なぜか多くの日本人留学生が日本食レストランで働く、理由?

バンクーバーの公園の木。
(↑バンクーバーの、ある公園で。)


以前にも書いた通り、
私はカナダでESL(語学学校)に通って本当に英語が話せるようになるのかがわからなかったので、日本にいる間に学校を決めることはしなかったのだが、
でもカナダに着いたら自分のあまりの英語のできなさに愕然として、
他にどうしたらよいかもわからなかったので、
エージェントの”アドバイス”の通り
3ヶ月学校に通うことを決めた。
続:ワーホリを始める前に「しておけばよかった」と思うこと。を参照。)


でも学校に通い始めて早々、

やっぱり自分の選択はミスだったかも・・と思った。

なぜなら、
学校に通って、英語に自信がもてるようになったと言う人が一人もいなかったから。


私が通っていた学校は日本人と韓国人が生徒の大半を占めていたから余計にかもしれないが、(といっても私の学校だけでなく、バンクーバーの語学学校は大体そうらしいが)、

学校で出会う日本人のほとんどが、

日本食レストランで働いている
か、
日本食レストランでの仕事を探している

と言っていたから。。。


でも韓国人の友達の、学校を卒業するまさにその日の彼女の言葉、

”数ヶ月学校に通ったところでペラペラになるなんて無理だからね~。(だからそんなこと最初から期待してない。)”(http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-391.html" target="_blank" title="留学しても英語を「話せない」人が圧倒的に多い、理由?">留学しても英語を「話せない」人が圧倒的に多い、理由?)が、

すべてを物語っているように私には思えた。
(ちなみに彼女は、”今後はコリアンレストランで働く”、と言っていた。)


・・・でもだからと言って、どうしたらよいか私にはわからなかった。

わからないから、学校は最後までマジメに通い続けたし、単語と文法を「勉強」し続けた。


そしていざ自分が学校を卒業するとなったとき。

実際問題として、自分がカナダで働けそうな場所というと、
日本食レストランしか思いつかなかった。
「英語が話せないまま帰国」になってしまう、その大きな原因とは?を参照。)


・・・別に日本人だからって、皆が皆、同じ事をしないといけないわけじゃない。

カナダ政府からもらうワーキングホリデービザに、
”学校に行かなければならない”と書いていないのと同様、
”日本人は日本食レストランで働かなければならない”なんて記載はどこにもないのだから。


でも当時は、カナダで自分が英語を使って働くことができるかもしれないなんて・・・

到底思えなかった。


★★★★★

・・・私がカナダで3ヶ月も過ごしながら、英語を使って働くなんて想像もできない状態になってしまった原因には、2つあると思う。


1つ目が、カナダに渡っても日本にいた頃と「全く同じこと(=単語と文法の暗記)」をしていたということ。

だって学校の先生も、学校のカウンセラーの人も、クラスメイト達も、そして留学エージェントの人も、
みんな”英語が話せるようになるには単語と文法を憶えるしかない”と言っていたし、
他にいろいろ本を読んだりブログを読んだりネットで検索をしても、
当時の私には、そうする以外の方法が見つけられなかった。

だから放課後や、時には休日にも、図書館やカフェに行って「勉強(=単語と文法の暗記)」をし続けていた。

カナダにいても、日本でしていたことと全く同じ事をしながら、そうすることに意味があると、思っていた・・・。


単語と文法の暗記なんて、日本でもう何年もかけてやって来たことで、しかもその結果が英語が「話せない」状態なのに、それが当時は”わからなかった”。

ESL(語学学校)は「単語と文法だけを勉強する場」だし、授業時間の大半を、先生か他の生徒が話しているのを聞くことに費やすのだから、それは話せるようにならなくて当然なのだけれど、
わたしは「勉強」をしてもしても英語が話せるようになっていかないことに焦りを感じ、
「自分のアタマが悪いから話せるようにならないんだ・・・」とますます自信を失くしていった。


・・・エージェントの人が「初心者でも語学学校に行けば大丈夫です。」と言っていたのは、
学校の授業というのは大半の時間が聞いているだけだから、話す必要がないから大丈夫ですよ。
という意味だったのだろうか?

★★★★★

2つ目が、私はそもそも英語がまったく話せない状態でカナダに渡ったという事実である。

日本にいた頃は、英語を使う機会も必要性もなかったから、
英語圏の国にいながら英語が話せないという状態、
つまり、日常生活を送る上で支障がある状態とは一体どういうものなのか、
あまりピンときていなかった。


例えばスカイトレイン(カナダの地下鉄のようなもの)に乗りこむとき、本当にこの電車でよいのか確認したいと思っても、
日本語なら「わからない」と思った瞬間、近くにいる人にすぐに聞けるのに、
当時はいちいち頭の中で英語で何と言えばよいのかを考えなければならなかったから、
それを考えている間に電車が走り出していたり、

1$ストア(日本で言うところの百円均一の店)で生活用品を買いたいのに、店員に何度説明しても伝わらず、本来ならそれがその店にあるのかないのか、あるのであれば何番の通路に置いてあるのかなんて数秒でわかるところを、一人で15分かけて店中を探し回ったり。。。


・・・一つ一つは些細なことだけれど、
それも積もり積もれば私にはストレスになっていた。


しかも英語が話せないだけでなく、私は
英語と日本語のカルチャー(文化)の違い、
カナダと日本のカルチャーの違いについても、

何も知らなかった。


バンクーバーでESLを卒業した後に、英語を個人で習うようになるまで、
カルチャーについてなんて、考えたこともなかった。


カナダに渡ってだいぶ経ってから知ったことだが、
ヨーロッパや南米の多くの国々では、
旅行以外の目的で海外に行くときにはみんな、非営利団体などが提供する、”culture course”という、異文化を理解するための特別なコースを受けるらしい。

私が語学学校で出会った南米やヨーロッパからの留学生達、日本人や韓国人の生徒とは違い授業中ですらも英語でペラペラ喋っていた彼らも、
カナダに渡る前に、culture courseを母国で受けて来ていたのだろうと思う。


私は、”culture course”なんて、日本にいた時には聞いたこともなかった。

そもそもそんなものが日本に存在するのだろうか・・?


私が知らなかっただけで、
海外に渡る前に異文化を理解するための準備をするのは重要なことなのだと、
日本でも一般的にも知られているものなのだろうか。

だとしたら、私がカナダに渡る前にそれを教えてくれた人が、一人くらいはいてもよかったと思うのだけれど。。。


私の周りにそんなことを言う人は誰もいなかったし、
当時相談をしていた、海外に渡る日本人を支援しているはずの留学エージェントですら、
私の「カナダに行く前にしておいたほうがよいことは何ですか?」という質問に対して返ってきた”アドバイス”は、

「単語と文法を勉強(=暗記)して下さい」。


・・・それだけだった。


(そしてカナダ人から見ても”カナダで日本人女性が一番セクハラの被害にあっている”現状。
これには日本人の異文化に対する理解の著しい欠如が深く関係していると思う。。。
日本人がカナダで一番セクハラを受ける理由。日本人がカナダで一番セクハラを受ける理由。;つづき>を参照。)



英語のカルチャーも言葉も理解せず「何とかなるだろう」でカナダに渡り、

言わずもがな、カナダに渡ってもやっぱりそれらを理解できなかった、

「英語を使って働く・・・」どころか、未だ ”raw” だった、「カナダ生活3ヶ月」の頃の私。
(”raw”とは?→英語がわからず"Sorry"と言ってしまう・・惨めだった気持ち。を参照。)
 

それにはちゃんと原因があった。
のである。



*お知らせ*

私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために来週来日します。
(もし既にご連絡を頂いているにも関わらず、先生からのメールが届いていないという方がいらっしゃれば至急ご一報ください。)

12月に日本各地で、1~3日間に渡る無料体験レッスン、及び、カナダワーホリ・留学に関する無料カウンセリングが行われます。(その後にカナダで受けられるコースによって期間が異なります。)
体験レッスンでは、英語と日本語のカルチャー(文化)の違い、カナダと日本のカルチャーの違いについても習います

レッスンはお住まいの地域の最寄の新幹線駅近くのカフェにて行われます。

これまでに、北海道・東京・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・岡山・広島・愛媛・福岡でレッスンが行われましたが、その他の地域/都市でもレッスン可能な場合があるそうなので、ご相談ください。
*今回鹿児島でも開催されます。

体験レッスンのご予約は先着順となっています。

英語にはずっと苦手意識があるし日本で英語を話す機会もない、カナダでの時間を有効に使いたい、王道じゃないワーホリがしたい、最短で英語を伸ばしたい、カナダでの生活費はカナダで稼ぎたい(「カナダワーホリに必要なお金」の、現実。を参照)という方がいらっしゃればご連絡下さい。

日本での無料体験レッスン&カウンセリングも、カナダでのレッスンも、すべて1対1で受けることができます。


日本での無料体験レッスン&カウンセリングで得て頂けるものは、

1.「英語は難しい」という固定観念を捨てて、日本にいる間に初心者レベルを卒業すること。
2.レッスン以外の時間にも効率的に英語を伸ばしていくための、具体的なアドバイス。(単語を憶えたり、文法書を読んだりすることではありません。)
3.ビザや航空券や、ベストな渡航時期、治安が不安な地域の情報など、カナダに渡るために役立つ情報。
4.王道のワーホリしないためのアドバイス。


となっているそうです。

カナダでより効果的に早く目標を達成し、かつ、余計なお金を使わずに留学/ワーホリをするためのプランを先生と一緒に作っていただけます。

日本での体験レッスンも、バンクーバーでのレッスンとまったく同じ方法を使って行われます


先生はネイティブイングリッシュスピーカーですが、日本語も話せます(し、読めますし、書けます)ので
まったくの英語初心者の方でも体験レッスンを受けて頂けます


そして今年の12月3日から21日までの間に日本で無料体験レッスンを受けられる方のみ、

1.今年の12月だけでなく、先生が来日する度に、無料で英語のレッスンと、カウンセリングを受けて頂くことができます。(今年の12月の次は、来年の2月、その次は4月、9月、12月となる予定だそうで、各3日間×5回なので、カナダに渡る前に最大で15日間に渡る無料レッスン&カウンセリングを受けることができます。)
2.Skypeでカウンセリングを受けて頂く事もできます。
3.もちろんメールや電話でもお話して頂けます。



すべて無料で、日本で時間をかけて1対1でカウンセリングを受けて頂けるので、カナダに渡る前にカナダに友達ができますし、バンクーバーのレッスンと全く同じ方法で1対1で行われる英語のレッスンにより、日本にいる間に英語初心者を卒業できます。


*来年に入ってから初めて無料体験レッスンを受けられる方は、日本で受けて頂ける無料体験レッスン&カウンセリングの期間が短くなります。

**ワーホリ資金50~70万円でカナダに渡り、バンクーバーでレッスンを受け、最近日本に帰国されたKeikoさんが、日本やバンクーバーでのレッスンの詳細について電話でのお問い合わせに答えてくださるそうです。(12月も引き続き答えて下さるそうです。)
コースの詳細や予約の方法などに関するご質問も受け付けておられます。


携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生か、Keikoさんへ直接お願いします。)

*****

・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は国際線エアラインのフライトアテンダントをされている元生徒さん→日本人のワーホリに対する、あるカナダ人の視点。

・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は外資系企業でプロダクトマネージャーを勤めておられる元生徒さん→英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気。

・バンクーバーで ”語学学校に5カ月通っても何も変わらなかった”のに、先生のレッスンを2ヶ月間受け、初めて会う人達から「何年カナダにいるの?」「日本人?? 日本人の話す英語じゃない」と言われるようになった、元生徒さんのブログ→ワーホリホリ えいゴリラ in Canada

◆前回までの日本でのレッスンの様子はこちらの過去エントリをご覧ください。

コメント

非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ