カナダで「日本人です」と言うと、驚かれる理由。 :つづき

少し前のことになるが、アメリカ人の友達(Daniel、男性)と、その友達に会いにやってきた友達(Mia、女性)の、3人で一緒に遊ぶ機会があった。

私はMiaとはその日が初対面で、先に合流していたDanielから、Miaは台湾生まれで中学生の時から両親の仕事の関係でアメリカ・シアトルで過ごしており(今は20代半ば)、2人が会うのは約半年ぶりだということを聞いていた。
(ちなみにバンクーバーとシアトルは車で2~3時間程度の距離である。入国審査で待たされてもっとかかることもあるけれど。)

私とDanielはひと足先にカフェで合流しており、お茶を飲みながら彼女の到着を待っていた。

しばらくして彼女がやってくるのが見え、Danielがドアを開けて彼女をハグ、
私も近くまで行って、"Hi Mia! How are you?" と挨拶をした。

席に座り、二人はしばらく近況を話すなどしていたが、
Miaがまだお昼ご飯を食べていないということがわかり、私はたまたま自分のお昼に買った寿司がまだ1パック残っていたので差出しながら、
"寿司は好き? 私は大好き。ここではちょっと味が違うけどね。日本の、本場の寿司が懐かしい。ははは。”
と言うと、

Miaが、
"You are Japanese? I thought you are American! (あなた日本人なの? てっきりアメリカ人かと思った。)
Danielはニューヨークの大学に行ったでしょ? だからそこであなた達出会ったのかな、と想像してたわ。”、
と言う。


・・・彼女が私がアメリカ人だと思うまでに、私が喋ったことと言えば、"Hi Mia! How are you?" 。
たったのこれだけ。

ただし、"How are you?" と聞き返されても "Im fine, thank you." なんて言わなかった(海外に行く前に知っておきたい、「How are you?」への答え方)し、もちろん"Nice to meet you."と言いながらお辞儀したりもしなかった。

Miaは私に"How are you?"と言ったけれど、Danielがちょうどそれと同時に話し始めたので、私はそれに対して特別返事をしなかったから、お寿司を渡す前に私がMiaの前で言葉を発したのは、本当に一瞬だったのである。


これよりも前に、カナディアンの友達のイギリス生まれのお母さんに”あなたの英語は自然”と言われたとき(カルチャーはすべての言語のベース。)も私はただ、"Kind of..." と言っただけだった。


別に難しい言葉なんてどこにも使っていないし、
難しい構文を使って長々と話したわけでもない。

どちらも私が喋ったのなんて、たったのひとこと。である。

でもそれが、そのひとことが英語のカルチャーにぴったりハマッていたから、

友達のお母さんは褒めてくれたし、Miaも私がアメリカ人だと思ったのだと、私は思う。


<関連エントリ:カナダで「日本人です」と言うと、驚かれる理由。



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。いつも応援ありがとうございます★
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ


       

コメント

Re: No title

Alisaさんへ
はじめまして。
コメントありがとうございます。

仰る通りそれを説明する部分が抜けていたので、本文を補足しておきました。

ご指摘ありがとうございます。

Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: Interested your blog!!

masaminさんへ
初めまして
コメントありがとうございます。
メールを送らせて頂きましたのでご確認下さい。
よろしくお願いします。

Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

カナダから帰国して、現在は都内企業で英語を使って働いています。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「こんなのウソに決まってる、アリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになってますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ