英語の勉強は、ツラくてツマラナイもの、なのか?

blogpoe.jpg
(↑バンクーバー、チャイナタウンにある中山公園の池。)

英語を話すのがツライと思ってしまうのは、
そもそも勉強の仕方を間違えているからであると前々回エントリ:英語を話すということは、ツラくてムズカシイもの、なのか?に書いた。

勉強の仕方を間違えていた頃の、以前の私の英語の「勉強」と言えば、
「とにかく一つでも多く英単語を覚えて、一つでも多くの文法の問題を解くこと。」
それしか他に方法はないと思っていた。

覚えても覚えても、端から忘れていく自分の記憶力のなさを嘆きつつ、
日本で中学の時から何年も何年もかけてやってきたことを
カナダでも、繰り返していた。

変わったことと言えば、
ただ、
場所が変わった。
・・・それだけである。

「英語の勉強=単語を覚えたり文法を覚えるしかないもの」
であれば、
それはツライに決まっている。

自分の母国語である日本語ですら、一体どれだけの単語があって、自分はそのうちの何割を知っているのかすら検討もつかない(覚えた英単語の数=スピーキング力?)のに、
外国語である英語、それも日本語よりずっと多くの単語があると言われる英語で、
この世に存在する単語をすべて完璧に覚えようとするなんて、
無茶としか言いようがない。

文法だって、日本語の文法を完璧に理解している日本人なんて、日本語専門の学者を除いて果たしてこの世に存在するのだろうかと私は思うのだが、
学者など目指していないごく一般の日本人ですら、中学から高校まで6年もかけて英文法を勉強して、
その上まだ勉強しなければならないなんて、
一体ゴールはどこなのか。

先が見えない上に、
単語や文法をいくら勉強したところで、肝心の「英語が話せる」ようには少しもなっていかない。
だから進歩が感じられない。

それは、
ツライに決まっている。

けれどこれまでに何度も書いていた通り、多くの日本人(と、日本と似た教育を受けている韓国人)は「英語=単語を覚えたり文法を覚えるしかないもの」だと思いこんでしまっている。

バンクーバーのダウンタウンの図書館には自習用の勉強机がたくさん並んでいるのだが、
そこに行けば必ず見ることができるのが、
机に英語の教科書やノートを広げ、その上に突っ伏して寝ている(主に韓国人と日本人と見られる)アジア人留学生の姿であることは以前にも書いた。(バンクーバーの図書館での“正しい”居眠りの方法。を参照。)

なぜ彼らは、英語を「勉強」しながら眠ってしまうのか。

それは、
「ツマラナイから」
に他ならないからではないのだろうか。

日本であれほど頑張ってきた「単語と文法の暗記」に、いくら場所を変えて取り組んでみたところで、
「ツマラナイ」ものは「ツマラナイ」。のである。

どれだけの単語を覚えたところで、
どれだけの文法の問題を解いたところで、
自分に英語のカルチャーがなければ、それら(英単語と英文法)を英語のカルチャーの中で使うことができないから、
いつまで経っても「不自然な英語を話す自分」から抜け出せない。

どんなに努力をしても、
どんなに時間をかけても、
進歩がないから
英語の「勉強」は、
「ツライ」し 「ムズカシイ」し「ツマラナイ」ものでしかない。

バンクーバーで英語を個人で習うようになり、カルチャーを学び始めた私はまもなく、
「ツラ」くて 「ムズカシ」くて「ツマラナイ」だけだった英語の「勉強」を一切やめた。

そうしてようやく、
私は英語が話せるようになっていった。

私にとっての英語は、いつの間にか
「タノシク」て「カンタン」で「ワクワク」するものに変化していた。

*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために今日本に滞在しています。今のところ、東京、大阪、京都、岡山、広島、福岡でレッスンをしていますが、ご希望があれば最寄りの新幹線の駅まで伺うことが可能です。

もし先生のレッスンを受けてみたいという方がいらっしゃればご連絡下さい。無料の体験レッスンを受けて頂けます。日本にいながらにして、英語のカルチャーを学ぶ方法、英語を効率的に早く伸ばす方法、余計なお金や時間をかけずに不安なく留学・ワーホリする方法なども含んだレッスン内容となっています。(日本でのレッスンを受けることで今後海外に行ったり、バンクーバーでもレッスンを受けなければならないといった制限はありません。)

石橋を叩いて「渡りたい」という方は、お早めにご連絡ください。

携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、できるだけパソコンから閲覧可能なアドレスで連絡下さるようお願いします。

既にご連絡先をお知らせ頂いている方で、私または先生からのメールがまだ届いていないという方がいらっしゃれば至急ご一報下さい。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)
*今回レッスンを始められた方から、また前回の続きを受けられている方からの感想お待ちしています。



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(一日一回更新されます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ


       

コメント

Re: hello

> 今ビクトリアに留学にきて約3ヶ月になりますが、勉強の仕方がわかりません。
> ここに書かれた勉強法で勉強を私もしていて変えた方がいいんだと感じてはいるもののどうしたらようのかわからず、また話しても文章を組み立てられず、発音が通じないことでどんどん話さなくなってしまいました。
> せっかくカナダにきてやっぱり英語が話せるようになりたいので、ビクトリアでも体験無料レッスンは受けられますか?

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。
Coco

Re: 6月個人レッスン

Natsukiさんへ

こんにちは
コメントありがとうございます。

レッスンについて、メールを送らせて頂きましたのでご確認下さい。
よろしくお願いします。

Coco

Re: 初めまして

Chiakiさんへ

初めまして、コメントありがとうございます。
先ほどメールをお送りさせて頂きましたのでご確認ください。
よろしくお願いします。

Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: はじめまして!

Tomomiさんへ

初めまして、
コメントありがとうございます。

私はバンクーバーの語学学校で、「大学では英文科だったけど、英語は話せない」という人に何人も出会いました。
Tomomiさんの勉強が足りなかったのではなく、そもそも「話せるようになるための勉強」ではなかっただけなのだと思います。

日本でのレッスンについてメールを送らせて頂きましたのでご確認ください。
よろしくお願いします。

Coco

Re: 初めまして

SAMMYさんへ

コメントありがとうございます。
メールを送らせて頂きました。

Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダで~2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、バンクーバーで学んだある方法であっという間に英語が話せるようになりました。(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。
現在は都内企業で翻訳の仕事に従事・英語レッスン主宰・留学カウンセラーの3足のわらじを履いています。忙しいですが、とても充実した時間を過ごしています。
私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「こんなのウソに決まってる、アリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。
「英語を暗記しない」、「英語は簡単」など、常識とは反対のことを言っていますのでそう思われる方もいらっしゃって当然だと思います。
「今のまま英語の勉強を続けても英語が話せている自分が想像できない」、
「留学やワーホリを考えているが、英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?」など、今までとは少し違う英語の勉強方法にご興味がある方。英語を使って仕事にボランティアに旅行に友達作り、自分のゴールを達成するワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた「英語を暗記ではない方法で学ぶ」ユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンでも3泊4日の集中レッスンや1ヶ月の集中レッスンが行われています。
    ◆オンラインレッスンも始まりました!
    ◆レッスンをフィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ