友達が雪だるま式に増えるバンクーバー

200296_1850387870323_5162915_n.jpg
(バンクーバーの公立図書館↑ すごく立派な建物!)

私がカナダで生活をする上で面白いなと思ったことの一つは
職業や学校、価値観や考え方の違う人と知り合う機会がすごく多い、ということ。

私は日本にいた頃は
いつも同じ学校やサークル、バイト先、職場の人とだけ、
言ってみれば
自分と同じ考え方や価値観をもつ人とばかり一緒にいた。

バンクーバーに着いてからも、語学学校に通っている間は出会う人は主に韓国人か日本人で、同じような考え方と同じようなバックグラウンドをもつ人とばかり一緒にいがちだった。

でも語学学校を卒業した後、個人で英語の個人レッスンを受け始め、
カナディアンの友達ができるようになってからは、
彼らと一緒に遊ぶと、カナダのfriendlyなカルチャー(friendlyとpolite 2つの文化の違い)を反映してか、
毎回のようにカナディアンの友達が、さらに他の友達を誘って連れてくることに気がついた。

“今日○○っていうまだCocoが会ったことない友達を連れて行くから、Cocoも誰か友達連れてきなよ”と言われることすらある。

“シェア”ということ。でも書いたように
カナダでは日本よりずっと、
たとえ相手が初めて会う他人であっても「楽しいことや楽しい時間を一緒に楽しむ」
という考え方があるからなのではないかなと思う。


バンクーバーではこの“友達が友達を呼ぶ”システムのおかげで
友達が雪だるま式に増えていく。

私もいつの間にか
友達がカナディアンかどうかに関係なく、
自分の遊びの予定に、
色んな友達を積極的に誘うようになった。

また英語の“キャラクター”を身につけるということ。にも書いたことがあるけれど、バンクーバーで英語を使って生活するうち、日本にいた頃よりもfriendlyな性格を身につけることができた。(あくまで自分比ではあるが。)


日本では友達と遊びに行こうと決めたら、
そのメンバーの輪の中に、メンバーの誰か一人でもが知らない人を誘うなんてことは、特別なイベントのときでもない限り、滅多にないことだった。

だから
私はいつも同じ学校やバイト先、職場の人くらいとしか交流がなかったし、
日本では歳が一つでも違うと相手に敬語を使わなくてはならないから(すごく仲良くなればまた話は別だけれど)、
年上、目上の人に対してどうしても「友達」という感覚はもてない。

バンクーバーでは
学生からエンジニアからカフェスタッフから会社経営者から教師から写真家から医師から大学教授から、
年齢や性別、職業にとらわれず、
色々な人と知り合う機会があり、
さらに会った時からお互いファーストネームまたはニックネームで呼び合う。

もちろん丁寧な言葉使い、というものはあるけれど、
日本的な「敬語」というものはない。

その分相手との間に壁を感じずに済み、
たとえ年配の相手であっても、「友達」になれる。


私が幸運だったのは、
バンクーバーで英語を習っていた先生から
日本のpoliteなカルチャーを抜け出してカナダのfriendlyなカルチャーに適応するための
具体的な言葉使いや振舞い方を早い時期に教えてもらい、
かつそれを使う場を自分から求めて少しでも多く試すことができたことだと思う。


       *お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると、大変嬉しいデス♪*
                    にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
                     にほんブログ村
バンクーバー生活情報

コメント

非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ