英語環境にいさえすれば、英語は伸びる?

image_20130407142826.jpg
(↑カナディアンの友達の家でイースターのお祝い。ディナーをご馳走になった。)


日本にいた頃の私は、

周囲の人の目が気になってたまらず、

いつも自分の興味のあることよりも、

他人の言うこと、すること、すすめることに合わせてきただけだから、

大人になっても

自分は一体何が好きで、

何が得意なのか、

わからないままだった。






以前にも書いた通り、バンクーバーでは、
自分が望めばまるで日本にいるかのように生活することができる。


日本人は多いし、日系のお店もたくさんあるし、日本語の情報も溢れているから、
英語が話せなくても十分生活していける。


逆に、英語が話せなくても困らない環境があるからこそ、

バンクーバーに来ても英語が話せるようにならない/ならなかった、という人が溢れているのではないかと思うこともあるが、

でも、バンクーバーに渡ったばかりの始めの三ヶ月、日本語を極力使わないようにしても英語がいっこうに伸びていかなかった自分のこと

を考えると、

環境はあくまで一つの要因なのであって、

絶対的な理由にはなりえない。




大切なのは、環境ではなくて、英語のカルチャーに対する自分の姿勢なのだと思う。



英語が話せるようになるということは、

「英語のカルチャーを理解して、その中で考えたり行動したりできるようになる」ことだと私は思っている。


日本語のカルチャーと英語のカルチャーは違うのだから、

自分がこれまで慣れ親しんできた「日本流の考え方や行動」に固執していては、

英語のカルチャーが理解できるようには絶対にならない。


だからMix語で何年何十年英語の「練習」を積んだところで、

"本物"の英語が話せるようにはならないのだ。




英語が話せなくても十分生活していけるバンクーバーだけれど、

でも私はせっかくここまで来たのだから、

英語を使って、

日本人だけじゃなくて色んな国の人たちと友達になりたいと思ったし、

日本ではできないようなこと、

カナダの文化、人々の生活、価値観なんかを自分の目で見て感じて、

できるだけ吸収したい
と思った。

日本ではできないようなことを最優先に経験したいと思った。





その時は全然気がつかなかったけれど、


英語を個人で習い始めた私は、


少しずつ少しずつ、


変わっていった。




時には一旦変わってもまた日本にいた頃のような思考に戻ったり(英語上達を阻害する、日本人の"メンタルブロック"。
迷ったり(ワーホリの1年のリミットで優先すべきこと、すべきでないこと?
海外に英語を勉強しに行って、英語が話せるようになる人とならない人の違い。)、

行ったり来たりを繰り返したけれど、

でも気がつけばいつの間にか変化をずっと恐れなくなった自分がいたのだった。




"What you want to do is much more important than what you have to do."
(自分が「しなければいけない」ことではなくて、自分が「したいと思う」ことの方がずっと大事。)


自分のしたいこと、

英語の、カナダのカルチャーを学ぶことを最優先することにした私は、

それに伴って英語が話せるようになっていっただけでなく、

日本にいた頃よりフットワークがずいぶん軽くなった。




カナディアンの友達に、"あー暇だなー。Coco何か面白そうなイベント知らない?"と聞かれた時には

"えっ、あなたが私にそれを聞くの? まさかカナディアンに地元のイベント情報を聞かれる日がやってくるなんて思わなかったよ"
と、

思わず笑ってしまったけれど。




*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために今日本に滞在しています。今のところ、東京、大阪、京都、岡山、広島、福岡でレッスンをしていますが、ご希望があれば最寄りの新幹線の駅まで伺うことが可能です。

もし私の先生のレッスンを受けてみたいという方がいらっしゃればご連絡下さい。無料の体験レッスンを受けて頂けます。日本にいながらにして、英語のカルチャーを学ぶ方法、英語を効率的に早く伸ばす方法、余計なお金や時間をかけずに不安なく留学・ワーホリする方法なども含んだレッスン内容となっています。(日本でのレッスンを受けることで今後海外に行ったり、バンクーバーでもレッスンを受けなければならないといった制限はありません。)

石橋を叩いて「渡りたい」という方は、お早めにご連絡ください。

携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、できるだけパソコンから閲覧可能なアドレスで連絡下さるようお願いします。

既にご連絡先をお知らせ頂いている方で、私または先生からのメールがまだ届いていないという方がいらっしゃれば至急ご一報下さい。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)
*今回レッスンを始められた方から、また前回の続きを受けられている方からの感想お待ちしています。


    *お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると、大変嬉しいデス♪* クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(一日一回更新されます)
                にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

       

コメント

Re: No title

daisukeさんへ

こんにちは、コメントありがとうございます。

先ほどメールを送らせて頂きましたのでご確認下さい。

よろしくお願いします。

Coco

Re: No title

とおるさんへ

はじめまして、コメントありがとうございます。

先ほどメールを送らせて頂きましたのでご確認ください。
よろしくお願いします。

Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ