日本人が英語の文法を”キライ”、な理由?

「英語の基本は、文法。文法ができるようになりさえすれば英語が話せるようになるはず!」だと言う人(日本人)に出会った。

でも彼は、「文法が、超苦手」。
「憶えても憶えても忘れる」、「文法って難しくない? あんなものなければいいのに!」
・・とも言っていた。


これまでに何度も書いてきた通り、日本人は中・高の6年もの時間をかけて、英語を「勉強」する。
その中身と言えば、単語と、文法。
この2つ。

6年もの時間をかけて学ぶのだから、日本人にとって文法とは「得意」で「簡単」で「好き」な分野であっても全然おかしくない。
でもそんなことを言う人は、滅多にいない。

むしろ私が聞いてきた中では、「文法なんてキライ。」と言う人の方が、圧倒的に多い。


私もある時点まで文法というものを”誤解”しまくっていたので、この気持ちはとてもよく分かる。

日本で英語を「勉強」し、バンクーバーでもESL(語学学校)に通ってせっせと英語を「勉強」し、
そして英語が話せるようにならなかった私は、
個人で英語のレッスンを受けるようになった。

そのレッスンで、文法を習っていたある日、思った。

私は英文法というものを大きく誤解していた。と・・・。

例えば『時制』。

その中でも「現在完了形」と「現在完了進行形」。

「現在完了形」:I have studied English for 6 years. 
「現在完了進行形」: I have been studying English for 6 years.

この二つの文章、どう使い分けたらよいのか・・・?


おぼろげな記憶だが、私が高校時代に使っていた文法書の時制の項には、「完了」やら「継続」やら「経験」やら、何だかたくさんの意味が書いてあったような気がするけれど、
結局どれがどういう場合に「完了」で、「継続」で、「経験」なのか、
・・・よくわからなかった。

学校の授業では(日本でもバンクーバーでも)、『時制』を説明する時には先生が黒板に直線を書いて、その線上に過去と現在と未来を表す3つの点を打ち、その点から矢印を左右に引いたりして説明されたが、
・・・やっぱりよくわからなかった。

だからテストなんかでは何となくこっちだろうなと思う方を書き、
当たっていれば「ラッキー」。
違っていたら一応解答を読んでみる。
けど・・・やっぱりよくわからない・・・。

だから私はこれらがどう違って、どう使い分ければ良いのか、”よくわからない”まま、放置し続けていた。

実際の会話でも、現在形(I study English.)や、過去形(I studied English.)ならしょっちゅう言っていたが、
現在完了形やら現在完了進行形なんてものは、会話では全然使えなかった。

だってそれらを一体どういう文脈で使えばよいのか、わからないのだから・・・。


それがある日のレッスンで「現在完了形」と「現在完了進行形」についての説明を聞いた時、
”そんな単純なことだったのか”と、私はもう何だか拍子抜けしてしまった。

英語は、動詞の形、原型かbe+ingか、時制が入るかどうかなどによって、パズルのように意味が決まってくる。(英語を効果的に勉強する:4を参照。)

だから最初から、「この2つはどう違うのか」なんて悩む余地は、なかったのである。

まさに目から鱗。だった。

文法に関しては、他にも「それを中学生/高校生だったときに知りたかった・・・。そうしたら、文法なんかであんなに苦労しなくて済んだのに・・・。」と思うことが、
本当にたくさんあった。

意味がすんなりとわかると、「現在完了形」と「現在完了進行形」も途端に会話でもどんどん”使える”ようになった。
「過去完了形」だって、「過去完了進行形」だって、同じことだった。


何年も何年もかけて文法を「勉強」して、日本人は非アジア言語圏(メキシコや南米・ヨーロッパ)出身の人々に比べるとずっと文法がデキる方だと思っていた(ESLの思い出を参照)のだけれど、
でも時間をかけた割には実際の場面(とくにスピーキング)では”使えていない”ということが、
日本人にはこんなにも”文法なんてキライ”な人が多い理由なのではないだろうかと、私は思う。


★★★★★

tripA3

tripA9

tripA2

tripA12
(↑私が個人で受けていた英語のレッスンの一環((“リアルな経験”の中で生きた英語を習得))で今年アメリカ(グランドキャニオン・ラスベガス)に行ったメキシコ人の生徒さんたち。① *顔写真掲載の許可を頂いています。)



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます★)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ


       

コメント

Re: No title

yamaさんへ

ご連絡いただきありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: No title

yamaさん

ご連絡いただきありがとうございます。

頂いたアドレス宛にメールを送らせていただこうとしたのですが、エラーとなって返ってきてしまいましたので
再度アドレスをご確認の上ご連絡いただければと思います。
よろしくお願いします。

Coco

Re: No title

yamaさんへ
初めまして、
コメントありがとうございます。
メールをさせて頂こうとしたのですがご連絡先の記入がないことに気がつきましたので
再度アドレスを添えてご連絡頂けたらと思います。
よろしくお願いします。

Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ