留学しても英語を「話せない」人が圧倒的に多い理由?

まだワーホリでカナダに渡る前、ワーホリ経験者のブログや体験談を読んでいて、私は、
海外に行っても、ESL(語学学校)に通っても、英語が話せるようになっていない人が圧倒的に多いんだなと思った。
続:ワーホリを始める前に「しておけばよかった」と思うこと。を参照。)

さらに思ったのが、海外に行って、学校にまで通って、時間もお金もエネルギーも使って期待する成果が得られていないという事実に対して、諦めているというか、受け入れている人が多いんだな、ということ。

中には、(留学情報誌や、留学エージェントのサイトでは見かけることはなかったけれど、意見を自由に言えるブログではとくに)不満を表現している人もいたけれど、
私が読んだ限りでは、
「日常生活には困らないぐらいの英語力はついた。」
とか、
「TOEICでは自己最高点が出た。あとはスピーキングが課題。」
とか、
「海外生活は良い経験になった。今後も英語の勉強頑張っていきたい。」
とか、
「語学学校は楽しかった。英語はまだまだ努力が必要かなと思うけど(汗)」
とか、
よく書いてあって(日本人が経験する、ワーホリの“王道”プランとは。を参照)、
海外で生活しても、語学学校に通っても、満足できるレベルで英語が話せるようになっていないこと自体にはあまり疑問を持ってないように思えた。

・・・本当に学校に行っても意味があるのか・・・わからない。でもそうかと言って他にどうしたらよいのかも分からない。みんながそうしているから自分もそうするべきなのか・・・それが”安全”なのか・・・でも効果がなかったらやっぱり意味がないし・・・。

色々調べたし考えたけれど、でも結局、私はどうしたらいいのかわからなかった

わからないから、「とりあえず、行けば何とかなるだろう」という思いでバンクーバーに渡った。

案の定、バンクーバーで散々迷った挙句、あるESL(語学学校)に通うようになった。
続:ワーホリを始める前に「しておけばよかった」と思うこと。を参照。)


語学学校というのはどこもそうだと思うが、入学日が毎週設けられている。
つまり、毎週月曜日には「入学する人」がいて、同じ週の金曜日には「卒業する人」がいる。

私の学校で仲良くなった韓国人の友達の一人が「卒業」する日、

”この学校通ってみてどうだった?”と聞いてみたことがある。

すると
”楽しかった! まあ英語はまだまだだけど。。数ヶ月学校に通ったところでペラペラになるなんて無理だからね~。”
という答えが返ってきた。

他の何人かに聞いてみても、日本人の友達に聞いても、返ってくる答えは同じだった。(私はESLに通っている頃は日本人か韓国人の友達しかいなかった。)
ESLの思い出

要するに、日本人や韓国人は、
たったの数ヶ月学校に通ったところで英語がペラペラ話せるようになるなんて、そもそも
最初から期待してないのだと私は理解した。

だから私が通っていたESLが、”2つ目の学校”とか”3つ目の学校”とか、”来週から別の学校に通うことになってる”とか、
自分に合う学校(英語が満足できるぐらい話せるようになるように指導してくれる学校)を求めて、複数回の「転校」を繰り返す人(「ESL(語学学校)ジプシー」)も私の周りにはたくさんいたし、学校とは別にチューターを雇って「勉強」する人もいた。
ネイティブに英語を教えてもらえば英語は伸びる?を参照。)


バンクーバーの語学学校に通っている生徒の国籍は、日本人と韓国人が圧倒的に多い。

それはなぜかと言うと(先進国のカナダに留学できるだけの経済的余裕があるということもあるけれど、)、
日本も韓国も、学校で ”英語とは暗記するもの”だと教えられているからなのだと思う。

既に何度も書いている通り、

英語はいくら暗記したって、話せるようには一生ならない

でも日本でも韓国でも、「英語の勉強」とはイコール、「暗記」としか教わらない。

当然自分ではいくら「勉強」しているつもりでも、それは暗記なのだから、何年何十年続けたところで、話せるようにはならない。

だから自国で英語が話せるようになることは諦めて海外に行くが、

そこでもやっぱり英語を暗記し続けるので、

いつまで経っても英語が話せない・・・。


★★★★★

海外に行って、学校にまで通って、時間もお金もエネルギーも使って、
期待する成果が得られていないという事実。

本来ならば、英語の勉強なんてちゃっちゃと終わらせてあとは英語を”使って”自分のしたいことをすることに力を入れるべきなのに(「ワーホリの1年」を最大限に利用するために必要なことって?)、
英語を「勉強」することだけにずるずる時間を使う挙句、
「英語は難しいものだからほんの数ヶ月やそこらで話せるようにならなくて当たり前」だと諦めてしまうなんて、
これほどもったいないことはないと私は思う。

★★★★★

人間は誰でも一つ以上の言語を習得する能力を持っている。

その証拠に、
日本で生まれて育った人は日本語を話せるし、中国で生まれて育った人は中国語を話せるし、アメリカで生まれて育った人は英語が話せる。

それが何語であれ、ヒトが言語を習得する、最も簡単で楽なステップを、1番のカルチャーから順番に経験していくから、とくに意識をすることもなく、自然にいつの間にか”周囲の人が話すのと同じ言語を話せるようになっている。


日本語でも何でも、一度でも何かの言語が話せるようになったことのある人であれば、
今度はそれを外国語にも応用すれば、外国語でも母国語を習得してきたのと同じステップを、今度は意識してたどれば、
母国語よりも速いスピードで話せるようになっていく。

(ワーホリでバンクーバーに渡り、5ヶ月をESLで過ごし、私が受けていた英語の個人レッスンの体験レッスンを受け、”2ヵ月で君を変える”という先生の言葉にうさんくさいと思いながらも、2ヶ月レッスンを受けて本当に英語が「変わり」、初めて会う人達から「何年カナダにいるの?」「日本人?? 日本人の話す英語じゃない」と言われるようになったえいゴリラさんのブログを参照。→ワーホリホリ えいゴリラ in Canada

本来ならば、
”たったの数ヶ月”で英語が話せるようになることを誰もが期待するべきなのにと、私は思う。

    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ



       

コメント

Re: No title

> こんにちは。
> 私は英語を少しだけ勉強してますが、
> 英語の本に大学を出て留学しても話せない人がいると書かれていて、調べてみて辿り着いたのですがやはり同じ事を書かれてますよね。
>
> 大学受験等の英語の範囲は広範囲で、英文法も難易度が高いものが多いのでとても不思議なんです。
> 書いたりできるけど、聞き取れない事が多く、片言なら喋れるという事なんでしょうか?

はじめまして、コメントありがとうございます。
大学受験用の英語の勉強と、話せるようになるための英語の勉強は違うので、学歴と英語が話せるかどうかということは関係がないと思います。また英語のどの部分がどの程度理解できるかというのも人によって様々なので一概には言うのは難しいですね。。
Coco

No title

こんにちは。
私は英語を少しだけ勉強してますが、
英語の本に大学を出て留学しても話せない人がいると書かれていて、調べてみて辿り着いたのですがやはり同じ事を書かれてますよね。

大学受験等の英語の範囲は広範囲で、英文法も難易度が高いものが多いのでとても不思議なんです。
書いたりできるけど、聞き取れない事が多く、片言なら喋れるという事なんでしょうか?

Re: No title

Eikoさんへ

はじめまして、
コメントありがとうございます。

メールをお送りさせていただきました。

Coco

Re: はじめまして

もすぞうさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。

メールを送らせて頂きましたのでご確認ください。

よろしくお願いします。

Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダで~2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、バンクーバーで学んだある方法であっという間に英語が話せるようになりました。(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。
現在は都内企業で翻訳の仕事に従事・英語レッスン主宰・留学カウンセラーの3足のわらじを履いています。忙しいですが、とても充実した時間を過ごしています。
私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「こんなのウソに決まってる、アリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。
「英語を暗記しない」、「英語は簡単」など、常識とは反対のことを言っていますのでそう思われる方もいらっしゃって当然だと思います。
「今のまま英語の勉強を続けても英語が話せている自分が想像できない」、
「留学やワーホリを考えているが、英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?」など、今までとは少し違う英語の勉強方法にご興味がある方。英語を使って仕事にボランティアに旅行に友達作り、自分のゴールを達成するワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた「英語を暗記ではない方法で学ぶ」ユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンでも3泊4日の集中レッスンや1ヶ月の集中レッスンが行われています。
    ◆オンラインレッスンも始まりました!
    ◆レッスンをフィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ