バンクーバーで日本のカルチャーを使ったcoolな男性

burogu.jpg
(↑バンクーバーの公共図書館、外観の様子。)


以前京都で英語のカルチャーを使ったcoolな男性のことを書いたが、
その逆バージョン、
バンクーバーで日本のカルチャーを使ったcoolな男性がいた。


バンクーバーのダウンタウンには Japanese Izakaya なるものが何店もある。

ある日カナディアンの友達数人と一緒に、そのうちの一軒に行ってみた。

入った瞬間「いらっしゃいませ~!」とスタッフの全員から声をかけられるわ、
見たところスタッフは皆日本人だし、
店の内装も凝っていて、
まるで本当に日本にいるような気がした。


メニューこそ英語表記だったので、皆で覗き込みながら“Coco、これはどういう料理?”と聞かれまくりつつ、
(余談だが、私の友人には寿司や刺身は食べるけれど、煮たり焼いたりした魚は苦手・・という人が結構多い。寿司や刺身はJapansese foodとして、カナダでも子どもの頃から慣れているけれど、煮魚や焼き魚はそれほど一般的ではなく、食べ慣れないからだろう、と思う。)

ひとまず注文したいものが決まったので、

“じゃあserver(ウエイター/ウエイトレスのこと)を呼ぼうか。”と私が言ったその時。


友達の一人が

serverの方を見ながら右手を高く挙げ、「すみませぇ~ん」と言ったのだ。


カナダのレストランでは、普通serverを手を挙げて呼ぶことはしない。
アイコンタクトで呼ぶのが一般的で、手を挙げるのはむしろ失礼なのだ。
けれどここは Japanse Izakaya だから、日本流にサーバーを呼んだとしてもおかしくはない。
さらに、彼の「すみませぇ~ん」のイントネーションも完璧だった。


すぐにserverが私たちのテーブルにやって来た。


私が「すみませぇ~ん」と言った友達に、
“日本に行ったことあるの?”
と尋ねると、
“うんあるよ。交換留学で1ヶ月だけいた。2年ぐらい前かな。”
と言う。


私が
“へ~たったの1ヶ月? 日本でどんなことした?”
と言うと、
彼は携帯を取り出して、“I love Japan!”と言いながら、日本にいた時の写真を見せてくれた。どれも日本人の友達と一緒に写っている写真ばかりだった。

私が期待していた「居酒屋で撮った写真」は残念ながらその中にはなかったが、

“楽しそう。他にも話せる日本語ある?”と私がさらに聞くと、

“basicなものしか知らないよ。アリガトウ、コンニチハ、コンバンハ・・・くらいかな。”

と言うので、

“ははは、十分だよ。あなたのさっきの日本語完璧だったよ。”と私が言うと、

彼はとても嬉しそうにしていた。


カルチャーにぴったりハマった彼の言動に、私はすっかり親近感が湧き、その夜は皆で日本の話で盛り上がった。



*お知らせ*
私の先生が日本でも英語を教えてほしいとの依頼があり、2月の下旬に来日するそうです。
もし先生から、カナダ留学やカナダでの生活について聞きたい、英語の勉強の仕方について知りたい、日本でレッスン受けてみたい、という人がいらっしゃればご連絡下さい


       *お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると、大変嬉しいデス♪*
                    にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
 

人気ブログランキングへ        

コメント

Re: 英語の先生の件

Nさん
コメントありがとうございます。
先生の来日のこと、メールを送らせて頂きますね。
ご確認ください。
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ