英語が「話せるようになるために」、英語の勉強をやめる。

カナダに渡る前はまったく英語が話せなかった私は、
英語を個人で習うようになってから、
「話せるようになるために」
英語を勉強することをやめた。
英語は、勉強するな。を参照。)

私が6年以上も受けた、“伝統的な日本の英語教育”では、
カルチャーも言語音楽も話し方のテクニックも全部すっ飛ばして、
文法と語彙しか教わらなかった。

だから「英語の勉強≒ひたすら文法と語彙を暗記」なのだと思い込んで、カナダに来ても同じ間違いを続けていた。


けれど、英語が“話せる”ようになるためには
むしろ今までやってきたことは
忘れようと思った。


ひたすら文法と語彙を暗記するのではなくて、
英語を効果的に勉強するの1番から5番までを
順番通りに学んでいくことを心がけた。




日本で一般入試を経て大学に受かるためには、膨大な量の英単語を「覚える」ことが要求される。
けれども、大学受験を経て国立大学を卒業し、ワーホリでバンクーバーに来た私の友達は、
来たばかりの頃、「英語で話しかけられても全然わからない。きっと私の語彙力が全然足りないんだと思う。自分も簡単な言葉しか使ってないし。。」と嘆いていた。

どれだけ単語を覚えても、使わなければ忘れる。



私は高校で文法はみっちり勉強したから、文法は結構得意な方なのではないかと思っていたが、
バンクーバーで英語を習うようになった先生から初めて文法を習ったとき、
I study English.
I'm studying English.
I'm going to study English tomorrow.
I'm studying English tomorrow.
I will study English tomorrow.
の5つの文章の違いを聞かれて、
冗談ではなく、
わからなかった。
英語を効果的に勉強する:4を参照。)

分かったつもりになっていて、実は理解していなかった。



私から見れば全員英語の「専門家」だった、中学と高校で英語を習った先生たちはみんな、
おそらく大学でも4年間かけて英語を学び、教員の資格をとるための試験または学校に配属されるための試験勉強もし、おそらく英検とかTOEICとかの資格も持っているだろうし、先生になった後は毎日英文を添削したり、英訳したり、英作したり、単語の意味を教えたり、文法を説明したり、
毎日英語にどっぷり浸かっていたはずだけれど、
そのうちの誰一人として、英語が「話せる」人はいなかった。


私の周りに学校で英語を習いさえすれば英語が話せるようになると思っている人は一人もいなかったし、
私だってそんなことこれっぽっちも思っていなかった。



英語が話せるようになるということと、
英語の知識があるということは、
完全に別物なのだと思う。


       *お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると、大変嬉しいデス♪*
                    にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
 

人気ブログランキングへ        

コメント

非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

カナダから帰国して、現在は都内企業で英語を使って働いています。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「こんなのウソに決まってる、アリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになってますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ