英語を「学ぶ」こと、そしてそれを「使う」こと。

今英語を「勉強」(=暗記)していて、
自分が持っている英単語や文法の「知識」を、英語を話したり書いたり読んだり聞いたりしながら「使えている」と感じている人、
自分がINPUTしたものを 「OUTPUTできている」 と感じている人って、
どれくらいいるんだろうか。

★★★★★

私はカナダに渡ったとき、日本で中高の6年間も(厳密に言えばそれ以上)英語を「勉強」していながら、
英語は話せないし聞き取れないし、英語のメールも新聞も本も辞書がないと読めないし書けない。
しかもそうまでしても全部 ”自信がない” 、状態だった。

でもカナダで、その後英語を個人で習うようになる先生に初めて会って"あなたは英語をどれくらいの期間勉強してきたの?"と聞かれたときまで、
自分が「英語にかけている時間」のことなんて、あまり考えたことがなかった。

だって英語は「難しいもの」で、いくら勉強をしても「話せるようにはならない」というのが日本にいた頃は常識だったし、数ヶ月で英語が話せるようになった、という人の話なんてのも聞いたことがなかったし出会ったこともなかったし、カナダでもESLに通っている自分の周りには”時間はかけたけど話せない人(日本人や韓国人の留学生)”ばかりだったから。

英語に時間がかかるのは、当たり前、だったから。

だから先生にそう聞かれたとき、・・・私はなんと多くの時間を英語に時間を費やしてきたのか・・・自分で言いながらもちょっと衝撃的だった。

★★★★★

カナダに渡ってすぐ、ESL(語学学校)に通うようになった私(個人で習うようになったのはさらにその後であった)だったけれど、そこでしていたことはやっぱりINPUTが中心、だった。

教科書を読んで、文法の問題を解いて、ノートに知らない単語を書き取って。。
speakingの授業であれ、クラスメイトが10人以上いる授業の中で、実際に自分が話すことができる時間など、ほんの数分。
授業時間の何十分の一。

長年の習慣に囚われて、
英語は「文法と単語だけを暗記していればよい、それで”いつか”は話せるようになるはずなのだから」だと信じて(いや実際には少し疑いながら。でも”みんな”「単語が大事だ」と言っていたから、やっぱりそうなのかな・・・、と思いながら。覚えた英単語の数=スピーキング力?)、
カナダでもINPUTをし続けた。

でも3ヶ月ESLに通って、英語が伸びているという感覚など全然ない。

このまま”現状維持”では何も前に進まないのではないか・・・、という思いが自分の中で段々強くなっていった。

★★★★★

言語はツール(道具)なのだから、本来使うこと(=OUTPUT)が一番の目的であるはずである。
どんなに憶えて(=INPUT)も結局「使えない」のであれば、それは道具として機能していないことになる。
英語は単なるツール。それ以上でも以下でもない。;2を参照。)

ESLに通っていた頃は、ほぼ毎日家とESLとの往復だけだった私の生活は
英語を個人で習うようになってから大きく変わり、
毎日レッスンを終えたら、後は好きなように時間を使えるようになった。

その自由な時間を使って私がしていたことは、「OUTPUTをすること」、であった。

当時ものすごく悩んでいた自分の発音が、英語を個人で学び始めてたった10日で”変わった”と言われた(英語を効果的に勉強する:2)のが、私にとって初めての、それもポジティブなフィードバックだったけれども、その後英語を使い続ける中で、ネガティブなフィードバックを受けたことは何度もあった。

今でも私は自分の英語が”完璧”などと思ったことはないし、そもそも「言語に完璧なんてない」と思っている。
英語が話せるようになるために必要かつ、根本的なこと。言語に完璧はあるのか。 を参照。)

でもネガティブ一辺倒だった自分の英語へのフィードバックが、その”発音への褒め言葉”を始めに、徐々にポジティブなものの方が増えていった(たぶん私が自分の発音を本当の意味で気にしなくなったのは、彼女に出会ってから、である。→http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-288.html" target="_blank" title="カナダで「日本人です」と言うと、驚かれる理由。">カナダで「日本人です」と言うと、驚かれる理由。)からこそ、
自分は”英語が話せている”と思えるようになっていった。


ESL(語学学校)に通っていた頃は、「とにかく口数さえ多くすれば話せるようになるのではないか」と思ってむやみやたらに話そうとしたこともあったけれど、結局自分でも何が言いたいのかわからなくなったりして”英語でも日本語と同じように話せている”なんて思えるようにはならなかった。(なぜならそこにはskillがなかったから→英語が上手くなるには、「とにかく話す」こと?

英語のカルチャー言語音楽(発音含む)話し言葉のテクニックもない状態でいくら話そうとしても、自分が本当に言いたいことはいつもどこかに置き去りにされているような気がしていた。(どんなに参考書を読んでも英語が「話せない」、理由。

でもそれらを学ぶようになってから、自分が言いたいことを「言えている」という感覚が少しずつ持てるようになり、
さらにそれにフィードバックがあることで、「英語を話したい」という気持ちがどんどん大きくなっていったのだと思う。



道具をただ”持って”いたって、使わない限りは何も得られない。

でも使えば少なくともフィードバックが得られる。
それがポジティブであれネガティブであれ、
そこには必ず何か学べることがある。


だからもし私がレッスンを受ける”だけ”で満足して、レッスンが終わったらまっすぐ家に帰って部屋にこもって、まったくOUTPUTすることなく過ごしていたとしたら、
私が確信を持って「英語が話せている」と思えるようになるまでの期間はきっともっと長くなっていたのではないか・・・
と、今となっては思う。


★★★★★


私がバンクーバーで個人で受けていた英語レッスンを今バンクーバーで受けておられるJohn(イングリッシュネーム)さんから感想を頂きましたのでご紹介します。Johnさんもやはりバンクーバーで3ヶ月ESLに通われ、私のブログにコメントを頂いたことがきっかけでレッスンを受けられるようになりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Cocoさんへ

Johnです。レッスン受けてから1ヶ月が経ちました。
丁度昨日こっちで知り合った日本語も話せるカナダ人の人
と会ったんですが、
「英語上手くなったね、前よりスムーズになったね」と言われ、
嬉しくなってメールしてしまいました。
もちろんその人とは到着してすぐに会ったので、
冷静に考えて当たり前なのですが。。。

ただその時は、レッスンの効果が出たのかな?と勝手に舞い上がってました。
この気持ちを誰かに聞いて欲しくてメールしてしまいました。
もちろん先生にも話すつもりではいますが。

ブログを見てなかったらこのプログラムにも申し込まなかっただろうし、
こんなこと言われなかっただろうなと思ってついメールしました。

と言ってもまだレッスンも終わってないし滞在期間も残ってるので
まだやらなきゃいけないことがたくさんあるので気は抜けないですが。。

近況報告みたいな形で報告させて頂きました。

ではまたメールさせてもらうかもしれませんが、
宜しくお願いします。

Johnさん
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆バンクーバーでレッスンを受けられた方からのコメントと写真はこちらにもあります。→英語に対する「考え方」を変えることと、「行動」を変えること。


*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生が、9月末より日本でレッスンを行っていました。
今回の来日では先生のインターネットの不具合によりご連絡がスムーズにできない事態があったようです。
まだ先生からのメールが届いていないという方がもしおられましたら至急私までご一報下さい。
次回の来日(現在のところ12月の予定となっているそうです)では優先的に体験レッスンの予約をしていただけます。

先生のレッスンを受けてみたいという方、“王道”ではない留学/ワーホリをしたい方がいらっしゃればご連絡下さい。体験レッスンがあります。日本にいながらにして、英語のカルチャーを学び「経験」することができ、英語を効率的に早く伸ばす方法、余計なお金や時間をかけずに不安なく留学・ワーホリする方法なども含んだレッスン内容となっています。

携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、できるだけパソコンから閲覧可能なアドレスで連絡下さるようお願いします。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)

◆前回までの日本でのレッスンの様子はこちらの過去エントリをご覧ください。


    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ



       

コメント

Re: 体験レッスンについて

Toroさんへ

はじめまして、コメントありがとうございます。

メールを送らせていただきましたのでご確認下さい。
よろしくお願いします。

Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ