海外に行く前に知っておきたい、「How are you?」への答え方

「How are you?」には何て答えていますか?私がネイティブとの会話で受けた洗礼


バンクーバーで人生で初めてのホームスティを始めたばかりの頃。

家の中でホストブラザー(カナダ生まれカナダ育ちのネイティブスピーカーで20代)に初めて会い、
"Hi, how are you?"と言われたので、
"I'm fine, thank you. And you?"
と答えた。

すると"・・・Hahaha!!"

爆笑された。

「えっ?私何かおかしなこと言ったかな?」と思ったが、続けてJapanese...という言葉が聞き取れ(あとは聞き取れなかった)、そのホームスティ先では過去何人もの日本人留学生を受けて入れているということは知っていたから、何となく“日本人はいつもそう言う!”というようなことを言われたように感じた。

当時は英語は考えながらじゃないと話せなかったし、彼の反応に対して何と言えばよいのかもわからなかったので、ただその場は愛想笑いでごまかした。

その夜ネットで「How are you?」に対する答え方について調べてみたところ、すぐに“I'm fine, thank you. And you?”なんてネイティブは言わないということがわかった・・。

なのでそれからは、"How are you?"と聞かれたら条件反射的に“I'm fine, thank you. And you?”と言ってしまいそうになるところをグッと押さえ、一瞬詰まりながらも "Good." と言うことにした。
けどそれが何度か続いたとき、今度は“CocoはいつもGoodだね!”とまた笑われたので、その後数日間はまず自分の方から"How are you?"と聞いて、相手が何と答えるか聞いてみることにした。

そうしたら、"How are you?"の答え方は無限にあった・・。


「I'm fine, thank you. And you?」を日本の中学生たちに教えよう!と思った人に聞いてみたい


私が通った中学校では、英語の授業でいつも最初に先生が「How are you?」と聞いて、生徒全員で「I'm fine, thank you. And you?」と一斉に答えさせられていた。

授業の最初に、毎回、まるで呪文のように。

だから今でも覚えているのだ。

そしてホストブラザーの反応から考えても、これは何も私が通った中学だけでなく、日本中の中学校で同じことが行われていたはずである。

つまり、中学の3年間をかけて、私達はネイティブからは笑われる英語を教えられていたということになる。(今も行われているのかは不明。)


「I'm fine, thank you. And you?」は、一体誰が考えたものなのだろうか?
そして、なぜこれを「日本の中学の英語の授業で毎回教えよう!」と思ったのか??



・・・まったくもってナゾである。



***お知らせ***
私がバンクーバ-で英語を個人で習った先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなく日本や中国・フィリピン・またオンラインでもレッスンをされています。(オーストラリアも準備中。)

***動画クイズ***


(問題)
1)動画の中で、不自然だと感じるのはどの部分ですか?
2)なぜこの動画の日本語は不自然だと感じられるのでしょうか?
3)なぜこの動画の日本語は”外国人の日本語”だと感じられるのでしょうか?
4)もっと自然な話し方をするには、あなただったら何をどのように変えますか?




レッスンにご興味がある方、留学やワーホリを考えておられる方は、先生と現在バンクーバー滞在2年目の日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで無料カウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"

コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生とJunさんに頂いたアンケートとご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン無料カウンセリングの日時をご相談の上決定します。





    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
 


2013年1月5日に公開した記事に加筆しました。

コメント

Re: No title

"I'm fine, thank you. And you?"って日本全国どこでも授業の始めにそう言うようになってるんでしょうか。笑

そういえば私カナダに行くまでは初対面のときには"Nice to meet you."と言わなければいけないのだと思ってましたが、思ったほどネイティブの人は言わないですね。"How are you?"がはじめましての意味ももつんだなぁと気がつきました。
日本にいながらにして"I'm fine, thank you. And you?"が不自然と気づくなんてすごいですね!!

No title

私の学校でも、"I'm fine, thank you. And you?"はみんなで授業の始まりの時に、言っていましたね(笑)。学校で教えてもらうのは、その表現ぐらいで、あとは応用として、hungryやsleepyを入れてみる、で終わってました。私たちにとってはそれが当たり前で、"Nice to meet you."と言われたら、"Nice to meet you,too."と返すのと同じぐらい、固定観念がそれに対してできていると思うんです。

でも、たまにネイティブの人と話すと、やはり、誰もそんなことは言わないんです。そういう体験を重ねていくうちに、今までの答えが不自然に思えてくるんですよね。
なので、私も極力"Good."とか"Fine,thank you."などを使ってみるようにしています。そっちのほうが、コミュニケーションとして自然な気がするので。
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

カナダから帰国して、現在は都内企業で英語を使って働いています。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「こんなのウソに決まってる、アリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになってますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ