英語が話せない不安と、もどかしさと。

blogtu.jpg
(↑バンクーバーの公園にて。)


前回のつづき。

カナダに渡る前、

英語を勉強する具体的な方法はわからないけれど、
カナダに行きさえすれば、徐々に慣れて、案外自動的に英語が話せるようになるんじゃないかと、
淡~い期待を抱いていた私(カナダに行く前感じていた期待と不安の、正体。を参照)だったが、

実際には

カナダで生活を始めて3カ月が経っても

ESL(英語学校)に通っても

いっこうに自分が

"英語を話している" という感じが、

しなかった。




英語圏の国にいるのに英語ができない、話せないというのは、
私にとって想像以上のストレスであった。



話せないだけでなく聞きとることもできないから、

周囲で起きていることが分からないし、

自分の思いや気持ちを何と言って伝えればよいのかわからない、

また伝えようとしても誤解されてしまう。


日本語では、歳相応の振る舞い、言動が、

考えなくても自然にできるのに、

英語ではそれができない。


日本のカルチャーの中では年齢の分だけ、カルチャーの経験の蓄積があるから簡単に対処できることでも、
英語のカルチャーの中での経験がまるでないため、
どうしたらよいのかわからなかった。

だから当時の男女差別をするホストファミリーにも、私は何も言えず、ただ黙って我慢するしかできなかったのだ。



またネイティヴイングリッシュスピーカーに限らず、
自分より英語ができる人たちに囲まれると、
「たくさん話したい!」と思う一方で
実際のところ話したくても話が続かないから、
黙り込んでしまうこともよくあった。


これは
日本で自分がまだ幼ない子どもだった頃、
親が他の大人と話しているときに
自分も彼らの会話に加わりたいのだけれど、
何の話をしているのか分からないし自分も何も言えないので、
つまらなくなって「早く話し終わればいいのに」と思っていた、

ちょうどあの感覚に似ている。


私は会話に入れないから、

英語が話せる人だけの間で話が進んで、

彼らが全部決めて、

後から知らされる彼らの選択に自分は従うだけ。。。



だから私は20歳を過ぎたれっきとした大人なのにも関わらず、

カナダでは自分が子どもに返ったような気がしていたのだった。
(英語を話す時と日本語を話す時の精神年齢は同じ?を参照。)


カナダに行きさえすれば自動的に英語が話せるようになるのではないかという私の淡い期待は、
見事に打ち破られた。


言葉が通じない不安、もどかしさなんて、

日本にいた頃は

私の周りにいたのは自分と同じ"ネイティヴジャパニーズスピーカー"だけだったから

感じたことがなかった。




言葉ができないということは、こんなにも不自由を強いられることだったのかと、

カナダに来て初めてわかった気がした。




当時の、

英語ができなくて不安だでたまらなかった頃の自分、

英語が話せなくて焦っていた頃の気持ちを思い出すたび、

私があの日

英語を個人で習うことに決めたのは、

人生を変えた決断であったなあと思う。


<関連エントリ:
英語が話せるようになる具体的な方法って?>



*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために今日本に滞在しています。今のところ、東京、大阪、京都、岡山、広島、福岡でレッスンをしていますが、ご希望があれば最寄りの新幹線の駅まで伺うことが可能です。

もし私の先生のレッスンを受けてみたいという方がいらっしゃればご連絡下さい。無料の体験レッスンを受けて頂けます。日本にいながらにして、英語のカルチャーを学ぶ方法、英語を効率的に早く伸ばす方法、余計なお金や時間をかけずに不安なく留学・ワーホリする方法なども含んだレッスン内容となっています。(日本でのレッスンを受けることで今後海外に行ったり、バンクーバーでもレッスンを受けなければならないといった制限はありません。)

石橋を叩いて「渡りたい」という方は、お早めにご連絡ください。

携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、できるだけパソコンから閲覧可能なアドレスで連絡下さるようお願いします。

既にご連絡先をお知らせ頂いている方で、私または先生からのメールがまだ届いていないという方がいらっしゃれば至急ご一報下さい。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)
*今回レッスンを始められた方から、また前回の続きを受けられている方からの感想お待ちしています。


     *お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると、大変嬉しいデス♪*
                    にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

       

コメント

No title

みぃさん
はじめまして、
コメントありがとうございます。
メールを送らせて頂きましたのでご確認ください。
よろしくお願いします

Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

カナダから帰国して、現在は都内企業で英語を使って働いています。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「こんなのウソに決まってる、アリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになってますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ