ワーホリを始める前に「しておけばよかった」と思うこと。

カナダのカフェでバイトを始めた友達が語った言葉。


カナダ・バンクーバーでワーホリをしていた時、私より後からワーホリを始めた日本人の友達が、「カフェで働けることになった!」と言うので、お祝いに一緒にケーキを食べに行ったことがある。

その時彼女は既に2回ほど仕事をした後だったのだが、私が「仕事どう?」と聞くと、
「うん、まあメンバーが結構フレンドリーでいい感じだよ。でも・・・何か言われても聞き取れなくて。注文を聞いたり同僚から何か言われても何言ってるのか分かんない。まーそれは段々耳が慣れるだろうからいいんだけど・・・。忙しいときに聞き返されたら絶対向こうもイライラするじゃない? だから私2回ともほとんど一人でサンドイッチ作ってた。ははは・・・」

私が「まあ今はそうかもしれないけど、慣れるでしょう。大丈夫だよ。」と言うと、
「でも英語がもっと聞き取れるようになったとして、話す機会はあんまりない気がする・・・。サンドイッチ作りながらカウンターに立ってる子チラチラ見てたんだけど、注文とって、レジ打って、商品渡して。それだけっていうか、そりゃ時々お客さんと談笑したりもしてたけど、忙しい時間帯とかあるしそんなのいつもできるわけじゃないしねえ。あと面接のときに時給(バンクーバーのあるブリティッシュコロンビア州の最低時給)ぎりぎりとか、もっとのんびり働きたかったのにシフトが詰まっていることとかもよく聞いてなくって、働き始めてわかったという・・・。ああもうどうしようって感じ!」と言う。

さらに話を聞くうちに、どうやら彼女はカフェでの仕事にそれほど興味がないらしいことがわかってきた。
日本でしていた仕事とカフェでの仕事にも繋がりはないし、でもとにかくお金を稼ぎたいから仕事をしたかった、と。
カフェで働きたくても働けない人もたくさんいるのに、あんまり興味がなくても働けるようになった彼女は、私はそれはそれですごいと思うのだけれど、「カナダで他にしてみたい仕事ってあるの?」と聞いてみると、「あるにはあるが、ワーホリの日本人でその仕事をしてる人なんて聞いたことないし、どうせムリだろうと思って探してもない。」と言う。

「みんながしているから」よりも、もっと大事なことがある。


私はそれを聞いて、「みんな(日本人)がそうするからESL(語学学校)に行くし日本食レストランでも働く」と言った私たちにカナダ人の友達が疑問を呈したときのことを思い出した。
日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。を参照。)

そして、彼女がそういう風に思いこんでいるのはすごくもったいないんじゃないかと思った。

「周囲の日本人で誰もそれをしている人がいないから、よりも自分はどうしたいのかの方がずっと大事なのであって、せっかくカナダにいるのだからしてみたいことがあれば挑戦してみればいいんじゃないかなあ」と言ったら、「ほんとそうだよね・・。ちょっとカフェの仕事は人足りてなくて今すぐ辞めるっていうのは難しそうだけど、この先どうするか考えよう。」と言っていた。

あのカナダ人の友達が指摘したように、他人がどうこう・・ではなくて、第一に自分がカナダでしたいことは何なのかを考えること。
そして自分自身を信じること。


まずそれが必要だと思う。

カナダで日本人ワーホリができる仕事の選択肢は限られている・・とは限らない


私が日本からカナダにワーホリで行く前、「カナダでワーホリの人ができる仕事というのはレストランかカフェか土産物屋が一般的」だと留学情報誌やネットのワーホリ経験者の体験談やブログによく書いてあったし、留学エージェントとのカウンセリング(10社ぐらいと相談した)でも言われた。

バンクーバーでESL(語学学校)に通っている頃、学校に行きながら働いているクラスメイトが何人かいたが、職場はきまって日本食レストランかコリアンレストランだった。(私は学生の大半が日本人か韓国人の学校に通っていた。)
学校のカウンセラーの人には、「カナダ人でさえ仕事を見つけるのが難しいのに(日本よりカナダ・バンクーバーの方が失業率が高い。ただし失業率の測り方は国によって違うと聞いたこともあるので、単純には比べられないのかもしれないが。)、英語でもビザの面でもハンデがある日本人が働ける場所なんて、限られていて仕方がないですよ」、と言われた。

結局学校には3ヶ月通ったが、英語が話せるようにはならず、その後個人で英語を習うようになった。
そのレッスンのとき先生にカナダでの仕事についてちらっと話をしたところ(カナダのカフェやレストランで働けば、英語は伸びる、のか? )、

”Cocoは英語の話し言葉のテクニックを学んで、日常会話の自信はかなりついたでしょ? あとカナダでも働けるっていう自信をつけるには、さらに上のスキル、カナダのビジネス文化的慣習を身につけることが必要かな。”と言われた。

”ビジネスの文化的慣習って?”と聞くと、

”例えば日本では、仕事で何か失敗をしたら何度もお詫びを言うと思うけれど、
カナダではただ謝っただけではボスからの信頼もお客さんも失うだけだよ。
日本では、言葉ではものすごく丁寧に謝っていたって、頭を下げてないと心から謝ってないって思われるでしょう?
でもカナダでSorryって言いながらいくら頭を下げたって、事態は良くならないよ。
文化/カルチャーが違うんだから。”と先生は言う。

私が ”なるほど・・。私なんとなく、カナダで働くにはビジネス英語を勉強するのが一番手っ取り早いのかなって思ってたけど、でも語学学校でビジネス英語の授業を受けている友達の教科書を見せてもらったとき、account とか deposit とか、TOEICの問題集で見たような単語と会話文がいっぱい載ってた。だからビジネス英語ってつまりTOEICの単語を覚えることなのか?と思ったことがあって。
その友達自身、ビジネス英語は韓国に帰ったときのために勉強してるって言ってて、ここではずっとコリアンレストランで働いてたから、単語や会話文を覚えたからってビジネスの現場で使えるようになるのかな?って疑問だった。だって覚えても覚えても忘れるのに・・・(英語は、暗記するな。)” と言うと、

”ビジネスの文化的慣習は単語や文法を暗記すれば身につくようなものじゃないよ。
日本で単語や文法を何年も暗記してきて、英語を使って働ける!って思えるように、なった? 
単語も文法も話し言葉のテクニックもビジネスの文化的慣習も、違うスキルなんだから、違う身につけ方が必要 だよ。” とのことであった。

さらに先生は ”アジア人がバンクーバーで英語を使って働くのは難しい、ってよく言われるけど、僕の生徒、日本人だけじゃなくて、韓国人や中国人や台湾人の生徒も仕事を見つけているよ。”と言う。

4・5つ星ホテルのフロントや政府系機関、他にもカナダの現地企業で事務職や営業職をしたり、銀行や不動産屋で働いた生徒もいたそうなのだが、散々「日本人のワーホリはほぼ必然的にレストランまたはカフェで働く」と言われてきた私には、にわかに信じがたいことであった。でも後日、私は先生の生徒の一人、現地の不動産屋でワーホリで働いていた日本人に、実際に会うことができた。

だからあなたには、私と同じ失敗をしてほしくないと思う。


英語が話せず、カナダの・英語の文化/カルチャーもまるで知らず、ただ「カナダに行きさえすれば英語が話せるようになるはず・・」という淡い期待を持ってカナダに渡った私。(カナダに行く前感じていた期待と不安の、正体。

”みんながそうしているから”ESL(語学学校)に通い、でも英語が話せるようにはならなくて(多少耳は慣れたから簡単な会話くらいはできるけれど、それでも何度も聞き返したりされたりしないと話が進まないし、深い話はできないから自分が一気に小さい子どもになったかのような気がしていた。英語を話す時と日本語を話す時の精神年齢は同じ?)、

それで私は結局ワーホリビザの貴重な1年のうち、まるまる3ヶ月は浪費(ワーホリの「成功」と「失敗」って、何?:2)してしまっていた。

カナダでみんながしていること、ではなくて、自分がしたいことは何なのかを考えること。
そして英語云々の前に、まず自分自身を信じること。
その上で自分がしたいことに応じた必要なスキルを身につけること。

自分がカナダで達成したいことは何なのか、それをカナダに行く前からしっかり考えることができていたら、私のワーホリは最初から全然違うものになっていただろうなあと思うし、私の友達のワーホリもまた違うものになっていたんじゃないか、と思う。


<関連エントリ:「ワーホリの1年」を最大限に利用するために必要なことって?

(2016.11.10追記)
下は「もう英語を勉強する必要がない状態」に達する方法。 で紹介させていただいた、現在カナダでワーホリをしておられこのブログを通してご連絡を頂いた方(Cさん)と私とのLINEチャットです。
Cさんは、私がカナダでESLを卒業しても英語が話せるようにならず、英語を個人で習った先生の同じレッスンをバンクーバーで11月から受け始められました。
LINE-comment
白色の吹き出しがCさん、緑色が筆者(Coco)です。
Cさん、掲載を快諾下さりありがとうございました。


***お知らせ***
私がバンクーバ-で英語を個人で習った先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなく日本や中国・フィリピン・またオンラインでもレッスンをされています。(オーストラリアも準備中。)

***お正月割引のお知らせ***
毎年恒例、レッスンの費用が最大50%引きになるキャンペーンが始まりました。
今回は、レッスンの一環で行く旅行を含むプランが割引になります。

例えば、英語のマンツーマンレッスンとレッスンの一環で行く旅行が含まれる120万円のコース →今なら半額の60万円になります。


1)マチュピチュやウユニ塩湖など南米を巡る旅行 + カナダでのレッスン
travel-Uyuni-2
travel-Machu-Picu-2

2)フィリピン・セブ島での集中英語レッスン + カナダでのレッスン
EBC-CEBU-2

3)カナダで英語環境での仕事をするための集中トレーニング + カナダでのレッスン
travel-Canada-2

4)フィリピン・セブ島での集中英語レッスン + カナダでのレッスン + オーストラリアでのレッスン
5)フィリピン・セブ島での集中英語レッスン + オーストラリアでのレッスン + カナダでのレッスン
EBC-CEBU-2-2

がすべて50%引きとなります。


カナダやオーストラリアでワーホリを始める前からレッスンをすることにより、現地に着いて2~3週間以内に複数の英語を使う仕事を得ている方が多数いらっしゃいます。

ご興味のある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。



レッスンにご興味がある方、留学やワーホリを考えておられる方は、先生と現在バンクーバー滞在2年目の日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで無料カウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"

コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生とJunさんに頂いたアンケートとご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン無料カウンセリングの日時をご相談の上決定します。




    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 

2013年11月7日に公開した記事に加筆しました。

コメント

Re: No title

Kaoriさんへ

はじめまして、

コメントありがとうございます。

メールを送らせていただきました。

Coco

Re: 先生紹介のお願い

Maiさんへ

はじめまして、
コメントありがとうございます。

メールをお送りさせていただきました。

Coco

Re: 初めまして。

Suzuさんへ

初めまして。コメントありがとうございます。

メールをお送りさせていただきました。

Coco

Re: 12月の講習について

慶太さんへ

はじめまして、
コメントありがとうございます。

メールをお送りさせていただきました。

Coco

Re: No title

Keiさんへ

はじめまして、
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせていただきました。

Coco

Re: 初めまして

ayaさんへ

初めまして、
メールをお送りさせていただきましたのでご確認ください。
よろしくお願いします。

Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ