「文化」はすべての言語のベース。

前回の日記言語の最も強力な武器、「文化」。で少し触れた、カナディアンの友達の家でその家族も交えて食事をしたときのこと。

その友達とはとくに恋愛関係にあるわけではないのだが、よく一緒に遊びに行くし、両親に“初めて日本人の友達ができた”と私のことを話すと、“ぜひ家に連れていらっしゃい”ということで、実家でのディナーに私を招待してくれたのである。(日本だったら、家族との食事に気楽に異性の友達を招待するなんて、ちょっとアリエナイかもしれないが、カナダのフレンドリーな文化の中では、普通にアリエルことである。(カナダ人のフレンドリーさについてはfriendlyとpolite 2つの文化の違いを参照。)

そういえば私がバンクーバーで始めの数ヶ月カナディアンの家庭でホームスティをしていた時も、ホストブラザーが男女関係なく友達を家に連れてきて、家族に混じって一緒にご飯を食べたりしていたので「オープンな家庭なんだなあ」、と思っていたのだが、それもカナダの文化だったわけである。

ディナーの日、お父さんは仕事でいないのでいるのはお母さんだけだと聞いていたが、それでも会う前は少し緊張した。
が、いざ会ってみると落ち着いた深い声で穏やかに話す、気さくそうな人で安心した。

お母さんは料理上手な人で、ラザニアを作って待っていてくれた。

イギリスからカナダに、幼い頃に家族で移民してきたらしいのだが、ブリティッシュアクセントもなく、お母さんの英語聞き取れるかな、、と若干心配していたことも杞憂に終わった。

食事をしながら、私がカナダに来た理由や、日本では何をしていたのかなどを聞かれた。

自分なりに一生懸命話したのだが、私はもともとおしゃべりな方ではないので、
「う~ん、もうちょっと気がきく話ができればなあ。。。」とラザニアを食べながら思っていたところへ

お母さんが
“それであなたはどうやって英語を勉強したの?あなたの英語はすごく自然ね。”と言われたので

“本当?ありがとう。でも私最近自分の英語が下手になっていっているような気がするんです。以前は色んなイベントに参加して英語をできる限り使う環境にいたんですけど最近はそうでもなくて。。。”
と私は答えた。

“あらどうして?...lazy?(めんどくさくなったの?)”
と聞かれたので

“Yeah, kind of...” (ええまあ、、そんな感じ)
と答えた。

すると、
“See? That's why I'm saying you are good at English! That's exactly what we would say here.”
(ほらね。だからあなた英語が上手だって言ってるのよ。それってまさに私たち((英語を母国語とする人たち))がこういうときに使う言葉よ。)と、
何だかとても褒めてくれた。


早速次の日のレッスンでその話を先生にすると
先生も喜んでくれ、
“やったね。そのお母さんを感心させたみたいだね。
あの旅行のとき僕が日本人の女性から言われた言葉覚えてる?あの時、僕は数語しか日本語を話してなかったのに、「お母さん日本人?」て聞かれんだよ。
Cocoも英語で長々と喋っていたわけじゃないでしょ?どんなに短い言葉でも、文化にピタッと合った言葉を使いさえすれば、それだけで自然に聞こえるんだよ。
だから文化はすべての言語のベースなんだ。”
と言っていた。


quantity(量)ではなくて quality(質)。


繰り返しになるが、英語を学ぶときは
文化言語音楽スピーチスキル/話し方の技術文法
単語
の順で学ぶこと。
英語を効果的に勉強するを参照。)


たったそれだけで
英語が伸びるスピードは格段に早くなる。


       *お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると、大変嬉しいデス♪*
                    にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
                     にほんブログ村
バンクーバー生活情報

コメント

非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ