ホームステイのトラブルと、その対処?

日本からカナダに渡る前、

「異文化理解は大切だ」ということは何となく思ってはいたけれど、

じゃあ、

具体的に日本の文化とカナダの文化は何がどう違って、

私は一体どうしたらいいのか?


それは一切わからなかった。




カナダに着いて、始めはエージェントに頼っていた私。

バンクーバーではホームスティをビジネスとして行っているフィリピン系の家庭が多く、日本人や韓国人留学生はたいがいそこに斡旋される。

ご多分に漏れず、私のホームスティ先もフィリピン系カナディアンの家庭に決まった。

そのホームスティ先を紹介してもらったエージェントから、私は事前に
「郷に入っては郷に従え、で、ホストファミリーの家庭のルールに全て合わせるように」
と言われていた。

「もし万が一何か問題が生じた時には、全てこちらに言ってもらえば、私たちの方からホストファミリーに言って話をつけるので」とも言われた。

でも私は、「英語力をつけて、自分で話ができるようになりたい、そうして自分の力で良好な関係を築きたい」と思っていた。

そうじゃないと意味がない、と思っていた。




ホームスティ先に着いたその日に私は "その家のルール" なるものをホストペアレンツに確認した。何度も何度も聞き返して、やっと理解できたのは、"食事の時間は一応6時〜7時だけど、取り立てて気をつけなければいけないことはない" ということだった。



今思えば英語で満足にコミュニケーションできない私を見て "この人に言っても理解できないから言うだけムダ" と思われて詳しく言ってくれなかったのかもしれないと思う。



始めは見るもの聞くこと全てが新鮮で、ホストファミリーも優しいし良い人達だしと、ホームスティにすっかり満足していたのだが、

"カナダに来たばかりの日本人"である私と、フィリピン系カナディアンである彼らの間には
当然カルチャーの違い、生活習慣の違いがいくつもあり、

できるだけ彼らに合わせようとはしたものの、

「本当に全てにおいて私だけが彼らに合わせるべきなのか?」

疑問が出てきた。



例えば始めの頃はESLのクラスメイトと遊びに行ったりして夕食に遅れることがあり、彼らは何も言わず私の分を保存しておいてくれていた。

ところがある日突然、"ディナーは6時と決まっている。遅れてもあなたの分はとっておかない、遅れたら食べさせない。" と言われた。

夏ともなれば、夜の9〜10時頃まで明るいバンクーバー(夕刻でもまるで真昼かのように感じる)なのに、遅れることができないディナーの時間が6時だなんて、
実質門限は6時ということだ。

私は20歳を過ぎた大人なのに、

門限が、6時。


さらに私が払っているホームスティ費用には一日三食の食事代も含まれているのに、遅れたら食べられないなんて、おかしくはないか。(実際私と同様20歳を過ぎていたホストブラザーは、当たり前のことながら時々ディナーに遅れることがあったが、ホストマザーは彼のためには普通にディナーを保存していた。)


おかしいとは思うけれど、
彼らにそれを何と言って伝えたらよいのかが分からない。


何とか彼らと交渉して、お互いが納得できる妥協案を見つけたいと思ったのだが、


"あなたはこの家のルールに従わなければならない!" と怒鳴られてしまう始末 。


相手を怒らせただけだった。



結局私は
友達と遊んでいても6時のディナーに間に合うように急いで帰って、ディナーを食べたらまた出かける、

そうすることしかできなかった。


ところが、そうまでして私が6時前に家に着くように慌てて帰っても、
ディナーが7時を過ぎるまで始まらなかったり
ホストファミリーは皆出かけており、私のディナーとしてファーストフードのハンバーガーとフライドポテトがテーブルに置いてあるだけだったり(だから早く帰ってくる必要はないという連絡などもちろん何もなく)、

私の不満は募るばかりであった。


そしてある日、私がホストファミリーに対して感じるようになっていた違和感を、エージェントにふともらしたことが、
エージェントづてにホストマザーに伝わり、
"何で私たちに言わないでエージェントに言うのよ!! I'm so upset!! " と私はものすごい剣幕で怒られてしまった。

私は"I'm sorry" を繰り返すしかなく(なぜならそれが当時の私が知っていた唯一の、((日本的))問題解決の方法だったから)、

「金輪際エージェントには一切相談するまい」と思った。


私の違和感はまったく解消されないまま。。。




私はホストファミリーと "良好な関係を築こうと努力すること" を諦めた。


意を決して、"ホームスティをやめる" とホストマザーに伝えた。



私と同時期にホームスティをしていたESL(英語学校)の友達(韓国人と日本人しかいなかったから、当然ホームスティ先もほとんど皆フィリピン系の家庭)の話を聞いても、

門限が6時どころか5時だったり、

シャワーを使うことのできる時間帯が決まっていたり、

ランチに持たせてくれるのが毎日パサパサのパンとチーズだけだったり、

毎晩ホストファミリーがテレビでタガログ語(フィリピンの言語)のドラマを見ているのだが大音量すぎてイライラする、など

ホームステイに満足している人よりも、していない人の方がずっと多いようだった。




他人の家で生活する以上、ホームスティ先の家庭のルールに従わなければならないというのはたしかに一理あるとは思うが、

であればどのようなルールがあるのか始めにしっかり確認しなければならないと思う。

そして、自分がどうしても譲れないことをルールにしている家庭なら始めからスティすべきではないと思う。

何がルールなのかわからない状況(例えば始めはディナーに遅れることが許容されていたのに、急に6時には家にいるように強要され、かつなぜホストブラザーは遅れることが許されて私は許されないのか、理由がわからない)でも、ただホストファミリーの言いなりになっていれば良いのだとは到底思えない。



今なら、
もっと彼らと話し合えたし、上手く交渉できる自信がある。


英語のカルチャー、カナダのカルチャーを学んだ今なら、

あの時どうすればよかったのか、

彼らにどう言えばよかったのかが、

わかる。


でも当時は

何もわからなかった。



難しい言葉を使う必要はないし、

文法の知識が必要なわけでもない。



カナダでは自分にはどれぐらいの権利があって、

何が許されて

何が許されないのか。


それはつまり、カルチャー
なのだった。



<関連エントリ:
友達のホームスティ先決定!>


*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために今日本に滞在しています。今のところ、東京、大阪、京都、岡山、広島、福岡でレッスンをしていますが、ご希望があれば最寄りの新幹線の駅まで伺うことが可能です。

もし先生のレッスンを受けてみたいという方がいらっしゃればご連絡下さい。無料の体験レッスンを受けて頂けます。日本にいながらにして、英語のカルチャーを学ぶ方法、英語を効率的に早く伸ばす方法、余計なお金や時間をかけずに不安なく留学・ワーホリする方法なども含んだレッスン内容となっています。(日本でのレッスンを受けることで今後海外に行ったり、バンクーバーでもレッスンを受けなければならないといった制限はありません。)

石橋を叩いて「渡りたい」という方は、お早めにご連絡ください。

携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、できるだけパソコンから閲覧可能なアドレスで連絡下さるようお願いします。

既にご連絡先をお知らせ頂いている方で、私または先生からのメールがまだ届いていないという方がいらっしゃれば至急ご一報下さい。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)
*今回レッスンを始められた方から、また前回の続きを受けられている方からの感想お待ちしています。





    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(一日一回更新されます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ


       

コメント

Re: No title

春香さんへ
はじめまして、
コメントありがとうございます。

先ほどメールを送らせて頂きましたのでご確認ください。
よろしくお願いします。

Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ