海外で、「受身で生活すること」の意味。

まだ英語が話せなかった頃に参加した海外パック旅行のこと。


ワーホリでカナダに行く前、日本から友達と「アメリカ・カナダ行き団体パックツアー」に参加したことがあった。
英語を身につけたいなら、Get out of the box!を参照。)

当然ながらそれは日本の企業が企画した、日本人のためのツアー旅行。
私も友達も当時は英語が話せなかったものだから、頭の中には「海外旅行=パック旅行」という図式しかなかったのである。

日本にいた頃は、私は英語を「勉強(=暗記)」することはあったけれど、
それで英語が「話せる」ようになるわけもなく、
だからいつまで経っても「英語は話せません・・・」で、
でも日本を離れてせっかく英語圏の国に行くからには、「下手な英語でもとにかく現地の人たちと会話がしてみたい」と思っていた。

しかし旅行が始まり、アメリカ大陸に着いて1日目で私は思った。
「これは何だか、私が思っていたようなのとは違う・・」と。
私は旅行会社が企画する「海外パック旅行」というものに参加するのはその時が生まれて初めてだった(し、もう二度と参加することもないと思う)。
まず、どこへ行っても同じツアーに参加している日本人の集団20人ほどに囲まれているから、
自分は日本ではない場所にいるはずなのに、
現地の人(外国人)と話す機会などない(パックツアーでは移動スケジュールが
細かく決められていたから、一箇所でゆっくりなんてできなかった)。

まるで自分は日本のどこかのスタジオにいて、
「あなたはアメリカやカナダの町並みのセットの中を歩いているんだよ」と言われても違和感がないほどで、
英語圏の国にいながら、自分がそこで英語を話す必要性も感じなければ、
自分がどこにいるのかを把握する必要すらなかった。

だって全員が同じ方向を向いて、同じ目的地へ向かって行くのだから、私はただ皆について行っていればよかった。


海外パック旅行中に感じていたことと、カナダで生活を始めた頃に感じていたこと。



今思うと、私がこの海外パック旅行中に感じていたことと、カナダのバンクーバーでワーホリを始めたばかりでESL(語学学校)に通っていたときの気持ちは、ほぼ同じである。

だってカナダのESLでは、
身体は日本の外(=カナダ)にあっても、
日本人(と韓国人の)留学生ばかりのクラスメイトに囲まれて、
皆がしているように、日本にいた時と同じように、
学校の先生に言われるまま、宿題をしてテストのための「勉強(=教科書の英文と単語の暗記)」をして・・。

私はただ受身で、「皆と同じ事」をしてさえいればよかったから。


カナダにワーホリで行く前には、いくつかの海外留学エージェントに連絡を取ったことがあったのだが、
「海外生活の中で何かトラブルがあったら、こちらですべて対応しますのでいつでも教えて下さい、
またそのためのサポート料として○○円頂きます。」と言われることがあった。

でも私はそう言われる度いつも不思議だった。

なぜなら私は、もし自分がカナダで暮らす中でトラブルが起きたとしても、その都度他人にそれを丸投げするのではなくて、
初めて遭遇するトラブルには、その「対処の仕方」を教えてもらうことで「次回からは自力で対処ができるようになりたい」と思っていたから。
英語が話せるようになる具体的な方法って?

誰かに自分の問題を何から何まで解決してもらったなら、
それはその時はラクだろうが、
ではまた次に同じようなトラブルが起きた時、
一体どうしたらよいのかがいつまで経っても「分からない」。

そんなことをしていたら、私はカナダでいつまでたっても自分の足で歩いていけない。

そんなの、いくら海外で長期で暮らしていたって、ガイドに追い立てられるまま次の観光地へと向かうツアー旅行に参加しているのと変わらない・・。


海外で受身で生活することを止めようと思ったきっかけ



カナダにワーホリで行く前、
私はワーホリに行くことによって、自分に何か”ポジティブな変化”があることを期待していた一方(カナダに行く前感じていた期待と不安の、正体。)、
ビザが終わる一年後、もしも「カナダに行く前と何も変わっていない自分のまま」だったらどうしよう・・・と思うと、不安だった。

事実、(1週間とはいえ)私はアメリカとカナダという「日本の外」にいたのに、”風船”に守られていた私は旅行の前後で何も変わっていなかったから。


それでもそんな不安よりは、「海外で生活すること」に対する期待の方が大きかったので、私は英語も話せないまま思い切ってカナダに行き、
そして生活を始めて3ヶ月、つまりESLに通って3ヶ月が過ぎる頃。

私は案の定自分が何一つ変わっていないことに気がついて、愕然とした。

エージェントにすすめられるまま語学学校(ESL)に通って、
エージェントや学校のカウンセラーのアドバイスに従って日本と同じような英語の勉強を続けて・・・

・・・それで、この先自分は一体どうなるのだろう?

私は他人に自分の問題を丸投げするのはイヤだと思いつつ、
結局は自分の「ワーホリ」を、他人の言う通りに進めていただけにすぎないのだと気が付いた。

このままでは1年という時間をかけて、「日本人ワーホリの王道プラン」の①番(ESEL)から、
②バイト→③旅行→④TOEIC→⑤帰国までを、
そこに自分がしたいことなど一つも入っていないにも関わらず(旅行はしたかったが、パックツアーの時の様に”風船”の中に入ったままはイヤだった)、
ただ一直線に進むだけだと、私はその時やっと目が覚めた。
日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。を参照。)


せっかく毎日の生活の中で自然に英語に触れることができるバンクーバーにいるのに、
語学学校に通ったり、日本にいた頃と同じ勉強法を繰り返したりと、私は色々遠回りをしたけれど、
でも私は「何も変わっていない自分」にあの時気づくことができて本当によかったと思う。

それに気づいたからこそ、私はやっとそれまでの「受身の海外生活」から抜け出すこと、「王道」のルートからは外れることを決意することができたから。


<関連エントリ:
海外で暮らす上で「観光客」であることと、「生活者」であることの違い。
海外に行くことで、得られるもの。

★★★★★

私が個人で受けていた英語のレッスンの一環((“リアルな経験”の中で生きた英語を習得))で今年RV(キャンピングカー)でアメリカ縦断旅行へ行った生徒さんたち。

このレッスンの一環で行く旅行では、レッスンで習ったことをフルに使って、一日中英語を喋りっぱなしになります。

アメリカRV旅行16

アメリカRV旅行8

アメリカRV旅行11

アメリカRV旅行2
(↑こちらの女性は、日本におられる間からレッスンに参加され、その後カナダの別の街にワーホリに行かれ、この度バンクーバーにいらっしゃった生徒さんです。子の生徒さんと先生と、日本とバンクーバーでの写真はこちら→英語が「話せる人」と「話せない人」を決定づける、2つの要因って?
また子の生徒さんのレッスンの感想はこちら。→英語のためにする、楽しい「努力」と、楽しくない「努力」。

アメリカRV旅行3
(↑こちらは、先生。)

アメリカRV旅行1
(↑こちらは、先生でも生徒さんでもない)



***お知らせ***
私がバンクーバ-で英語を個人で習っていた先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなく日本や中国・フィリピン・またオンラインでもレッスンをされています。(オーストラリアも準備中。)

***2016年お正月割引のお知らせ***
毎年恒例、レッスンの費用が最大50%引きになるキャンペーンが始まりました。

ワーホリをする前からレッスンを始めることで、ワーホリして英語が話せるようになる、ではなく、英語が話せる状態でワーホリをスタートできます。

1)マチュピチュやウユニ塩湖など南米を巡る旅行 + カナダでのレッスン
Uyuni_3
Machu_Picchu_3

2)フィリピン・セブ島での集中英語レッスン + カナダでのレッスン
English Boot Camp-CEBU-2-2

3)カナダで英語環境での仕事をするための集中トレーニング + カナダでのレッスン
4)フィリピン・セブ島での集中英語レッスン + カナダでのレッスン + オーストラリアでのレッスン
5)フィリピン・セブ島での集中英語レッスン + オーストラリアでのレッスン + カナダでのレッスン 

Canada_1

50%引きとなります。

ご興味のある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。



レッスンにご興味がある方、留学やワーホリを考えておられる方は、先生と現在バンクーバー滞在2年目の日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで無料カウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"

コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生とJunさんに頂いたアンケートとご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン無料カウンセリングの日時をご相談の上決定します。





    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 

2013年9月18日に公開した記事に加筆しました。

コメント

Re: こんにちは。

のりさんへ

はじめまして、
コメントありがとうございます。

メールを送らせて頂きましたのでご確認ください。
よろしくお願いします。

Coco

Re: はじめまして

mimiさんへ
はじめまして。コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂きましたので、ご確認ください。

よろしくお願いします。

Coco

Re: こんにちは

萌美さんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きましたのでご確認ください。
よろしくお願いします。

Coco

Re: 初めてご連絡させて頂きます

misatoさんへ

はじめまして、
コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂きました。

Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ