英語と 「偏差値」と「経験値」の、関係。

日本の中学と高校で英語を学んでいた私が、
英語を口にすることといったら授業中あてられて教科書を音読する時くらいで、それはカタカナ発音もいいところの、今聞いたら赤面してしまうようなひどい発音だったと思うけれど、
でも私のクラスメイトだって皆同じようなものだったし、大学ではきっと英語教育学科とかに進んで一般の人よりずっと長く英語を「勉強」してきたはずの英語の先生だって、
それは似たようなものだった。

それが「普通」だった。

日本の学校の、ペーパーテストの結果=「偏差値」だけから評価されることに慣れきった私は当時、
知識を頭に詰め込むことこそが、英語の勉強なのだと思っていた。

その後カナダに渡って英語を個人で習うようになった私は、机について勉強することを一切やめた。
一旦それまでにやってきた英語の勉強の仕方(単語帳を眺めて、文法の問題を解いて、英語構文のCDを聴いて・・・)を一切、やめた。

そうしたら、
英語が話せるようになっていった。

・・・・・・

私が英語を身につけた過程において、誇れることがあるとしたら、
それは英語で恥をかいた数、失敗をした数の多さであると思う。

カルチャーというのは、そこに住んでいる人たちの考え方、行動、人と人との関係性のこと。
英語を効果的に勉強する:1を参照。)

こういう時にはこうする、こう言う、こう振舞う、といった約束事、
人が社会の中で生活していく上でのすべてのことに関わる、
すべてのこと。

バンクーバーでESL(語学学校)に通っていた頃は一人もカナダ人の友達がいなかった私が、
英語の、カナダのカルチャーを学ぶようになってやっとでき始めた友達と一緒に遊びに行ったとき、
写真を撮る瞬間とっさに、日本でやっていたように顔の横でピースを作り、
"Very Japanese"と笑われたこと(英語は、勉強するな。2)。

車で家まで送ってもらいたいけれど日本特有の“察すること”を周囲に期待して、自分が困ったこと(英語は、身につけるもの。2)。

これは日本のカルチャーとは関係なく、カナダで実質的には初めてボランティアした時に、指示された言葉が聞き取れなくて、怒られたこと(カナダで経験、ボランティア活動。)。

思い返すと後から後から出てくるけれど、
でも私は失敗したって恥をかいたって、その日落ち込むことこそすれど、
次の日には気を取り直してまた友達と遊んだり別のボランティアに参加したりしていた。


既に何度も書いてきたように、
小さな子どものときは誰だって、間違えたり失敗することに対する許容範囲が広い。
英語のために海外に行くことができる、日本人の恵まれた環境。を参照。)

だれも幼い子どもに「上手にしゃべりなさい」なんて言わないし
子ども自身も思わない。

子どもが間違えたり失敗するのなんて当たり前だし、大人も手取り足取り教えてくれる。

それが大人になるにつれて、“ミス”に対する恐怖が芽生えてくる。

新しいことをするよりは、自分が既に慣れていることに固執したくなる。

・・・・・・

バンクーバーで英語を習っていたレッスンで一時期、私は土日を除く毎日レッスンを受けていた。
当時私が住んでいたのはバンクーバーの郊外も郊外で、移動手段はバスしかない。でもバンクーバーのバスなんてものはまず、時間通りに来ない。(バスライフ in Vancouverを参照。)

だから私はその頃車で行ったら片道30分もかからないところを、片道1時間以上かけて通っていたわけだけれど、
それでもそんなことは全然苦痛ではなかった。

新しい発見の連続でレッスンが毎回楽しみだったから。

何と言っても面白かったのは、単に英単語、英会話を習うということではなくて、その背後にある英語のカルチャーも一緒に学んだこと。

前回も書いた通り、そこでは教科書もノートもなかった。(英語のためにする、楽しい「努力」と、楽しくない「努力」。)ので、ただ先生と向かい合って、お喋り(だけしているように実際友達からは見えたらしい。英語と日本語の垣根を超える?!を参照。)する中で、

当時カナダで生活してはいても、日本語のカルチャーから抜け出せず、日本人としての考え方・見方でしかものごとを捉えられなかった私は、

ある一つの状況に対しても、日本語と英語、二つのカルチャーでは完全に違う考え方・見方があること、かつ自分がカナダという英語圏の国で暮らしているのに英語のカルチャーを身につけていないその状態は、色々な面で不利だということを知ったのだった。


私が“昨日これこれこういうことがあって、私はこう思ったので、こう言った。”という話をレッスンで先生にする度、

“それは完全に日本的考え方と行動だね。。。”と言われることも始めのうちはしばしばで、

“・・・え?英語だとそんなこと言ってもいいの?” “・・・(日本人である私が)そんなことしても大丈夫なの??”

“もちろん。ここはカナダなんだから。”

という会話が何度繰り返されたことか分からない。


初めて聞いた時は本当にそんな言葉を自分が使ってもよいのかと思った"you guys"も、(日本人留学生がカナダで仕事を見つけるのが難しい理由?を参照。)今ではとくに考えることなく使っているし、

“アジア人の女性だから”失礼なことを言ってくるカナダの男性に、瞬時に言い返して応戦する(英語圏の国で英語のカルチャーを知らずに暮らす、弊害。)なんて以前は想像もできなかったけれど、

それが不思議なことにいつの間にかできるようになっていたのだから、

不思議である。


お辞儀をしながら“Hello”しか言えなかったCocoは、
“Hi, how's it going?”で握手を差し出すCocoに、
いつの間にか変わっていった。

いくら単語の数を覚えたところで、いくら文法の参考書を読んだところで、いくらテストで良い点が取れたところで、
英語のカルチャーの中で自分がどう考えて振舞えばよいのかなんて、
わからない。

それが英語であろうが何語であろうが、言葉を身につけるときに必要なのは、
「偏差値」教育ではなく、「経験値」教育だと私は思う。

<関連エントリ:「英語が話せる」ということと「学校の成績」の、関係?



*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために今月6月に再度日本に行きます。
前回までのレッスンを受けられた方でまだ今回のレッスンの予約がお済でない方は、先生の方へご連絡ください。

もし先生のレッスンを受けてみたいという方がいらっしゃればご連絡下さい。日本にいながらにして、英語のカルチャーを学び「経験」することができ、英語を効率的に早く伸ばす方法、余計なお金や時間をかけずに不安なく留学・ワーホリする方法なども含んだレッスン内容となっています。(日本でのレッスンを受けることで今後海外に行ったり、バンクーバーでもレッスンを受けなければならないといった制限はありません。)

携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、できるだけパソコンから閲覧可能なアドレスで連絡下さるようお願いします。

既にご連絡先をお知らせ頂いている方で、私または先生からのメールがまだ届いていない、返信がないという方が何人かいらっしゃいました。まだメールが届いていないという方がいらっしゃれば大至急ご一報下さい。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(一日一回更新されます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
       

コメント

Re: No title

れーこさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
メールを送らせて頂きました。

Coco

Re: No title

Risaさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。

メールを送らせて頂きました。

Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ