続:「カナダワーホリに必要なお金」の、現実。

カナダに渡る前の私が読んでいたブログによく、(当時私が見た限りでは)「大体100〜120万円準備すべき」とあったけど、私は実際のところそんなにいらないと思う、と「カナダワーホリに必要なお金」の、現実。に書いた。

ワーホリに100~120万もいらない

でもそれはカナダに渡ってから英語で「遠回り」をしないという前提つきで、である。

★★★★★

まだ日本にいるとき、私はブログを読む他にも10社以上の留学エージェントに相談をしたりしていた。

語学学校に通って本当に英語が話せるようになるのか、疑問に思っていた私。

でも10社以上に相談をして、すべてのエージェントから「ワーホリだったらまずは学校ですね。」と言われたら、「やっぱりワーホリは学校に行くものなのか・・・?」とも思ってしまった。

あるエージェントでは、3ヶ月学校に通った場合の必要経費を実際に計算してもらった。

そしてもらった見積もり書。

学校3ヶ月+ホームスティ1ヶ月にかかる費用に加え、空港送迎、ビザ書類作成代行+入学手続き代行+渡航前カウンセリング+カナダでの24時間緊急サポート+オフィスでの英語無料レッスン受け放題などなど、すべてのサービスを入れた見積もりがなんと、170万円・・・。

私がそそくさとその場を後にしたのは言うまでもない。


見積もりを出してもらったのはその一社だけだったが(後は見る気がしなくなった。)、
でもどのエージェントからも「学校には最低3ヶ月は行った方がいい、長く行けば行くほど英語は上達しますよ。」と言われた。

でも本当は、
長く行けば行くほど、英語は上達しないのだということが、今なら、わかる。

だって学校は英語を「勉強」(=暗記)をする場所だから。

たとえワーホリの期限いっぱい1年を使ってESL(語学学校)に通ったとしても(ESLで英語を学ぶということ。)、
日本で中学高校の6年をかけてしてきたことを、ただ場所を変えてカナダで続けたって、得られる結果は同じである(=英語が話せない)。
(注;実際にはワーホリビザでは1年も通うことはできない。)
 
そんな「遠回り」をしていたら、カナダワーホリに必要なお金はいくらあっても足りない。。。


★★★★★


そんな「遠回り」を結局はしてしまった私。

自分がしたいことをしてこそのワーホリのはずなのに、

英語が原因で、いくらしたくたって、できない。

そんな時間を何ヶ月も過ごした。


自分がまだ子どもならいざ知らず、もうれっきとした大人なのに、
言語という最も基本的なコミュニケーションツールが使えないことが原因で選択肢が制限される悔しさ、無力感。

日本にいた頃には(当たり前だけれど)「自分の日本語のレベルが問題でできないこと」なんてなかったから、カナダに渡る前には想像できなかった。

私がそれを痛いほど感じたのは、
まだバンクーバーで英語を個人で習うようになる前、
ESL(語学学校)に通いつつ、ボランティアをしていたとき。

ある日行ったら、シフト表から私の名前が消え、何の前触れも説明もなく、私の名前が入っていたはずの欄には別の人の名前が入っていた。
カナダで経験、ボランティア活動。を参照。)


でも、当時の私には何も言えなかったし、何もできなかった。

お金をもらわないボランティアでさえ ”あなたは必要ない”と、無言で示されのだと悟り、それに対して何のリアクションをすることもなく、ただ私は自分の中で、もうそこに行かないことに決めただけだった。
(でも随分時間が経ってから覗いてみると、そこは閉鎖されていた。。。)

・・・今の私であればカンガエラレナイ状況である。


★★★★★


英語というツール一つで、カナダで”できること”の幅は大きく違ってくる。
http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-345.html" target="_blank" title="英語という「ツール」を使って仕事をするということ。">英語という「ツール」を使って仕事をするということ。)


実際英語が話せなかった頃には誰も教えてくれなかったけれど、

英語が話せるようになったら、そこには初めて見えるようになった”選択肢”があった。
(4・5つ星ホテルのフロントやカナダの現地企業で事務職や不動産屋など・・・→ワーホリを始める前に「しておけばよかった」と思うこと。
を参照。)

現地で働きながら、カナダで生活するためのお金も、遊んだり旅行をするためのお金も稼いで、かつ貯金もできることも、不動産屋で働く日本人ワーホリの人に会って、知った。


ワーホリのビザは、日本人がカナダ政府から得ることができるビザの中でも、自由度が高い。(http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-370.html" target="_blank" title="「ワーホリの1年」を最大限に利用するために必要なことって?">「ワーホリの1年」を最大限に利用するために必要なことって?を参照。)

だからその”自由さ”を、「遠回り」することなく最大限利用することができれば、

やっぱり100~120万も必要ないと思う。



*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために再度12月に来日します。

先生のフライトアテンダントだった頃②
(写真中央が、先生。↑)

先生のフライトアテンダントだった頃③

先生のフライトアテンダントだった頃①


先生は6ヶ国語を話せる(バンクーバーで英語以外の言語も習得。)特技を生かして、20代の頃フライトアテンダントとして一時期働いたことがあり、そのツテで日本からカナダに行かれる生徒さんのチケットを安く購入するお手伝いもされているそうです。

先生のサポートもあり、カナダワーホリに必要だと言われる100〜120万円よりずっと少なく、資金50~70万円でカナダに渡り、バンクーバーでレッスンを受け、最近日本に帰国されたKeikoさんが、日本やバンクーバーでのレッスンの詳細について電話でのお問い合わせに答えてくださるそうです。


日本にいながらにして、英語のカルチャーを学び「経験」することができる先生のレッスンを受けてみたいという方、“王道”ではない、本当に自分がしたいことを実現する留学/ワーホリをしたい方がいらっしゃればご連絡下さい。
無料体験レッスンがあります。

ご予約は先着順となっています。

これまでに、北海道・東京・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・岡山・広島・愛媛・福岡でレッスンが行われましたが、その他の地域/都市でもレッスン可能な場合があるそうなので、ご相談ください。

来日までの間、先生とメールやSkypeでも個別にお話をすることもできます。

携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生か、またはKeikoさんへ直接お願いします。)

◆前回までの日本でのレッスンの様子はこちらの過去エントリをご覧ください。


    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ



       

コメント

Re: はじめまして!

u-kiさんへ

はじめまして、
コメントありがとうございます。

メールと、写真の方もPCアドレスの方へお送りさせていただきましたので
ご確認ください。

よろしくお願いします。

Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ