日本人が間違えがちな、英語を学ぶ「目的」と「手段」。

日本人が英語を勉強する目的は何か?


日本人が英語を勉強する目的には大きく分けて2つあると思う。

1つは「試験で良い点をとること」。そしてもう1つは「英語を使って他人とコミュニケーションできるようになること」。
 (日本人が英語を勉強する、2つの目的と、たった1一つの勉強方法。

以前の私、日本からワーホリでカナダに行ってESL(語学学校)に通っていた頃の私は、「英語が話せるようになりたい」と思いながら(つまり目的は「英語を使って他人とコミュニケーションできるようになること」としながら)、その実、「試験で良い点をとること」を目標にした学習ばかりをしていた。

自分の身体感覚を直に使って生きた英語に触れる機会にあふれるバンクーバーにいながら、別にわざわざバンクーバーまで行かなくても、すべてわざわざ海外に行かなくても日本でできること、毎日学校に通ってテキストやノートを使って英語を「勉強」、つまり単語を覚えたり文法の問題を解いたりすることばかりをしていた。
もともと「努力をする」ということが苦手だった私だが、バンクーバーのESLでは、自分でも驚くくらい真面目に”努力”をした。
英語のためにする、楽しい「努力」と、楽しくない「努力」。を参照。)

「こんなことをしていて私は本当に英語が話せるようになるのだろうか・・・」と違和感をもつこともあったけれど、当時の私が知っている英語の学び方と言えばただ一つ、「単語と文法を覚えること」しかなかったから、そんな違和感を自分の中で必死に否定しながら「いつかは話せるようになるはず」と信じて単語と文法の「暗記」を続けた。

そしてESLの中だけではなく、外でも、していたことは基本的に日本にいた頃と同じであった。
教室に残って、または図書館やカフェに行って宿題を解いたり、テスト勉強をしたり、寝る前に単語帳○ページ分に目を通したり。

英語が話せるようになりたいという”目的”と、それを達成するための”手段”が完全に噛み合っていなかったのが当時の私であったと、今となってはよく分かる。

カナダ生まれの2歳児の英語の発音にショックを受けた。


まだカナダで、私の英語が周囲の人に一回で聞きとってもらえるということの方が珍しかった頃、ホストファミリーに連れられて行った(まだ関係が良かった頃の話だ)イベントで、アジア系でバンクーバー生まれの2歳くらいの男の子と接する機会があった。

私はただ隣に座ってその子が遊ぶ様子を眺めていたのだけれど、不意にその子がおもちゃを片手に発した、"Airplane(飛行機)・・・"という一言に衝撃を受けた。
だってその子は赤ちゃんなのに、Airplaneを完璧に英語の発音で喋っていたから。

・・・見た目がアジア人だろうが何だろうが、両親が英語が堪能だろうがなかろうが、英語圏の国で生まれた子どもであれば誰でも「勉強」なんてしなくても自然に英語を話すようになる。
そんな当たり前のことが、当時の私には衝撃的であった。

自分では英語を話しているつもり、でも実際はカタカナ英語であるため通じない、ということが常であった当時の私。
しかもあまり耳が良い方でもなければ吃音障害もあるらしい(英語を効果的に勉強する:2)。
自分の発音とネイティブイングリッシュスピーカーのそれとが具体的にどう違うのか指摘されてもわからないことの方が多かったのだが、でもその子が発した”Airplane”は、明らかに自分の発音とは異なるというか、自分の口からは”到底出せない音”に思えた。(今は出せると思えるが。)

日本で中学から高校、6年(実際はそれ以上)は英語を「勉強」してきたのに、「自分の英語はこんな小さな子どもにも劣るのか・・・」と、何だかむなしくなった。

日本の学校での英語の成績はそれほど振るわなかった私だが、2歳ぐらいの子どもと比べれば、知っている英単語と文法の数は私の方が断然多いはず。
でも私の発する”エアプレイン”は誰にも通じなくて、彼が発する"Airplane"は一発で通じる・・・。

この世に生まれてまだたった2年くらいのその子どもは、何の苦労をすることもなく英語が話せるのに、
私は時間もお金もかけてきてろくに英語が話せない。

やっぱり私の頭があまりよくないからなのか。
それとも自分に英語の才能がないからなのか。
もしくは自分の”努力”がまだまだ足りないのか・・・。

当時の私は、そこでただ落ち込んだだけで、「その原因が何なのか」は分からないままだった。

今の私であれば、自分の英語が通じなかった原因は、頭が良いとか悪いとか、才能が有るとか無いとか、そういうことではなくて単に英語を勉強する方法(手段)を間違えていたから、あまりに非効率な勉強の仕方をしていたからなのだ、と分かるのだが当時の私にはそんなこと全然分からなかった。
わかるようになったのは、ESL(語学学校)に通っても英語が話せるようにならず、英語を個人で習うようになってからである。

私達はどうやって日本語が話せるようになったのか。


日本で生まれて日本で育った”ネイティブジャパニーズスピーカー”で、自分がまだまだ小学校にも行っていない小さな子どもだったころ、「日本語が話せるようになるために単語を覚えなきゃ」とか「文法を覚えなきゃ」とか一度でも思ったことがある人がいるだろうか?

日本で生まれて日本で育ち、今日本語を自分が思うとおりに操ることのできる人、その全ての人が、とくに「日本語が話せるようになりたい」と思ったことすらなく、気づいた時には日本語が話せるようになっていたはずである。

ではなぜそんなことができたのか。

それは、誰もが成長する過程で、とくに意識することもなく「経験」することによって、日本語という言語を構成する5つのskillを身につけてきたからである。

自分ではどれだけ”努力”をしているつもりでも、英語の勉強の仕方("手段")が適切でない限りは、目的は達成できない。

私は英語は「勉強」するもの・「暗記」するものだと思っていた頃には、いくら”努力”をしても話せるようにはならなかったのに、
英語は「経験」して身につけるものなのだと理解してからは、自分が努力をしているという意識すらなく、気づいた時には英語が話せるようになっていた。


(2013.10.8)*お知らせ*
私がバンクーバーで個人で英語を習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために今日本でレッスンをしています。

日本にいながらにして、英語のカルチャーを学び「経験」することができる先生のレッスンを受けてみたいという方、“王道”ではない留学/ワーホリをしたい方がいらっしゃればご連絡下さい。体験レッスンがあります。

(2016.11.30追記)
私がバンクーバーで個人で英語を習っていた先生は、今も年に数回日本に来ていらっしゃいます。次回は12月に来日し、ワーホリや留学を予定されている方に向けた無料相談会を開催します。
東京で、12月9日(金)・10日(土)・11日(日)・12日(月)に開催です。
ご興味のある方はお知らせください。詳しい日時や場所をお知らせいたします。

(2016.11.10追記)
下は「もう英語を勉強する必要がない状態」に達する方法。 で紹介させていただいた、現在カナダでワーホリをしておられこのブログを通してご連絡を頂いた方(Cさん)と私とのLINEチャットです。
Cさんは、私がカナダでESLを卒業しても英語が話せるようにならず、英語を個人で習った先生の同じレッスンをバンクーバーで11月から受け始められました。
LINE-comment
白色の吹き出しがCさん、緑色が筆者(Coco)です。
Cさん、掲載を快諾下さりありがとうございました!

***お知らせ***
私がバンクーバ-で英語を個人で習っていた先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなく日本や中国・フィリピン・またオンラインでもレッスンをされています。(オーストラリアも準備中。)

***お正月割引のお知らせ***
毎年恒例、レッスンの費用が最大50%引きになるキャンペーンが始まりました。

ワーホリをする前からレッスンを始めることで、ワーホリして英語が話せるようになる、ではなく、英語が話せる状態でワーホリをスタートできます。

1)マチュピチュやウユニ塩湖など南米を巡る旅行 + カナダでのレッスン
Uyuni_3
Machu_Picchu_3

2)フィリピン・セブ島での集中英語レッスン + カナダでのレッスン
English Boot Camp-CEBU-2-2

3)カナダで英語環境での仕事をするための集中トレーニング + カナダでのレッスン
4)フィリピン・セブ島での集中英語レッスン + カナダでのレッスン + オーストラリアでのレッスン
5)フィリピン・セブ島での集中英語レッスン + オーストラリアでのレッスン + カナダでのレッスン 

Canada_1

50%引きとなります。

ご興味のある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。



レッスンにご興味がある方、留学やワーホリを考えておられる方は、先生と現在バンクーバー滞在2年目の日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで無料カウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"

コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生とJunさんに頂いたアンケートとご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン無料カウンセリングの日時をご相談の上決定します。





    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 

2013年10月8日に公開した記事に加筆しました。

コメント

Re: レッスンについて

令子さんへ

はじめまして、コメントありがとうございます。

メールを送らせていただきましたのでご確認下さい。

よろしくお願いします。

Coco

Re: はじめまして

ゆかりさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールを送らせて頂きました。

Coco

Re: No title

emiさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: 初めまして

かなさんへ

初めまして。
コメントありがとうございます。
メールを送らせていただきましたのでご確認ください。
よろしくお願い致します。

Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

カナダから帰国して、現在は都内企業で英語を使って働いています。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「こんなのウソに決まってる、アリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになってますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ