なぜか誰も指摘しない、英語が「難しいもの」になってしまう原因。

「英語がなかなか話せるようにならない。だから難しい。」 という言葉をよく耳にする。

なぜ話せるようにならないのか、その理由を尋ねると、
返ってくる答えは主に、3つある。

「自分が英語が話せないのは・・・

① アタマが悪いから」。
(「英語が話せる」ということと「学校の成績」の、関係?)

② 根性や努力が足りないから」。
(英語に記憶力や根性、努力なんて必要ない。
英語のためにする、楽しい「努力」と、楽しくない「努力」。)

③ もう若くないから」。
(大人になってから英語を学ぶのは遅い?)

本当に、そうなんだろうか。

私は「英語は難しい」と言う人には、必ず、100%共通していることがあると思う。


それはつまり、

「英語を暗記している」、ということ。



★★★★★


日本からカナダにワーホリで渡る直前、私は一つでも多くの英単語と、一つでも多くの文法を暗記しようとしていた。

中学校で英語の授業というものを受けるようになって以来、高校を卒業するまで6年間というあまりに長い期間に渡って英語を「勉強=暗記」させられてきたので、
そうすることにすっかり慣れていたし、周りにもそうしている人しかいなかったし、暗記する以外に方法があるなんてことも、知らなかったから。
続:ワーホリを始める前に「しておけばよかった」と思うこと。


・・・日本で既に何年も何年もしてきたことを、一体この先いつまで続ければよいのか・・・


バンクーバーに着いて、エージェントにすすめられるままにESL(語学学校)で体験レッスンを受けてまわっているときにも、

エージェントのカウンセラーの人にも、
学校のカウンセラーの人にも、

「学校(英語を暗記する場所)に長く行けば行くほど、英語は上達しますよ。」

とか

「最低でも3ヶ月。足りなかったら延長すればいいんですよ。」
語学学校で英語は伸ばせるか?続:「カナダワーホリに必要なお金」の、現実。

とはよく言われたが、、

「英語は暗記しちゃだめですよ。」

とか、

「英語だけに時間をかけるのはもったいないですよ。」

とか、

「英語なんて簡単ですよ。」

なんて言う人は、

一人もいなかった。


★★★★★


私はバンクーバーでESLを卒業したものの、英語が話せているという感覚がちっともなく、それでもどうしたらよいのかわからなくて、あちこちのESLの体験レッスンを受けたりしていた。(今度はもうエージェントには相談しなかった。)

そんなとき、その後英語を個人で教わることになる先生の体験レッスンを知人に教えてもらいたまたま受けた。(英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気。

そうしたらなんと、”英語は「勉強=暗記」するのではなく、「経験」から学べばあっという間に話せるようになるよ。”と言われたのだが、

なかなか素直には・・信じられなかった。

だって私が人生で出会ってきた人の中で(カナダでも、日本でも。)、
そんなことを言う人は先生の他に誰もいなかったから。


英語は「勉強=単語を覚えて文法の問題を解くこと=暗記」するものなのだと、中学校に入ったときからずっと言われ続けてきたのに、

この人は全然違うことを言っている。。。


さらに先生は、”人間がヒトが言語を習得する最も自然で楽なステップを、1番から、英語のカルチャーから学べば、英語なんて簡単に話せるようになるよ”、とも言った。


・・・「英語は難しい」と言う人にはこれまでにたくさん出会ってきたが、

「英語は簡単」だなんて言う人には初めて出会った、と思った。


”学校では「暗記」することを求められるし、他に1対1で教えている人だってたくさんいるけど、彼らも教えているのは「暗記」すること、だと思う。それは日本だけじゃなくて、ここカナダの語学学校でだってそうだし、英語圏の他の国だって、全部一緒だよ。英語圏の国だけじゃなくて、アジアの、物価が安くて英語を公用語として話す国々でだって、そうだよ。(カナダで“新しい経験”、とは?を参照。)

だからみんな英語が難しい、って言うんだ・・・。”


先生が言ったことは、自分がそれまでに信じ込まされてきたこととあまりに違っていたし、
私はそもそも英語を暗記する以外の方法で学んだことなどなかったので、
英語を暗記しないということは一体どういうことなのか・・・

その時には想像できないというか、ピンとこなかった。


★★★★★


英語は時間をかけて「暗記」をすることで身につけるもの

・・・なのではなくて、

英語は時間をかけずに「経験」をすることで身につけるもの

なのだと、

やっと”腑に落ちた”のは、

やっぱりレッスンを始めて次の週に、あんなに悩みだった私の発音が、元クラスメイトに「よくなった」と褒められた瞬間だったと思う。


ESL(語学学校)に通っていた頃には、学校で発音の授業を受けて、家に帰っても発音のテキストを見ながら「練習」(口の形や舌の位置、発音記号なんかを覚えようとしていたのだから、「暗記」とも言える。→英語は練習すれば上手くなるという、幻想。 )していたのに、
クラスメイト達から”日本語を話しているのか英語を話しているのかわからない”と笑われ、
発音の先生からは”あなたは吃音障害がある”とすら言われた私の発音。。


でも体験レッスンで、”発音は練習したらだめだ”と言われたので、とりあえず、発音の練習だけは本当に止めてみた。

そうしたら、翌週偶然会った元クラスメイトに ”発音がきれいになった”と言われた。
英語を効果的に勉強する:2

3ヶ月間何も変わらなかった私の発音が、褒められた。。。


英語は時間をいくらかけたかじゃなくって、大事なのはその”学び方”なんだ、

と気がついた。


そして次の日のレッスンで、
”昨日友達から発音がよくなったって褒められたんです。 Thank you! ”

と早速先生に報告すると、

"See!? I told you!!" (ほらね、言ったでしょ!)

と笑顔で言われた。


★★★★★


英語は時間をかけて「暗記」をすることで身につけるもの。

なのではなくて、

英語は時間をかけずに「経験」をすることで身につけるもの。

だという、

発想の転換。



私は「暗記」を一切止めて、「経験」から学ぶようにしたら、

英語は「暗記」をするから「難しいもの」になってしまうのだということも、よく分かるようになった。


<関連エントリ:留学しても英語を「話せない」人が圧倒的に多い、理由?


*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために再度12月に来日します。

日本にいながらにして、英語のカルチャーを学び「経験」することができる先生のレッスンを受けてみたいという方、“王道”ではない、本当に自分がしたいことを実現する留学/ワーホリをしたい方がいらっしゃればご連絡下さい。

日本で、無料で体験レッスンを受けていただくことができます。

カナダ留学・ワーホリに向けた無料カウンセリングもあります。

先生は日本語も話せますし、読めますし、書けます。

英語のレベルは一切関係ありません。


**英語を「学ぶ」こと、そしてそれを「使う」こと。「カナダワーホリに必要なお金」の、現実。で以前ご紹介させて頂いた、私がバンクーバーで受けていたのと同じレッスンを受けられたJohn(イングリッシュネーム)さんから先日頂いたメールの一部をご紹介します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今度知り合いにこのプログラムの件を紹介しようと思うんですが、もしトライアル(体験)レッスンを受けたいってなった場合は自分から先生に連絡して大丈夫ですか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Johnさんはバンクーバーで3ヶ月ESLに通われ、私のブログにコメントを頂いたことがきっかけで、2ヶ月間個人レッスンを受けられました。


***バンクーバーで”語学学校に5カ月通っても何も変わらなかった”のに、私とJohnさんと同じレッスンを2ヶ月間受け、初めて会う人達から「何年カナダにいるの?」「日本人?? 日本人の話す英語じゃない」と言われるようになった、えいゴリラさんのブログ→ワーホリホリ えいゴリラ in Canada


携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生へ直接お願いします。)


来日までの間、先生とメールやSkypeでも個別にお話をすることもできます。


◆前回までの日本でのレッスンの様子はこちらの過去エントリをご覧ください。


    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ



       

コメント

Re: ご紹介

mayuさんへ

はじめまして、
コメントありがとうございます。

メールを送らせて頂きましたのでご確認ください。
よろしくお願いします。

Coco 

Re: 英語レッスンについて

mihoさんへ

はじめまして。

コメントありがとうございます。

メールをお送りさせていただきました。

Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

カナダから帰国して、現在は都内企業で英語を使って働いています。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「こんなのウソに決まってる、アリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになってますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ