「ワーホリの1年」は英語を習得するには長いのか、短いのか。

ワーホリの1年を丸々使って英語を習得するのは非効率ではないか。


カナダでワーホリをしている人、またはしたことがある人に「ワーホリの期限1年を丸々使って英語を勉強するなんて長すぎると思う」と私が言うと、往々にして「いやいや、1年なんて全然足りない・・短すぎる!」と言われる。

でも話が進むにつれ、私はいつもある事に気がつく。
相手と私、それぞれが別の「英語の習得の仕方」を前提に話をしているということに。

「1年なんて短すぎる」と言う人は、「過去ずっとやってきた英語の勉強」をこれからも続けていくことを前提にしている。
一方「1年なんて長すぎる」と言う私は、そんな「過去ずっとやってきた英語の勉強」なんて頭にない。
だからそれは話が噛み合わなくて当然、なのだった。

英語の文化/カルチャー言語音楽(発音含む)話し方のテクニックも全部すっ飛ばして単語と文法だけを暗記すること。
それが私が定義する「過去ずっとやってきた英語の勉強」である。

でもそんな「過去ずっとやってきた英語の勉強」が、海外でも推奨されているのが現実。


私がカナダでワーホリを始めたばかりの時通っていたバンクーバーのESLで、私がそこの先生たちや日本人カウンセラーの人から言われていたのは、”英語が話せるようになるためには単語と文法をとにかく毎日コツコツ覚えること。そのために私たちは宿題を出すし、テストもする。そうすれば、いつかは英語が話せるようになるはずだから頑張れ”ということであった。

ESLの先生や日本人カウンセラーの人だけでなく、大体どの英語勉強サイトや本にも「英語は蓄積、コツコツ勉強するのが大事。」と書いてあったし、日本の私の両親だって、留学エージェントの人たちだって、ESLのクラスメイト達だって、皆そう言っていた(し、今も言ってる。)

「皆がそう言っているのだから正しいに違いない」。
そう思って私はバンクーバーで真面目にESLに通い、言われた通りに毎日単語帳を眺め、文法の問題を解いて、予習復習までしていたにも変わらず、英語が話せるようになっていかない

「勉強」の効果が感じられないから、「本当に、このままコツコツ勉強をしていて英語が話せるようになるのか・・?」という疑いが頭をもたげてくることはあった。でもだからと言って他にどうしたらよいのか分からなかったので、それを止めることはできなかった。

今だからわかるが、ESLで教わることというのは、日本の学校教育で教わること(単語と文法の暗記)と同じである。ただネイティブが先生をしていて、説明を英語で受けるという違いがあるだけ。

「過去ずっとやってきた英語の勉強」を止めたら、英語に1年もかけるなんて長すぎると思うようになった。


バンクーバーで偶然知人の助言によって、英語を個人で教えているという先生の存在を知った私 (それまで私には「英語=学校」という思い込みがあったから、個人で英語を教わるなど考えていなかった。初めてその先生に会った時の模様は英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気。を参照) は、その先生のレッスンを受けることに決めたのだが、それによっていざ新しい英語の勉強の仕方を教わっても、すぐに受け入れることができた部分と、できない部分があった。

何せそれまでに一度として聞いたことがないような概念だったのでピンとこなかったということがまずあった。
それに、「過去ずっとやってきた英語の勉強」の仕方は一旦忘れて新しい学び方を受け入れてほしいと言われたのだが、中学一年からの自分の英語の「勉強」の蓄積、かけた時間や授業料・本代なんかのことを考えると、それらを本当に一旦全部やめてしまってよいものなのだろうか・・・と躊躇したのである。

個人で英語を学ぶようになって、「過去ずっとやってきた英語の勉強」、つまりコツコツ英語を勉強するということ以外にどうしたらよいのかが、やっと分かった。けど分かったからといってすぐに止めることができたわけではないのである。(英語上達を阻害する、日本人のメンタルブロック。を参照。)

今だから分かるが、自分は日本でもバンクーバーでも散々苦労しながら英語の勉強を続けてきたのにそれが全部間違っていたなんて、実のところ認めたくはなかったのだと思う。
でもレッスンが進むにつれ、そのレッスンで習っていることは自分が中学1年から6年以上かけてやってきた「過去ずっとやってきた英語の勉強」とは完全にベツモノなのだと理解し始めた。

単語を覚えるのも文法書を読むのも、それは全部「過去ずっとやってきた英語の勉強」である。
私はそれを止めることができたからこそ、今「1年なんて長すぎる」と感じるのだと思う。

<関連エントリ:日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。

★★★★★

私がバンクーバーで個人で受けていた英語のレッスンの一環((“リアルな経験”の中で生きた英語を習得))で今年アメリカ(グランドキャニオン・ラスベガス)に行ったメキシコ人の生徒さんたち。①-3

tripA4

americatrip1

tripA5

tripA6

(2013.8.13)*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を習っていた先生が、9月に再来日する件に関しまして、既にご連絡先をお知らせ頂いている方で、先生からのメールがまだ届いていないという方がいらっしゃれば大至急ご一報下さい。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)


(2016.11.10追記)
下は「もう英語を勉強する必要がない状態」に達する方法。 で紹介させていただいた、現在カナダでワーホリをしておられこのブログを通してご連絡を頂いた方(Cさん)と私とのLINEチャットです。
Cさんは、私がカナダでESLを卒業しても英語が話せるようにならず、英語を個人で習った先生の同じレッスンをバンクーバーで11月から受け始められました。
LINE-comment
白色の吹き出しがCさん、緑色が筆者(Coco)です。
Cさん、掲載を快諾下さりありがとうございました!


***お知らせ***
私がバンクーバ-で英語を個人で習った先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなく日本や中国・フィリピン・またオンラインでもレッスンをされています。(オーストラリアも準備中。)

***お正月割引のお知らせ***
毎年恒例、レッスンの費用が最大50%引きになるキャンペーンが始まりました。

ワーホリを始めてから英語が話せるようになる、のではなく、英語が話せる状態でワーホリをスタートすることができます。

今回は、
1)マチュピチュやウユニ塩湖など南米を巡る旅行 + カナダでのレッスン
Uyuni_1
Machu_Picchu_1

2)フィリピン・セブ島での集中英語レッスン + カナダでのレッスン
EBC_CEBU_1

3)カナダで英語環境での仕事をするための集中トレーニング + カナダでのレッスン
4)フィリピン・セブ島での集中英語レッスン + カナダでのレッスン + オーストラリアでのレッスン
5)フィリピン・セブ島での集中英語レッスン + オーストラリアでのレッスン + カナダでのレッスン 
Canada_1

が50%引きとなります。


ご興味のある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。



レッスンにご興味がある方、留学やワーホリを考えておられる方は、先生と現在バンクーバー滞在2年目の日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで無料カウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"

コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生とJunさんに頂いたアンケートとご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン無料カウンセリングの日時をご相談の上決定します。




    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 

2013年8月13日に公開した記事に加筆しました。

コメント

Re: レッスンの件

ayukaさんへ

はじめまして、コメントありがとうございます。

メールを送らせていただきましたのでご確認ください。

よろしくお願いします。

Coco

Re: 先生について

さゆりさんへ

はじめまして、
コメントありがとうございます。

メールを送らせていただきました。


Coco

Re: タイトルなし

taneさんへ

ご連絡ありがとうございます。
メールを送らせて頂きましたのでご確認下さい。(おそらくパソコンの方へは送れたことと思います。)
よろしくお願いします。

Coco

Re: タイトルなし

taneさんへ

始めまして。コメントありがとうございます。
頂いたアドレスにメールをお送りしたところ、エラーで戻ってきてしまいました。
再度アドレスをご確認の上コメント頂ければと思います。
ご連絡お待ちしています。

Coco

Re: 初めまして

メリさんへ

初めまして、コメントありがとうございます。
メールにてご連絡を差し上げようとしましたがご連絡先がわからないことに気がつきました。
再度アドレスをご記入の上コメント頂ければと思います。
ご連絡お待ちしています。

Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

カナダから帰国して、現在は都内企業で英語を使って働いています。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「こんなのウソに決まってる、アリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになってますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ