英語という「ツール」を使って仕事をするということ。

"英語というのは、ひとつのツール。それ以上でも以下でもない。" (英語は単なるツール。それ以上でも以下でもない。;2) と、私がバンクーバーで個人で受けていた英語レッスンである日言われた。

でもその時は、”う~ん、そんなものなのかな?”ぐらいにしか思わなかった。

英語はヒトとヒトがコミュニケーションするための「道具」に過ぎないのだから、と言われても、
まずその”英語を使ってコミュニケーション”が私には難しかったから、
自分が英語を「単にひとつのツールとして使う」とは一体どういうことなのか、
どうもピンとこなかったのである。


それが
”ああそうか。こういうことだったのか。”
とやっと腑に落ちたのは、
バンクーバーで、
人生で生まれて初めて
”英語を使って”お金を稼いだとき。
だった。


何せ私はそれまでは、「英語のためにお金を使う」ということしかなかったのに、
それが180度変わって、

English started bringing me money.

「英語が私にお金を運んでくるようになった」、
のだから。


”英語を使う”ことによってお金を得たとき、
私には初めて英語がツール、「道具」として機能し始めたように感じられた。

そして、もし自分が日本でしていたような”古い勉強法”=単語と文法を暗記、暗記、暗記・・・を続けていたら、
こんなに早く”英語が自分にお金を運んでくる状態”になっていただろうか、とも思った。

なぜならそもそも私がその時英語で仕事をしたきっかけは、英語を使っている私を見て声をかけてくれた人がいたからなのである。


日本にいた時には、(当たり前だけれど)私は日本語を使って仕事をしていたけれど、日本語ができるからその仕事ができるのだなんていう感覚は全然なかった。
でも英語は私にとって初めて”使える”ようになった外国語だから、
特別の感慨があった。

(ちなみに私がバンクーバーで英語を習っていた先生は、母国語の英語のほかに、日本語、ロシア語、中国語、スペイン語、ポーランド語も使える ((バンクーバーで英語以外の言語も習得。を参照。)) のだが、ポーランド語かロシア語かのどちらかを除く5ヶ国語すべてにおいて”仕事をしたことがある”((=お金を稼いだことがある))、と言っていた。)

・・・・・・

お金を稼ぐだけなら、例えバンクーバーでも、日本語だけ使うことでもできるし(日本人向けの店や仕事がたくさんある)、
むしろ海外で、日本語が使えるからこそできる仕事もある。

どんな仕事がしたいか、
どのくらいの期間働きたいか、
どれくらいお金を稼ぎたいか、
それは人それぞれだし、

バンクーバーで英語が話せるようになったので、日本に帰って英語という”ツール”を使ってさらに仕事をしていく人(日本人のワーホリに対する、あるカナダ人の視点。英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気。)もいれば、
英語が話せるようになったけれど、日本に帰ったら英語はほとんど使わないし別にそれでよい、という人もいる。

人それぞれの考え方があって、
別にどちらが良い悪いということでもないのだろうと思う。


でも”日本語だけ使える”よりも
”日本語も英語も両方使える”の方が
私の選択肢は確実に広がった、と、
英語を使って初めてお金を稼ぐことができたあの時、思った。



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

*携帯でご覧の方はこちらからお願いします♪→海外生活ブログ ワーホリ  


     

コメント

Cocoさんへ!

Michiさんへ

こんにちは、Cocoです。コメントありがとうございます。

メールを送らせていただきましたのでご確認ください。

よろしくお願いします。

Coco

Re: No title

あゆみさんへ

はじめまして、Cocoです。
コメントありがとうございます。

メールを送らせていただきましたのでご確認ください。

よろしくお願いします。
Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ