英語を身につけたいなら、Get out of the box!

まだ英語が話せなかった時に参加した、海外パック旅行


ワーホリのためカナダに行く前のこと。まだ日本で漠然と「英語が話せるようになりたい」、「海外で生活してみたい」と思っていた頃。
学生時代の友達から「一緒に海外旅行に行かない?」と誘われた。

二つ返事で「行きたい!」と返事をし、どうせ行くなら英語圏かつ行ったことのない国にしようと決め、2人で旅行会社のサイトでパック旅行を色々見、数多あるパック旅行プランの中から、「一週間でアメリカとカナダの二カ国を巡る」というプランを見つけ、それに決めた。行先はグランドキャニオン・ラスベガスとトロント。
友達も私も英語が全然話せなかったから、迷うことなくそのプラン、「添乗員同行パック旅行」に申し込みをした。

ワーホリを経て英語が話せるようになった現在、海外旅行はいつも自分で一切の手配をしているが、当時は旅行会社のパック旅行の中から選ぶという考えしか浮かばなかったのである。

海外パック旅行中に感じた、「透明な風船に入っている感覚」


私達が選んだのは、日本の旅行会社が企画した日本人のためのパック旅行だったから、旅行中は20人以上の日本人とずっと一緒の団体行動。
飛行機やホテルの手配から現地での移動、レストランの選定から予約まで、すべて旅行会社にお任せで、一応日本の外にいるのだが、日本人と日本語だけ話していればいい状況で、困ったことや聞きたいことがある時もガイドに尋ねればすべて解決してもらえる。
ラクだし、それはそれで楽しいのだけれど、英語圏の国にいながら、自分がそこで英語を話す必要性すらほとんど感じなかった。

その時すでに「海外で生活してみたい、英語が話せるようになりたい」という願望があったから、「せっかくの機会、この旅行中にぜひ英語をしゃべってみたい!」と思っていたものの、団体行動の中では、現地の人と話そうとすると添乗員の人から迷惑そうな顔をされた。

当時はその正体が何なのかはわかっていなかったが、旅行の間中、私はまるで自分が透明な「風船」の中にいるような気がしていた。

パック旅行と、現地の文化に触れることができる個人旅行との違い


その後、カナダ・バンクーバーでワーホリを始め、ESL(語学学校)に通ったが英語が話せるようにならず、個人で英語を習うようになっていた先生と他の生徒と一緒に、レッスンの一環でグランドキャニオンとラスベガスを再度訪れたとき(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得)、パック旅行との大きな違いに愕然として、「この先私がパック旅行に参加することは一生ないだろうな」と思った(し、実際にない)。

パック旅行の時にはずっと団体行動だったから、英語を話すのは(もちろん片言ではあったが)レストランで自分で料理を注文するときぐらいしか機会がなかったが、レッスンの一環として行った旅行では個人行動ができるからあちこちで英語を話すチャンスがあった。

先生から“アメリカ人はカナダ人よりずっとよく喋るよ”と聞いていたが、本当に、ちょっと近くに座った全然知らない人とも会話が始まるのだ。ここでも英語のフレンドリーな文化を感じた。(friendlyとpolite 2つの文化の違い

現地ではなるべく多くのイングリッシュスピーカーと話をすること、アメリカ英語とカナダ英語の違いを見つけること、またそれに気づいたら実際に使ってみることが旅行の課題でもあったから、アメリカとカナダの文化の違いにも気づくことができてとても面白かった。

英語に関することだけではなく、先生が知っている穴場スポットを含めた、グランドキャニオンの見所の中から自分達が行きたい所を事前に皆で話し合って決め、実際行ってみて気にいれば思う存分そこで時間を取れること。

団体向けの決まったレストラン、決まったメニューではなく、自分達がその時の気分で食べたい場所で、食べたいものを食べられること。

行きたくもない土産屋に連れていかれて、旅行の貴重な時間をそこで過ごすなんてことがないこと。

自分たちで自由に、好きなだけ写真を撮れること。
198302_4027361013291_1404089480_n.jpg
469749_4027059765760_963869182_o.jpg

時間に追われて、ランドマークの前でささっと写真を撮って「じゃ、次の目的地へ行きましょう!」、のパック旅行とは全く違っていて、「ああ、パック旅行の時には、自分は海外(アメリカ)にいるのに、日本の言語と日本の文化/カルチャーにすっぽり包まれたままだったのだな」と気がついた。

海外で生活していても「日本の箱」の中に入っていないだろうか?


その旅行から戻って最初の英語のレッスンの時、 “日本にいた時にパック旅行で同じ場所にいた時には自分が風船の中にいるみたいに感じていたが、今回は全然そんな風に感じなかった。” と先生に話すと、 “それ、英語では be in the box (直訳すると『箱の中に入っている』)って言うんだよ。” と言われた。

さらに続けて “旅行では get out of the box (箱の外に出ること)が大事だよ。旅行だけじゃなくって、自分の国とは違う国の言語や文化を学びたいのなら、箱の外に出る(現地の文化に直接触れる)こと!” と教えられた。


それ以来私は、日本の外にいながら、自分の考え方や振る舞いが「日本という箱」の中に入ったままでいないか、いつも意識するようになった。


***お知らせ***
私がバンクーバ-で英語を個人で習った先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなく日本や中国・フィリピン・またオンラインでもレッスンをされています。(オーストラリアも準備中。)

***お正月割引のお知らせ***
毎年恒例、レッスンの費用が最大50%引きになるキャンペーンが始まりました。
今回は、レッスンの一環で行く旅行を含むプランが割引になります。
1)マチュピチュやウユニ塩湖など南米を巡る旅行 + カナダでのレッスン
travel-Uyuni-2travel-Machu-Picu-2

2)フィリピン・セブ島での集中英語レッスン + カナダでのレッスン
EBC-CEBU-2

3)カナダで英語環境での仕事をするための集中トレーニング + カナダでのレッスン
travel-Canada-2

4)フィリピン・セブ島での集中英語レッスン + カナダでのレッスン + オーストラリアでのレッスン
5)フィリピン・セブ島での集中英語レッスン + オーストラリアでのレッスン + カナダでのレッスン 
EBC-CEBU-2-2

が50%引きとなります。


ご興味のある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。



レッスンにご興味がある方、留学やワーホリを考えておられる方は、先生と現在バンクーバー滞在2年目の日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで無料カウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"

コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生とJunさんに頂いたアンケートとご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン無料カウンセリングの日時をご相談の上決定します。





    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 

2012年12月24日に公開した記事に加筆しました。

コメント

Re: No title

コメントありがとうございます*

日本とカナダ(そしてごくまれにアメリカ)の生活の
共通点・相違点、
日々色々な発見があって面白いです。

アキニさんも外国に行けばきっとたくさん感じるはずですよ**

No title

いいですね!
そういう発見ができるのは、それだけ世界観が広がっているということではないでしょうか?

日本での生活が、どこまで世界の常識と重なっているといえるのか…それを実感できるのは、すごくうらやましいです!
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

カナダから帰国して、現在は都内企業で英語を使って働いています。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「こんなのウソに決まってる、アリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになってますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ