カナダのカフェでコーヒーを買う度、店員から冷たくあしらわれていた理由。

英語と比較してわかる、日本語の特徴。


日本で生活をしているとそれが「当たり前すぎて」あまり意識することもないかもしれないが、日本語というのはとてもpolite(礼儀正しくあること)を重視する言語である。

相手が年上か年下か、目上か目下かによって言葉遣いや態度を細かく使い分ける必要があり、自分よりも「上」の人には敬語を使い、お辞儀をし、謙遜を忘れてはならない。

反対に、自分よりも「下」の人にはかなり横柄な物言いをしても許される。

それが日本の文化/カルチャーである。

しかし英語はpoliteよりもfriendly(フレンドリー)であることを重視する文化
よって日本人が日本語の文化を持ったまま、英語の文化を理解しないままに英語を話すと、カナダではrude(無礼・失礼)になってしまうことがある。

なぜ私がカナダでコーヒーを頼むと、店員は若干イラッとしていたのか


例えばカナダのカフェでコーヒーを注文する時、私が以前いつも言っていたのは、

"Latte"......."Small"......"No ice".  ・・これだけ。

これだけでコーヒーを受け取っていた。

そして店員は、私から不愛想にお金を受け取り、コーヒーを渡すだけだった。


私はカナダにいながら、日本でコーヒーを注文する時に使う言葉を直訳しただけの英語を話していた。
つまりカナダで日本の「お客様は神様文化を使って英語を話していたのである。

たしかに、
"Latte" も
"Small"も
"No ice"も、
「単語一つひとつは」完璧に合っている。

でもそこからは英語の文化が抜け落ちている。


日本のカフェであれば、客がそっけなく「ラテ。スモール。アイスなしで。」と言っても、店員は笑顔で応えてくれる。

だって日本では、お客様は王様であり、神様だから。

しかしそれをただ英語に直訳してカナダでコーヒーを注文しようとすると、カナダの客と店員はもっと平等(というかむしろ客の方が下なんじゃないかと思わされることもしばしば・・)文化の中では、「この客は何てrudeなんだ!」と思われる。


"Latte" ......."Small"......"No ice"........

一体、何が足りないのか。

カフェに行って他の客が何と言っているのか聞いてみればすぐに分かるはずである。


英語の文化の中で英語を話したら、店員の態度が変わった


英語の文化を欠いたまま英語を話していただけの頃は、コーヒーを買う度若干ヘコみ、「カナダのカフェの店員はみんな愛想が悪い。日本とは大違いだ。」と思っていたが、今はカフェで注文をすると、どちらからともなく会話が始まり、カウンターを離れづらいことすらある。

以前の、店員から"冷たくあしらわれている感" は完全になくなった。



***お知らせ***
私がバンクーバ-で英語を個人で習った先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなく日本や中国・フィリピンでもレッスンをされています。(オーストラリアも準備中。)オンラインレッスンもあります。

***動画クイズ***


(問題)
1)動画の中で、不自然だと感じるのはどの部分ですか?
2)なぜこの動画の日本語は不自然だと感じられるのでしょうか?
3)なぜこの動画の日本語は”外国人の日本語”だと感じられるのでしょうか?
4)もっと自然な話し方をするには、あなただったら何をどのように変えますか?




レッスンにご興味がある方、留学やワーホリを考えておられる方は、先生と現在バンクーバー滞在2年目の日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで無料カウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"

コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生とJunさんに頂いたアンケートとご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン無料カウンセリングの日時をご相談の上決定します。





    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
 


2013年3月19日に公開した記事に加筆しました。

コメント

Re: レッスンについて

moonさん

はじめまして

コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂きましたのでご確認ください。
よろしくお願いします。

Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: レッスンについて

Madoさん
はじめまして、
コメントありがとうございます。
メールを送らせていただきましたのでご確認ください。
よろしくお願いします。

Coco

cocoさん!

cocoさん初めまして!
私もカナダに留学したいと考えています。福岡在住ですので、タイミングが合えば先生のお話聞きたいと思いますので、詳細を教えて頂けないでしょうか?
cocoさんのブログは本当に為になるので、いつもcheckしています^o^

Re: 先生のレッスンについて

Mayさん

コメントありがとうございます。
先ほどメールを送らせて頂きましたのでご確認ください。

そんな風に言って頂けて嬉しいです。
ありがとうございます。


Coco

先生のレッスンについて

cocoさま
初めまして。
cocoさんが習っていたという先生のレッスンを受けたいと思っていますが、ご連絡頂けますか?
cocoさんのブログはとても参考になる事ばかりです。
ありがとうございます!
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ