「努力」と「時間」で英語は話せるようになるのか?

「日本人は英語が話せない」という、世界共通の認識。


一般的に、「日本人は英語が苦手だ」と言われている。
カナダのバンクーバーでワーホリをしていた時も、日本人ではない人たちから、”日本では学校で英語を教えないんでしょう?(教えているならこんなに日本人留学生がたくさんいるわけがないし、話せないはずがない)” と言われることがよくあった。

”いやいや、日本では6年間も英語を勉強するんだよ!(今は小学校からだからもっと長い)”と言うと、”ええっ?じゃあ何でこんなに話せない人がたくさんいるの??”と驚かれ、”あなたは英語が話せるから日本人のはずがないと思っていた”と言われたことすらある。

日本人が英語が話せないのはなぜなのか。それは学校教育に一因がある。


中学で3年。多くの人は高校でもさらに3年。
日本人が英語を6年も勉強したところで、話せるようにならないのはなぜなのか。

大半の人が「英語が話せるようになるには時間がかかるから。努力がまだ足りないのだ。」と言うけれど、それは違うと思う。

英語が話せるようになるのには時間がかかるわけでも、努力が足りないからなのでもなく、それは単純に、暗記ばかりの英語の勉強の仕方をしているから。

例えば水泳に早く泳げるようになるための「基本のフォーム」があるように、英語にも早く話せるようになるための「基本のフォーム」がある。
残念なのは、私たちが受けてきた日本の学校の伝統的な英語の授業からは、それが完全に抜け落ちているということ。

「英語の基本は文法と語彙だ」と言う人がたくさんいるが、6年も英語を勉強して話せるようにならないと言うことは、まだ基本が足りないということになる。では聞きたいのだが、6年も費やしてできなかったことを、あと何年続ければできるようになるのだろうか?

「基本」を習うことなく6年もの間英語を勉強し続けた私たちはいつの間にか、そこに「基本」がないのだということにそもそも気がつかず、長い間慣れ親しんだ「基本の抜けた英語学習法」こそが正しいのだと思うようになる。

だから学校を卒業した後も、「英語が話せるようになるために」単語帳を買って一つでも多く英単語を覚えようとしたり、文法書を買って中高で習ったことを総おさらいしようとしたり、英語の資格試験用の参考書を買って少しでも良い点数を取ろうとしたりしてしまうのだ。

・・・何を隠そう、これ全て、私がカナダにワーホリで行く前に日本でしていたことである。

カナダでESLに行っても、勉強の仕方は日本と同じだった


学校の授業では英語の文法と単語しか習わないために、英語を勉強するにはそれしかないのだと、思っていた。
というか、文法や単語を暗記する代わりに、何をどうしたらよいのかがわからなかった。

日本で中学と高校を卒業した後も、そこで習った英語の勉強法を踏襲し続け、そしてカナダに着いた私は、自分が思っていたよりもずっと英語が話せない、英語が聞き取れないことに気づいて愕然とした。

しかし、カナダでESL(語学学校)に通えば、先生は全員ネイティブのはずだし、バンクーバーだけでなくトロントや他の都市にだって校舎がある大手の学校なのだから英語が効率的に話せるようになるためのちゃんとしたカリキュラムがあるはずだし、「エージェントの人も3ヶ月くらい通えばだいぶ話せるようになりますよ」と言っていたのだし(英語が話せるようになる具体的な方法って?)、さらに自分も「努力」をすれば、英語が話せるようになるはずなんだ、と思った。

それから3ヶ月間、ESLに通って気がついたことは、自分は相も変わらずカタカナ英語を喋っていること、相手に何度も聞き返さないとわからないこと、自分も何度も繰り返さなければ相手に理解してもらえないこと(英語を効果的に勉強する:2)、自分が言いたいことが英語では一向に満足に説明できないこと(英語を効果的に勉強する:3)、そして納得いかないことやイヤなことがあっても英語では何も言えず黙って耐えているだけであること(ホームスティの思い出)。

(・・今ではもし理不尽なことがあったら、むしろ黙っている方が難しいくらいなのだが。
 ・痴漢男もカルチャーで撃退
 ・カナダでセクハラを撃退した話。
 ・街で声をかけられた・・・さてどうする

その上「3ヶ月ESLに通ったがとても英語が伸びたようには思えないのだがどうしたらよいのだろうか」、とエージェントに相談すると、別のESLを勧められてしまう始末。
今思えば、カナダでESLに行ったところで英語が話せるようにならないのは、実に理に適っていることなのであった。
なぜならそこで行われていることは、日本で私が6年もかけてやっていたことと、同じだったから。

文法と語彙を英語で勉強して、覚えて、テストして。

ただカナダのESLには、speakingと冠したクラスがある以上、日本とは違うのではないかと思いきや、一クラスに10人以上いる生徒と先生とで60分の授業時間を割ると、一人当たりの持ち時間は数分。結局は先生が一人で大半の時間を喋り、私たちは聞き役に回っている。

これで英語が話せるようになる方が不思議なのである。

単語と文法を何年勉強しても英語が話せるようにはならないという事実。


日本の学校で6年英語を学んでも話せるようにはならなかったのと同じように、そこがカナダであれ、アメリカであれ、オーストラリアであれイギリスであれ、同じ方法で何年英語を勉強したところで、話せるようにはならない。

英語が話せるようになるために必要なのは、英語の「基本のフォーム」をスキップしないことと、順番を間違えないこと。

文法や単語を勉強することでも、ガムシャラに努力をすることでも、いたずらに時間をかけることでも、ない。



***お知らせ***
私がバンクーバ-で英語を個人で習った先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなく日本や中国・フィリピン・またオンラインでもレッスンをされています。(オーストラリアも準備中。)

***お正月割引のお知らせ***
毎年恒例、レッスンの費用が最大50%引きになるキャンペーンが始まりました。
今回は、
1)マチュピチュやウユニ塩湖など南米を巡る旅行 + カナダでのレッスン
Machu_Picchu_3
Uyuni_3

2)フィリピン・セブ島での集中英語レッスン + カナダでのレッスン
English Boot Camp-CEBU-2-2

3)カナダで英語環境での仕事をするための集中トレーニング + カナダでのレッスン
travel-Canada-3

4)フィリピン・セブ島での集中英語レッスン + カナダでのレッスン + オーストラリアでのレッスン
5)フィリピン・セブ島での集中英語レッスン + オーストラリアでのレッスン + カナダでのレッスン 
English Boot Camp_Philippines 3

が50%引きとなります。


ご興味のある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。



レッスンにご興味がある方、留学やワーホリを考えておられる方は、先生と現在バンクーバー滞在2年目の日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで無料カウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"

コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生とJunさんに頂いたアンケートとご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン無料カウンセリングの日時をご相談の上決定します。





    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
 

2013年2月7日に公開した記事に加筆しました。

コメント

Re: タイトルなし

AYAさん
とんでもないです!

メールを送らせて頂きましたのでご確認ください。
よろしくお願いします。

Coco

Re: はじめまして

サユリさん

コメントありがとうございます。
メールを送らせて頂きましたのでご確認ください。
よろしくお願いします。

Coco

Re: こんばんは、初めまして。

アイコさん

コメントありがとうございます。
メールを送らせて頂きましたのでご確認ください。
よろしくお願いします。

Coco

こんばんは、初めまして。

初めまして、アイコと申します。
(一応)首都圏に住む社会人です。

COCOさんのブログを拝見致しました。
私もワーキングホリデーに行く予定で計画を立てています。そこで情報収集の為に数名の方の体験談やブログを読みまして、こちらに辿り着きました。英語が全くと言って良い程に使えない、そして苦手意識が強く勉強に手が着かない私にとって、COCOさんのブログの内容は救世主と言いますか、大変衝撃的でした。(英語を話せるようになる為に【英語の勉強をやめる】や、1から5のプロセスの重要性、ネイティブの言い回しを【マネ】をして身に付ける等)
先生の事を書かれた記事も読ませて頂き、2月下旬に先生が来日されるとの事で、是非ともお話を伺いたくコメントさせて頂きました。

よろしくお願い致します。
お返事をお待ちしております。

Re: はじめまして

AYAさん
コメントありがとうございます。
コメントを入力する際にメールアドレスを記入いただければ、メールで詳細をお送りさせて頂きます。
ご連絡お待ちしております。

Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ