ワーホリして気づいた、ESLの「中」と「外」の世界。

「ESLに行っているのに現地の友達ができない」のではなく、「ESLに行っているからこそ現地の友達ができない」


カナダのバンクーバーでワーホリ中、日本人の友達とご飯を食べていた時、「ESL(語学学校)に行ってるんだけど、カナダ人の友達が全然できない。英語も話せるようにならないし・・・。」と嘆いていた。

私が思ったのは、
学校に行ってるけどカナダ人の友達ができないし、英語も話せるようにならない。
のではなくて、逆に
学校に行ってるからこそカナダ人の友達ができないし英語も話せるようにならないのではなかろうか?ということであった。

さらに彼女は「学校はもう飽きた・・・。あそこにあともう4ヶ月も通わなきゃいけないなんて・・・。日本で申し込んでくるんじゃなかった・・・。」と言う。
その時点で彼女はバンクーバーに来て2ヶ月が経つくらい。まだ日本にいる間に留学エージェントにすすめられた学校に6ヶ月間通う契約を結んできたとのことで、「最初は毎日が新鮮ですごく楽しかった」らしいのだが、通い始めて1ヶ月も経たないうちに「飽きた」のだと言う。

そもそも「英語を勉強するための語学学校」で英語を勉強するネイティブはいない。


「海外でESL(語学学校)に通えば英語が話せるようになるし、現地の友達もたくさんできるようになるはずだ」と、ワーホリや留学をする人は思いがち。
しかし冷静に考えてみれば当然のことながら、「英語を勉強するための語学学校」で現地の英語のネイティブ達が英語を勉強しているはずはなく、そこで知り合うのは自分と同じ留学生に限られる。

私はESLに通っていた頃は、毎日が学校と家との往復で、休日も留学生の友達と一緒に過ごすという生活であったから、カナダ人と友達になる機会などそうそうなかった。(まれにカナダ人と出会う機会があり友達になれるかな?と思うことがあっても、しばらくすると相手の”本当の目的”がわかってしまうのであった。(英語が話せるようになって初めて「見える」ようになったこと。を参照)

ESL(語学学校)とは英語の単語や文法を(日本で何年もしてきたように)「勉強(=暗記)」するための場所なのであって、そこに通っているのは留学生しかいないのだから、学校に通って留学生の友達しかできないのは当たり前であった。

「バンクーバーはアジア人が多いから英語が伸びない」というのは言い訳にならない


以前”バンクーバーにはアジア人が多いのでトロントに行こうと考えている”と言っていて本当に引っ越して行ってしまったESLの同級生がいた(ESLに行きさえすれば安心・・?の心理。)。

彼は”バンクーバーはどうしてもアジア人(留学生)だけで群れることになってしまい本物の英語に触れられない、英語を使う機会がないのだ” とも言っていたが、それは彼はESLでアジア人と友達になり、そこでできた友達とばかりずっと一緒にいたからバンクーバーにいても本物の英語に触れる機会も英語を使う機会もなかったのであって、同じ事をし続ける限りはトロントに行こうがアメリカに行こうがオーストラリアに行こうが、同じことになったと思う。(世界中どこに行っても「結局英語が話せない」、ワケ。

またバンクーバーとひと口に言っても、ダウンタウンには確かにESLがたくさんあるので(聞くところでは100校以上?)アジア人の留学生が多く目につくけれど、だからと言って、「アジア人の留学生同士で常に一緒にいなければならない」なんて決まりはない。つまりアジア人留学生と常につるんでいるという行動を選択しているのは自分自身なのであり、バンクーバーにアジア人が多いことと英語の上達とに関係はないと私は思う。

ESLを出たら、出会う人のバックグランドも多様になり、行動範囲も広がった


私はESLに通っているとき、極力日本語を使わないようにしていた(それでも英語が話せるようにはならなかったけれど)が、私の周りではしょっちゅう日本語や韓国語が飛び交っていたものだった。そのESLでは一応表向きは英語以外で話すことが禁止というルールがあったけれど、先生もスタッフも結構見て見ぬ振りをしていたし、”日本人/韓国人同士なのに、英語で話すとか気持ち悪い”と言う人なんかもいた。(世の中にはいろいろな考えの人がいるのだ。)

バンクーバーでESLに通っている時、私はカナダ人の友達など一人もいなかった、というか、当時は日本人と韓国人の友達しかいなかった(ESLの思い出)のだけれど、ESLを卒業したら、日本人や韓国人ではない人たち、ESLでは絶対出会わないようなバックグラウンドをもつ人たちと知り合う機会が急速に増え、行動範囲も広がり、「ああESLというのは何て狭い世界だったのだろう・・・」と思った。 

もう一度言うが、「ESL(語学学校)に通っても現地の友達ができないし英語も話せるようにならない」のではなく、「ESLに通っているからこそ現地の友達ができないし、英語も話せるようにならない」のである。だってそこは英語の単語や文法を教わる場ではあって、英語の文化/カルチャーを学ぶ場所ではないから。

私がESLを卒業してから発見したことは、ESLの外は、カナダの・英語の文化/カルチャーを身につける機会であふれているということ。

だって例えばカフェでコーヒーを頼むという、たったそれだけのことにも、英語の文化/カルチャーは存在しているのだから。

<関連エントリ:
カフェでコーヒーを買う度、店員から冷たくあしらわれていた理由。
日本人留学生がカナダで仕事を見つけるのが難しい理由?>


***お知らせ***
私がバンクーバ-で英語を個人で習った先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなく日本や中国・フィリピン・またオンラインでもレッスンをされています。(オーストラリアも準備中。)

***お正月割引のお知らせ***
毎年恒例、レッスンの費用が最大50%引きになるキャンペーンが始まりました。
今回は、
1)マチュピチュやウユニ塩湖など南米を巡る旅行 + カナダでのレッスン
Uyuni_1
Machu_Picchu_1

2)フィリピン・セブ島での集中英語レッスン + カナダでのレッスン
EBC_CEBU_1

3)カナダで英語環境での仕事をするための集中トレーニング + カナダでのレッスン
4)フィリピン・セブ島での集中英語レッスン + カナダでのレッスン + オーストラリアでのレッスン
5)フィリピン・セブ島での集中英語レッスン + オーストラリアでのレッスン + カナダでのレッスン 
Canada_1

が50%引きとなります。


ご興味のある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。



レッスンにご興味がある方、留学やワーホリを考えておられる方は、先生と現在バンクーバー滞在2年目の日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで無料カウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"

コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生とJunさんに頂いたアンケートとご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン無料カウンセリングの日時をご相談の上決定します。






    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 

2013年9月22日に公開した記事に加筆しました。

コメント

Re: No title

Mさんへ

メールが送れていなかったようで、こちらこそ申し訳ありません。
再度送らせて頂きましたので、ご確認ください。
よろしくお願いします。

Coco

Re: 初めまして

Ashuraさんへ

初めまして。コメントありがとうございます。

メールを送らせて頂きましたのでご確認ください。よろしくお願いします。

Coco

Re: No title

Mさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。

先ほどメールを送らせて頂きましたのでご確認下さい。
よろしくお願いします。

Coco

Re: 先生

めいさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。

メールを送らせていただきました。

Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ