英語のカルチャーの中で英語を書くということ。

blogueir.jpg
(↑バンクーバー・イングリッシュベイの夕焼け)


外国語を身につけたいと思うのであれば、
まずはカルチャーから学ぶこと。

言語はカルチャーの一部なのだから、
話すことだけでなく書くことにだって、
カルチャーは大いに関係している。


*断っておくがここで私が話題にしているのはあくまで友達とやり取りする、カジュアルなメールの話である。


(日本語でも知らない単語が沢山あるように)私が知らない英単語なんて未だに沢山あるけれど、

カナダに来たばかりの頃に比べると、英文のメールを読むのも書くのも格段に早くなったと思う。


私の友達が日本から遊びに来ていたとき、
携帯に入ってきたカナディアンの友達からのtextに、私が速攻で返事をしているのを見た彼女が、
「Cocoは一旦頭の中で日本語で考えたことを翻訳して書いてるんじゃなくて、
最初から英語で考えて書いてるんだね。だって書くの早いもん・・・!」と言われて、

たしかに以前の私にとって「英語で書くこと」=「日本語からの翻訳」、

まず始めに日本文ありきのものであって、

英語でいきなり書くなんて絶対にできなかったのに、

一体いつからこんなことができるようになったんだろう?、と自分で不思議に思ったぐらいである。


生まれてこの方日本語で友達へのメールをどう書けばよいかなんて勉強したことがないように、

英語でどう書けばよいのかなんということも、

勉強したことはないのである。


例えばカナディアンの男友達からのメールに

"Love,
○○○(名前)"

と書かれてあって、恋愛関係でもないのに、love?!と思ったことがあった。

でも英語のカルチャーの中で使われる"I love you"が必ずしも愛の告白を意味しない(学校で教えられなかった、“I love you.”の意味。)ように、

これも英語のフレンドリーなカルチャー(friendlyとpolite 2つの文化の違い)
の一つであって、
特別深い意味はないのだと気づくまでに
そう時間はかからなかった。



手紙の最後にはSincerelyと書くとよいですよ、というインターネットのアドバイスを鵜呑みにして、
カナダに来たばかりの頃は何にでもかんにでもSincerelyをつけていたという話は前々回書いたけれど、
それは使っている言葉は英語だけれど、politeであることを最重要視してあくまで無難な書き方をしていた=日本のカルチャーの中で考えて書いていただけであって
miix語(英語でもなければ、日本語でもない、mix語会話。)であったと言えるだろう。


Sincerelyでなくても
結びはThanksでもRegardsでもBestでも
Loveでもよいかもしれない。

結びの言葉なんて書かなくてもよいかもしれない。


そういう感覚を
私は「勉強」によってではなく、
カナダに来て何十回、何百回、何千回と英語でのメールやtextを読んだり書いたりするうちに
「経験」から培ったのである。


*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのため再度3月の下旬に日本に行くそうです。
もし私がカナダで受けていたレッスンを、日本で、または今後海外でも受けてみたい方がいらっしゃればご連絡下さい。無料の体験レッスンを受けて頂けます。また余計なお金や時間をかけずに、不安なく留学・ワーホリする方法などもアドバイス致します。

既にご連絡先をお知らせ頂いている方で、私または先生からのメールがまだ届いていないという方がいらっしゃれば至急ご一報下さい。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)


       *お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると、大変嬉しいデス♪*
                    にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

       

コメント

非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ