「カナダワーホリに必要なお金」の、現実。

日本からカナダに渡る前、私はワーホリ経験者のブログや体験談を結構な数読んでいた。
続:ワーホリを始める前に「しておけばよかった」と思うこと。を参照。)

カナダにワーホリで行く場合いくら必要なのか、結構色んな人が書いていて、
当時私が見た限りでは「大体100〜120万円準備すべき」とあった。

でも私は、実際のところそんなにいらないと思う。

私が思うに、必要なのは50~70万円である。

なぜならカナダで生活していくためのお金は、カナダで稼げば良いから。

それも、自分がしたい仕事をすることで。


★★★★★


ずっと前、留学生が多く集まっていたパーティで、「カナダに10万円だけ持って来た。」と言うバンクーバー滞在歴1ヶ月の日本人に出会って驚いたことがある。

「10万だけで、仕事が見つからなかったら日本に帰る覚悟で来た。英語?全然話せないよ。」と言う彼に、私はその時ただ「すごい・・・」としか言えなかった。

「とにかく働かないといけないから、今調理補助と皿洗いの仕事を掛け持ちしてる。一日中働いてるよ、ほとんど毎日。今日は休みだったから(日本人留学生の)ルームメイトが誘ってくれて(パーティに)来たけど、すごいね。バンクーバーに留学生ってこんなにいるんだね!いやこんなにたくさん見るのは初めて。」と、言っていた。

そして「カナダにはワーホリで来たのだから、もしかしたら他の街に引っ越すかもしれないけど、まあいれるだけ、1年はいるつもり」、とも。


色々話すうちに私たちは意気投合したので連絡先を交換し、今度他の友達とも一緒に遊びに行こうとか言っていたのだが、お互い都合が合わずなかなか実現せず、そんなこんなでいつの間にか時間が過ぎ、ある日届いた彼からのtext message(日本で言う携帯のショートメール。カナダでは番号だけで通信会社に関係なくメッセージが送れる)。

・・・”来週日本に帰ることにした”・・・

「1年はいるつもり」と彼は言っていたのに、1年どころか、まだ3ヶ月も経っていない。

私はびっくりしてすぐに電話をかけ、「text読んだんだけど、帰るって、何で?!」と速攻で聞くと、

「ん~、だってさ、お金はまあ生活できるぐらいは稼げるけど、でもカナダまで来て俺何やってんのかなあ~と思って。英語も全然話せるようになってないし、友達も日本人ばっかだし。
これだったら日本帰った方がよくない?と思って。」
と、彼は言った。

それって、日本食レストランで働いていた私の別の友達の言葉、
“だって英語はまあお客さんに使うことはあるけど、思ったほど使わないし、レストランで働くのなら日本でもできるじゃん・・・と思って。私はカナダに出稼ぎをしにきたのかと思って、何か落ち込む。”(日本人が経験する、ワーホリの“王道”プランとは。を参照)に、そっくり。。。

そして私は思った。

二人がそのように言った理由は、
レストランでの仕事自体がどうこう・・というよりも、
「そこで働きたい」から選んだのではなく、
「自分は英語が話せないから」という理由で選んだからではないか、と。。。

★★★★★


カナダは英語圏の国。

以前にも書いたことがあるけれど、英語が使えるということ、英語のカルチャーを理解しているということはつまり、希望の仕事を手に入れるためのパスである。

そして、カナダで働きながら、カナダで生活するためのお金も、遊んだり旅行をするためのお金も、カナダで稼いで、かつ貯金をすることだって、できる。
カナダのカフェやレストランで働けば、英語は伸びる。のか?


たしかにバンクーバーは日本食レストランが本当にたくさんあるので、日本人が仕事を見つけること自体はそれほど難しくないと思う。(実際はシーズンにもよると聞いたけれど?)

でも日本人がカナダにワーホリで滞在できるのは1年間で、しかも人生で1度きり

その貴重な時間を、
「なぜ自分はカナダでこんなことしているんだろうか?」と思いながら過ごしたくはないと思うのは、
みんな同じだと思う。


★★★★★


英語を「学ぶ」こと、そしてそれを「使う」こと。で以前ご紹介させて頂いた、私がバンクーバーで受けていた個人の英語レッスンを受けておられたJohn(イングリッシュネーム)さんから再度レッスンの感想を頂きましたのでご紹介します。Johnさんはバンクーバーで3ヶ月ESLに通われ、私のブログにコメントを頂いたことがきっかけで2ヶ月個人のレッスンを受けられました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こんにちは!Johnです。

先日レッスンが終了しました。まだまだ同じ表現を使ってしまったり・・
あとはテクニックを使える所で使えてなかったりともどかしい気持ちに
なることは多々ありますが、それでもやっぱり受けてみて良かったです。

最後に先生のほうから「Johnは同じ表現を使ってしまう所がある、
今度はもっと違う表現にチャレンジしなきゃだめだ」と言われました。

「でも、最初はこっちからしゃべらなきゃいけなかったのに、次第に
Johnから話すようになったね。Awesome!」と言われ、

少しずつですが自分も変わったのかな?と思いました。

これからもっと積極的に話して、色んな事にチャレンジして自分を変えていきたいです。

あとは旅行にも参加してこれから仕事探し頑張ります!

John

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   
さらに私から、Johnさんの感想をブログに掲載させて頂いてもよいか、またESLと先生のレッスンに違いはありましたか?とお聞きしたところ、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いいですよ!
こんな文で少しでも役に立てるなら光栄です!

ESLのレッスンとは180度違いました。何より話す時の
恐怖心が減りました。しかしながら、レッスンに行く時は少し緊張したり、レッスン最中に上手く喋れない時は逃げたくなるような感覚に襲われましたが(笑)
ただそれを実践で生かせたり、誉められたりした時に
効果が出てるんだなと自分の中で噛み締めてます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とのお返事を頂きました。


★★★★★

バンクーバーで私とJohnさんと同じレッスンを受けて日本に帰国された、えいゴリラさんのブログをご紹介します。(掲載の許可を頂いています。)→ワーホリホリ えいゴリラ in Canada

初めて会う人達から「何年カナダにいるの?」「日本人?? 日本人の話す英語じゃない」と言われるようになったえいゴリラさんが、仕事もしつつ複数の旅行(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得)にも参加された様子が書かれています。



*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために再度12月に来日します。

日本にいながらにして、英語のカルチャーを学び「経験」することができる先生のレッスンを受けてみたいという方、“王道”ではない、本当に自分がしたいことを実現する留学/ワーホリをしたい方がいらっしゃればご連絡下さい。無料体験レッスンがあります。

また無料体験レッスンの後に選べるコースには、
日本とバンクーバーでのレッスンがトータルで

◆10万円のコース

◆50万円か70万円か選べるコース

があるそうです。


上記のコースは、今年の12月までに日本で体験レッスンを受けられる/た方のみ受けて頂ける特別な内容となっているそうです。

これまでに、北海道・東京・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・岡山・広島・愛媛・福岡でレッスンが行われましたが、その他の地域/都市でもレッスン可能な場合があるそうなので、ご相談ください。

また来日までの間、先生とメールやSkypeでも個別にお話をすることができます。


*ワーホリ資金50~70万円でカナダに渡り、バンクーバーでレッスンを受け、最近日本に帰国されたKeikoさんが、日本やバンクーバーでのレッスンの詳細について電話でのお問い合わせに答えてくださるそうです。


携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生か、またはKeikoさんへ直接お願いします。)

先生写真
(↑先生と、野生動物。)


◆前回までの日本でのレッスンの様子はこちらの過去エントリをご覧ください。


    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ



       

コメント

Re: 先生への紹介希望

ayaさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。

メールをお送りさせていただきました。

Coco

Re: こんにちは

Rieさんへ

はじめまして、
コメントありがとうございます。

Rieさんの目的は、それだけで十分確固としていると思いますよ。
自分で否定なんて、絶対しないでください。

レッスンに関しては、詳しくはメールをお送りさせて頂きましたので、ご確認いただければと思います。
よろしくお願いします。

Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ