日本で学んだ英語の知識が、英語上達の邪魔をする。

覚えた英単語の数=スピーキング力?
「経験」が抜け落ちた英語学習で、英語は身につく?
にも書いたことがあるけれど、

日本では伝統的に外国語を学ぶ時に
知識だけを重視して
経験をまるまる無視してしまう傾向がある。

これは実は私たちが母国語を習得する際に誰もが通ってきた、言語習得における最も自然で最も楽なステップ に、思いっきり逆行していることになるのだが。。。

知識だけを重視するから、学校の教科書で学んだはずの「正しい英語」が、海外に行くと、実は通じないということはよくある。(海外に行く前に知っておきたい、「How are you?」への答え方を参照。)

なまじっか知識がある分、大半の日本人は英語で簡単な挨拶をしたり、簡単な単語を並べることはできる。

問題は、
そこからは英語のカルチャーがすっぽり抜け落ちている、ということなのだ。

日本の外にいるのにも関わらず、"日本人然"としていること、
英語を話しているのに、英語のカルチャーをまるで無視しているということは、ただそれだけで自分に不利益をもたらす。

よく、「ネイティブの友達を作るのは難しい」、という人がいるけれど、
その大きな原因は、自分が
英語の、カナダのカルチャーにそぐわない言動をしてしまっていることにあるのではないだろうか。
(日本語と英語の、"I"
英語は、勉強するな。2
英語は、身につけるもの。3)

自分が使っている英単語一つひとつの意味は完璧に正しくても、
そこに英語のカルチャーがないから、
ネイティブイングリッシュスピーカーの目からすると「理解不能な人」に映ってしまうのである。

そしてそれは人間関係を作る上ではもちろん、
英語のカルチャーの中で仕事を得ようとする時にも足かせとなってしまう。(日本人留学生がカナダで仕事を見つけるのが難しい理由?を参照。)

英語圏の国で英語のカルチャーを知らずに暮らす、弊害。にも書いた通り、
日本の外にいるのに「日本人然としていること」は
自分でそれと気づかず、トラブルを招いてしまうことにも繋がる。


また日本には、英語をカタカナにして「日本語化」してしまう慣習も、
日本人が海外に出た時に誤解を受けやすい原因になっているのではないかと思う。

英語から日本語にする時に、そこから英語のカルチャーが抜け落ちてしまって、本来の意味とは別の意味を持っていることはよくある。
例えば日本語の「ボーイフレンド」と英語の"boy friend "とでは、意味するものが文脈によって完全に異なるのだが、
その違いを知らずに英語のカルチャーの中で使うと、思わぬ誤解を招いてしまうのである。

"なまじっか知識があるために"、
英語を日本流に解釈したものを海外でもそのまま使おうとするのが、
日本人の典型的な英語に対する姿勢なのではないかと思う。


でも実際は、
日本で学んだ、日本だけで通用する英語の知識が、
自分が海外に出たときには邪魔をするのである。


中学と高校を通し、6年間も費やして英語を勉強してきた私たち日本人が陥りやすいワナは、
英語の勉強と言えば暗記して知識をつけること、
イコール、英語は時間をかけるもの。
イコール、英語は難しいもの。
なのだと思い込んでしまうこと。


私だってカナダに渡る前は、日本の伝統的な勉強の仕方、単語と文法を覚えることしか頭になかったから、

カナダのワーホリの期限は一年ということを知ったとき、

たったの一年では足りないのではないかと不安だった。

英語だけのために一年なんて長すぎるんじゃないかなんて、
思いもしなかった。


どれだけ英語の参考書を読んだり、本やブログ(もちろんこのブログも含む)を読んだり、CDを聞いたり、映画やドラマを見ても、「経験」をすることはできない。
今後何年、何十年かけたって、英語の海で泳ぐことができるようにはなれない。(英語の海で、泳ぐ方法。)


そうして得た知識からは、
英語の海がどれだけ広いかというヒントを得ることはできるかもしれないが、
読んで得た知識だけでは、
どう頑張っても実際の泳ぎ方は身につかないからだ。



まずは英語に対する誤った概念や知識を捨てて、白紙の状態に戻ること。
そうしてそこに「経験」があって始めて、
日本とは違うカルチャーの中でも
その土地のカルチャーを使って
ものを考えたり、言葉を発したり振舞ったりできるようになるのである。


*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために再度3月の下旬に日本に行くそうです。今のところ、(北海道)、東京、大阪、(兵庫)、岡山、広島、福岡に行くことが決定しています。
今回日本で行うのは、今後海外に行くための「準備を完了させるレッスンだそうです。日本にいる間に、「経験」によって、英語のカルチャーの考え方や振る舞い方ができるようにトレーニングします。

もし私の先生のレッスンを受けてみたいという方がいらっしゃればご連絡下さい。無料の体験レッスンを受けて頂けます。日本にいながらにして、英語のカルチャーを学ぶ方法、英語を効率的に早く伸ばす方法、余計なお金や時間をかけずに不安なく留学・ワーホリする方法なども含んだレッスン内容となっています。(日本でのレッスンを受けることで今後海外に行ったり、バンクーバーでもレッスンを受けなければならないといった制限はありません。)

既にご連絡先をお知らせ頂いている方で、私または先生からのメールがまだ届いていないという方がいらっしゃれば至急ご一報下さい。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)

       *お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると、大変嬉しいデス♪*
                    にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

       

コメント

Re: こんにちは

Mayuさん
こんにちは
コメントありがとうございます。

メール送らせて頂きました。

Coco

Re: はじめまして。

hitomiさん
コメントありがとうございます。

先ほどメールを送らせて頂きましたのでご確認ください。
よろしくお願いします。

Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ