・・・) としばしば飽きれたように口にするようになった。
(興味がある人は「Japanese people are weird」というキーワードでGoogle先生に聞いてみてほしい。)


「海外で日本人女性は人気」だと言われるし、実際街を歩けばやたら声をかけられたりすることは、カナダで暮らしている日本人女性であれば実感していることと思う。
人気なのは結構なのだが、その声をかけてくる人の中には、日本国内のメディアに留まらず、今やネットで世界中に広まっている「HEANTAI」のイメージで見ている人も中にはいる可能性があることを、知っておいてほしい。



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

   

2012年11月23日に公開した記事に加筆しました。

コメント

No title

Takagiさん
はじめまして、メッセージありがとうございます。
メールをお送りしておりますのでご確認お願い致します。
Coco

幼いことがいいこと

海外駐在10年以上して判ったことの一つ.
それは,日本では,幼い,若い方が得であること.
一方,カナダ(アメリカ)では,自立した大人の方が得で,子供は子供扱いされ,損である.

そういう文化であるから,子供(幼い)でいるように見せるのでは,と感じます.

少なからぬ日本人は,大人になりたくない,と感じるのは,カナダ(アメリカ)人から見ると,おかしなことでしょう.しかし,それは文化的な背景があるんだ,と感じています.

Re: タイトルなし

天然ドCUTE系、すばらしい個性ではないですか!

日本人は海外に行くと大半の人が若く見られます・・私は何年も前に10代は卒業しましたが、「ティーンエイジャーに見える」と言ってくれる人もいるので、バンクーバーでは「日本ではちょっとできないな…」というファッションも楽しめたりするのが私がバンクーバーを好きな理由の一つです。(笑)

こちらこそ、いつもありがとうございます。

わお、確かにその通りですね。
振る舞いなんて、それこそがそれぞれの個性なのだから、自分で失敗しながら見つけていくしかないですね。
臆病虫が顔出してます。

ちなみにわたしの場合、こんなこと言いながら、元の顔立ちや容姿が紛れもない天然ドCUTE系なので、そこがまた悔しいっっ!のです(笑)カナダでは園児に見えるんじゃないかと怯えてます( ̄ー ̄)
まぁそれも自分、受け入れて生かすのが一番いいのですけれどね。
最新の記事も興味深く拝見しました、いつもありがとうございます。

Re: タイトルなし

こんにちは!コメントありがとうございます。

私も日本で生まれ育ったので、カナダに渡る前は当然日本のカルチャーに染まっていました。
カナダで生活を始めても、日本がLadies firstではなくMen firstのカルチャーであるということにも思い至りませんでした。
バンクーバーで以前受けていた英語のレッスンで、英語だけでなく“英語のカルチャー”についても教わっていなければ、
おそらく今も気づいていなかったかもしれません。

TAMUさんは既にもう気づいておられるので、
もっと気を楽にされて、自信を持ってTAMUさんらしく振舞われればよいのではないでしょうか。

日本ほど他人の視線を気にしなくてもよいバンクーバーのカルチャーの中で、
どう女性として振舞うべきなのか、
人によっても違いますし状況によっても違ってくると思います。

経験することで、時には失敗もして、TAMUさんにとっての快適な振舞い方が身についてくると思います。
またそれがカルチャーを学ぶということではないかと私は思います。

私のアメリカ人の友人も、ビデオを観た印象のみから「日本の男性の趣味はimature(未熟)だね。」と言っていました。
男性の側に、女性をコントロールしたい、女性は若ければ若いほど良い、という願望が強いのかもしれませんね。。

こんにちは!
わたしは個人的に日本のアイドル文化や現在もてはやされる女性像に強く抵抗を感じていて、しかしながらその中で育ってきて知らず知らず染まってしまっていることを自覚もしているので、
海外に行くときは自分の女性としての振る舞いに自信が持てずにいます。
強く自立した女性像を目指したいものの、目標としたい女性がなかなか身近におらず、さらにはその女性像を社会は歓迎しないという風潮…。
例えば、毅然と自分の意見を主張した時に、「おぉ〜こわっ」みたいな風潮ありますよね。例えそれが職業的場面であっても。アホらし、と思いますが時々悲しくなります。
一人の女性が「たった一人の大切な自分」を確立して行く過程で、男性目線に合わせることが良しとされる風潮が与える影響は、私たち日本人が考えているより遥かに大きいようだと最近は思います。
アイドル文化に、男女平等社会としての未熟さが見えますね。
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ