日本人が経験する、ワーホリの“王道”プランとは。;2

前回、海外で期待される「日本人のイメージ」について書いたが、私は海外で日本人が期待する「日本人のイメージ」にも誤解というか、思い込みがあると思う。
以下はすべて、自分もしていた思い込みである。


まず「日本人のカナダワーホリ」というと思い浮かべていたのが
ESL(語学学校)に通って、卒業前後に仕事(アルバイト)を探して、旅行に行って・・という ”王道のワーホリ”(日本人が経験する、ワーホリの“王道”プランとは。)であったこと。

私がこれを思い込みだというのは、
語学学校に通っても英語が話せるようにはならないということが今となってはよく分かるからだ。

なぜなら語学学校というのは、例えそれが英語圏の国にある英語のための学校、であっても、
教わることは日本と同じだから。

つまりカナダで語学学校に通ったところで、「単語と文法を暗記すること」を繰り返すだけ。

日本人であれば大体の人は中学校に入ったときから英単語と文法の暗記を始め、高校を卒業する時まで続けたことと思うが、それをいくら”英語環境”であるカナダで、英語のための学校に通って繰り返したところで、
話せるようにならないものはならない
のである。


でも「ワーホリ=最初の3ヶ月ぐらいはESL(語学学校)」という思い込みは私も疑いつつもかなり影響されてしまった。

それはなぜかと言うと、
私が当時ワーホリに関して集めた情報すべて、ESLに通うことが前提となっていたからである。
留学エージェントのサイトに、ワーホリ経験者のブログに、留学情報誌、全部そうだった。

学校に行かないという選択肢を挙げているものを一つも見つけられなかったからである。


日本人がカナダ政府からもらえるワーホリビザの有効期間は1年で、
他のビザに比べても自由度が高く、
1年間カナダに滞在できる上に、就労、旅行、通学が許される。

でもそれも全部「してもいいですよ」ということであって、
「しなければならない」とはどこにも書いていない。。。
英語が話せるようになる具体的な方法って?

本来は学校になど行かなくてもよいのに、それ以外の選択肢が分からなかったし、他にどうしたらよいかも分からなかった私は、
エージェントにすすめられたうちの一つの学校に行くことに決め、
毎日マジメに授業に出て「勉強」をして、
1ヶ月が過ぎ、
2ヶ月が過ぎ、
3ヶ月が過ぎ・・・

・・・・・・何も変わらなかった。

カナダで3ヶ月暮らしているのに、
カナダで語学学校に通って勉強までしているのに、
自分が英語が話せているという感覚がなかった。


そして気がついたときには、何も変わっていないままに、私のワーホリビザの有効期間は9ヶ月を切っていたのだった。

学校に通った分だけ、時間を無駄にした・・・と正直思った。(「ワーホリの1年」を最大限に利用するために必要なことって?


またもう一つの思い込みは、自分が日本人だから、そして皆がそうしているから、ワーホリのビザではカフェやレストランでしか働けない、というものである。

日本にいた頃はエージェントに、そしてカナダに渡った後はエージェントに加え語学学校でも、
「日本人がワーホリのビザでできる仕事はカフェかレストランが一般的」と言われ続けていた。

でも私は、日本で学生時代にレストランでバイトをしたとき、そこで使う言葉は結構限られていると感じていたから、そこで働くことで英語を伸ばしていけるのか、疑問だった。

そして語学学校を卒業して、英語を個人で学ぶようになり、
気がついたことは
ワーホリビザをもつ日本人であっても、働く場所はレストランやカフェ以外にもある、ということであった。(カナダのカフェやレストランで働けば、英語は伸びる、のか?

★★★★★

自分が日本人だから。
皆がそうしているから。

・・だからと言って、自分が皆と同じことをしなければいけない理由なんて、ない。

自分で自分に”あるべき日本人像”を押し付けていては、そこにある可能性に気がつけないことがある。


もし今の私が、まだカナダに渡る前の自分に声をかけることができるなら、きっとこう尋ねる。

「はるばるカナダまで行ってしたいのは本当に ”王道のワーホリ” なの?」

「そんなことをしても、それは自分ではない ”誰か” の期待に応えるだけなんじゃないの?」

・・と。


*****

私がバンクーバーで個人で受けていた英語のレッスンの一環((“リアルな経験”の中で生きた英語を習得“リアルな経験”の中で生きた英語を習得:2))で、今年RV(キャンピングカー)でアメリカ縦断旅行をした生徒さんたち。(*顔写真掲載の許可を頂いています。)

US RV trip1

US RV trip4

US RV trip2

US RV trip3

US RV trip5

US RV trip6



*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために再度12月に来日する予定です。

日本にいながらにして、英語のカルチャーを学び「経験」することができる先生のレッスンを受けてみたいという方、“王道”ではない留学/ワーホリをしたい方がいらっしゃればご連絡下さい。体験レッスンがあります。

携帯のアドレスだとパソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)

◆前回までの日本でのレッスンの様子はこちらの過去エントリをご覧ください。


    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ



       

コメント

非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダで~2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、バンクーバーで学んだある方法であっという間に英語が話せるようになりました。(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。
現在は都内企業で翻訳の仕事に従事・英語レッスン主宰・留学カウンセラーの3足のわらじを履いています。忙しいですが、とても充実した時間を過ごしています。
私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「こんなのウソに決まってる、アリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。
「英語を暗記しない」、「英語は簡単」など、常識とは反対のことを言っていますのでそう思われる方もいらっしゃって当然だと思います。
「今のまま英語の勉強を続けても英語が話せている自分が想像できない」、
「留学やワーホリを考えているが、英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?」など、今までとは少し違う英語の勉強方法にご興味がある方。英語を使って仕事にボランティアに旅行に友達作り、自分のゴールを達成するワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた「英語を暗記ではない方法で学ぶ」ユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンでも3泊4日の集中レッスンや1ヶ月の集中レッスンが行われています。
    ◆オンラインレッスンも始まりました!
    ◆レッスンをフィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ