海外で「日本人女性が人気」、な理由。

日本人女性はカナダの男性に人気!


バンクーバーで何度か、"彼女にするなら絶対に日本人/アジア人がいい" と言うカナダ人男性に出会ったことがある。

理由を聞くと、単純にアジア人女性の外見が好みという人もいるが、多いのは、"アジアの女性は欧米の女性より控えめで、男性の意見を尊重してくれ、優しいから。"というのがその理由だったりする。

初めて聞いたときは 「へー?そんなもの?」と思ったが、カナダでの生活が長くなるにつれ、彼らがそう言っていた意味が段々分かるようになってきた。
(それと同時に、例えば日本人の中にも、周囲との衝突を厭わない、自己主張が強い人がいるように、カナダ人の中にもそれほど主張しない/したがらない人がいることも分かってきた。たしかにカナダ人の一般的な傾向としては自己主張が強いし、アサーティブであることを求められる文化/カルチャーだと思うが、当然ながらそこには一人一人の個性というものがある。)

一方、バンクーバーで知り合う日本人女性に、カナダの男性の印象を聞いてみると、ほとんど誰もが「優しい」と言う。

どうやらカナダ人男性と日本人女性は、お互いがお互いを「優しい」と思っているようだ。

日本人女性がカナダ人男性を優しいと思うのはどんな時?


文化/カルチャーの多くは目に見えず、空気のようにそこに存在している。(自然な英語が話せるようになるための、簡単な公式。を参照。)

この間ビルのエレベーターで、おしゃべりをしている日本人の男性(会話の中に日本語が出たので日本人だと分かった)と白人の男性と乗り合わせたのだが、1階に着いたとき、その日本人男性は一番にさっさと降りていったのに対し、白人の男性はopenのボタンを押して私が出るのを待ってくれていた。

こういうちょっとした所でも、日本人の女性にとっては「カナダの男性は優しい・・!」と感じるのではないだろうかと思う。


同様に、日本人の女性である私が、日本でごく普通にしていたことを、日本とは違う文化のカナダで同じようにしていると、"何でそんなことするの?"とか"そんなことしなくていいのに・・気を使いすぎだよ"とか言われたり、逆に”気が利くんだね”と肯定的にとられることもある。

例えば、大皿にのった食事を人数分取り分けたり、お酌をしようとしたときに、そう言われた。
(Ladies firstのカナダでは基本食事を取り分けるのは男性だし、お酌をする文化はない。各自自分が好きな酒を好きな量飲む。)


このように、文化によって他人(異性)に期待することが違うから、自分にとっては「当たり前のこと」であっても、相手にとっては「期待以上のこと」をしていることがある。この文化のギャップがあるから、欧米人の男性にとってアジア人の女性は優しいと感じ、アジア人の女性にとって欧米人の男性は優しいと感じるのではないかと思う。

日本人女性に対する勘違いを生み出しているもの・・


・・とまあ、そういう理由でカナダ人の男性が日本人の女性に好意を感じるのは別に結構なのだが、日本人女性が人気がある理由が文化のギャップなどではなく、日本の文化に対する明らかな誤解である場合もある。

というのも、海外の男性がもつ日本人女性のイメージには、どうやら日本の成人動画の影響があるようなのだ。

私の日本人の女友達が、「この間こんなことがあったんだけどね」と笑いながら話してくれたのだが、街で全然知らない男の人から声をかけられるということが続いていた彼女は、ある日とうとうイラっときて、声をかけてきたその男に直球で聞いたのだそうだ。

"こんな風に道で話しかけてこられても先があるわけがない。なのに何で声をかけてくるの?"、と。

するとその男性は、"日本の成人動画を見ていると、道で声をかけられた女性が簡単に男性について行くので、つい自分も声をかけてしまう"、と言ったのだそうだ。

私はその人のあまりに短絡的な発想にあきれるやら笑ってしまうやらであったが、でも(あまり大きな声では言われないけれど)たしかに日本の成人動画は海外でも人気が高いらしく、そういう、日本に行ったこともなければ日本人の友達もいない、成人動画の日本人女性しか知らない人たちにとっては、日本人女性は声をかけると簡単についてくるイメージになっていてもおかしくはない。

さらにその場で私たちと一緒に話していた日本人の男友達が言うには、日本の成人動画というのは、電車内の痴漢や男性が女性にセクハラまがいの行為をする(女性が明らかにいやがっている)ものが多くあるのだそうである。。(海外の成人動画を集めたサイトの中には、"Japanese" というれっきとしたカテゴリとして存在していることすらあるそうだ。)

だとすると、それを見てそういった行為が日本人女性に対しては許されるのだと勘違いする男性も少なからず出てくるはずで、それがカナダでの(そしてカナダだけに限らずきっと他の国々でも)日本人女性に対するセクハラの多さ(日本人がカナダで一番セクハラを受ける理由。)に繋がっている面もあるのではないか。

自分が知らないところで勝手に男性にとっての都合の良いイメージを持たれ、近づいてこられるとか・・・
日本人女性の一人として言わせてもらうと、ぶっちゃけ、いー迷惑。である。



    賛同する方はクリック↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

   

2013年9月10日に公開した記事に加筆しました。

コメント

Re: はじめまして

かめいりかさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。

メールを送らせて頂きましたのでご確認ください。

よろしくお願いします。

Coco

Re: はじめまして

Aさんへ

はじめまして、
コメントありがとうございます。

メールを送らせて頂きましたのでご確認ください。

よろしくお願いします。

Coco

Re: レッスン詳細を教えてください。

Kさんへ

初めまして。
コメントありがとうございます。

メールを送らせて頂きましたので、
ご確認ください。

よろしくお願いします。

Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

カナダから帰国して、現在は都内企業で英語を使って働いています。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「こんなのウソに決まってる、アリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになってますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ