カナダで経験、ボランティア活動。

私がESL(語学学校)にまだ通っていた頃、英語力にまだまだ不安があるし、クラスメイトと話していても聞き取れないし聞き返されるくらいのレベルだったけれど、
このまま漫然と学校に通っていても何も変わらないと思い、
ボランティアをしようと思った。

私は大学時代にボランティアをしていたこともあり、ボランティアという発想はわりと自然に浮かんできたのだった。

私はアートが好きなので、
インターネットでバンクーバーにあるギャラリーを片っ端から調べ、
小さなギャラリーが、ちょうどボランティアを募集していたのでメールを送ってみた。


“今週末ギャラリーで説明会があるのでいらっしゃい”、という返信があり、
喜び勇んで参加した。


夕方から始まった説明会には、スタッフのカナディアン女性2人に、もう1人ボランティアの希望者がいた。インドから移住してきて、大学でアートを学んでいるという学生だった。


すぐにそのギャラリーについて、またボランティアの業務などについての説明が始まったのだが、

・・・何を言われているのか全然わからない。


大学生は時折質問をしたりしているが、
私には彼が何を言っているのかもわからないし、質問なんてとてもとても・・・

きっと2人のスタッフも、英語を理解しない私の様子に気がついていたと思う。


説明の後、スタッフの一人に近づいて尋ねた。

“たぶんもうわかってると思うけど・・・私バンクーバーにはもう2ヶ月くらいいるんだけれど、まだ全然英語わからないし話せなくて・・・
私ここでボランティアしてもいいのだろうか?・・・”
(もちろんつっかえつっかえ、カタカナ発音で。)

すると彼女は
“Yea I know your English is not so strong. (あなたの英語がそんなにうまくないのはわかってるわ。)

でもあなたは今英語を勉強中なんでしょ? きっとこれからうまくなるはずよ。大丈夫よ。”

と言ってくれた。

たぶん彼女は私に向かっては普段よりゆっくり話してくれた。


でもとにかく、私はめでたくそこで2週間に1回、ボランティアをすることになったのだった。


ボランティアの仕事は、
床をほうきで掃いたり、近所のカフェが消費期限間近のパンを提供してくれるのでそれを切って冷蔵庫に入れたり、食器を洗ったり、あとは来客がある度に応対をする、ということで
ほとんど来客はいなかったけれど、それはもう一人のボランティアの人に対応してもらって、
するべき仕事を済ませた後は他にすることがないのでギャラリーにある画集を眺めたりしていた。

説明会の時にもいたもう一人のスタッフの女性と私は毎回シフトが同じで(スタッフ側で私の英語を考慮して、そうしてくれたのかもしれない)、
彼女も親切に私に何かと話しかけてきてくれたから、(ただし話はあまり噛み合っていなかったけれど)
私はそこでのボランティアが結構好きであった。

ところが、2回目か3回目のボランティアのとき、掃除をしながらふと壁に貼られていたシフト表を眺めていると、
翌月の欄のところに、

私の名前がないのだった。


一緒に働いていたスタッフに、
“シフト表に私の名前がないんだけど。。。”
と聞いてみると、
“あら、ほんと?ちょっと見せて。・・・ほんとね。まあ名前がなくても来たらいいわよ。2週間後またいらっしゃいよ。”
と言ってくれた。

そこで2週間後、シフト表に名前はなかったのだけれどまた行ってみた。

けれど、そこには私の代わりに別のボランティアがいて、
私がいても役には立てそうにないな、とすぐに気がついた。

私はそこに行くのを完全に止めた。


そしてESLは卒業し、
英語を個人で習うようになってからのこと。


ダウンタウンで見た広告で、あるイベントでボランティアを募集しているのを見つけ、少しずつ自分の英語に自信もついてきていた頃だったので、応募してみた。

メールで何度かやり取りをして、ボランティアをすることがすんなり決まり、
当日行ってみるとボランティアが20人ほどおり(その中にアジア系は私と、もう一人韓国人の女性だけだった)、説明を受けて、私は会場入り口に立ってチケットを切る係になった。


開場前に、一人でそこに立って時間が来るのを待っているとき、
マネージャーが来て、
“まだ中が準備できてないから、お客が来ても中に入れないでね”
と言われた。

けれど、私は何と言われたのか理解していなかった。


しばらくしてもう一人のチケット係が私の横に立った直後、
第一号のお客がやってきた。

お客が“まだちょっと早いけど、入れる?”
と聞いて
もう一人が“もちろん。さあどうぞ。”
と扉を開けてお客を中に入れた。

私は、“あれ?もう入ってもらってよかったんだっけ?”と思いつつ、何も言わなかった。


するとそれから数分後マネージャーが再度やってきて、
“あなた!まだお客に入ってもらったら困るって言ったじゃない!”
と言われてしまった。


ああ~・・・

やってしまった。

やっぱり自分の英語力はボランティアをするにはまだまだなのだと思った。


そのことを先生に話すと、“Cocoは完璧主義だね。日本でボランティアしてた時は、失敗したことなんてないの?”
と言われた。


・・・

・・・

・・・

言われてみれば、私は日本でもたくさん失敗をしていたではないか。



私はめげずにカナダでもボランティアに挑戦し続けた。

なぜなら、英語は暗記ではなく経験なのだと、レッスンを受ける中で、気づいていたから。



そして、バンクーバーに来て1年も過ぎた頃。もうとっくに英語の個人レッスンも卒業していた。


バンクーバーのとある組織で私はしばらく前からちょくちょくボランティアをしたり、活動に参加したりしていた。

ある日のイベントで、既に顔見知りになっていた団体のトップと互いの近況を話したりしていた時、
トップから
“Cocoはよくうちの活動に参加してくれているよね。もしよかったら、来年からうちのboad member(組織を運営、企画したりする役員)になってくれない? きっといい経験になるよ。レジュメにも書けるしね。”

と、言われた。

私は心の中でガッツポーズをしていた。


*お知らせ*
私の先生が日本でも英語を教えてほしいとの依頼があり、2月の下旬に来日するそうです。今のところ、東京・名古屋・大阪・広島に行くことが決定しています。
もし先生から、カナダ留学やカナダでの生活について聞きたい、英語の勉強の仕方について知りたい、日本でレッスン受けてみたい、という人がいらっしゃればご連絡下さい


       *お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると、大変嬉しいデス♪*
                    にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
 

       

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 始めまして

ワーホリについて調べていらっしゃるとのIさん、
コメントありがとうございます。
メールを送らせて頂きましたので
ご確認下さい。
よろしくお願いします。
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ