カナダ人と日本人の仕事に対する考え方;2

image_20130401222726.jpg
(↑バンクーバーではハイキングが盛ん。)


バンクーバーで日本人の友達とカナダ人の友達、数人で集まったときに、
一ヶ月ぶりくらいに会ったカナダ人の友達がいたので、
"Heeey, what's up? 仕事最近どう?" と声をかけると、

思いがけない返事が返ってきた。


" とっくに辞めたよ。
昨日新しい仕事の面接を受けたところで、どうやら来週からそこで働けそうだよ。"
と言う。


"ええ、それはおめでとう! あれ、でも前の仕事に就いたのって、いつだったっけ?"

"半年前ぐらいかなあ。"

"何で辞めたの?"

"待遇が気にいらなかったから。あと、仕事の内容も。"

と彼は言うではないか。


日本だと「石の上にも3年」の精神で、
一旦始めたことであれば、例えそれが事前に思っていたいたようなものとは違っていたとしても、どんなに辛くとも、
ひたすらそこで頑張る、
ということを奨励する風潮があると思うが、

たしかに私の別のカナディアンの友達も
"今の仕事好きじゃない"と言って、フルタイムの仕事を数ヶ月で辞め、しばらく時間はかかったものの、新しいフルタイムの仕事を見つけていた。


私が
"日本だと、大学を出たらすぐに会社に入ってフルタイムの仕事をするのが一般的なんだけど、その競争がすごく大変で、もしそのタイミングを逃したらその後の就職はもっと難しくなってしまうと言われていた。
そして一度就職したら、3年は同じ所で働かなければならないって、学校の先生にも親にも散々言われたよ。
カナダでは半年で辞めたって、別に責められるようなことはないんでしょ?"
と言うと、

"ははは、何で責められるの。" と友達は笑っていた。


他のカナダ人の友達からは、

"3年は同じ所で働かなければならない? 何で3年なの?"

と答えに詰まる質問をされてしまった。


"大学を卒業してすぐに就職できるなんて日本はいいね!私の感覚だと、大学を出てすぐに仕事がある人の方が稀だと思うのだけど。
私も仕事が見つかるまでは、パートタイムの仕事を繋いで生活していたよ。"
と言う人もいた。



さらに前述の半年で仕事を変えた友達が、

" 僕はもしこれはおかしいな、変だなと思うことがあったら、そのままにするっていうことはできないんだ。

改善しようと努力するか、 とっとと辞めて別のことをするよ。
だって時間がもったいないじゃないか。

自分の人生なんだから、自分のしたいようにすればいいじゃない。

他人は他人。自分は自分。

I don't wanna just follow other people.(他の人と同じことをするだけっていうのは嫌なんだ。) " (*wanna=want to)

と言った時、
私は少し感動してしまった。



日本にいた時、そんなことを言う人に私は出会ったことがなかったから。

私がカナダにワーホリに行くために仕事を辞めた時、
周りは否定的な意見が大半だったから。


「カナダって・・・何のために行くの?」
「わざわざそんなことしなくてもいいだろうに。。」
「すごいね、そんな"レール"から外れるようなことをするなんて。私には怖くてできないよ。」

・・・・・・・・


中には「いいなー私も仕事辞めたい!」と冗談まじりで言う人はいたが。



私がそう言うと、
日本人の友達も、
"本当にそうだわ。私もワーホリ来る前に似たようなこと言われた。
日本人は自分がどうしたいかより、他の人からどう思われるかを気にするからねえ。。
私のバンクーバーの日本人の友達も、レストランの仕事をやめたいってずっと言ってたのに、続けてるから、 '続けることにしたんだね' って言ったら、'店長に言いづらいから・・・'って、結局最後まで働いてたし"、
と言う。


それを聞いたカナダ人の友達には、
"・・・信じられない。つくづく日本人は他人に合わせるのが好きなんだね。。"と言われてしまった。


★★★


カナダ人と日本人の考え方、

どちらが正しいというわけではないと思う。

そこにはただ、「違い」があるだけなのだ。

(誤解のないように言っておくと、カナダ人皆が皆、仕事をすぐに辞めるわけでは決してない。)


ただカナダ人の友達が、
" I don't wanna just follow other people." と言ったとき、

そしてそこにいたカナダ人が全員、彼の言葉に頷いているのを見たとき、

私はこれはカナダ人の、仕事だけではなくて人生に対する考え方でもあるのだろうなと思った。


<関連エントリ:
カナダ人と日本人の仕事に対する考え方>


*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために今日本に滞在しています。今のところ、東京、大阪、京都、岡山、広島、福岡でレッスンをしていますが、ご希望があれば最寄りの新幹線の駅まで伺うことが可能です。

もし私の先生のレッスンを受けてみたいという方がいらっしゃればご連絡下さい。無料の体験レッスンを受けて頂けます。日本にいながらにして、英語のカルチャーを学ぶ方法、英語を効率的に早く伸ばす方法、余計なお金や時間をかけずに不安なく留学・ワーホリする方法なども含んだレッスン内容となっています。(日本でのレッスンを受けることで今後海外に行ったり、バンクーバーでもレッスンを受けなければならないといった制限はありません。)

先生の滞在期限が迫ってきていますので、興味のある方はお早めにご連絡ください。

携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、できるだけパソコンから閲覧可能なアドレスでご連絡下さるようお願いします。

既にご連絡先をお知らせ頂いている方で、私または先生からのメールがまだ届いていないという方がいらっしゃれば至急ご一報下さい。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)
*今回レッスンを始められた方から、また前回の続きを受けられている方からの感想お待ちしています。


     *お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると、大変嬉しいデス♪* クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(一日一回更新されます)
                    にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

       

コメント

Re: No title

tsさんへ

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: No title

yukoさんへ

こんにちは。コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂いたのですが、
エラーとなって戻ってきてしまっていました。
パソコンから閲覧可能なアドレスで再度ご連絡頂けますでしょうか。
ご連絡お待ちしています。

Coco

Re: No title

Akaneさん

先ほど詳細についてメールを送らせて頂きましたのでご確認ください
よろしくお願いします。

Coco

Re: No title

Akaneさんへ

こんにちは、
コメントありがとうございます

私がカナディアンの友達ができるようになったのは、日本人の友達に誘われていったイベントで何人かのカナディアンと親しくなったことがきっかけです。その友達の紹介で、さらに別のカナディアンと知り合うということが多いです。

No title

ブログを読み進めて行くにつれて、マンツーマン学習が気になりましたので、詳細を教えていただきたく、続けてコメントさせていただきました。

No title

こんにちは。
6月からワーホリでカナダに行くあかねと申します。
cocoさんは、カナディアンのお友達とはどういう経緯で知り合ったのですか?
ワーホリに行っていた友達はカナディアンに会う機会があまりないと言っていたので…。
行くからには現地の文化や生活スタイルを体験したいと思って質問させて頂きました。
よろしくお願いします。

Re: Cocoさん、はじめまして。

Mayuさん
はじめまして、
コメントありがとうございます。

先ほどメールをお送りさせて頂きましたのでご確認ください。
よろしくお願いします。
Coco

Re: はじめまして

chikaさん
こんにちは、コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂きました。

Coco

はじめまして

今年の6月からワーホリでトロントに行く予定です。でもまだ学校も住む所も決めていません。
cocoさんのブログは勉強になりますし、いろいろと考えさせられます。
英語のレッスンの件、とても興味があります。もう何年も英語の勉強をしていないので都合が合えば、と思うのですが、東京のクラスはありますか??
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ