カナダで英語を話すと笑われていた、理由。

バンクーバーはpartyが多い(パーティ、といっても、着飾って高級な食事をして・・といったものではなく、ただみんなで集まっておしゃべりをする、というのが第一の目的である。場所は誰かの家で、そこに各自がお酒やご飯を持ち寄ったりすることもよくある、これは一般にPotluck Partyと呼ばれる)。

友達に誘われてあるPotluck Partyに参加したときのこと。

私はそこで初めて出会った一人のカナダ人男性と話をした。

その人は、”日本が好きで日本語を勉強している。”、と言う。(バンクーバーで日本語に興味があるという人に出会うのは珍しいことではまったく無い。でもその動機が、日本人女性に対する興味からくるものであることもよくある((海外で「日本人女性が人気」、な理由。))・・・ような気がしないでもないが、その彼の場合は、日本が好きになったきっかけはアニメだったそうだ。)

彼が”日本語を話したい。”と言ったので、私たちは英語で話すのをやめ、日本語で会話をすることにした。


「こんにちは。わたしは、○○です。あなたのおなまえは、Cocoさん、ですね。あなたは、にほんの、どちらのしゅっしんですか。」

彼の日本語は、”いかにもイングリッシュスピーカーの日本語のイントネーション”ではなかったし、発音も上手いなぁと思った。一生懸命日本語で話そうとする姿勢も伝わってきて、私も彼の話すスピードに合わせて、ゆっくり話すようにした。

その時私たちの近くには、日本人の男性が座っていたのだが、しばらくして私はその人が私たちの会話を聞きながら時々くすくす笑っていることに気がついた。(カナダ人男性の方は気がついていないようだった。)

私はカナダ人男性との話が一旦終わった後、その日本人男性に、さっきなぜ笑っていたのかと、尋ねてみた。

すると、「えっ? あ~・・だって何かあの人の日本語、かわいいじゃん。かわいいっていうか、(小声で)変っていうか・・・。ははは。それで笑ってた。」と言う。

私はそれを聞いて、
自分がホームスティをしていた頃のこと、
ホストファミリーから自分の英語を笑われていたときのことを、
急に思い出した。


私がホームスティを始めた日、ホストブラザーから"Hi, how are you?"と言われたので、中学校で習ったとおりに"I'm fine, thank you, and you?"と答えたら、初対面でいきなり爆笑してきたのだ。(海外に行く前に知っておきたい、「How are you?」への答え方を参照)

さらに例えばディナーを食べながら、私が何かを言うと、ブラザーが私が言ったことを笑いながらそっくりそのまま繰り返して、それでホストペアレンツも一緒に笑ったりしていたことが、あった。

私も最初の頃は「ああこの人は変に気を遣わない、正直な人なのだな」と思ってあまり気にしていなかったし、それどころかむしろ自分も一緒に笑ったりしていたのだけど、でもたまに彼があまりにしつこく私の英語をネタにして笑うので、
”そんなに私のこと笑うなら、自分も一回日本に行ってみなよ。今は自分の母国語が話せる場所にいるからそんな風に笑っていられるかもしれないけど、日本に行ったら英語なんて通じないから、きっと今の私の気持ちがよくわかるよ・・!”と言ってやりたい、と思いながらも、当時の私にそんなことが言えるわけもなく、やっぱり気にしないふりをして愛想笑いをしていたものだった。・・・


でも私のそのホストファミリーはあくまでも例外的存在であって、バンクーバーの人は、外国人の英語を笑うということをあまりしない気がする。

もしその日本人男性の言う、「変だから笑う」という理屈が成り立つのであれば、私の英語はもっともっとあちこちで笑われていたはずなのだけれど、
まだ自分の英語に自信などもてなかった当時の私が、買い物とかカフェやレストランの注文とか、日常生活で英語を話すと一番多く受けた反応は、とにかく何度も聞き返されるということであって、
また迷惑そうな顔をされたり、邪険な扱いを受けたりしたこともあったけれども(カフェでコーヒーを買う度、店員から冷たくあしらわれていた理由。)、笑われた記憶というのは、そのホームスティ時代を除き、ないのである。


大方のバンクーバーの人は、英語が母国語ではない人とコミュニケーションをとるのはごくありふれたことだからなのか、ブロークンな英語を聞いてもふつう笑ったりはしない。

でも日本人は、(自分も含め)「外国人が話す日本語」というものにそこまで慣れていない。
バンクーバーの人にとって「英語が母国語ではないのに英語を話す人」の存在は珍しくもなんともないかもしれないが、日本人にとって「日本語が母国語ではないのに日本語を話す人」の存在が「当たり前」だとはあまり思わない、と思う。

・・・日本人ではない人が話すたどたどしい日本語を聞いて、それが男性であれ女性であれ、「かわいい」と思う気持ちは私にもよくわかる。でもだからと言って、それを笑うというのは、いくら慣れていないからとはいえ、あまりフェアじゃないな、自分も気をつけようとその時思った。

★★★★★

以前の私が話していた英語も、そのカナダ人男性が話していた日本語も、
話していた単語の一つひとつ
完全に英語だし、日本語であった。

でも自分の英語に自信などもてなかった頃の、当時の私が話していた英語は、”英語のカルチャーが抜け落ちた英語”だった。
例えばpoliteであることよりもfriendlyであることに重きをおくのが英語のカルチャーであるのに(friendlyとpolite 2つの文化の違い)、相手が年上だということだけで、必要以上に気を使って丁寧すぎる言葉を選んでいた。(英語でもなければ、日本語でもない、mix語会話。を参照。)

そしてそのカナダ人男性が話した日本語は、”日本語のカルチャーが抜け落ちた日本語”だった。
つまり、日本語のカルチャーでは自分称・主語を口語ではふつう省略するのだけれど、彼の話した日本語には主語が全部ついていたから、不自然な日本語に聞こえたわけである。(日本語と英語の、"I")
だから彼の台詞から主語を削除するだけでも、随分自然に聞こえないだろうか。
「こんにちは。わたしは、○○です。あなたのおなまえは、Cocoさん、ですね。あなたは、にほんの、どちらのしゅっしんですか。」

「こんにちは。○○です。(あなたの)おなまえは、Cocoさん、ですね。にほんの、どちらのしゅっしんですか。」

★★★★★

私の英語も、彼の日本語も、いくら単語が合っていても
カルチャーがない限りどちらもその言語のネイティブスピーカーからすると”不自然”になるのであって、
単語をいくら知っているか、というところに問題があったわけではないのである。

私がホームスティをしていた頃、笑われるのが悔しくて、「もっと英語を「勉強」しよう、単語を覚えよう」、と思って、実際単語を毎日暗記したりしていたものだけれど、
でもそこから英語のカルチャーはすっぽり抜け落ちていたのだから、それは今考えれば、まったくの逆効果、だったと言ってもいい。


英語のカルチャーさえあれば、知っている英単語の数は少なくても、英語は”自然”に聞こえる。

言語は、「量より質」、なのである。
カルチャーはすべての言語のベース。を参照。)

★★★★★

私がバンクーバーで個人で受けていた英語のレッスンの一環((“リアルな経験”の中で生きた英語を習得))で今年の夏バンクーバーとヴィクトリア(バンクーバーからはフェリーで行けます)を巡られた中国人の生徒さんたち。-①(*顔写真掲載の許可を頂いています。)
*メキシコ人の生徒さんたちの写真はこちら→英語で考えて、英語で話す、ということ。
*日本人の生徒さんたちの写真はこちら→海外に行くことで、得られるもの。


バンクーバー・ヴィクトリアtrip2

バンクーバー・ヴィクトリアtrip1

バンクーバー・ヴィクトリアtrip3

バンクーバー・ヴィクトリアtrip4

バンクーバー・ヴィクトリアtrip7

バンクーバー・ヴィクトリアtrip

バンクーバー・ヴィクトリアtrip14


*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために今日本でレッスンをしています。

もし先生のレッスンを受けてみたいという方、“王道”ではない留学/ワーホリをしたい方がいらっしゃればご連絡下さい。体験レッスンがあります。

今回は北海道・東京・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・岡山・広島・福岡でのレッスンを予定していますが、その他の地域/都市でもレッスン可能な場合がありますので、興味がある方はご相談ください。

また今回希望される方は、先生がバンクーバーで英語を教えておられた生徒さんのうちのお一人と、会ってお話をしていただくことができます。大学3回生の日本人男性、カナダでの滞在期間は1年間、レッスンを受けておられたのは約2ヶ月間で、今年のアメリカとカナダにおける旅行にも二つ参加され、今月帰国された方だそうです。

携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、できるだけパソコンから閲覧可能なアドレスで連絡下さるようお願いします。

既にご連絡先をお知らせ頂いている方で、先生からのメールがまだ届いていないという方がいらっしゃれば大至急ご一報下さい。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)

★★★★★

また今回からレッスンに参加された方より感想を頂きましたのでご紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

CoCoさんへ

こんにちは。
短い期間のレッスンでしたが、全てが新しく、驚きもあり、
今までの勉強てなんだったんだろうと思いました。

~~~北海道、Aさんより~~~~~~~

Aさん感想ありがとうございました。
引き続きレッスンを受けられた方からの感想、お待ちしております。

◆前回までの日本でのレッスンの様子はこちらの過去エントリをご覧ください。


    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ



       

コメント

Re: はじめまして

hiroさんへ

はじめまして。

コメントありがとうございます。

メールを送らせていただきました。

Coco

Re: レッスンの件

SAYAKAさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。

メールを送らせていただきました。
Coco

Re: はじめまして。

ミカさんへ

はじめまして、
コメントありがとうございます。

メールを送らせていただきました。Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ