英語を話すということは、ツラくてムズカシイもの、なのか?

バンクーバーで英語を個人で習うようになるまで、私は

相当の「努力」と相当の「時間」をかけないと日本人が英語を話せるようにはならないのだと思っていたから、
私のような凡人が英語が話せるようになるには、
果たして一体どれだけの「勉強」が必要なのだろうか、と、

絶望的な気持ちになることがよくあった。


「英語が話せるようになった」今、私が言えるのは、

英語なんて勉強の仕方さえ間違えなければ誰でもすぐに話せるようになるということ。

逆に言えば、

日本人は英語の勉強の仕方を間違えすぎている

ということである。



だって、

私が日本で何年もかけて苦労して学んだ「英語の知識」は、

残念ながらカナダでは役に立たなかったのだから。

役に立たないどころか、その「知識」がかえって私が自然な英語を話す邪魔をしていたとも言える。(日本で学んだ英語の知識が、英語上達の邪魔をする。を参照。)


バンクーバーで生活を始めて、英語を個人で習うようになってからは、
私は机について勉強するということを一切しなくなった。
(勉強すればするほど話せなくなる、英語。を参照。)


だから英語を話すことがツライとかムズカシイなんて、

思いもなかった。

以前思っていたような、

「ガムシャラに頑張れば、いつか英語が話せるようになる」
なんて、

そんな精神論だけの、何の根拠もない「願望」も
消えていた。



英語を話すのが苦痛と感じるどころか、

レッスンで新しいことを習う度に「昨日とは違う英語を話す自分」を感じるのだから、
毎日英語を話すのが

楽しくてたまらなかった。



バンクーバーの図書館で、その後英語を習うようになる先生に初めて会った日の体験レッスンで、
私への質問が一通り終わった後、
ある話し方のテクニックを教えてもらった。


それは自分が思ったことと、自分が言ったことを、

"I think......" や "I said......" という「書き言葉」、言ってみれば堅苦しい言い方で始めるのではなく、

「話し言葉」を使って、ネイティブが言うみたいに、もっと自然に言う方法だった。


先生はその言葉を使ったいくつかの例を言ってくれ、

"今僕が教えた言葉を使って、Cocoも何か話してみて" と言われた。


初めて聞く言葉(と言っても、先生にその言葉を習ってからネイティヴの話を聞いていると、一会話に一回は出てくるような、すごくよく使われる言葉なのである。でも習う前は、単に聞き流していたか、または聞き取れていなかったから分からなかっただけだったのだと思う。) だったし、もちろん英語だし、いきなり"使ってみて" といわれても、
少し考える時間が必要だった。

しばらく考えこんで、ようやく、

私もその「話し言葉」を自分の言葉として話すことができた。

先生には
"Perfect! (完璧!)" と言われた。


私は、

「あ、今、何かが変わった?」と思った。






カナダに渡る前、私がネットや雑誌なんかでワーホリや留学について調べていたとき、
「海外に行ったのに英語が話せるようにならない/ならなかった」(「楽しかった、良い経験になった、今後も英語の勉強頑張っていきたい」)人の体験談やブログは山ほど見つかったのに、
「海外に行って、英語が話せるようになったと確信をもって言える人、またどうやったら話せるようになったのかを具体的に知っている」人の話は一つも見つけることができなかった。

だから英語が話せるようになるには一体どうしたらよいのか、ということが、私は最後まで分からなかった。(英語が話せるようになる具体的な方法って?>を参照。)


だから他に方法があるなんて知らないまま、バンクーバーでESL(英語学校)に通い始めたのだけれど、
私はそのことをすぐに後悔するようになった。


だってESLの授業では、
何かしらの教材を配られて、
先生が言うとおりに問題を解いていって、
隣の人と話し合いながら答え合わせして、

その場では「分かったつもり」になるけれど、
3日後同じ問題を解いたら、また同じ所を間違える。
その繰り返し。


もしくは教材に書かれたお題に沿って、
それが自分の興味のあるテーマであろうが何だろうが、隣の人と何でもいいからとにかく話すように言われるのだが、
でももともと口数が多くない自分が、興味のないことについて無理矢理、しかも英語で話すなんて、苦痛でしかなかった。

「あなたは猫派ですか。犬派ですか」なんていう幼稚な質問に、貴重な授業時間を使って話し込まなければならないことも私には疑問だった。(英語が上手くなるには、「とにかく話す」こと?を参照。)


学校で "自分が言いたいことを英語で言えるようになるためのテクニック" を教えてもらうことなんてただの一度もなかったから、
その時思いついたことをただ適当に言って、
相手の話にも適当に相槌をうって、

それで、

おしまい。


当時はホームスティをしていたので、ホストファミリーと夕食を食べるとき、
"今日は学校で何を習ったの?" と聞かれて、
返答に困ることがよくあった。

夕食を摂る頃には既に「思い出せない」からだ。


だから学校に通っていた頃の私は

昨日も今日も、そして明日も、

ずっと同じ、

何の進歩もない、

変わりばえのない私なのだった。



私はバンクーバーで相当数のESL(英語学校)でtrial lesson(体験レッスン)を受けた(バンクーバーの場合は大概の学校で、無料で受けられるのだ) けれど、

正直言って、どこも同じ。

だった。


(ESLに行ったところで英語が伸びないと思っているのは、私だけでは決してない。下の写真は、今日本にいる先生あてにバンクーバーから昨日送られてきた、日本人留学生からの体験レッスン申し込みのtext message(日本で言うところの携帯メッセージ)なのだそうだが、
image_20130410215303.jpg

"I only go to school but I feel bad go to school. Because I hear ESL don't grew up and I think so too.
I wanna speak English very well."
と明確に書いてある。)





でもその日の体験レッスンで、

私は初めて、

「英語でこれができるようになった」という感覚を持った。


カナダで初めて感じることができた、

「何かが前に進んだ」

という感覚だった。



その時はまだ、私自身が変わる必要があるとまでは思っていなかったけれど、

「私の英語」はその時

確かに

変わっていた。



私はもともと記憶力に優れている方ではないし、

理解が早いわけでもない。

そのおかげで

学校の成績はいつも、どんなに頑張っても中の中だったし、

懸命に勉強したにも関わらず、志望していた大学には入れなかった。


語学学校に通っても、
ホストファミリーだけでなく同じ留学生であるクラスメイトからも英語をバカにされ、
発音の授業の先生に「あなたは吃音障害があるから英語を頑張るのは不利」なんて言われた、


そんな私でも、

「ネイティヴが話すみたいに英語を話すことが、できたじゃないか。」


そう思った。




「昨日とは違う英語を話す自分」、

「昨日よりも英語が上手くなっている自分」を日々感じることができれば、

英語を話すのがツライなんて、思うはずもないのだった。


<関連エントリ:
努力と時間で英語は話せるように、なる?>



*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために今日本に滞在しています。今のところ、東京、大阪、京都、岡山、広島、福岡でレッスンをしていますが、ご希望があれば最寄りの新幹線の駅まで伺うことが可能です。

もし先生のレッスンを受けてみたいという方がいらっしゃればご連絡下さい。無料の体験レッスンを受けて頂けます。日本にいながらにして、英語のカルチャーを学ぶ方法、英語を効率的に早く伸ばす方法、余計なお金や時間をかけずに不安なく留学・ワーホリする方法なども含んだレッスン内容となっています。(日本でのレッスンを受けることで今後海外に行ったり、バンクーバーでもレッスンを受けなければならないといった制限はありません。)

石橋を叩いて「渡りたい」という方は、お早めにご連絡ください。

携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、できるだけパソコンから閲覧可能なアドレスで連絡下さるようお願いします。

既にご連絡先をお知らせ頂いている方で、私または先生からのメールがまだ届いていないという方がいらっしゃれば至急ご一報下さい。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)
*今回レッスンを始められた方から、また前回の続きを受けられている方からの感想お待ちしています。




    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(一日一回更新されます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ


       

コメント

Re: こんにちは

Tamakiさん
こんにちは、はじめまして。

授業がつまらないのに学校に行くなんて、辛いですよね。。。

先ほどメールも送らせて頂きましたのでご確認ください。

よろしくお願いします

Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ